木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : ブログ

 2016年8月8日、午後三時から天皇陛下が国民に向けて現在の「お気持ち」を伝えるビデオメッセージを公表しました。

 『全文』  より、「戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。」と長く続いた平成を語り、その言葉の中に「長く続いた、またこれからも長く続く天皇としての職務、存在」を国民に訴えました。「長く続いた職務」を訴えたかったのではないか、と感じました。

 そして二度の外科手術、高齢による体力の低下を続けて述べられ、「国民の象徴として務めを果たすのは難しくなるのではないかと案じています。」 と述べられました。

 木星は個人的にこれは陛下のギブアップ宣言なのでは、と思いました。
ようするに「キツイ」という事が仰りたいのでしょう。
そして、摂政を置くというのは天皇が職務を存続して行く事には変わりない、として、驚く事に、陛下の亡くなった後の混乱を心配されています。

 同リンクより「天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。」ようするに天皇陛下が亡くなった時のセレモニーには永々とその行事が続き、また即位した新天皇の行事もあり・・・と。

 これが東京五輪中に重なったら、大変な事になります。
テレビ中継をどうするのか。祝典や行事を中断するのか。もし退位された後に亡くなったら、その扱いの規模は小さくなり、東京五輪は滞りなく行えます。国賓の弔問同じくです。

 天皇陛下がそこまでお考えになったか、解りませんが、ご自身の事よりも、多くの問題を多角的に捉えた、深い思慮と苦悩が伺えました。跡目争いなども、今までの天皇家の歴史をなぞると当然憂慮の一つとして陛下はお考えになっていると思います。秋篠宮家に男子が誕生されているので、跡目は秋篠宮家が継ぐべきだ、との声が一部の有識者から上がっています。

 ご自分が亡くなった後、混乱が起きて兄弟が争ったり、利用されたりすることを恐れ悲しんでいるのではないか、と思いました。木星の素朴な感想は「美しい日本語だ」「頭の良い方だ」「日本の知性と良識を代表して日本の象徴に相応しい」「国民はこの思いに向き合い、日本人としての良識を忘れないようにしないと」というものです。

 生前退位という言葉は今回のビデオメッセージからは発言がありませんでしたが、「今後の事が心配なので、生きてるうちに皇位を譲り、予想される混乱を治めたい」というポジティヴなメッセージ性を感じました。

 天皇陛下は「国民の象徴としての健全な天皇」という職務について「プロ根性」を見せた、それをお持ちだ、と言う事を感じました。天皇としてプロフェッショナルを貫けないし、何かの行事(おそらく東京五輪)と自分の殯(もがり)が重なっては大変な混乱となる、ので、天皇として高齢であるのは好ましくない、若い皇太子に譲りたい、とプロとして国民に伝えたのではないでしょうか。

 これは天皇陛下の国民に対する「業務連絡」である、と感じました。

さて、どうする。合理的に人道的に配慮すると、生前退位して譲位するシスムテムを作るのが宜しいのではないかと、木星は考えます。100年前とは医療技術も進歩して天皇家としては高齢問題が勃発してる訳で時代に合わせて対応するのが政府として長く「国民の象徴」を果たして来られた陛下への最大の配慮ではないでしょうか。

 心配なのは雅子妃の問題がありますね。平成の次の世に向けて、女性宮家問題とともに、皇室のあり方も大きく転換期を迎えているのでしょうね。嫁二代がノイローゼになる家なんて、それが国民の象徴の家だなんて、いただけません。

 ビデオメッセージなんて陛下はマスコミ信用してないですね。「編集」して国民に拡散されたくない、という強いお気持ちを感じました。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 私が代表を務める「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」がインフォシーク記事の中で紹介されていましたが、事実誤認も甚だしいので、訂正するようにメールを送りました。

 有志の会がSNSで「バイアスかかってる」と揶揄されるなか、 一度もこちらに取材をかけずに、つまり想像で書いた記事で紹介されるのですからたまったものではありません。


http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_41472/ 

25)
 『情報の発信元が、かねてより小保方氏の発見は真実だと主張してきたブログ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」であることや、問題の論文を実際に読むとSTAP細胞に焦点を当てた研究ではないことから、この情報をデマと断じる動きも起きているが、果たして真相はどこにあるのか?』引用終わり〜

