木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

2013年03月

 2013年3月17日に、午後二時から東京新大久保で「在特会」(在日特権を許さない市民の会)約200名が在日韓国人に対する抗議デモ行進を行なった。


jpg-large




 このデモは「春のザイトク祭り 不貞朝鮮人追放キャンペーン デモ行進in新大久保」との奇妙なタイトル通り、在日韓国人が多く住み、韓国人が経営するレストランやショップの多い新大久保界隈で店員や歩行者に向かって「キムチ臭い韓国人は出て行け」「韓国人はゴキブリ」「首を吊れ」などと叫びながら沿道を行進する。韓国人街でのヘイトスピーチ、威圧行為、嫌がらせが目的のデモなのだ。

zaitoku1


 この日、「在特会」は新大久保のドンキホーテ近くの大久保公園で決起集会をしたのち、商店街を隊列を組んで約二時間程、行進した。

 奇妙な日章旗の群れと心ないヤジの先頭はパトカーだ。そして「在特会」と寄り添うように歩く大勢の機動隊員達。


 多くの買い物客で賑わう日曜日の韓国人街に日章旗や日の丸が通り過ぎる。
反対側の歩道には「カウンターデモ」とよばれる「しばき隊」が並列して「レイシストは帰れ!」と叫びながら移動している。しばき隊とはレイシスト(差別主義者)をしばく(棒で叩く、こらしめるなどの意味)のを目的に野間易道氏の呼びかけで集まった人達でこの日は約100名が参加した。

zaitoku2

 韓国人街があり、そこに嫌がらせのデモを行なう人びとがいて、それに反発の意志表示をする市民の群れがいて、間に警察が入り、あちこちで歩道に機動隊員が壁を作って通行人に規制をかける。
それは異様な光景だった。巨大なエネルギーの混乱状態の固まりが新大久保付近を新宿方面に向かって行進していく。

 私はデモを撮影しながら、これで一体何が生み出されるというのだろうか?という疑問が浮かんだ。
そして通りがかりの親子連れは怯えていた。(日本人か韓国人か分らないが、モンゴロイドの親子連れだった)

 そして、午後四時に
デモ隊が大久保公園に戻り、散開の挨拶をしている所を撮影していた私に、ガラの悪い言葉で言い掛かりをつけて来た若い男が居た。
男「おいおい何やってんの?カメラ二つも持って。(実際にはiPhoneとカメラ)」
私「撮影してるだけですよ」
男「おい、こいつスパイだ、あっち側の人間だぞ!」
私「あっち側って何ですか?同じ日本人でしょ?」(←努めて優しい口調で)
男「(ビクッ)」
いきなり男が私のiPhoneを掴んで下に叩きつけようとした。
すると、若い女性が止めに入り、「それはやめな!」と私に返してくれた。
男と小競り合いになりそうになった瞬間、私は警官と機動隊に揉みくちゃにされて公園から連れ出された。(公安、機動隊、警官のミックスで30人くらいに取りか囲まれました)

 機動隊員に文句を言おうとすると、年配の公安が立ちはだかった。
IWJの撮影は こちら 
(私と公安との間に入って、加勢してくれたのが林克明さん、その後ろで心配そうにウロウロしてるのが田中稔さん)

公安「まあ、お話聞きますから」
私「携帯盗られました、帰ってきましたけど、暴行されました」
公安「あなたが無許可で撮影していたからでしょ?」
私「公園で撮影していたらいけないんですか」
公安「彼らが演説中でしたから」
私「どうしてですか、おかしいでしょう?どうして彼らを守るんですか」
公安「規制しています」
私「あの人達が『殺せとか』とかプラカード持っていても、警察はこのまま放置してデモをガードするんですね、ネットで『殺す』とか書き込みしたら逮捕されますけど、何故あの人達は放置なんですか」
公安「それは私の口からハッキリ今、明確に回答する必要はないと思いますよ」
私「彼ら(在特会)をガードしてますよね、現に」
公安「デモに対する規制です。うん、お互いにトラブルにならない為の規制です(ニコニコ)」
私「でもデモを反対する人達には道を封鎖されてますよね、あの人達にしないのは何故ですか」
公安「してますでしょ?一緒にしてますでしょ?」 
 
私「でも、許可してああやって一緒に歩いてますよね、お巡りさんたち、あれは何故なんですか、何故こういう風にデモを止めさせる為に道を塞がないんですか?」(私の後ろは機動隊が隊列を作って道を封鎖)

