「日経サイエンス」の記者、古田彩さん栄転されたそうで、以前のやり取りを記録として残します。
「日経サイエンス」には百も二百も言いたい事があります。

 いや、木星通信はSTAP細胞報道をした科学雑誌界に言いたい事が山ほどあります。

 マウスのすり替え説を精査する事なく、遠藤博士の論文を根拠に報道したこと。
あれは社会的視点を無くした、大本営発表だった。

 遠藤博士の論文は文系の私が見ても辻褄の合わない所があります。
いえ、若山博士の捏造疑惑から世間の目を反らすのが目的の辻褄合わせの為の架空論文だと思っています。現に後から後からおかしな点が湧いて来ています。
臨場リークした人達と同じグループに属していると思っています。
古田彩記者も同じだと。

 笹井博士の自殺は、一般誌にゴシップネタを書かれたことよりも、伝統ある科学雑誌でピエロ扱いされて誌面に載せられたことだと思います。

 科学ジャーナリズムはこれに盲従した。 あのとき、「日経サイエンス」は「大本営発表」だった。

以下元「日経サイエンス」記者の古田彩氏のつぶやき。

「STAP細胞は存在しない」「刺激の初期化で万能細胞が発見されてもそれをSTAPと呼ぶのは失礼だ」
412RT


57)
木星通信のエビデンスを出した反論。
2RT

07)

 STAP細胞が無かった事、ならこの移管手続き書は捏造だと言う事になります。

17)

 眞葛原雪氏の科学的検証からの疑問。

54)