若山博士が小保方博士に渡したマウスは元々129B6で129/Svでは実験してないのではないか、という考察について、かなりい厳しいご批判を頂いています。
昨日のオフ会で私の表現が誤解を招くものであったという事も指摘を受けました。
なのでもう一回書いておきます。
wakayama129sv3
 桂報告書10Pのこの個所ですが、ここに記載されているSTAP幹細胞AC129はMTA記載の129/Svであると思われます。129/Sv-carrying Roza26-GFPからSTAP幹細胞を樹立したとあるのは誤記である。
ここはこの通りで、ここに記載のあるSTAP幹細胞は129/Svから樹立したAC129-1と2です。
これをLetter論文のFig.4に使用された可能性を示しています。
しかし既に浅見真規さんが指摘されているように、Fig.4には129/Sv×B6のマウスが示されています。
この事は、若山博士が小保方博士に渡したマウスが白いマウス129/Svでなかったという事を示しています。
06)


 元々129/Svでの実験は存在していない、という事実を端的に示しています。
ですので、STAP-MTAに記載のある129/Svは中身が129B6から作られた129B6F1であるという私の推論に全く変わりありません。

 若山照彦博士の論文撤回理由はSTAP細胞騒動の起爆で、これによって小保方博士のみに嫌疑がかかり、白熱した疑惑は暴走して笹井芳樹を絞首刑にしました。

 市民の皆さんが様々に議論し、検証する事はリテラシー能力を育てる上でも大変重要であると思います。厳しい反論、ご意見、歓迎します。

54)



 この「若山博士が小保方博士に渡したマウスは元々129B6であった」説、どんどん考証して下さい。
間違っていたり、誤った推察であるのなら、木星も謝罪し、記事を削除致します。