木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

2012年09月


2012年8月28日、東京地裁103号法廷で開かれた甘利明氏が原告の名誉毀損裁判。
訴えられたのはテレビ東京とその記者三名。
テレビ東京の番組「週刊ニュース新書」で安倍政権時代の原発災害への備えについて、テレビ東京記者、阿部欣司(36)さんが質問したところ「地震の備えの指摘はあったが津波の備えへの指摘はなかった」と答え、それについて共産党の吉井英勝氏が2006年に出した「質問主意書」には地震、津波による電源喪失で原子炉が冷やせなくなる
危険性が指摘されており、甘利氏が経産大臣を勤めていた安倍政権にそれが出されていたと阿部記者が伝えたところ、甘利氏が黙り込んで別室(執務室)に消えた。
それについてテレビ東京が「取材は中断となりました」と放映した事について、「名誉を毀損された」としての裁判でした。

今回は白熱した原告対被告の弁論で、甘利氏の問題の「日本なんてどうなったっていい」と発言した事を阿部記者が法廷で証言した場面の傍聴録です。
幾度かこのサイトで報告して来ましたが、裁判資料と合わせて、正確な物です。 

__甘利議員はテープを消す事を求める理由について、どのような話をしましたか?__

阿部「つまりこれは、もう私に責任を押し付けるものだと、こんな物が放送されたら私はかなわないと。私に責任はないと。だから認めないと。放送は認めない。だからテープを消せ、と言ってきました」

__執務室のあなたと甘利議員のやりとりはどの程度続いたのですか__

阿部「30分から40分程度続きました」

__その間、甘利議員はあなたに対してどう言う事を言ってきたんですか__

阿部「つまり福島第一原発の事故はこれは私に責任を押し付けるようなものだと、私に責任などないとはっきりおっしゃいました。当時の質問主意書とまたその答弁書については閣議前僅か2分程度閣僚から説明を受けるだけだと。そこで話なんか判るわけないじゃないかと。ましてや大臣にそんな権限はないだろうと」

阿部「全ては安全の指針を作るのは内閣府の原子力安全委員会であって経済産業省はその指示を受けて伝えているだけだと。なんでそれに俺に責任があるんだと。この責任をまたおしつけられたら、それはどうなると。私の政治生命は終わると」

阿部「さらに私には家族がいる。そして事務所スタッフもいると。そんなものを放送されたらたまらないと。それで一連のとにかく私には責任はないとという趣旨の事をおっしゃっていて、さいごにはもう日本なんてどうなったっていいんだと。今冷静に原発の議論なんかできないんだと。
こう言って私に恫喝口調で言って来て、とにかく、責任はない。そういう事は認めない。テープを消せという話で一貫していました」

__あなたは福島第一原発の被災地を訪れた事があるのですよね__

阿部「はい」

__それらの方たち、その被災地の方との関係ではどういうふうに思いましたか__

阿部「被災地の方々、特に福島では数々の方が家や故郷を失っているような状態に追いやられていると
そういう方達は国が、つまり政治が安全を担保してくれているから原発を受け入れたんだと。
にも係らずこんな状態になってしまったんだと」

阿部「私たちの故郷はどうすれば良いんだと。言う声を直前に聞いてる訳です。ですからその人達の気持ちを思うとこういう人が原発行政のトップを担っていたんだという事を感じた時には大変許せない気持ちになりました」

傍聴録終わり。







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


スペイン北東部のボルハにある教会のキリストのフレスコ画が素人画家
セシリア・ヒメネスさん(80)
さんが“残念な絵” に修復してしまった事で逆に有名になり、沢山の観光客や巡礼者が集まり大変な騒ぎになっている。
今月15日から教会は絵を見る為の入場料を取り、四日間で2000ユーロ(約20万円)儲かったという。
ところが、それを知ったヒメネスさんが肖像権を主張。
分け前を求める為に弁護士を用意し、裁判沙汰になる模様。
ce44d83f

shuhuku7
ブラジル、コルコバードのキリスト像が!


EcceHomo_EliasGarciaMartinez_04-594x340

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が!あなたもやってみる?


screamo-1

ムンクの「叫び」が!

画像提供サイト。

http://www.oesquema.com.br/urbe/2012/08/24/a-grande-restauracao-de-ecce-homo-de-elias-garcia-martinez.htm

ヒメネスさんは、いまや一番関心の持たれる有名画家になり、スペインの田舎街にひっそり描かれていたフレスコ画は世界の注目を集める絵画になった。

この絵画の魅力にインスパイアされた人びとがお気に入りの絵画のコラージュ作品を制作し、どんな名画の威光も破壊する最強アートとして改めて世界に認知された。

フレスコ画カレーも登場!
http://blog.livedoor.jp/fun_takedatake/archives/54143494.html



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加




東急大井町線の高架下に住む野尻浩史さん(73才)は今家主である東急電鉄から立ち退きを迫られ、
裁判を起こされた。
東京地方裁判所は立ち退きの仮処分を認める判決を下したばかりだ。

