本書は2005年、今から7年前に出版された本で、今日の階級格差社会を予言しつつ、イギリスの階級格差社会と比べ、違いも多いが、その光と陰の部分を追い、日本にこれから来る階級格差社会の暗部を予言している。

今まさに注目したい、社会問題、官僚と民意の壁、政治家の犠牲心の無さ、現代の貧困の問題への原因究明と解決作が示唆されている名著だ。

著者は日本で目指されたアメリカ型競争社会が経済発展を実現し、アメリカのドラマに出て来る家電や車を持つ生活こそが幸福で成功の証しだと夢を刷り込まれながら、実はイギリス型の不平等な社会、階級社会が日本経済に育ちつつある、と検証している。

イギリスに10年住み、ジャーナリストをしながらあらゆる階級をつぶさに見聞きしていた著者。
そのイギリス型階級社会の根底にある「生まれ育ち」からくる身分型階級社会とは違い日本では教育環境からくる極端な学歴差別社会があると指摘する。

それは「どんなに努力しても、成果を上げても、学歴のみが尊重され、出世や昇級の道が閉ざされてしまう」事であり、さらに問題なのはイギリスではエリートたる者が示さなければならない責任感や自己犠牲が日本の偏差値エリートには欠如したままシステムとしての階級社会が押し付けられ、TOPの座が与えられようとしている事に問題があると言う。

さらに階級が固定化された社会は必ず活力を失い、衰退する、とも予言する。
何故なら非エリートとされた若者のたちが将来に希望を持てず、モラル崩壊するからだ、と警告する。
今まさにこれから日本経済、日本社会が衰退する遠因が極端な学歴社会が生んだ「高い身分には責任が伴う(ノブレス・オーブリージュ)」が教育されていない偏差値エリート達である、という皮肉な現実が著作の最後に記されている。

失墜する日本社会において、その欠点は偏差値エリート達である、という視点は納得する。
学歴礼賛は決して悪い事ではない。
ただそれのみが人の価値を判断し、人間本来の能力を人びとが引き出し合い、社会を活性化する事への妨げになったり、学歴社会からドロップアウトした人間への差別に繋がる事は、モラル崩壊を起こし、社会の治安や秩序が乱れる原因となる。

社会崩壊は日本崩壊であると思う。

貧しい者だけではなく、富める者、エリートを研究し、その弱点や問題点を指摘する事で実際の不平等社会の改善を求める事が出来るかも知れない。
貧困や官僚の社会問題はエリートの欠点を抉る事で解決策を見いだす事が出来る。
_SL500_AA300_

しのびよるネオ階級社会