木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

2015年08月

 内閣府と文科省が発行した高校生への保健体育の授業に使う副読本「女性の妊娠しやすさと年齢」で妊娠しやすい年齢を示すグラフの傾きに誤りがあることがTwitterユーザーの指摘から解った。

 副読本を発行した文科省は誤りを認め、正誤表を配布する事が決定した。


http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/08/17/1360938_09.pdf
より健やかな妊娠・出産のためにの図表


55)


 に対してのTwitterユーザーからの疑義。@segawashin 
 
55)

23)
27)
 赤い方が文科省のグラフですね。傾き加減がかなり違います。
元論文と比べると20−25歳までの間で緩く妊孕力(読み・にんようりょく)(意味・妊娠しやすさ)(同義語に妊孕性もある。)
を示していますが、25から30歳、35から40歳と急勾配の傾きです。


慶応大学 名誉教授 吉村泰典博士の「女性のからだと卵子の老化」より
 http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/20150304_yoshimura.pdf


34)



 こちらのほうはまだ緩やかですね。この図表を内閣府に渡したのは吉村泰典博士でしょうか。
図表が渡った経緯を確かめるために文科省と内閣府に電話してみました。
それによると、グラフが渡った順番は「有識者→内閣府→文科省」で内閣府の少子化対策キャンペーン・コンセプト「若いうちの妊娠が望ましい事の啓発本」を作る為のデータを有識者に求め、それを内閣府と文科省で高校生の保健体育の科目で使う為に副読本として制作された。

 文科省は学校健康教育課に繋がり、内閣府は担当の名前を教えてもらえませんでした。
このグラフの提出者が解れば、事態の真相に迫れるのではと思い、詳しく問いただしましたが、グラフ提供者の情報はクローズ扱いでした。

 以上の取材結果ですが内閣府と文科省は高校生の保健体育の副読本に「ソースの怪しい」「出所不明」のグラフを使っていた、事になります。グラフの提供者の名前を明かせないというのですから、そのグラフの作成は不明だという事になります。
これは「グラフデータの改ざん」と認識されても仕方ないでしょう。
吉村泰典博士の「女性のからだと卵子の老化」のグラフも17年前からのデータで、情報が古過ぎますし、元々の論文も、妊孕力と年齢の相関関係の研究調査結果のものではない様子です。

 お金をかけてキャンペーンするなら、新しくきちんとしたデータにして欲しいです。
内閣府や文科省は少子化に対して本当に真剣に考えているのでしょうか。
やっつけ仕事は辞めて頂きたい。
もう新しく「日本で」妊娠や出産の年齢リスクの統計調査をしたら如何でしょうか。


 真相は「若いうちの妊娠が望ましい。20代以降は妊娠が難しくなる、妊孕力が下がる」事の啓蒙の為に、データを都合よく書き換えた。と言ったところでしょうか。

 「若い人に科学的に医学的に正しい知識を持って不妊のリスクを減らしてもらいたい」という内閣府と文科省の啓蒙はたしかに正しいのですが、「若くて妊娠してしまうリスク」や「現実的な子育てのリスク」などを平行して啓蒙してもらいたいと思います。

 少子化は「安く安心して子供を預かってくれる所」という保育施設の充実と「地域で子供を守り育てる」という社会の応援があれば、かなり改善されるのではないでしょうか。

 アメリカのように安い労働力の家政婦も雇えず、地域社会のコミュニティー崩壊で子供を気楽に見てもらう事も出来ない。いくら陳情しても保育園は建たない。

 それでも「卵子は老化する!若いうちに妊娠しろ!その方がノーリスクだ!このグラフに書いてある!」はまったくもって、若い女性への妊娠ストレスになり、妊孕力が下がる高齢の女性に対して偏見を増長させるだけです。
このグラフが「産んだ」のは女性へのストレスと偏見だけでしょう。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加



