木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

気になった記事があれば、Twitterボタンで拡散宜しく。 感想やご意見など、何かあればTwitter https://twitter.com/irakusa まで


危険な世界史 中野京子 角川文庫 読書感想

レーピン展観賞後のミュージアムショップで購入。
定価552円という絶妙なコスパ感に誘われて、レーピン展観賞後の感動も相まって即購入しました。
危険な世界史の18世紀最大のスターとして、この世界史コラムの基調になるのは、フランス革命時の王妃マリーアントワネット。
その王妃が最後は断頭台の露と消えて(露とか、そんな奇麗なもんじゃないだろう)共同墓地に投げ込まれる。
その同時代に半ばのたれ死にしたモーツアルトも同じ運命で2人は子どもの頃、オーストリアの宮殿で求婚ごっこをしたという。
奇遇を感じるが、本当に結婚していたら(ある筈無いですが)この組み合わせの方が世界平和的に見て、理想カップルになっていたのでは、とため息が出てしまう。
この微笑ましさの後の残酷な運命という王族ならではの際立つ運命から世界史は始まる。

狂人的天才と能天気な好事家の僅かな接点に何か勿体なさを感じてしまう人も多い思う。
(後日談ですが、マリーアントワネットの骨は共同墓地からサン・ドニ大聖堂に再埋葬されている)


また、奥さんを23年間幽閉したジョージ一世(1727年)(マリーアントワネット生誕28年前)とか、姉弟で殺し合いの権力闘争したピョートル大帝とその姉皇女ソフィアとか、欲と殺意が渦巻く宮廷内の苛烈なドラマの様子を紹介している。

その他、芸術家やナポレオンの百日天下に翻弄された名も無き市民の不幸なこぼれ話もあり、歴史人物の生き様がバランス良く納められている。
読者が「この人になっていたかなぁ」と共感させられる人物が何処かに潜んでいそうな、豊富な人物列伝となっており、偉人や賢人ばかりの歴史小説に飽き飽きしてる(流石に最近そんなのは少ないですが)人にはお勧めの奇人・変人・凡人の面白可笑しさ、血筋に拘る王家のみっともなさへの視点に絞った本で楽しく読める。


マリーアントワネットの最大の不幸は王家に生まれた事、と言うのはフランス革命好きならだれもが頷くネタだけれども、18世紀最大のスターなのは、革命がとことん理解できずに自滅してしまった凡人性に多くの人が強く共感してしまうからではないだろうか。


正論を吐き、富国強兵に勤しんで国民から慕われた母マリア・テレジアよりも、簡単に歴史に翻弄され、ズレた感覚で国民から嫌われたマリーアントワネットには自分だったらもっと上手くやれたのに
(革命を生き抜き、子孫は取り敢えず残せた?)というシュミレーションゲームが容易く出来る所に有るのかも知れない。


歴史的人物に幻想を抱くよりも呆れたり、諌めたりしたくなる、煩悩剥き出しの人間像で世界史が身近に感じられる面白本だ。



危険な世界史 中野京子


本日午後1時半頃の様子。
ちょっと大げさなタイトルです。
もうテントが出来てから定期的に来るので、テントひろばの人びともあまり驚かなくなっている。
テントひろばが有名になってから右翼の人数よりも対応する機動隊員や警察官の数の方が多いし、機動隊車両やパトカー、公安関係の車の数の方が、街宣車よりも多いような状態です。 

蛇腹状の柵を並べて街宣車が財務省方向へ行く道を塞いでいます。
街宣車は「不法占拠するテント小屋は出て行けー」と叫んでいた。

2012080912540002

2012080912540000

    このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterより。

野田首相反原連と会見

日程については報道の通り。「調整」の内容は、まもなくプレスリリースで明らかにします。なお会談は、官邸ホームページ上で最初から最後まで生中継される予定。RT : 「野田首相、反原発デモ代表者と8日面会へ」 


官邸HPで生中継!!


追記 一部メディアで延期が発表されました。

また続報があれば更新します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

8月6日午後五時から国民の生活が第一の記者会見が開かれた。


岩上安身氏が官邸前抗議行動について、参加の意志があるかどうか質問し、それについて小沢氏が答えた。


官邸前抗議行動について組織動員でない市民の自発的参加による動きを、日本の民主主義を前進させる動き、ステップであると大きく評価している。

自身の参加については明言を避けた。
また10年のスパンを置いて、脱原発を行なう方針を明らかにした。 

また内閣不信任案については増税阻止の為に、その目的一本の為に内閣不信任案に同意するとの意志を示した。
他野党(共産党)との連携も行なっており、倒閣の意志をはっきりと示した。 

まずは国民からOKサインの出る理想的な答弁で党首記者会見のデビューを飾った。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

都内での瓦礫焼却について、日野市クリーンセンターの高橋氏から経緯を聞いた。

__瓦礫は去年11月の三多摩市長会議で受け入れを決めました。
その前の7月に宮城県から東京都へ瓦礫受け入れの要請がありました。__

私「東京都知事から、23区へ要請が降りて、三多摩まで瓦礫が運ばれたのですね」

__まず、宮城県女川で平成23年の9月8日に試験焼却があり、東京都内の大田区、品川区で10月14日に試験焼却がありました__

私「三多摩の中でも日野市が受け入れたのは」

___日野市が受け入れを決めたのは発電所があったからです。
瓦礫を燃やして熱回収をするというのが基本的な目的です__

私「それは成功しましたか?」

__成功しています__

私「この後も瓦礫は日野市に運ばれるのですか」


___運ばれます、ただし、女川の瓦礫焼却は62%まで済んでいます。日野市の受けいれも当初の予定よりも少なくなっています__

私「瓦礫焼却した後の日野市の放射能測定で、放射線量は上がりましたか」

__上がってないです、日野市のHPで公開されています__






    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