 わたくしどもの「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」を今まで見て来た方なら
すぐにデマだと解るでしょう。そんな事、当会では一度も書いた事がありません。

 「かねてより」のどこが「かねて」なのでしょうか。
日本語の使い方が間違ってるか、「かねて」の意味を知らないのでしょう。

 有志の会のメンバーは懐疑的で思慮深く、検証能力に長けています。
STAP細胞の存在あるなしにはとても慎重です。
しかし、ないとするとあの論文は何だったのか。キメラマウスは何故出来たのか。
混入事件なら何故だれも犯人となり得る人が出ないのか。ES細胞が混ざったのなら故意か偶然なのか。
ES細胞なら胎盤つきキメラマウスが出来たのは何故なのか。
アリバイが成立しているES細胞窃盗容疑が小保方さんにかけられるのは何故なのか。


 有志の会は様々な資料、知見を元に、報道検証する真面目なサイトです。
情報元が『かねてより小保方氏の発見は真実だと主張してきたブログ「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」であることや
はなんでしょうか。「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」はデマ発信サイトということでしょうか。有志の会は科学的事実、情報開示書類、記者会見参加による取材を元に真剣に報道検証をしています。


 みなさん、このように小保方さんを扱うネットニュースは科学的事実はもとより、当該者に取材もせずに想像だけでバイアスのかかった報道する事が多いので注意して下さい。
小保方さんの報道を思い返して見て下さい。
STAP細胞実験ノートが2冊しかなかったも嘘。5冊以上はあり、共同実験で個人所有出来ないものはもっと沢山あった。
小保方さんが特別待遇で理研に入所したというの嘘。ちゃんと会議を開き、認証を受けています。
小保方さんの高校時代のエピソードも証言が「ある同級生」ばかり。エビデンスなんてないんです。

 もうこんな若い女性研究者を証拠もなしに追いつめる事はやめて欲しい。
そして真面目に活動している私たちのサイトの事で嘘を書くのはやめて下さい。




http://megalodon.jp/2015-1216-1722-30/news.infoseek.co.jp/article/tocana_41472/




    このエントリーをはてなブックマークに追加

 みんな、こんにちは〜いよいよ夏休みだね!
僕はSTAP細胞探偵団のテル。よろしくね!

 みんなはSTAP細胞事件はかがくの事がわからなければ謎がとけないって思ってるよね?
違うんだ。簡単だよ! かがくがわからなくても、ちょっと事件をななめよみすれば、へんな事、おかしな事がいっぱあいあるのがわかるんだよ。

 去年の1月28日にSTAP細胞がつくれたって、発表されたんだよね。
それから大さわぎになってリケジョブームになったりした。
はつめいした小保方さんはいちやく有名人になったんだ。

 それから3月10日にSTAP細胞の研究を小保方さんとしていた人が発表をてっかいしてほしい、とよびかけたんだ。それは山梨大学の先生で若山博士。

 3月25日には、STAP細胞実験に使っていたマウスが若山博士が提供したマウスではなくて、どこから来たのか解らないマウスだって事が若山博士から発表された。
若山博士は「ポケットに入れて持ち込まれてもわからない」なんて事を言ってたんだ。
小保方さんがマウスをすり替えて実験していた疑いがでてきたんだよ。

 それから6月くらいまで、小保方さんはずっと反論していたんだよ。
理研に「それはちがいます」っていう申し立てをしていたりした。

 6月3日、STAP細胞を若山博士はおともだちがいる研究所に分析してもらった。
公平さをたもつために無関係なところに分析をたのんだって言ってたけど、結局、しらべたらおともだちの研究者に頼んでた。
それで、実験で使ってないマウスだったと解ったらしい。
また理研でも同じ結果だった。