野尻さんは1937年の7月22日生まれ。
東急大井町線の高架下に6才の頃引っ越して来た。
親は国鉄職員、母親は一階に店を出し、6人兄弟の8人家族で高架下に住んだ。
戦後直後の事で母親は父親が仕入れて来た品物を店で売り、生計をたてた。

67年間住み続けていた高架下住居に、三年前の5月に突如家主である東急電鉄から立ち退きを迫られた。
野尻さんが拒否すると東急電鉄は「住民立ち退き訴訟」を起こして来た。
そして家主とトラブルが起きたら、家賃は三割増にするという貸し出しの時の条件を持ち出され、月二万三千五百円の家賃が四万二千円に跳ね上がった。

東急側から訴訟を起こし、それがトラブルだとして野尻さんのような高齢者に家賃の割り増しを請求するという行為に対して東急電鉄の用地課星野氏は「今裁判中なので答えられない」と話した。

一時貸しの更新を重ねて来た為に、居住権の主張も退けられた。
野尻さんは立ち退き仮処分の停止を求めて50万円の担保金を裁判所に出した。

野尻さんは今回の裁判について「これは裁判官の問題。裁判官は法律を使いこなす職業、運用次第ではベニスの商人や大岡裁きのような人情のある判決も出せたはずだ」
と残念がる。

東急電鉄側の主張として立ち退き請求は耐震補強の工事の為としている。
が、今まで高架下という悪環境を長く効果的に運用出来た利点もあった筈であり、行き場のない老人の追い出し裁判には厳しい批判の声が集まりそうだ。

都市の開発の陰に、戦後の経済を支えて来た高齢者達の排除が行なわれている事実がある。
発展と開発の繰り返しが弱者を圧迫し、さらに極端な格差が進み、誰でも簡単に格差のピラミッドから滑り落ちてしまう社会が出来上がり、その先にあるものは何なのか。
答えは近い未来にあなたに現れるかもしれない。


DSCN1295



    このエントリーをはてなブックマークに追加


__甘利議員はインタビュー申し入れの際、本件質問主意書の事について聞くとは言われてなかったという不満を述べているんですけれど、普通、インタビューにおいて資料を見せるとかそう言った事は事前に話しておくものですか?__

阿部「通常、この報道の取材ではありえません。これまでの原発政策ということについて聞く、と言ってる時点でそれはもう十分含まれているもだと思います」

__次に甘利議員がインタビューを中断させて後の事を聞きます。甘利議員がインタビューを中断して執務室に入った後どうなりましたか__

阿部「執務室に私だけ来る様にという事で呼び入れました」 

__あなたが執務室に入る甘利議員はまずあなたに何をさせましたか__

阿部「甘利議員はピンバッジを外してこの電源を切れと言いました」

__甘利議員は何の為にそのような事をあなたにさせたのでしょう__

阿部「やはり録音されるとまずいそれが収録されるとまずい、という事を思ってマイクの電源を切らせたのだと思います」

__あなたは甘利議員からマイクの電源を切る様に言われてこれから甘利議員がどのような話をするのだと思いましたか__

阿部「恐らく都合の悪い話をされるんだなと。人に聞かれてマズい話をするんだなと。
勿論それは当然録音されてはいけない放送もされたくないと言う趣旨の話をするんだという事で嫌な予感がしました」

__マイクを切らせた後、甘利議員はあなたに対して何と言いましたか__

阿部「まず、これは私を陥れるための取材だと。これは放送は認めないと。テープを消せと言ってきました」

__甘利議員はどんな口調でしたか__

阿部「極めて厳しい口調でした。私の方を睨んでまさに恫喝と言っても言い過ぎではないと思います」

__それに対しあなたは何と答えたんですか__

阿部「勿論そんな事はできないと答えました」

__この時甘利議員はあなたが本件質問主意書インタビューの際に持参していた事について何か言っていましたか__

阿部「言っていません。持参した事ですか」

__はい__

阿部「持参した事については言っていました」

__どういうふうに言っていましたか__

阿部「もう最初から私を貶めるために仕組んでインタビューしたという話をして来ました」

__あなたが本件質問主意書を示したのは甘利議員を貶める為だったんですか__

阿部「まったくそんな事はありません」

__あなたは本件質問主意書についての意見を聞く事が甘利議員を貶める事に繋がると思いますか__

阿部「いえ、責任を持って答えて頂けるると思っていましたし、何故甘利さんがそう思うのか理解出来ません」

__あなたは最初から質問主意書を甘利議員に示そうと考えてこの質問主意書を持参したんですか__

阿部「いいえ話の流れで質問主意書を見せる事はあるだろうなとは思っていましたが、そのインタビューの前は共産党の吉井議員にインタビューしていますし、その後には塩崎議員のインタビューが控えていました、当然、誰に見せるか判らないので持っていたという事もあります。それに聞く事は沢山ありましたのでその他の資料も沢山持っていました」

