元山ゆんさんからの投稿.
2012年12月29日に行なわれた下地真樹先生の釈放記者会見の書き出しです。
阪南大学・准教授の下地先生は2012年12月9日に逮捕されました。
容疑は瓦礫広域処理の反対運動を大阪駅駅前で行なった事への威力業務妨害です。

書き出しここから〜

逮捕の時のこと思い出す 逮捕状をみた最初の印象、
もう少しもっとなんか(理由)なかったんかな、と笑ってしまった

 かなり曖昧な文章。主語のないような。僕をつかまえるのが、こんな事由。 
裁判所ってその程度なのかと。ぼくから見える景色としては、はっきりと思うの
は警察はウソをついてでも捕まえるのだ、めちゃくちゃやる組織なのだと。それ
が証明された。

 留置所に入ってから、警察組織を一体として見ていたのだけど、留置係りだっ
たり、中には色々枝分かれしてる。そのヘンをキチンとみながら批判すること
やっていかないといけない。公安がめちゃくちゃなことをやった結果。中では平
穏にやってた。手紙などは検閲はしてる?警察の悪口をしこたま書いてあっても
だいじょ
うぶ。 

 外で呼ばれてるからか、中でもモジモジ先生と呼ばれていた。勘弁してくださ
いという感じだった。中では、自費弁当。親子丼注文したらあたってしまった。
公安さんの取り調べはへでもないが食堂には、やられた。 

 大きい収穫はあった。本当に幼稚です。幼稚になる原因はなくはない。警察は
厳しく制限されてる。家族含めてそういうとこ。彼らが何を正義としているかと
いうと、限られてる。閉じられてる。どうなるかというとカルト化します。「過
激派とつながりはないのか」と聞かれたが、過激派ってどこにいるの?と。 

 暴力沙汰について、常に起こっていることだけど、暴力を恐れる警察が暴力を
やってる。20万人官邸前に集まっても誰も暴力はふるってない。暴力をふるっ
てるのはあなたたちだと。

 オウム事件、とめられなかったのがトラウマになってるのかも。未然に防ぐた
めには何してもいいのか。完全に狂ってる。

 彼らはとんちんかんな理由でわれわれを恐れている。彼らにも分かる言葉で説
明しないといけない。表現の仕方、考えていかないといけない

 これまでの抗議、そうとうに効いているなと思ってる。どう抗議するのか、洗
練されてく必要がある。

 中から見てきたことは収穫。彼らは一枚岩ではない。取り調べしてる人に原発
のことレクチャーした。

 公安ていうのはやってることは陰湿で(中で?)嫌われてるのかなと気の毒に
おもった。でもやってることは酷い。救援の広がりがなかったら確実に起訴され
てたとおもう。

 一回拘留も却下されてるし。そのあとひっくり返された。むこうも色々あわて
たと思う。批判の声が広がり、起訴が阻止された。でも1人起訴されたのは、彼
らのメンツ。

 立ち向かうというより、彼らのほうが幼いんです。上からしっかり見ていかな
いといけない。彼らの権力?に見合った知性を持っていない。われわれのほうが
はるかに知性を持っている。

 被ばく労働させられるかもしれない可哀想な立場でもある。

 何事もなかったかのように(がれき)すすめているのが大阪。今後も救援ふく
めて全力でやっていく。よろしくお願いします。


下地せんせい

(生中継同時書き起こしにつき 不正確な所があること、ご了承ください)




元山 ゆん