公安「道路交通に対して、歩道上から反対にね、方々がいてトラブルにならないように、それだけですね。ウン、それだけ。デモ隊の方に行って、双方当たらないように」私「個人的には辞めさせるのはあっちじゃないですか」(後ろで園良太君の呼ぶ声)

公安「それは、(クスクス)あなたの個人的見解は抜きにして、私が今言ったのは職務施行としてデモの規制に入ったのはそういう話ですよ」

 やり取り終わり。どうして、携帯を一瞬でも盗られた私が公園から連れ出されたのか、何故、警察は在特会の殺人予告クラスのプラカードに規制をかけないのか、それについてはまったく論理的な答えは返ってこなかった。

 在特会の新大久保デモは今後も続けられる。
日本に民衆扇動罪が立法されるその日まで。


  Twitter  @irakusa
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKのアナウンサー堀潤(ほりい・じゅん)さんがNHKを4月1日付けで退社する事がヤフーニュースで明らかになりました。

堀潤アナNHK退局へ

 
 堀さんは「ニュースウォッチ9」のリポーター等を勤めた人気アナウンサー。
先に木星通信でお伝えしたように、NHKがSPEEDIの情報を報道しなかった事を2013年3月11日のTwitterで告発しました。
 
 放射能被害の拡散予報を記者クラブメディアが報道しなかった事を公に認め、謝罪したのは堀さんが初めてです。


 勇気ある内部告発には多くの賞賛の声が寄せられたものの、NHKから提示された異動先は料理番組担当で、その去就が注目されていましたが、今日、退職する事が明らになりました。

 3・11以降の原発事故災害による放射能被害の予測データはあったものの、各省庁と報道機関が揃って情報隠蔽したという貴重な証言をした堀さん。

 公益を尊重した内部告発者が誰もが辿る道を堀さんは歩み出したのです。

  事実関係を含め、木星通信では堀さんに取材を申し込みします。

【お詫び】 (堀潤さんがNHKを4月1日付けで退職する事になったのは、内部告発の制裁である、と断定的なタイトルで第一報を書き、また、2011年3月15日前後にSPEEDI情報を手に入れて報道関係者と官僚が東北・関東から逃げ出していた、という裏取りの出来ていない記述をしてしまいました。
この記事を読んで下さった皆様に誤解を与え、堀潤さんと周囲の方々にご迷惑をおかけした事を深くお詫びします)

Twitter @irakusa


 


 雑誌編集者Aさんから原稿頂きました。内容は木星通信が「上杉隆講演会in東京」の講演会の内容を許可無しで記事にした事で激しく批難されていますが、それについて講演会内容を無許可で「書いてもいいのか」「いけないのか」に「削除しろと言われれば削除しなくてはいけないのか」について、です。

 「報道の自由」とはなにか_「取材規制とは何か」木星通信ではみなさんのご意見をお待ちしています。

____________書き出し_________


 「〜準備会」と周りの外野が言っている、「取材の申請しなければ、講演内容を記事に書いてはいけないのか」という件についてです。

結論は、もちろん「書いてもいい」です。

 例えば政治家の不適切発言の報道は、過去に山ほどありますが、そのなかには講演会はもちろん、懇親会、街頭演説など、取材を前提としない場所での失言もたくさんあります。(例えばこちhttp://goo.gl/Gtkxh http://goo.gl/3Ud9p
記者会見場での発言のみ、記事にしてよいわけではありません。

 彼らが失言をした場所は、取材を前提にしていないかもしれませんが、発言者に許可を得ていないこと、書かれたくないと思っていることでも、公益性があれば、書いてよいのです。
 
それが「報道の自由」です。
 
 「報道の自由」は権力を撃つために、それだけ強く守られているのです。
逆に言えば、そのような立場の人物が公の場で発言するとき、
常に「記事に書かれるかもしれない」と意識して発言するべきだし、皆そうしています。
彼らが著作権や肖像権を盾に報道を差し止めようとしないのは、それが言論弾圧につながり、さらに問題が大きくなるからです。

 もちろん、取材者が取材対象者に対して礼を尽くし、あらかじめ媒体や記事の意図を説明して、取材申請をし、
原稿のチェックを受け、取材対象者の意に沿って修正する場合もたくさんあります。

 ただし、ニュース報道や批評などについては、書かれたくないことを書くことも多いので、取材申請をしない、記事も事前に見せない、削除や修正の要求があっても突っぱねる、などということは日常的にあります。
取材対象者と仲が悪くなることも当然ありますが、ニュース報道の世界では、それがごく当たり前です。