 6月16日、結果は実験で使ったマウスとは違う種類だった、STAP細胞はいままでに発明されていたもうひとつの多能性をもつ細胞、ES細胞と似てるって発表されたんだ。


 6月18日小保方さんは「マウスも細胞も所属していた若山研究室の物を使っていた。」と反論していた。

 6月20日に理研の遠藤博士がSTAP細胞の記録を分析した論文を発表したんだ。
それは9月になって報道されたけど、その前の7月27日にNHKが放送した番組でも若山博士といっしょになかよく分析結果を語り合ってたよ。

 つまり僕が見るには、STAP細胞事件は6月におおきなターニングポイントがあるんだよ。
それまでは若山博士はずっとマウスの取り違えをされた、って事で実験不正を訴えてたんだけど、6月にはいると、急に分析結果はES細胞だとか、遠藤博士はTS細胞とES細胞の合成だって言い出したんだ。

 マウスのすり替えって結局ガセネタだったんだね。

だって理研の調査結果で解ったんだ。
STAP細胞に使われていたのは若山研究室にいた研究員が作ったマウスの細胞から出来ていたんだ。
3月と6月に発表された「若山研究室にいたマウスではないマウスが実験に使われていた、だから
STAP細胞実験は不正だ」っていってたはずのなに、いつのまにかその「小保方さんがマウスすり替えた」っていう若山博士のうったえはうやむやになってしまったんだ。
せっかくだから「有耶無耶」って漢字を覚えてね。

 じゃ、第三者機関と理研が発表したマウスの種類が違うって6月に公表した結果はなんだったの。
ふたを開けたらマウスや細胞が若山研究室のものだけだったんだよ。
小保方さんの「マウスも細胞も所属していた若山研究室の物を使っていた』っていう証言に嘘はなかったんだ。

 6月から突然若山博士はES細胞かもしれないって言い出して、それを科学ライターがツイッターで発表していた。そのまえは、科学ライターがさかんに小保方さんがマウス(細胞)をすり替えたって言ってたのに。

 6月がターニングポイント。覚えておいてね。
STAP細胞は育てないと死んでしまうんだけど、そだててSTAP幹細胞にして、それにもっと色々な身体んの部分が作れるようになった万能細胞、それがFI幹細胞というんだけど、それはすべて若山博士がつくられたんだよ。すごいね!天才だ!

 だけど、6月に遠藤博士がFI幹細胞の論文をとくしゅな方法で分析したら、「TS細胞とES細胞のまぜものだった」可能性が高い事が解ったんだ。天才だね!

 あれぇ?FI幹細胞が(ES細胞とTS細胞のミックス)ならそういうふうにねつ造したのは若山博士ではないの?
どうしてFI幹細胞は細胞のミックスのねつ造だった、それを作っていた若山博士がねつ造したってますこみの人は騒がないのかな?大人の事情?


 掲示板の書き込みの事なんだけど、6月くらいにさかんにとくめいの人達が集まる掲示板に小保方が引っ越しのどさくさに若山の所から盗んだ細胞が箱ごと発見されたことも公表しろよ。丹羽のTSもたくさん出てきただろ。相澤も小保方さんを励ましてあげようなんて言ってるんじゃねーよ。お前、監視役として検証チームを組織したんじゃなかったのか?』なんて事が書き込まれだした。

 だから遠藤博士が最終的な万能型細胞「FI幹細胞」は(ES細胞とTS細胞のミックス)って発表されたときは小保方さんが引越のどさくさに盗んで細胞つくっていた、ねつ造していたっていう噂がながれていた。

 でも、このFI幹細胞を作っていたのは若山博士だったんだよ。
おかしいよね。この細胞がはじめてつくられたのは2011年の11月25日だったし、引越の時期は2013年の4月だった。だからあの掲示板の書き込みは小保方さんに罪を着せるための嘘の情報だったんだね。これは情報操作、というんだ。

 2013年に盗んだ細胞で2011年に小保方さんが実験してたことになる。

 この噂を流した人は時系列が解らないバカだけど、その目的は小保方さんに罪を着せる為で、罪を逃れる人を作るため。この噂で、小保方さんに罪を着せて、得をする人は誰か、という事を考えれば、この細胞ねつ造事件の真犯人は浮かび上がって来るんだよ。
考えてね。

