木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 科学

 2015年11月2日(月)午後六時半から都内で早稲田大学が小保方晴子さんへの学位取り消しについて記者発表を行いました。
それによりますと、論文再提出の猶予期間一年間の間に論文訂正は終了したが、指導に応えてなされるべき訂正作業が終了しないまま、猶予期間が満了したため、学位の取り消しが確定した、というものです。

 小保方晴子さんは博士論文訂正を終了できなかったために、いったん与えられた博位が取り消さました。それならば、小保方晴子さんの最終学歴は?という疑問が湧きます。
ネット上には小保方晴子さんは「高卒」になった、と心ない噂が飛び交っていますが、学位について知識の無い誤解です。

 小保方晴子さんの進路過程

①2006年3月早稲田大学理工学部応用化学科を卒業。
②2008年3月早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程を修了。
③2008年4月早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻に進学。
④2011年3月15日工学博士の学位取得。
⑤2015年11月2日に早稲田大学から学位取り消しの発表。

 という流れになっていますので、小保方晴子さんは②まで修了/終了していますから、早稲田大学卒業、早稲田大学大学院修士、が最終学歴という事になります。
正確を期す為に早稲田大学広報部に確認しましたところ、早稲田大学大学院先進理工学研究科後期退学。
という事でした。


 落ちこぼれの木星からみると、とても立派な学歴ですが、皆さんは如何お考えでしょうか。
本当に小保方さんへの報道って非常識で知性も品性も感じられませんね。最低です。

 
24)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、 STAP細胞事件は理研の検証員会により、『STAP細胞とは、実験中に ES細胞の混入で起きた実験ミスだった』という事で型がついたようだ。

ようするに、『実験ミス』という事らしいのだ。
ワザと混入させたか分かりません。
ES細胞の万能性を新しくできた細胞の能力と勘違いして『世紀の発見」として発表してしまった。
すみませんでした。 

・・・・いや、ちょっとまて。
ならあの世間を騒がせた内部告発はなんやったんや?
『オホホポエム』『引越しのどさくさにまぎれて、ES細胞盗んだろ?丹羽の所から盗んできた TS細胞もどっさりでてきろ』などいうやつである。

実験ミス(理研の言葉をイノセントに信じれば、の話であるが)なら物を盗むも盗まないもないだろうが。なんらかの実験成果事実があり、それ対して犯人隠匿のためにでっあげた内部告発だったのだろう。悔しさと絶望のあまり、小保方さんが窓から飛び降りるラストも折り込み済みだったのだろう。現に、そのような非道な書き込みも2ちゃんねるに散見された。

恐ろしい話である。
明日あなたも2ちゃんねるに「⚪️⚪️さんが会社の通帳と印鑑を経理から盗むところを見た。だから会社の不正経理は⚪️⚪️さんが犯人」とか書き込まれてネットで拡散されてしまうかも知れないのである。

確かに小保方さんは論文で引用不記載のマナー違反を数回やった。
実験も不成功だった。
ただそれだけの「微罪」で 「遺伝子窃盗」の濡れ衣を着せられるところだったのだ。
恐怖も倍増するのはネット有名人たちもなんの調査もせず、この匿名にちゃん書き込みやNHKの留学生証言を本気にしたことだ。ネット著名人などこの程度だ。 

写真は池田信夫氏のブログから。

13


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

理研の調査報告書には、小保方晴子博士の冷蔵庫から見つかったES細胞は若山研究室のメンバーも、若山照彦博士も知らないと証言したとあり、NHKスペシャルで留学生が引越し予定だったとインタビューに答えていたのは捏造報道だった事が分かりました。

小保方博士のES細胞窃盗疑惑の過熱報道は
凄まじいものがありました。

その時、どうして若山研究室のメンバーは「知らない」と世間に訴えなかったのでしょうか。

捏造実験の罪を小保方博士1人に着せる為に研究室ぐるみで口を噤んでいたとしか考えられません。

検証実験を止めさせようとしていたのも、詳しく調べれば若山照彦博士の捏造がバレるからでしょう。

小保方博士は論文捏造の罪と引き換えに
人権蹂躙のバッシングを受け、理研を去りましました。

論文取り下げからずっと虚偽発表していた若山博士とでっち上げ証言作ったNHKは税金で給与貰うのやめて下さい。


裏取りする事なく若山博士や遠藤博士の仮想論文を広報し続けた科学ジャーナリスト達も二度と科学に触れないで下さい。

科学を穢さないでください。

追記、若山研の冷蔵庫の管理は若山博士の奥さん清香夫人がしていたとの情報あり。
裏取りします。

image


image


image





image


image
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年12月19日付けで時事通信が配信したニュースによると理研はSTAP現象の確認の為に小保方晴子研究員(31)を監視の下、再現実験を続けたが、再現性が確認出来なかった事から、再現実験の打ち切りを発表しました。