 「取材申請をしなければ、記事に書いてはいけない」としてしまうと、それは「情報の選別」になります。
「自分に都合の悪い記事は削除させる」ことがまかり通ると、それは「検閲」になります。
どちらも非民主国家がやることで、「自由な言論空間」「開かれた報道」とは対極にあることです。

 上杉氏サイドや周りの人たちが求めているのは、とっても「不自由な報道」です。
彼らはそれを分かったうえで言ってるのでしょうかね。

 ちなみに、上杉氏がリークするするって言っている、
オフレコメモというものについてですが(本当に40万枚も存在するのか不明ですが)、「オフレコ」とは、「これは記事に書かない」あるいは「名前は伏せる」などと約束をしたうえで話を聞くことです。
 
 上田さんのように「記事にするともしないとも言っていない」ではなく、
「記事にしない」と約束したうえでの談話が「オフレコ」です。

 それを公開するということは、ジャーナリストとしてのルールのみならず、
人対人との約束を反故にしていることです。また、ジャーナリズム全体にとっても、マイナスなものなのです。

 その理由として有名なのが、ローリングストーン誌のマイケル・ヘイスティング記者の事件です。
アフガニスタン駐留米軍のマクリスタル司令官は、
「オフレコ」での暴言をヘイスティング記者に公開されてしまい、辞任する顛末となりました。

 これをやられると、ジャーナリストと情報源との信頼が崩れてしまい、
政治家や官僚などが口を堅く閉ざしてしまい、情報が得にくくなってしまうのです。
これは上杉氏がいつも拠り所としている、海外メディアも批判していることです。

 (記事中真ん中あたり)
>ワシントン・ポストやニューヨーク・タイムズなど、ホワイトハウスに常駐記者を置く大手メディアは直後、
>ローリング・ストーン誌が、当事者がオフレコとみなしていたことを報道したという批判記事を展開。
彼は「海外メディアでは当たり前」のやってはいけないことを、やろうとしているのですね。

____A氏の引用終わり___

この件についての、ご意見・ご感想は Twitter @irakusa 


 今、「木星通信」が上杉隆講演会in東京準備会から受け居てる記事削除要請について著作権法に詳しい方からメールを頂きましたので、UPします。
また、この件に関して、詳しい方「木星通信」に知恵をお貸し下さい。宜しくお願い申し上げます。

____著作権に詳しいAさんから__


 講演会で話す内容には、確かに著作権が発生します。

しかし、上田さんもお考えの通り、表現者の側にも「表現・報道の自由」があります。


 今回の上田さんの記事の場合は著作権法上、問題があるものとは思いません。

その理由は、記事が「報道目的による利用」(著作権法第41条 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/gaiyou/chosakubutsu_jiyu.html)に当たるため、上杉隆氏の著作権は制限されるからです。


 例えば政治家が講演会で失言をしてしまい、それがマスコミで報道されそうになったとき、その政治家は自分の言葉の著作権を盾に、報道を差し止めることはできません。


 報道目的に当たるかどうかは、その内容に「公益性」があるかどうかで判断されます。

今回の記事は、まさに「公益法人」に関する内容なので、まず問題ないと思われます。


 例を挙げて、もっと実際的なお話をしてみますと、例えばAさんが自由報道協会を応援しようと、寄付を考えていたとします。しかし、Aさんが今回の上田さんの記事を読み、自由報道協会の運営計画が杜撰であったり、その代表が剽窃問題を抱えているなど問題がある人物だとわかり、寄付を取りやめるかもしれません。

その場合、この記事がAさんにとって有為であるわけなので、公益性があるといえるわけです。


 ちなみに、すでにtweetされているように、上杉氏の発言を「引用」とする形でも問題ありません。

しかし、引用の場合は当然一言一句違えてはならず、またすべての引用箇所を鍵かっこで括るなど「明瞭区別性」の原則というものがあります。

また、上田さんの地の文が「主(メイン)」、上杉氏の発言部分が「従(サブ)」となってなくてはならず、引用箇所は必要最低限でなくてはならないという「主従関係」の原則というものもあります。

言葉のチェックや書き直しのお手間などを考えると、「報道の自由」を盾に突っぱねたほうが得策かと思われます。


 肖像権の方も、問題があるとは思いません。

肖像権が問題になるのは、「プライバシー権(人格権)」と「パブリシティ権(財産権)」が侵害された場合です。プライバシー権とは、(政治家などではない)私人が私生活上の事柄をみだりに公開されない権利です。
 