 さてSTAP細胞からそだてた万能細胞、FI幹細胞が二つの細胞を混ぜて作られた細胞だって事はわかったね?そういうデータも分析された。
でも科学者が実際実験したら、ほとんど繋がらずに死んでしまったそうだよ。
そりゃそうだね。絵の具じゃあるまいし。
細胞さんを混ぜて一つにするなんてかみさまでも出来ないよ。あれれ?それなら、それなら遠藤博士が細胞のミックスだっていってたのはなんなの?

 なんのための分析結果発表なの。
小保方さんが「TS細胞とES細胞を盗んで混ぜてた」って罪を着せるためにうその論文書いたのかな。
そのまえにとくめい掲示板で噂をばらまいたのかな。まさか、大人ってそこまで汚くないよね。
かがくしゃがうその論文を書いて発表するなんて、もしそうなら僕は大人になりたくないな。
それにかがくしゃが時系列も計算できないバカだってありえないものね。ウン!

 そうそう、6月までは「マウスや細胞をすり替えられた」と言ってた若山博士だけど、FI幹細胞を作っていた本人が混ぜ物だったと気がつかなかったのかな。

 そんな事はないやろ。
6月に突然都合よく現れたES細胞だけど、動きを追って行くと面白い事がわかるよ。
それはまた今度ね。
さて、宿題だよ。

①FI幹細胞を作ったのは誰?
②FI幹細胞の中身の正体は?
③FI幹細胞を使って万能性を確認したのは誰と誰?
④FI幹細胞は細胞を混ぜても作れない、ならどうしてデータが存在して、遠藤博士がデータ分析結果を発表したのかな?その目的は?
⑤若山博士が6月に突然STAP細胞がおかしいと述べた理由が変わった理由を述べよ。
⑥STAP実験に使われていた細胞を作った博士が若山研に細胞を分析の為に送った月はいつ?
⑦マウスがすり替えられたって言ってたのに、突然忘れちゃった博士は誰?

さぁて、全部正解出来たら、キラキラ緑色に光る「キメラマウスバッチ」をプレゼント!!
目玉がクルクル動いて可愛いよ!ゲノムチックでしょ?

じゃ、ぼくは探偵にでかけるよ!
また8月に会おうね!夏バテに気をつけて、水の事故に会わないようにね!

 STAP細胞探偵団 テルより。
___________________________________________
引用文

STAP細胞の正体日経サイエンス
STAP細胞を培養して作ったとされる「FI幹細胞」(略)は,ES細胞とTS細胞(栄養膜幹細胞)の混合物とみられる。
49)
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

理研の調査報告書には、小保方晴子博士の冷蔵庫から見つかったES細胞は若山研究室のメンバーも、若山照彦博士も知らないと証言したとあり、NHKスペシャルで留学生が引越し予定だったとインタビューに答えていたのは捏造報道だった事が分かりました。

小保方博士のES細胞窃盗疑惑の過熱報道は
凄まじいものがありました。

その時、どうして若山研究室のメンバーは「知らない」と世間に訴えなかったのでしょうか。

捏造実験の罪を小保方博士1人に着せる為に研究室ぐるみで口を噤んでいたとしか考えられません。

検証実験を止めさせようとしていたのも、詳しく調べれば若山照彦博士の捏造がバレるからでしょう。

小保方博士は論文捏造の罪と引き換えに
人権蹂躙のバッシングを受け、理研を去りましました。

論文取り下げからずっと虚偽発表していた若山博士とでっち上げ証言作ったNHKは税金で給与貰うのやめて下さい。


裏取りする事なく若山博士や遠藤博士の仮想論文を広報し続けた科学ジャーナリスト達も二度と科学に触れないで下さい。

科学を穢さないでください。

追記、若山研の冷蔵庫の管理は若山博士の奥さん清香夫人がしていたとの情報あり。
裏取りします。

image


image


image





image


image
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