 残暑お見舞い申し上げます。
木星は外耳炎治りました。メッセージで外耳炎の簡単な治療法など書いて頂き、有り難うございました。

 放送人権委員会は平成27年8月18日の第223回委員会で小保方博士の申し立てを受けて「NHK STAP細胞不正の深層」の放送内容について審理入りする事を決定しました。

 小保方博士の代理人である三木秀夫弁護士がフェイスブックで公表した内容によると「全体を通して申立人(小保方博士)らに対して断定的なトーンで実験の架空ねつ造を行っているかのような内容を放送した」事により、申し立てを行ったとの事。

 放送で人権侵害の被害を被った本人がBPO(放送倫理・番組向上機構)に申し立てをする期限が放送日から数えて1年以内と期限が決められている為に、7月10日に申し立てを行う事になったようです。

 木星はずっと放送された日からこの問題を追いかけてきました。
メディアと人権、報道と人権を考えるのをライフワークとしていたからです。
三木弁護士はフェイスブックで「人権侵害の限りを尽くした」とこの放送を非難しています。

 何が問題か。
この事件について、科学の事は解らなくても、「何か変だ」と考えている人に向けて解りやすく説明します。簡単に言うと、「ねつ造した事実で人を犯罪者に陥れようとした」事です。
NHKが?そんなバカな。
そうです。良心的な番組を物心ついた頃から慣れ親しんで来た人には俄に信じられないでしょう。

 ①この番組は「STAP細胞 不正の深層」と題して、その「不正な行為」が小保方博士本人のみが不正を行ったかのようにイメージ誘導した事。公平さや中立に欠ける「小保方博士への悪意が充満した内容」であったこと。

 ②小保方博士のメールや実験ノート等だけが暴露され、著作権やプライバシーが侵害された事。
これらは小保方博士へのマイナスイメージを流布させる為の小道具として用意された。

 ③一転して永く小保方博士と共同実験し、STAP細胞の論文共著者である若山照彦博士(山梨大学教授)は正義のヒーローとして描かれなんらの疑義も受けていない事。

 ④この放送時には解っていた若山研究室の解析の誤り(若山博士が渡したマウスと違う細胞が小保方博士から戻って来た)←これは『解析ミス』で若山研究室に存在していた細胞だった。を、訂正せずに
「小保方博士から違う細胞が戻って来た。小保方博士によってすり替えられたマウスだ」とイメージさせる放送内容にした事。(だいたいマウスがすり替えられていたらどんな実験結果になるの?)

 ⑤STAP細胞のデータを解析した理研の遠藤高帆博士が若山博士に「STAP細胞はアクロシンのプロモータです!」と小芝居していましたが、この時にSTAP細胞の構成はアクロシンGFPだと解っていた。しかし、それとは無関係の李博士が作製した「Oct-4」「マウスの種類B6」のES細胞を盗んで若山博士に作製させていた、と誤認させるインタビュー内容やイメージ画像を流した事。

 どうでしょうか。①は視聴者を誘導するタイトルとして不適切ですし、「不正=小保方博士」とする番組構成の上でのタイトルなので、視聴者は「小保方博士が不正した」と信じ込んでしまうでしょう。
内容はどうあれ、NHKスペシャルが事実をねつ造するなんて想定外でしょうから。

 ②は小保方博士の私的なメールを公開、実験ノートも本人の許可無く公開。
しかも番組で指摘する「小保方博士の不正」にはなんら関連性のないもので、小保方博士へのハラスメント目的の何物でもありません。

 ③は④(若山博士側の解析ミス)とともに考えると、若山研究室の擁護目的でこの番組が作られたと推測出来ます。そうです。徹底的に若山博士シロ、小保方博士クロありきの番組だったのです。

 ⑤は「アクロシン?解らない・・・」と感じてしまう人も多いでしょう。
解りやすく説明すると、番組放送時、STAP細胞を解析した博士が示した分析結果の細胞とは全く無関係の細胞を、さも小保方博士が若山研の引越の時に盗んで実験をねつ造していたかのように放送したのです。(若山研の引越の時はSTAP実験が終わっていた)

