ついにNHK内部からSPEEDIの情報隠蔽、記者クラブメディアの原発事故の情報統制の事実が暴露された。文科省にはSPEEDI情報は届いていた。 しかし文科省とメディアは精度の信頼性にかけるとして、公表しなかった。  

 SPEEDIとは、原発事故が起きた時に拡散される放射能の被曝被害を地形や気象条件などを元に予測するシステムの事だ。(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムSPEEDI))

 避難者がパニック状態になるのを恐れたためだろう。 原発事故の国民への被曝被害防止のマニュアルなどなかったのだ。 政府は避難民を安全に誘導する行政対応能力が無いため、国民に情報を明らかにせず、被曝をさせる事を選んだのだ。  

 堀潤さんはNHKの現役アナウンサー。(ほりい・じゅん)1977年7月9日生まれ(35歳) 以Twitterとフェイスブックから堀さんの告発を引用。


「震災から2年。原発事故発生のあの日私たちNHKはSPEEDI
の存在を知りながら「精度の信頼性に欠ける」とした文部科学省の方針に沿って、自らデータを報道することを取りやめた。国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない。

パニックを抑え社会の均衡を保つための判断であったとしても、統制された情報によって福島県をはじめとした近隣住民の皆さんへ長年に渡る不安を与えた事実を正面から受け止め、償いを続けそれだけに市民に寄り添った報道を徹底しなければいけない。僕は頭を下げながら一生この原発事故の取材を続ける。

自らあの日ニューススタジオにいながらそうした事実をきちんと伝えられなかったことに対し、心から謝罪します。福島の皆さん。取材でそれまで沢山お世話になっていたにも関わらず、役にたてなくて本当に申し訳ありませんでした。

反原発だと思想的にレッテルを貼る人がいますが僕はそうは思いません。取材をすればするほど原発の安全対策が不十分であることがわかります。事故が起きた時の交通インフラや避難誘導の仕組みも今は不十分です。徹底的にこの問題と向き合い課題解決に知恵を絞らなければ世界の何処かでまた犠牲出ます。

僕がUCLAで作った映画が局内で大問題になり、ロスで米国市民の皆さんが企画した上映会も中止に追い込まれました。「反原発と言われるものは困る」と指摘を受けましたが、事故が起きたことによる不条理な現状を描いているに過ぎません。市民が共有し未来に活かさなくてはならないものです。

米国市民からは突然の上映中止の通達に「日本ではこれが日常なのか?」と怒りを通り越して驚き理解ができないという声が上がっています。僕が学生の時に研究し太平洋戦争下の状況と本質は変わりません。公共メディアは誰のものか?知る権利を有する市民のものです。表現の自由を有する市民のものです

メディアに関わる一人一人がそれらの権利を常に最優先に掲げ、発信に努めなければなりません。あの日犠牲になり、そして今も情報が届かなかったことで不安と向き合う日々を過ごしている皆さんのことを想い。亡くなった方々への哀悼の意を示し、黙祷を捧げます。」