しばらくの間、サイトの更新が出来ない状況になりました。

その日その日に起きた事件、イベント、記者会見…フレッシュな情報を素早く、分かりやすく、お届けしたいと頑張ってきましたが、個人的な事情でサイト運営をして行くのが難しい状況です。

これからは、一つの事件をジックリ追う調査報道をできればいいな、と思っています。

全く更新が止まる訳ではなく、講演会の感想や、書評レビューなどたまに、突発的に更新があると思います。

半年 ニュースブログをやって見て、日本のパブリックアクセスの不自由さ、認識の低さを実感しました。

全ての市民が、事件事故に直面したらその場で情報発信のジャーナリストになる。
そんな社会が理想であります。

記者クラブメディアでも、フリーランスでも、パブリックアクセスに無理解な人達は、います。市民ジャーナリズムの壁は、情報のアクセス権を独占するプロの記者達であり、記者クラブメディアだけが既得権益を死守してる訳では無い、と思います。

国民の知る権利に貢献出来る素材を持つ市民は沢山いるはずです。
才能ある市民が報道へのアクセス権を持ち、自由に会見に出入り出来るようになれば…

市民が記者証を手に入れられるプロセスを明確にして、情報アクセス権の自由化を向上出来るようなシステムが早急に造られる事を願っています。

時々、「フリーランス記者を応援したい、どうしたら良いか?」と言う事を聞かれます。
私は、「声をかける、マネタイズ」と答えます。
どんな形でも、声援を贈る。金銭の援助をする。
著作物があれば、新品を購入する。感想を出版社に送るなど、個人で出来る範囲のものです。

私のサイトにも、沢山の方から暖かい声をかけて頂き、有難うございました。
厳しい批難もありましたが。

また、投稿も増え、ニュースブログとして、多面的な情報発信が出来そうになった矢先のサイト休止ですので、残念です。

夏くらいを目処にまた、勉強もし直してパワーアップして戻って来ます。
その時は、またどうぞよろしくお願い申し上げます。

木星通信 拝

@irakusa