木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

2012年07月



2012年7月21日、「長良川河口堰報道弾圧をめぐる三つの闇 ~朝日新聞の闇・官僚(建設省)の闇・裁判所の闇~」のシンポジウムが草の実アカデミー主催で開催された。場所は新宿、新大久保地域センター。
元朝日新聞社の記者・吉竹幸則さんは河口堰の調査報道の記事を差し止められた。
建設省、朝日新聞、裁判所の三つの闇によって、吉竹さんの調査報道が潰され、無駄な公共事業が強行された実態を語った。

この長良川河口堰の事業計画は必要のないもので、堰を作らないと、洪水によって決壊してしてしまう事になる架空のデータを載せた報告書で着工しようとしているのを土木建築専門の学者達の協力によって吉竹さんが突き止め、この工事計画が建設省の省益を得る為の物である事を告発しようとした。

しかし、
1990年に取材を完了し、新聞記事化する事をデスクに求めていたが、名古屋本社ではその記事は差し止めになり、その後栄転した東京本社でも記事化するよう求めたが、またもや名古屋本社の差し金によって記事差し止めになった。
1993年に河口堰建設に関しての記事が署名入りで朝日新聞に掲載されたが、続報は出されなかった。

その後吉竹さんは配置転換され、記者職を外されてしまった。
報道弾圧は記事差し止めだけではなかった。
人事異動の理由が長良川河口堰の調査報道潰しの為の左遷であったのなら、読者は記者をも潰す新聞社に社会告発、社会浄化を期待する事は出来ない。

2500億円もの公共事業費が投入された長良川河口堰工事が、まったく治水的にも利水的にも、無意味な土木事業であったという報告は衝撃的だ。
自然環境にも取り返しのつく事の無い重大な悪影響を与えた事だろう。
この報告が記事化されていれば河口堰建設は防げた筈と吉竹さんは悔しそうに語る。

社会の木鐸、とされる新聞社も、国策、省益の絡む告発記事を嫌い、労働組合は記者の孤軍奮闘を助けず、この記事潰しを黙認する。
吉竹さんはこの報道弾圧について、名古屋地裁に提訴するも実質審理は一度も行なわれず、高裁でも最高裁でも法廷でこの建設省の闇、新聞社の闇に光が当てられる事は無かった。
裁判所もまた、国策と省益の味方だった。

公共事業をでっち上げて省益を貪る建設省の闇、それを暴く記事を差し止めて記者からペンを奪った朝日新聞の闇、そして裁判所も闇を暴く機能を持たず、二つの闇に繋がっていた。
重なる闇は大きく、社会告発をする人間のリスクの大きさは計り知れない。
吉竹さんは退職後、この講演のタイトルとなった「報道弾圧」を上梓した。
三つの闇に光を当てようと闘った吉竹さんは今、定年退職したの悠々自適の身だ。
これからは、封印された記者魂を蘇らせ、既存の新聞記者がなし得ない様々な闇を暴く活躍を期待したいと思う、有意義なシンポジウムだった/
クリック
↓ ↓ ↓
報道弾圧

月一回、様々な社会問題を提起して語り合うシンポジウム開催。
↓林克明さん主催の↓
草の実アカデミー



このエントリーをはてなブックマークに追加



江東区の野宿者強制排除をめぐる争いで2012年2月9日に江東区区役所の器物破損容疑で逮捕され、2月29日に同区役所への威力業務妨害で起訴された、アクティビストの園良太(その・りょうた)さん。
 

127日目に収監中の東京拘置所から釈放されました。

保釈金200万、江東区役所、堅川に立ち入ってはならない、同区役所職員に接触してはならない、などの条件がついています。
 

保釈中の園さんに事件概要をインタビューしました。 保護房についても、詳しく聞いて見ました。
 

__逮捕は何回目ですか__

 

園「三回目です。今回起訴されて裁判を受けるのは初めてです。」
 

__堅川野宿者が強制排除されて、江東区区役所に抗議に行った、そこで器物破損で逮捕されましたどのような状態でしたか__
 

園「水辺と緑の課の荒木課長に抗議に行きましたが、本人のコートは有るのに職員が(何処に行ったか判らない)と言うので仲間7人と(荒木を出せ!)と詰めよりましたが、屈強な役所の職員数人に取り囲まれ、手足を掴まれて、玄関の外へ出されました。 直ぐに(入れろ!)と抗議しました。 足で玄関柱の裏側のガラスを蹴ったら、意図せず割れてしまいました。」
 

__警察は直ぐ来ましたか__
 

園「直ぐ来て、というか、僕らが抗議してる間に呼んだようです。役所の人は、警察に破損の説明とかする事なかった。僕らは最初から逮捕要員でした。役所は警察と一体でした仲間のうち、逮捕されたのは僕だけです。」
 