 【簡単なまとめ】NHKは「小保方博士が不正した」事にしたい為のイメージビデオを作った。
実験には使用されていないES細胞を小保方博士が盗んでSTAP実験に使っていたかのようなイメージ誘導した。です。


 これは放送不正などと言うレベルではないでしょう。
”放送犯罪”です。この放送を苦に笹井博士は自殺したと言われている。
殺人番組であると言えるでしょう。(小保方博士がショックで自殺しても可笑しくなかった)

 この番組は私たちの税金で作られています。
貴重な逸材の博士を死に追いやり、無実の罪を小保方博士に着せようとしたこの犯罪的な番組を皆さん黙って見過ごすのでしょうか。

 ある日突然身に覚えの無い罪を犯した事になっている。
それをNHKが放送する。インタビューまで添えて。「ワタシハ、アノヒトガ、ヌスムノヲ ミマシタ」
これは来るべき密告社会の前触れかもしれないのです。

 これを黙認すると、そのうち誰かが放送ででっち上げの罪を着せられても当たり前になってしまう。
それを認めてしまう事になりますが、皆さんはそれで宜しいんでしょうか。

 報道が人を犯罪者に仕立てる道具になってまうのを今止めなければなりません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ぼ、ぼ、ぼくらはSTAP細胞探偵団♪
勇気りんりんGFP♪ゲノムの力で解決だ♪
ぼ、ぼ、僕らはSTAP細胞探偵団♪

 やあ、みんな元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル。
みんな夏休みの宿題は済んだかな?僕はもうとっくさ。
夏休み前に宿題を予測して済ませてしまうんだ。だから僕は夏休み丸マル遊べるって寸法さ。
まあ、それは嘘だけど。
ここの管理人さんは外耳炎で熱出して寝込んだんだけど、そのときアマゾンで生物学の参考書を買っていたよ。
無理なのに。成年になって絵を習っても美大出た人には実力が決して追いつかないように、学生時代に専門教科で習わなかった人がいくら勉強しても知識にならないよね。

 まあ、「科学が解らない」って言われたのがよっぽど悔しかったみたい。
でも、「東大のセンセからひとことお叱りを受けた」って喜んでいたよ。なんだろうね。
ここの管理人さんは痛覚が普通じゃないみたいで、よく怪我をしたのに気がつかずに血だらけでいて家族に怖がられているよ。骨折しても気がつかないとか。
それから麻酔も効かない体質みたいでお医者様に積年の不信感があるみたい。
耳鼻科に駆け込んだのはよほど痛かったんだろうね。
ま、変人の類いだね。地位も名誉も無い人だから世論をひっくり返すなんて出来ないだろうけど、気に食わない連中の足を踏んづけて「ギャフン」と言わせるくらいの事はするかも知れないぜ。

 まあそんな事はいいさ。
みんなはSTAP細胞事件に新たな展開があったの、知ってるかい?
小保方博士がNHKの番組を人権侵害で審査して欲しいってBPOに申し出て、審理入りしたんだ。

  BPOって何かというと、平たく言えば、行き過ぎた表現や番組内容で視聴者の人権が傷付けられたらそれに対して苦情を申し立てるところなんだよ。表現の自由をまもりつつ、放送によって不利益を被った人が番組内容を審査してもらうところなんだ。で、どうなるかと言うと、審理した結果を記者会見で公表、発表し、申し立てを受けた放送局はそれを放送しなくてはならないんだ。
そうだよね、放送した放送局が、審査された結果を放送してこそ、人権侵害するような放送内容を抑止する事が出来るんだ。自分たちの過ちを放送するって放送人にとってくつじょくだからね。

