木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 科学

 内閣府と文科省が発行した高校生への保健体育の授業に使う副読本「女性の妊娠しやすさと年齢」で妊娠しやすい年齢を示すグラフの傾きに誤りがあることがTwitterユーザーの指摘から解った。

 副読本を発行した文科省は誤りを認め、正誤表を配布する事が決定した。


http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/08/17/1360938_09.pdf
より健やかな妊娠・出産のためにの図表


55)


 に対してのTwitterユーザーからの疑義。@segawashin 
 
55)

23)
27)
 赤い方が文科省のグラフですね。傾き加減がかなり違います。
元論文と比べると20−25歳までの間で緩く妊孕力(読み・にんようりょく)(意味・妊娠しやすさ)(同義語に妊孕性もある。)
を示していますが、25から30歳、35から40歳と急勾配の傾きです。


慶応大学 名誉教授 吉村泰典博士の「女性のからだと卵子の老化」より
 http://www.kenko-kenbi.or.jp/uploads/20150304_yoshimura.pdf


34)



 こちらのほうはまだ緩やかですね。この図表を内閣府に渡したのは吉村泰典博士でしょうか。
図表が渡った経緯を確かめるために文科省と内閣府に電話してみました。
それによると、グラフが渡った順番は「有識者→内閣府→文科省」で内閣府の少子化対策キャンペーン・コンセプト「若いうちの妊娠が望ましい事の啓発本」を作る為のデータを有識者に求め、それを内閣府と文科省で高校生の保健体育の科目で使う為に副読本として制作された。

 文科省は学校健康教育課に繋がり、内閣府は担当の名前を教えてもらえませんでした。
このグラフの提出者が解れば、事態の真相に迫れるのではと思い、詳しく問いただしましたが、グラフ提供者の情報はクローズ扱いでした。

 以上の取材結果ですが内閣府と文科省は高校生の保健体育の副読本に「ソースの怪しい」「出所不明」のグラフを使っていた、事になります。グラフの提供者の名前を明かせないというのですから、そのグラフの作成は不明だという事になります。
これは「グラフデータの改ざん」と認識されても仕方ないでしょう。
吉村泰典博士の「女性のからだと卵子の老化」のグラフも17年前からのデータで、情報が古過ぎますし、元々の論文も、妊孕力と年齢の相関関係の研究調査結果のものではない様子です。

 お金をかけてキャンペーンするなら、新しくきちんとしたデータにして欲しいです。
内閣府や文科省は少子化に対して本当に真剣に考えているのでしょうか。
やっつけ仕事は辞めて頂きたい。
もう新しく「日本で」妊娠や出産の年齢リスクの統計調査をしたら如何でしょうか。


 真相は「若いうちの妊娠が望ましい。20代以降は妊娠が難しくなる、妊孕力が下がる」事の啓蒙の為に、データを都合よく書き換えた。と言ったところでしょうか。

 「若い人に科学的に医学的に正しい知識を持って不妊のリスクを減らしてもらいたい」という内閣府と文科省の啓蒙はたしかに正しいのですが、「若くて妊娠してしまうリスク」や「現実的な子育てのリスク」などを平行して啓蒙してもらいたいと思います。

 少子化は「安く安心して子供を預かってくれる所」という保育施設の充実と「地域で子供を守り育てる」という社会の応援があれば、かなり改善されるのではないでしょうか。

 アメリカのように安い労働力の家政婦も雇えず、地域社会のコミュニティー崩壊で子供を気楽に見てもらう事も出来ない。いくら陳情しても保育園は建たない。

 それでも「卵子は老化する!若いうちに妊娠しろ!その方がノーリスクだ!このグラフに書いてある!」はまったくもって、若い女性への妊娠ストレスになり、妊孕力が下がる高齢の女性に対して偏見を増長させるだけです。
このグラフが「産んだ」のは女性へのストレスと偏見だけでしょう。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ぼ、ぼ、ぼくらはSTAP細胞探偵団♪
勇気りんりんGFP♪ゲノムの力で解決だ♪
ぼ、ぼ、僕らはSTAP細胞探偵団♪

 やあ、みんな元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル。
みんな夏休みの宿題は済んだかな?僕はもうとっくさ。
夏休み前に宿題を予測して済ませてしまうんだ。だから僕は夏休み丸マル遊べるって寸法さ。
まあ、それは嘘だけど。
ここの管理人さんは外耳炎で熱出して寝込んだんだけど、そのときアマゾンで生物学の参考書を買っていたよ。
無理なのに。成年になって絵を習っても美大出た人には実力が決して追いつかないように、学生時代に専門教科で習わなかった人がいくら勉強しても知識にならないよね。

