最近になって解った事をまとめてみました。胎盤付きのキメラマウスまで作れるという夢の万能細胞、FI幹細胞についてです。FI幹細胞とはSTAP細胞を身体に分化でるまで育てたSTAP幹細胞をさらに育てて万能性を持たせる事が出来た細胞です。STAP細胞の強化版と言った所でしょうか。

 その細胞を理研の遠藤高帆博士が新手法を使って解析しました。
その結果、FI幹細胞は二つの細胞の特徴が検出され、それはES細胞とTS細胞の様子であると言う事でした。

 ES細胞はそのマウスの遺伝子系統はB6で組み込まれたGFP(細胞の動きを確かめる為の蛍光タンパク質。緑色に光る)の種類はOct-4-GFPでした。TS細胞はCD1というマウスであると。

 しかし理研の調査報告書には若山照彦博士は「FI幹細胞をOct-4で作った事は無い」と証言しています。FI幹細胞は全て若山博士が作製されていますから、これはおかしな話しです。

 遠藤博士はこの世に存在しない細胞を解析した事になります。
おまけに若山博士はその存在しない細胞の解析の監査をして解析結果を確立させています。
ご自分が作った記憶の無いFI幹細胞の存在を認めているのです。


 TS細胞とES細胞はミックスしても一つの細胞にはならない、と多くの研究者が指摘しています。
ですので、FI幹細胞はTS細胞とES細胞のデータを合わせた論文の世界の中にだけ存在した細胞の可能性があります。

 であるならば、FI幹細胞で出来たとされる「胎盤まで全て光ったキメラマウス」の画像はその万能性を確立させる為の合成画像であったという事です。

 実験不正は無かった、とする理研の検証報告に強い疑義を感じます。