P8311hamada8




カメラや精密機器制作の老舗、オリンパス社社員の浜田正晴さん(51)が内部通報後、配置転換された後、それに対する最高裁の判決にオリンパス社が従わなかったとして、9月3日1500万円の損害賠償を東京地裁に求める訴えを起こした。


裁判内容は今年6月に出た最高裁の判決を無視し続ける事によるものであり、7月以降会社からの子会社への「肩叩き」が何度かあったが濱田さんは本社勤務を希望して話し合いは平行線のままだった。

濱田さんは2007年10月に会社に設けられた内部通報制度(社員の不法な行為を通報し、公益が損なわれるのを未然に防ぐ為の社内部署)を利用して内部通報を行なったが、その内部通報のメールは部署の<手違い> から周囲に漏れ、全社員の知る所になった。

8月には季節外れの人事異動があり、濱田さんは営業部から外された。
濱田さんは内部通報後の配置転換として、元の営業部に戻る様、オリンパス社を提訴した。
裁判は最高裁まで争われ、濱田さんの配置転換(人事異動)を無効とする判決を出し、濱田さんは勝訴した。
しかしオリンパス社はその判決に従わず、濱田さんを閑職のままにして全社員の接触禁止等のパワハラを続けている。

この裁判は「内部通報」「一市民の公益通報とは」「公益社保護法の罠」
「会社のパワハラと苛め」「判決と会社のメンツ」「サラリーマンの矜持」など一市民と係わりの深いものだ。会社勤めをしていたら誰もが被害者にも加害者にもなる、当事者性の高い民事裁判だ。


正当な内部通報行為で左遷を受た濱田さんの会社への提訴のポリシーは一貫して揺るぎない物がある。
一社員の大会社の営業職へ復帰をかけた闘いの一途さには誰もが刮目する。

濱田さんを突き動かしている原動力はオリンパス社への<愛社精神>だ。
そして営業職が会社の根幹を支える重要で人材変え堅いスペシャリティーの高い部門だとし、それを会社のメンツと引き換えに潰すような事で良いのか、正直者が馬鹿を見る世の中で良いのか、という正に公益を世に問う為の物だ。

写真は2011年8月31日東京高裁で勝訴して司法記者クラブで感想を述べる濱田正晴さん。

濱田正晴さんのブログ。裁判内容や期日などが連日更新されている。

オリンパス現役社員のブログ 「公益通報者が守られる社会を!ネットワーク」