 さらに当実験研究のリーダーであり、STAP現象論文の筆頭著者であった小保方氏が理研に退職依頼を出していることも明らかになりました。

 2014年1月29日に理研が開いた「万能細胞発見会見」で割烹着姿の若き女性研究員が仔マウスのリンパ液から取り出した細胞を弱酸性の液体に漬けるだけでどんな組織ににも変化する万能細胞になることを発見し、「生物学の常識を覆えした」 としてTOPニュースで報じられ「リケジョブーム」を捲き起し、一躍時の人となりました。

 しかし、翌2月には疑義の声があがり、理研の研究員が匿名ブログで内部告発記事を書くなどの事態になり、3月10日には共同実験者で共著者である若山照彦・山梨大学教授が画像データに不正が見つかったとして論文撤回を呼びかけ、7月にはネイチャー誌の論文掲載が取り下げられました。
 
 8月5日には論文監修を手伝っていた笹井芳樹博士(享年52)がマスメディアでの不当な扱いを苦に理研内部で自殺を遂げる悲劇もあり、遺書がすぐさま報道に漏れるなど謎が多くSTAP現象騒動は不気味な流れとなって小保方研究員の再現実験の成否が注目されていましたが、再現性は確認される事はなく、実験は打ち切りとなりました。

 ここで木星通信には謎があります。
多くの人は「STAP現象実験」と「 STAP細胞論文」は小保方研究員一人ではできないという当たり前の事を忘れてはいないでしょうか。

 理研「STAPできず」=検証実験打ち切り―小保方氏退職へ(時事通信) - Y!ニュース 
より抜粋の『小保方氏らが1月末、英科学誌ネイチャーに発表したSTAP細胞の論文は、マウスのリンパ球を弱酸性液に浸すだけで、さまざまな細胞に変化する能力を持つSTAP細胞になるとしていた。』

には間違いがあり、STAP細胞に万能性はありません。

 「エッ?」と驚かれる人もいるかも知れません。
万能細胞になるにはSTAP細胞をいくつかのステップで培養しなくてはなりません。
この実験は単独ではなく、若山照彦教授との分担で培養し、STAP細胞からSTAP幹細胞へ培養、FI幹細胞
 にしてこれが万能性を発揮するとされていました。

 一連の報道ではSTAP現象再現実験失敗でSTAP細胞の存在は架空だった、と見る向きも多いのですがSTAP細胞が架空ならSTAP幹細胞の培養や FI幹細胞を作っていた担当者が捏造実験の責任を問われないのはどういう事なのでしょうか。

 またSTAP現象論文の共著者達は何故沈黙しているのでしょうか。
小保方研究員が解雇ではなく退職扱いに疑問を呈する声もありますが、共著達がこのまま面責であるのなら、そこになにかしらの”大人の裏事情”があり過ぎるほどあるのではないでしょうか。

 STAP細胞実験が架空なら、存在が確認できないのなら、この若山教授が引っ越しの時に理研と交わしたSTAP現象実験の『移管手続き書』は何だったのでしょうか。
この書類にあるキメラマウス、 STAP細胞群はどこから来たのでしょうか。



stap1010




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

理研からの若山照彦教授が山梨大学に引っ越すときに作製したSTAP幹細胞関連の移管手続き開示書類です。これだけの物を移管していて、STAP細胞が有るのか無いのか解らない、ES細胞かも知れないは、通らないのでは。



stap1010


拡大判 クリックで拡大画面になります。(一部日付にタイプミスあり)

stap1010002



また、理研が発表したSTAPのGPF発現が実は自家蛍光で死滅発光ならこれだけの細胞群、キメラも出来ないでしょう。
若山博士は引越の手続きの上でマウスの系統の管理をきちんとしておられます。
違うマウスの遺伝子が小保方さんから戻って来ていて、気がつかずに、移転手続きをしていたとは考えられない事です。

遠藤高帆さんが論文で指摘したトリソミーの遺伝子がある細胞で沢山のキメラの子どもが生まれている事になります。
理研、遠藤高帆氏、若山照彦教授、小保方晴子さん、誰かが嘘をついています。(もしくは、全員。)

開示文書画像はリンクフリーです。
転載、引用、ご自由に。(流出文書、怪文書にならないようにクレジットを入れています)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参照ブログ

DORAのブログ http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j


眞葛原雪のHP STAP細胞
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