 上杉氏は公益法人の代表であるので、完全な私人とも言いがたい存在です。

また、今回の上田さんの撮影は、公の場で、許可を得て撮影をされたものですので、私生活上の事柄ではありません。公開することが問題かどうかは、ケースバイケースなのですが、今回の記事には前述のような「報道の意義」があります。


 パブリシティ権とは、その人の肖像に存在する経済的な価値を保護する権利です。

これは、例えばタレントの顔を撮影して、その写真を勝手に販売するようなことを禁じるためのものです。上田さんの記事は営利目的のためのものではないので、こちらはまず問題ありません。


 肖像権については、実際のところ日本の法律には明文化されておらず、法律で争われる場合は憲法第13条の幸福追求権などを法的根拠として争われます。

そのため、肖像権と表現の自由がぶつかったとき、ケースバイケースとなるのですが、公の場で撮影された報道目的の写真である場合、表現者の側に有利に働くと考えられます。


 例えば、新聞に犯罪者の顔の写真が掲載されたとき、犯罪者が肖像権を理由に損害賠償を請求してもまず勝ち目はありません。それは報道の意義があるからです。


  実際のところ、「プライバシー権」と「表現の自由」がぶつかることはよくありますが、
 「著作権」と「表現の自由」で争われることはあまり聞いたことがありません。
プライバシー権と表現の自由での争いで有名なのが、こちらですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/田中真紀子長女記事出版差し止め事件
田中真紀子氏は政治家=公人なので、たいがいのことは書かれても仕方ないが、
その長女は「私人」なのか「公人」なのか、ということが問われた事件です。
地裁では出版差し止めが認められ、高裁ではそれが取り消されたので、
法的なボーダーとして参考になりやすいです。
 
 著作権とはそもそも、ある人の創作物を使って、
別の人が利益を得ることを阻止するためのものです。
上田さんが講演内容を勝手にDVD化して販売したのなら違法なのは確かですが、
今回のような件で、なぜ上杉氏側が著作権を主張するのかが謎ですよね。

 というのは上田さんが書いた記事は、上杉氏を批判的にすら書いていなく、
そのまま伝え広めているので、上杉氏の主張にむしろ協力する行為といえるからです。

 著作をする側は表現をしたいから著作をするのであって、それを伝え広める報道の側と同じ方向を向いているのであり、勝手に金儲けをしようする場合でなければ、本来的に双方の権利はぶつからないんですよね。

 これらを踏まえて上杉氏サイドの苦情を意訳すると、「おれの都合の悪いことは、たとえおれが発言したことでも記事に書くな。さもなくば訴えるぞ、取材させないぞ」ということなので、記者クラブよりタチが悪いですね。笑

 「〜準備会」の苦情内容は、上杉氏が目指す「自由な言論活動」「報道へのアクセシビリティ」とは正反対の行為だが、 これは上杉氏本人の意思によるものか? と問うて戦うのがよいと思います。

 また抗議文が上杉氏本人ではなく、「〜準備会」からの苦情としているのも彼らしいですね。 ついでに言いますと、著作権・肖像権は、講演主催者ではなく本人が所持します。 著作権法侵害の刑事罰は「親告罪」ですので、本人以外は告訴することができません。 このあたりが本人の意思確認の糸口になると思います。 


____引用終わり___

この件に関して、お問い合わせ、ご意見ありましたら、Twitter @irakusa  まで。 


上田 眞美 様

 今回は、WORKSHOPにご参加頂きありがとうございました。


 さて、上田様のブログ「木星通信 (http://jupiter-press.doorblog.jp)」拝見させて頂きました。
 今回初めてのWORK SHOP開催のため、録音・録画等の規制は一切かけなかったものの、こちらのブログ(「木星通信 (http://jupiter-press.doorblog.jp)」)に書かれている内容、また録音データーの他者への譲渡に関して、肖像権および著作権侵害に当たる可能性もあり、場合によっては法的な対応を検討せざるを得ません。
 またニュースブログで「速報」と売っている点で上杉隆氏に対する取材であって、講演会の質疑応答の範囲を超えております。

 こちらの記事の削除と、また次回開催時はこちらとしては来場の規制をかけさせて頂きます。

 ご理解と早急な削除をよろしくお願い致します。 


----------------------------------------------
上杉隆 講演会in東京 準備会
tu.workshoptokyo@gmail.com
----------------------------------------------
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