NHK様。

2014年7月27日放送の「STAP細胞不正の深層」
報道内容につきまして、幾つかの疑問点を感じ、質問をさせていただきます。

なお、報道倫理、放送倫理に係わる事と思われますので、必ず、必ずお返事頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

まず、小保方博士のラボの冷蔵庫から見つかった容器の中身は【ES細胞】と報道していますが、理研広報に問い合わせたところ、小保方博士の冷蔵庫から、ESと書かれた容器が見つかったのは確かです。

しかし中身は今遺伝子情報を解析中、中身がなんであるか、確認できていない。
との回答がありました。

NHKが未確認の遺伝子情報をES細胞と確認出来たのはどうしてですか。
独自解析でしょうか。

若山博士は小保方博士にES細胞を渡した事があると証言しています。
それが冷蔵庫のES細胞かも知れない可能性を一切排除したのは何故ですか。


www.youtube.com/watch?v=sVSNfSJRfQs



image


また、留学生が引越し中に消えたというES細胞が小保方博士の冷蔵庫にあった、とコメントありましたが、同じものといつ確認できたのでしょうか。

留学生の作成した遺伝子情報と小保方博士の冷蔵庫から出てきたESと書かれた保存容器の中身の遺伝子情報が一致したのでしょうか。

NHKが解析されたのでしょうか。

また、この留学生は紛失、盗難届けを出されたのでしょうか。遺伝子情報が紛失が日常なのでしょうか。
遺伝子情報は研究者の財産、だと思うのですが。

また、理研の研究員がSTAP細胞論文のデータを解析したら、アクロシンGFPと言う遺伝子が出たそうですが、STAP細胞とされる遺伝子は若山研究室にあったもの、つまり、若山博士が誤って小保方博士に渡した、と言う可能性を排除したのは何故ですか。

若山博士が遺伝子情報解析を依頼した「第三者機関」はどこでしょうか。
放医研(法医学総合研究所)だと一部報道されていますが、問い合わせたところ、「そのような契約は存在していない」との事でした。
第三者機関が解析したデータを確認された事がありますか。
第三者がチェックした証拠はどこで確認されたのでしょうか。



若山博士は小保方博士に渡したマウスと違う遺伝子のマウスが戻って来たと言う証言は誤りの可能性があると記者会見しました。

それについて、番組で言及しないのは、小保方博士に不正の疑いを向ける偏向報道ではありませんか。

また、若山博士は研究室に「私の知らないマウスがいた様だ」とマウスの全種類を把握して居ないとのコメントも出しています。

それについても検証されましたか。


理研の広報部は、NHKからコンタクトは無かった、NHKの独自取材であると言っています。

そして遺伝子情報の紛失は聞いた事がない。との事です。

今迄のSTAP報道と理研広報とのエビデンス、事実のすり合わせはありましたか。

先ず小保方博士が不正をしたからその証拠を集めようと言う番組作りになっていませんでしたか。

リーク情報の裏付けを取りましたか。
取材の鉄則をふみましたか。

理研の調査委に提出した小保方博士、故・笹井副センター長のメールを当人の許可なく公開したのは何故ですか。

調査委のメンバーが私信を勝手にNHKに渡して、社外秘のメールを公開した訳ですが、報道倫理に外れていませんか。

既に、この放送を苦にして、笹井芳樹副センター長が自ら命を絶っています。
今迄の過剰なバッシングで疲弊した後、この放送が自殺のきっかけになったのです。

このままでは、小保方博士は実証なく、遺伝子情報窃盗のイメージがついて回ります。一生です。貴社の番組でです。新たな犠牲者をださないよう、徹底検証され、そして、どうか、この質問にお答え下さいますように。



長々と失礼しました。

どうぞ、ご返答下さいますよう、宜しくお願い致します。


以上の文面を8月3日にNHKの報道スペシャル番組の専門ページに送信しました。

返信がありませんので、さらに書き足しをして本日NHK科学部にメールを送信しました。