__保護房ってどんな所?何故入れられたの?__
 

園「原宿署で2月9日から2月14日まで保護房に入れられました。 理由は強引な身体検査です。それに抗議したら入れられました。 部屋の色はクリーム色。24時間灯りが灯り、時計も有りません。時間の感覚が無くなります。 食事は手づかみ。 お風呂も無く、洗顔も出来ず歯ブラシも無くて、歯も磨けずかなり気持ち悪かったです。布団も枕も有りません、明るいのでTシャツを顔にかけて寝ていたら、それも没収されました。 トイレはむき出し。窓もない。保護とは名ばかりの懲罰の為の独房です」
 

__人道的に見ても問題がありますね__

 

園「入所者を殴ったり、暴言を吐いたりしたら、それは問題にされ易いのですが、精神を壊してしまう物は外から見て判らない。人間工学の居心地の悪さを研究して出来たのが保護房です」
 

__拘置所でも公判前日に入れられたのですね__
 

園「強引な身体検査に抗議したところ、入れられました。保護房については、即・撤廃して欲しい。あんな物は要らない物です。人間の尊厳を失わせてしまう物です」
 

__今回の堅川野宿者強制排除の抗議行動で、園さんが訴えたい事は何ですか__
 

園「今、国会は独裁的になっていますが、自分達の住む、足許の地方自治体、地方議会も独裁的になっています。警察、自衛隊と一体化している。右傾化もしています。そして利益優先で動いて行く。堅川の野宿者強制排除も、利益追求の為に野宿者を邪魔者のように扱います。それを皆で変えて行こうよ、と皆で考えようと、と言う事が訴えたいのです」
 

___国会のミニチュア版が今地方自治で起きてるという事ですか___
 

園「多くの人に国会だけではなく、地方自治体の動きにも関心を持って欲しいのです」
 

___園さんが目指している運動の目的は何ですか__
 

園「色々な人が生きていて、それぞれが尊重しあう生き方に魅力を感じます。 でも今は競争社会の果ての他人はどうでも良いという人達が人をゴミのように扱う。そういう所を変えて行きたい」
 

___有り難うございました___

 

写真は7月6日、テントひろばで。

1342059502175mu07_img

2.9 竪川弾圧救援会 (園良太さんの救援会ブログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加




DSCN1208


7月13日の官邸前抗議で、用意されていた鉄柵。 市民に車道を開放するどころか、鉄柵で狭まめられて、官邸前まで行く通路はいくつかのブロックに分断されていた。
抗議集会に参加しても、官邸前まで進めない。
コーンで歩道も狭まられて、帰路専用、マスコミや関係者専用の通路が出来ていた。
狭い歩道に前進出来ないのでは抗議にもストレスが溜まる。
DSCN1205

これは警察側の抗議集会を慣習化を阻止させる事が狙いなのか。
こんな閉塞感のある過剰警備では「また来週も来よう!」という気持ちに中々ならないのでは。
警察車両で歩道と車両に壁が作られて、移動も制限されていた。
これでは戒厳令と同じだ。(霞ヶ関VS市民との静かな内戦) 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月13日午後五時半頃、国会周辺は官邸前抗議に向かう人びとで集まり出した。 それを取り囲むように歩道にはズラリと警察官が並び、車道には機動隊車両が長い壁を作っている。 その歩道に並んだ警察官一人一人に語りかける年配の女性の姿があった。
 

「ねえ、私、双葉町から逃げて来たの!原発から1・2キロの所に住んでいたの、逃げる時、三千円しか持ってなかったのよ!」 10メートル程の間隔で並んだ警官一人一人に話しかけているのは福島県双葉町に住んでいた亀屋幸子さん(68)。 「双葉町を返して!」 困ったように笑う警官も居れば、真剣に耳を傾ける者も居た。
DSCN1200
 

官邸前に行く道すがら、亀屋さんは「最初はすぐ帰れると思ったから、身の回りの物だけ持って逃げたの。そうしたら、ずっと帰れなくなった。8月に自宅に帰った時は、家のガラスが割られて泥棒に入られていたの。通帳や現金はみんな盗られて、娘から貰ったお年玉を神棚に供えていたけど、それも無くなってた。 3月11日に干した洗濯物はまだ家にかかったままよ。取り込まないでって」と世間話をするように淡々と語ってくれた。
 

亀屋さんと一緒に歩いていた郡山から来たという女性は、前を行く公安らしき男性達に聞こえる様に「おまわりさーん。何故東電を逮捕しないの?」と呟いていた。

抗議行動が始まった6時過ぎ、亀屋さんが持っていた抗議チラシを目にしたテレビ朝日の取材を受け、素朴な言葉で切々と故郷への思いを訴え、リポーターの涙を誘っていた。@irakusa

DSCN1210DSCN1211


 


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