ぼ、ぼ、ぼくらはSTAP細胞探偵団♪ 勇気りんりん増殖だ。アトポーシスでやっつけろ♪
ぼ、ぼ、ぼくらはSTAP細胞探偵団♪

 やあ皆元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル。
シルバーウィークは楽しかった?僕は関係ないけどね。国から与えられる休日なんて奴隷根性の押しつけだよ。学校ににも行ってないから連休とか関係ないの。

 なんだよ。その顔は。
そりゃ、母さんは泣くさ。一族から不登校が出たのは初めてだって。
だって仕方ないじゃないか。一律の学校教育の押しつけなんかごめんだ。
僕の脳は純粋で 詰め込み式の授業を拒否するんだ。
いいじゃん。エジソンだって不登校だし。 

 それから、僕は僕の存在価値を貨幣経済に変換されるのも嫌だから、労働も拒否するよ。
僕の思想はそんな事で邪魔されるような低俗なものじゃないんだ。
僕のアイディアひとつで世界の貧困と戦争を解消する事が出来るんだから、やすい労働なんかしたくないね。


















 まあ、そんな事はいいさ。忘れよう。
またここの管理人さんが「やらかした」みたい。
なんか発想とか人に物を言うポイントがズレてるんだよね。
問題児。

 
wakayama129sv3
 これは理研のSTAP細胞の不正調査報告書で通称「桂調査報告書」
若山博士はSTAP実験で小保方博士に白いマウス「129/Sv」を渡して実験していたら小保方博士から戻って来た細胞は129B6F1で、遺伝子的背景が違うから小保方博士が実験中に不正を働いたかも、STAPある証拠がない、信頼が揺らいだと言っていたんだ。
それがSTAP論文投稿先の「ネイチャー」に出していた論文撤回理由のひとつだった。

 STAP細胞実験って若山博士が子マウスを小保方博士に渡して小保方博士がマウスから脾臓の細胞から細胞を取り出してストレスを与え、STAP細胞にして若山博士に渡す、若山博士はそれを培養してSTAP幹細胞にするんだよ。

 若山博士が小保方博士にマウスを渡した後、小保方博士がマウスか細胞をすり替えた、STAP現象なんてまやかしだ、偽物だっていう疑惑をメディアは示したんだ。

 この桂報告書に出てくるSTAP幹細胞AC129はSTAP-MTAに出て来る129/Svで作られたSTAP幹細胞の事だ。樹立日(細胞が出来た日)同じだからね。

 で、桂報告書はこのAC129をFig.4に引用したとあるんだけど、Fgi.4として使われたマウスは129/Sv ×B6の茶色いマウスの画像が貼られているんだよ。
管理人さんは「129/Svで示す画像に129/Sv×B6の茶色いマウスの写真が貼られてる」ので、元々若山博士は129/Svで実験していなかったんじゃないか、と疑っているんだ。
そしてSTAP-MTAに記載の試料129/Svは元々中身が129B6F1である事を知っていてそれを解析に出したと推理しているのさ。


 するとケンケンガクガク、ブログやにちゃんねるで全否定されていた。
まあ、僕が思うに、ここの管理人さんは「シャーロック・ホームズ」なんかのミステリー小説の読み過ぎでちょっと疑りすぎる所があるけど、「僕が渡したマウス」が本当に129/SvでそれでAC129を作り、マウスが茶色で産まれて来たら、それはその時に「違うマウスやんか」って気がつく筈だと思うの。Fig.で示しているから、この時にすり替えが発覚してその時に小保方博士とケンケンガクガクになるはずなんだけど、そこはスルーなのね。

 若山博士が129/Svを小保方博士に渡したっていう証拠の方が少ない。。。
若山博士のマウスの渡し間違いでもないと思う。
試料があり、129/SvでAC129を作ったよという証拠が移管書(MTA)で、それを実験に使ったよという証だもの。
白いマウスが産まれて来る筈なのに、茶色いマウスでもそのままFig.で示していたのは元々129/Svで実験していなかったんだじゃないか。

 すると、今までの若山博士の告発は何だったか。。。という事になるけどね。
まあ、この辺りはあなたが考えてよ。
僕はまだ子供だから大人の事情が解らないんだ。

 じゃ、僕は犬と散歩に出かけるよ。
またね♪