Jさんからの情報提供です。2014年3月27日の速報記事。

03)

若山博士はアメリカのサイエンスジャーナリストの取材にこう答えました。

出典 
 Wakayama said via email. He made stem cells from the STAP cells she said came from 129 mice. But he never made chimeras from the 129 cells, as stated in the paper (and Niwa protocol).


若山は、電子メールを介して言いました。「彼は彼女が129マウスから由来したと言ったSTAP細胞から幹細胞を作りました。論文(そして丹羽プロトコル)に記載されているように。しかし、彼は決して、129細胞からキメラを作っていないのです。」

Jさんの訳。

小保方氏が129マウスから出来たと称するSTAP細胞から幹細胞を樹立はしたが、その幹細胞(或いはSTAP細胞)からキメラは絶対作成していない」

 Wakayama said via email. He made stem cells from the STAP cells she said came from 129 mice. But he never made chimeras from the 129 cells, as stated in the paper (and Niwa protocol).

“I gave 129 mice to Dr. Obokata. Then, Dr. Obokata generated STAP cells from those mice, and gave me two STAP cells. I do not know how many STAP cells were generated at that time. I got just two. Then, I established two STAP stem cell lines from those two STAP cells. However, I did not make chimera from those cell lines. Then I left RIken." In another email he clarified: "

「私は小保方博士に129を与えました。その後小保方博士はこれらのマウスからSTAP細胞を生成し、(中略)その後私はそれらのSTAP細胞から二つのSTAP幹細胞株を樹立しました(AC129 1-2)それらの細胞株からキメラを作りませんでした。」
I left Riken one year ago.

私は一年前、理研を去りました。

Then we could not (establish) contact well between authors. Maybe Dr. Sasai, who wrote the papers, thought that I did chimera experiment of 129.”

その後、我々は著者達との間で樹分な接触を出来ませんでした。
論文を書いたのは多分、笹井博士で、「私はキメラの実験を行ったと思ったのでした。」 
 
00)

 Jさんが見つけた若山博士とサイエンスジャーナリストとのやり取りです。

Breaking News: Growing Concerns Over STAP Cell Sources

  これを簡単に訳す限り、今までのSTAP細胞報道見ていての感想は、「三年近くもSTAP細胞の実験をしていながら何故こんなに混乱した論文作製になったのだ」というものです。

129/Svでも多能性を試した、という論文の箇所はJさんが説明してくれました。__引用__

 「論文では129でキメラで多能性を確認とありました」というのは、Articleのメソッドの
>C57BL/6 carrying Oct4-gfp (29 of 29), 129/Sv carrying Rosa26-gfp (2 of 2) and 129/Sv × C57BL/6 carrying cag-gfp (12 of 16). STAP stem cells with all these genetic backgrounds showed chimaera-forming activity.
の部分のことですね。

 ここは微妙なところで、B6,129,129B6F1すべてにキメラ形成能が示されているとしていながらも、129からのキメラ作成のデータが論文内にないということは、ここのメソッドを書いた人(129/Sv carrying Rosa26-gfpという特殊なマウスを知っている人、小保方氏でもなく若山氏でもなくおそらくは笹井氏?)が小保方氏・若山氏とで確認がうまく出来ていないまま論文提出されてしまったということかと。(しかしこれは「捏造」ではなく単なるミスでしょう)
 」
__引用終わり__

 STAP-MTAには129/SvでAC129を作ったと書いてありますから、129/SvはSTAP実験に使われていた、しかし、キメラは作られていなくて、多能性は確認されていない、のであればJさんが示してくれた 「
C57BL/6 carrying Oct4-gfp (29 of 29), 129/Sv carrying Rosa26-gfp (2 of 2) and 129/Sv × C57BL/6 carrying cag-gfp (12 of 16). STAP stem cells with all these genetic backgrounds showed chimaera-forming activity.」と矛盾します。

 129/Sv carrying Rosa26-gfpを誤記の元129/Svであるとして考えるとそうなります。
若山博士は理研から山梨大に試料129/Svを移管し、それを解析に出して中身が129B6F1だったとして論文撤回理由の一つにしました。
小保方博士がマウスを実験中にすり替えた、ポケットに入れて持ち込んだ・・・
小保方バッシングの着火点であった若山博士の告発でした。

 STAP-MTAの樹立日記載ミスもそうですが、この<129/Sv樹立AC129-1と2>は存在が非常に怪しいです。
論文共著者が論文投稿まで連絡が取れてないというのも耳を疑う話しです。
なぜこんな大事な研究論文がそれぞれのパートで分断されていたのか。


 Jさんは「AC129の件についての問題のポイントは「129/Svで本当に実験があったかどうか」というよりも、若山氏がGFPマウスの遺伝子チェックをせずに"129/Sv-GFP"の実験をしたことかと思います。

 今まで若山研維持の129 CAG-GFPのマウスやESの遺伝子解析をしたことがなかったとはとても思えません。(若山氏はマウスの繁殖管理は見た目だけと会見で言っていて管理が杜撰とはいえないと妙な強弁をされていましたが)129/SvJの過去の遺伝的汚染の件や129 CAG-GFPが129B6F1との戻し交配で関係を持っていることは分かっていた筈で、遺伝子解析で129B6F1の結果が出たから即有り得ない(マウスや別細胞のすり替えの可能性)と騒ぎ立てた氏の非科学的な見識こそ責めるべきかと。

 (少なくとも第18染色体のCAG-GFPは若山研にしかないと会見で言っていて、つまりAC129は少なくとも若山研マウス由来であることは確実になったはずなのに、謝罪も碌にできない氏はなんなのかと。」

 と私の「AC129=試料129/Svは元々129B6F1」だ!と騒いでいる件について、アドバイスしてくれました。

 若山博士の論文撤回理由の一つ、GFPを入れた目印の染色体の番号が違った細胞が戻って来た、自分の研究室にいるマウスではない、という撤回理由は消えました。

 残るは129/Svを渡したら129B6F1が戻って来た、だけです。
この論拠が崩れた時、小保方博士バッシングの潮目が大きく変わるのではないか、と木星は考えています。
カスの固まりみたいなこの木星を見かねてか、力強い助言やスキルの高い翻訳をして下さる方にも恵まれました。もう少し、この怪奇な事件の真相に迫って見たいと思います。

 まだしばらくこの木星通信におつきあい下さい。






翻訳協力:ゲノム名無しさん。