 それで一体どこが人権侵害なんだ。と思う所だけど、かがくの話じゃまた解らなくなるから、
どうぶつや車に例えて話そうかな。


 小保方博士が申し立てて審理入りしたのはNHKが2015年7月27日に放送した「STAP細胞 不正の深層」って番組で、理研のSTAP事件を審査する人にしか知られていないメールが公表されたり、小保方博士が若山博士から細胞を盗んだかのようにイメージさせる場面を繰り返し流したんだ。

 あくどいのは、STAP細胞の共同実験者の若山博士が、理研の研究者の遠藤高帆博士からSTAP細胞の中身を分析してもらった時の事だ。
遠藤「STAP細胞はクロシンのプロモーターです」若山「えっ?」みたいな薄い小芝居していたけど、そのとき、二人はSTAP細胞が「アクロシンGFP」だと解っていたんだね。
番組スタッフもそれを承知していた。
それなのに番組はそのES細胞じゃない李博士が作った「Oct-4GFP」のES細胞を盗んだように李博士のインタビューまで添えて放送したんだ。

 わかりやすく言うと

 STAP細胞の車は「アクロシンGFP」のガソリンが入っていた。
しかしNHKは「Oct-4」のガソリンを小保方博士が盗んで車を走らせていた、事にした。
くらいの『ひどいデッチアゲ』
をNHKはやっていたんだぜJK。

 これを作ったのはNHK科学班。李博士にインタビューしているのは藤原淳登記者だ。
番組内では「留学生」ってさも幼気な印象だったけど、博士で医者だってバレたね。
この李博士の正体さえ偽って小保方博士を悪者にしたい連中がこさえた番組なのさ。
邪悪な。

 ちょいと驚くでしょう?NHK科学班が非科学的な事実をねつ造して人を罪人に追い込もうとしてるんだよ。
これでBPOが問題なしとしたら、もう世の中終わりだね。

 僕はこんな風に報道が邪悪に染まるとき、社会変動が起きる直前なんだと思うよ。
大人になるのはしんどいね。こどものままがいいや。








 





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 痛ましい事件が起こりました。
2015年8月13日深夜、大阪府寝屋川市に住む、平田奈津美さん(13)が駐車場で遺体で発見されました。13日の午前五時頃、京阪寝屋川駅の商店街で姿を確認されてから、行方が解らなくなっていました。

 大阪府警は防犯カメラやNシステムで捜査を開始、平田さんと同じ市内に住む山田浩二容疑者(45)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。 

 さらに平田さんと行動を共にしていた
星野凌斗君(12歳)も遺体で発見されました。山田容疑者の行動を監視していた大阪府警は星野君の遺体を確認するために現場に立ち寄よった山田容疑者を確保、逮捕に至りました。(2015年8月21日、大阪市城東区路上で8時20分頃身柄を確保)

 夏休みの夜遊びをしていた二人は惨たらしい姿で帰宅する事になりました。
平田さんの体は工業用カッターで30カ所以上も切られていました。
死因はガムテームを顔に巻かれた為の窒息死でした。
星野君の死因はまだ解っていませんが、遺体の損傷が激しく、一部白骨化しているとの事で暴行や傷の確認が出来ない状態のようです。

 報道によりますと、二人は8月13日深夜、同時刻に殺害された可能性が強いとの事です。
可愛い盛りのお子さんを失ったご家族に深い哀悼の意を示したいと思います。


 さらに惨い事に、平田さんの遺体が見つかった13日深夜から犯人像を推理するネット調査団が多数現れ、犯人に結びつく動機などをUPし始めました。

 被害者星野君の母親Mさんが「犯人だ」と断定するようなブログの書き込みが相次ぎました。
犯人逮捕に至ったいまも(2015年8月24日)それらは削除されていません。
http://hosyu.wp.xdomain.jp/?p=11
山田容疑者は星野君の殺害を認めてはいませんが、犯人しか知り得ない情報、「星野君の遺体遺棄現場」を確認に行っていますから山田容疑者が犯行の実行者と見て間違いないでしょう。

