2012年12月16日に第46回衆議院総選挙の投開票が行なわれた。
今回の選挙では投票所に人が溢れていた、行列していた、というTwitterが多く見られた。
しかし投票率は59.32%と戦後最低を記録した。
そこで、「選挙の投票集計に不正があった」「票がすり替えられた」との噂がSNSで流れている。
選挙事務に詳しい@lovedogchiwawa さんに、お話を伺った。

ここから〜

一部のネットで選挙についてあれこれ不正を言われていますが、

私はかなり関わっているので、わかる範囲で知ってる事を伝えたいと思っています。

あくまでもうちの市での出来事なので、全部じゃないし正直地方は有権者が少ないだけに
不正がないと言いきれない自分もいます。

しかし、少なくとも自分が知る限り市の選管が選管ぐるみで不正をしてると言うのは
なかなかあり得ない話だと思います。

選挙管理委員会というのは、このご時世普段は人員を減らされている為に
かなり少人数です。実際4人の職員さんですね。で、当然選挙になれば
その人数ではどうやっても回せないので、選管のOBをはじめ皆さんで
手伝ってなんとか回す状態です。

そこにアルバイトで市民も加わって選挙をやっているのがうちの市です。

OBの方も毎日のように手伝いにきますし、選挙期間中は色々な人が沢山
出入りしますので、ネット上で見られるような選管を丸ごと買収などしても
不正はなかなか難しい状況です。

また投票用紙は多分皆さんが思ってるより厳重に管理していますし
数字も合わせます。だから投票用紙をすり替えるとか投票箱ごとすり替えるとか
本当に難しいのでは?と思います。

なかなかわかって貰えないかも知れませんが、選管の人は特に選挙前は
睡眠も削って必死に仕事していますから、あまりにも酷い言いがかりは
どうかなと思います。

あと、集計の数字の話ですが集計のやり方はとにかく同じ名前の人が書いてある
票を集めるので、その時の票の数え方で突然増えたりする可能性がある事は
あります。

10時に○%だったのが10時半に突然増えるというのは、
あり得ます。沢山ある票を数えるのに手間取り他の人より時間がかかると
突然数字がまとめて足される事があるんです。

開票作業は見る事が出来るので不正があると思う人は開票作業を見る事を
薦めたいですね。

@lovedogchiwawa