8月6日午後五時から国民の生活が第一の記者会見が開かれた。


岩上安身氏が官邸前抗議行動について、参加の意志があるかどうか質問し、それについて小沢氏が答えた。


官邸前抗議行動について組織動員でない市民の自発的参加による動きを、日本の民主主義を前進させる動き、ステップであると大きく評価している。

自身の参加については明言を避けた。
また10年のスパンを置いて、脱原発を行なう方針を明らかにした。 

また内閣不信任案については増税阻止の為に、その目的一本の為に内閣不信任案に同意するとの意志を示した。
他野党(共産党)との連携も行なっており、倒閣の意志をはっきりと示した。 

まずは国民からOKサインの出る理想的な答弁で党首記者会見のデビューを飾った。