 この事から被害者のお母さんに対しての犯罪者扱いは無責任で被害者家族の心に癒えない苦しみを擦り込んだ行為と言えるでしょう。

38)

 また山田浩二容疑者についても同姓同名の広域暴力団関係者と誤認され、この事件はヤクザがらみの怨恨であるとのデマが拡散されました。
2012年のヤフー知恵袋の書き込みを見た人からデマが拡散されました。


40)

 確かに書き込みは2012年でこのとき山田浩二容疑者が事件を起こしたら犯行時の年齢は合致しますが、山口組淡海一家の事件が起きたのは2010年です。
書き込んだ人が事件発生日を正確に書かなかった為に山田容疑者の年齢が取り違えられたのです。

 2010年に逮捕された人が42歳なら2015年には47歳になっており、山田容疑者と年齢が合致しません。

 続報を見ると、山田容疑者は2002年3月に大阪府寝屋川市で中学生2名を車に監禁、現金と所持品を奪い逮捕されています。同月にも同市内で少年二人を粘着テープで縛り、車に監禁して連れ回すなどして再逮捕されています。

 また現在確認は出来ないものの、旧姓の渡利という名字だった頃、中学生の時に小学生を暴行して少年院に入っていたという情報もあります。

 これらを照合すると、山田容疑者は精神医学的には小児性愛者(ペドフィリア)で、犯罪分析学では
児童性虐待者(チャイルド・マレスター)であると考えられます。

 犯行はヤクザがらみでも被害者の母親でもなく、容疑者の歪んだ性嗜好衝動が蓄積した末の猟奇殺人事件でした。

 ネットに拡散し尽くされた邪推の情報量は膨大なものです。
星野君の母親は愛児を異常者に惨殺されたばかりか、ネットで加害者と名指しされたのです。
この心の傷はどんなに時が経っても癒える事は無いのではないでしょうか。

 これを機に、小児性愛者の認知も広まって欲しいと思います。
この性嗜好者の存在の無知から、母親犯人説が加熱してしまった事は否めない事実です。

 ネットの探偵団に望むべきはこの犯人推理の情熱を小児性愛者の履歴を閲覧出来る「ミーガン法」導入の是非を問う議論に向けて頂きたいと思います。

 「ミーガン法」とは性犯罪者の情報公開法で、先進国ではアメリカ・イギリス・韓国の三か国が導入しています。
驚く事に、韓国では13歳以下の児童に対して性犯罪を行った者には電子足輪(GPSアンクレット)を最長で10年間付けさせる事を義務化させる法案が2008年9月に成立し、施行しています。

 一説には小児性愛は脳器官の異常から来るとも言われ、性犯罪者の再犯率の高さなども立証されており、犯人の更生よりも被害防止の方向へと議論が向く事により、この痛ましい事件の再発防止と犠牲者や遺族の慰めになるようになればと願って止みません。

http://japanese.joins.com/article/345/100345.html?sectcode=430&servcode=400

49)

  米国,デラウェアで起きたチャイルド・マレスター事件。
小児科医が幼児 86人に性的暴行、殆どが三歳未満。

女児86人に性的暴行の小児科医、法廷に怒り渦巻く


39)

 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加





『FRIDAY』「小保方晴子を窃盗で刑事告発する!」

より、「小保方さんは実験室にあった細胞サンプルをコソコソと廃棄し始めた」

10)
  んん?
小保方博士のSTAP細胞は保存出来ず、小保方フリーザーに残された細胞サンプルは全部若山博士がこさえたもの。しかも盗まれた「李博士の箱ごとES細胞」は 手つかずで残ってたんですよね?
なんで若山博士の樹立したSTAP幹細胞、FI幹細胞を処分しようとしてたのかしら。
若山博士をかばおうとしていたのかしら。泣けるわぁ。小保方さんGJ!


Web魚拓 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