現在、STAP細胞は細胞が死んでゆく時に光を発する自家蛍光だという節が有力だ。
これは以前からSTAP細胞を疑問視する人達の間で囁かれていた事だ。

 それなら若山照彦博士のこのコメントは何なのだろう。(画像はSTAP細胞発表直後のニュース映像。若山博士はすごく光るSTAP細胞を確認し、発明者の小保方博士に絶賛コメントを寄せている)(図1)
image


 画像元ニュースのアドレス https://www.youtube.com/watch?v=KyR3DJHlufI
 
 STAP細胞に挿入されたGFPで緑に光る様子を見て、感激している若山博士。
GFPとは簡単に説明すると緑の蛍光色を発光するタンパク質の事。

 SATP細胞の遺伝子に挿入すると、STAP細胞で作られた部分が緑色に光る。胎児が全て緑色に光ると、全てがSTAP細胞で作られた事を証明できる。(図1)が全身がSTAP細胞で出来た胎児の画像。 ただし胎児のままで、産まれることは無い。

 そして2014年7月まで山梨大学のHPに掲載されていた『ライトを当てると光るキメラマウス』の画像。(図2)
image

画像元の魚拓アドレス http://megalodon.jp/2014-0531-1951-21/www.yamanashi.ac.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=755

 生まれてから成長後もSTAP細胞がGFPで緑に光る様子がライトで確認できている。
ES細胞やiPS細胞は胎盤を作れないので、STAP細胞が既存の細胞と違う万能性を示す『胎盤が緑に光る』ことが本当かどうか注目されて来た。

 「胎盤が緑に光れば、万能性が確認できる」というのがこの実験のキーポイントだ。
それなのに、「死んでゆく細胞の光と誤認した」というのは考え難い。
若山博士は細胞工学のプロフェッショナル。

  世紀の発見なのに自家蛍光かSTAP細胞由来の発光であるか確認せずに実験を進めていたとも考え難いし、自身が務める山梨大学のHPに「STAP細胞由来で光るマウス」の画像と、その作成のプロトコル(手順)を掲載していたのだ。(図2参照)

 自家蛍光が死んでゆく細胞の光なら、生きているマウスが光るのも辻褄が合わないし、すぐ死ぬ細胞なのか確かめないのもおかしい。画像の「ありえないくらい光った」コメントもどういう事だろうか。

 まして、報道された100%STAP細胞由来の内蔵全部が緑色に光る胎児の画像はなんなのだ。
死んでゆく細胞で胎児が育成される訳はない。この画像は捏造だったのか。(図1)

  自家蛍光の色は緑の他、赤い色等が混じり、一色ではない。GFPは一色だけ光る。 因に、時間の経過によりGFPは退色してしまうので一定期間を経たキメラマウスはライトを当てても光らなくなるという。(理研国際国際広報室・談)


 科学者自身が後々説明がつかない言質を残して点々とそれらをつなぎ合わせて行くと、全く報道と辻褄が合わなくなるのがこのSTAP細胞事件の特徴だ。
これらの残されているSTAP細胞実証の証言について、若山博士のコメントを聞いてみたい。


小保方博士が成功した200回のSATP細胞は自家蛍光を誤認したものだとする記事。

『小保方氏のSTAP200回成功、「自家蛍光」か』日本経済新聞9月1日付け


浅見正䂓氏の科学的な説明。

「STAP細胞」が死んだ細胞である証拠が小保方の論文と理研公開動画に存在する