__執務室の事に話を戻しますけれども執務室の甘利議員の発言を聞いてあなたはどう思いましたか_

阿部「政治家ですけれども本当に無責任だなと憤りを覚えました」

__具体的にどのような態度が政治家として無責任だと感じたんですか__

阿部「甘利議員は経済産業大臣を三期務めた有力議員です。そしてご自身も原発を推進して来たお考えの方です。そして大臣時代に外部電源をを失った時どうなるかと原子炉を冷やせなくなった時にどうなるかと、核燃料棒が焼けてしまって大変な事態が起こるんじゃないかと。
それについて評価しているかと。そう言った指摘が大臣時代になされている訳です。
それがこの問題の質問主意書です。
それについてそう起こらないよう努力してると閣僚とサインして答弁してる訳です。そう言ったお立場の方からこの事故をどう見るのかと結局、事故は起きた訳です」

阿部「同じように電源を喪失して同じ様にバーンアウトするような大事故が起きた訳です。
それについて率直に当時そういう指摘があったにも係らず、どう思うのかという事を尋ねそれについて責任を持って答えてくれるものだと思っていたのですが、インタビューを一方的に中断し、そんなものは認めない俺に責任はないと。俺に責任を押し付けるような取材だと。放送は認めない。テープを消せと言ったお話をされるとは、無責任きわまりないと。私はそう思いました」

続く。(さらに裁判を取材します)








    このエントリーをはてなブックマークに追加


衆議院議員、前経産大臣の甘利明氏がテレビ東京とその記者三名を名誉毀損で訴えている裁判について、その背景を探った。
テレビ東京のディレクター阿部欣司(あべ・きんじ)記者(37)が同テレビ番組「週刊ニュース新書」のインタビューで、甘利明氏に原発事故の備えは安倍政権時代に万全だったかと質問した事に甘利氏が「地震への備えはあったが津波への備えはなかった」と答え、それに対して、地震や津波被害での原発事故の危険を指摘してある安倍政権に出された「質問主意書」を見せた所、黙り込み、別室へ消えた。
それを番組放送中、「取材は中断となりました」とテロップとナレーションを被せた事で「逃げたように放送された」「名誉を毀損された」として謝罪広告と損害賠償を求めたものだ。

インタビューが中断された後、どんなやり取りが2人の間で行なわれたのか。
そこでのやり取りが裁判記録に記載されていた(乙第7号証)

阿部記者が甘利明氏にインタビューしたのは2011年5月17日衆議院議院会館で。
午後一時半から行なわれた。

インタビュー途中で別室へ移動した甘利氏は阿部記者を呼び、インタビューを放送しないように要求したと言う。
以下裁判記録より〜


甘利「とにかく暗がりでよく判らない上にうる覚えで言った言葉をカメラでしっかり撮っていたじゃないか。それを消せと言っている」
甘利「消さないと放送するにきまっている。流されたら大変な事になる。あなたも一回そういう目に遭った方が良い。誹謗中傷されたらどんなに辛いか」
阿部「まだ取材の最中でありどこをどうするのかなどは何も決まっていない」

甘利「私には肖像権がある。取材を受けた人間が流すなと言っている。放送は認められない」
阿部「一端、引き取らせて頂き局に戻って検討する」

甘利「引き取ると言ったってどうせ流すんだろう流さないと番組が成立しえないじゃないか」
阿部「流すかどうか決めてないが仮に流さなくても前半の原子力の利点や功罪について聞いた部分などは使わせて頂けるんじゃないかと思う」

甘利「何度も言うが原子力安全委員会が安全基準を決める。彼らが決めた基準を経済産業省は事業者に伝えるだけ。安全委員会は地震や津波のプロが集まってる組織。そこが決めてるんだ」

甘利「大臣なんて細かい事なんて判る筈無いし、そんな権限がない事くらい君も判ってるだろう。答弁書だって閣議前の2分間からそこらで説明を受けるだけだ」

甘利「原発は全部止まる。企業はどんどん海外へ出て行く。もう日本は終わりだ。
落ちる所まで落ちれば良い。マスコミだって同じだ。お宅も潰れないと判らないもんだ。もう私の知った事ではない」

阿部「この後、塩崎さんのインタビューの時間が迫っている。いずれにせよ、この扱いは私ひとりでは
判断出来ないので戻って検証したい」

以上やり取り終わり。
 
この後、甘利氏の強い抗議を受けて、テレビ東京は別室へ消えた甘利氏の姿を放送した事を社長名で謝罪文を甘利氏に出し、訂正放送を行なった。
それに対して甘利氏側は再度、謝罪放送を流すよう要請し、テレビ東京側がそれを拒否すると、甘利氏は名誉毀損の損害賠償請求と謝罪広告の訴訟を起こした。


Twitter @irakusa
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