 まあ、「科学が解らない」って言われたのがよっぽど悔しかったみたい。
でも、「東大のセンセからひとことお叱りを受けた」って喜んでいたよ。なんだろうね。
ここの管理人さんは痛覚が普通じゃないみたいで、よく怪我をしたのに気がつかずに血だらけでいて家族に怖がられているよ。骨折しても気がつかないとか。
それから麻酔も効かない体質みたいでお医者様に積年の不信感があるみたい。
耳鼻科に駆け込んだのはよほど痛かったんだろうね。
ま、変人の類いだね。地位も名誉も無い人だから世論をひっくり返すなんて出来ないだろうけど、気に食わない連中の足を踏んづけて「ギャフン」と言わせるくらいの事はするかも知れないぜ。

 まあそんな事はいいさ。
みんなはSTAP細胞事件に新たな展開があったの、知ってるかい?
小保方博士がNHKの番組を人権侵害で審査して欲しいってBPOに申し出て、審理入りしたんだ。

  BPOって何かというと、平たく言えば、行き過ぎた表現や番組内容で視聴者の人権が傷付けられたらそれに対して苦情を申し立てるところなんだよ。表現の自由をまもりつつ、放送によって不利益を被った人が番組内容を審査してもらうところなんだ。で、どうなるかと言うと、審理した結果を記者会見で公表、発表し、申し立てを受けた放送局はそれを放送しなくてはならないんだ。
そうだよね、放送した放送局が、審査された結果を放送してこそ、人権侵害するような放送内容を抑止する事が出来るんだ。自分たちの過ちを放送するって放送人にとってくつじょくだからね。

 それで一体どこが人権侵害なんだ。と思う所だけど、かがくの話じゃまた解らなくなるから、
どうぶつや車に例えて話そうかな。


 小保方博士が申し立てて審理入りしたのはNHKが2015年7月27日に放送した「STAP細胞 不正の深層」って番組で、理研のSTAP事件を審査する人にしか知られていないメールが公表されたり、小保方博士が若山博士から細胞を盗んだかのようにイメージさせる場面を繰り返し流したんだ。

 あくどいのは、STAP細胞の共同実験者の若山博士が、理研の研究者の遠藤高帆博士からSTAP細胞の中身を分析してもらった時の事だ。
遠藤「STAP細胞はクロシンのプロモーターです」若山「えっ?」みたいな薄い小芝居していたけど、そのとき、二人はSTAP細胞が「アクロシンGFP」だと解っていたんだね。
番組スタッフもそれを承知していた。
それなのに番組はそのES細胞じゃない李博士が作った「Oct-4GFP」のES細胞を盗んだように李博士のインタビューまで添えて放送したんだ。

 わかりやすく言うと

 STAP細胞の車は「アクロシンGFP」のガソリンが入っていた。
しかしNHKは「Oct-4」のガソリンを小保方博士が盗んで車を走らせていた、事にした。
くらいの『ひどいデッチアゲ』
をNHKはやっていたんだぜJK。

 これを作ったのはNHK科学班。李博士にインタビューしているのは藤原淳登記者だ。
番組内では「留学生」ってさも幼気な印象だったけど、博士で医者だってバレたね。
この李博士の正体さえ偽って小保方博士を悪者にしたい連中がこさえた番組なのさ。
邪悪な。

 ちょいと驚くでしょう?NHK科学班が非科学的な事実をねつ造して人を罪人に追い込もうとしてるんだよ。
これでBPOが問題なしとしたら、もう世の中終わりだね。

 僕はこんな風に報道が邪悪に染まるとき、社会変動が起きる直前なんだと思うよ。
大人になるのはしんどいね。こどものままがいいや。








 





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 「日経サイエンス」の記者、古田彩さん栄転されたそうで、以前のやり取りを記録として残します。
「日経サイエンス」には百も二百も言いたい事があります。

 いや、木星通信はSTAP細胞報道をした科学雑誌界に言いたい事が山ほどあります。

 マウスのすり替え説を精査する事なく、遠藤博士の論文を根拠に報道したこと。
あれは社会的視点を無くした、大本営発表だった。

 遠藤博士の論文は文系の私が見ても辻褄の合わない所があります。
いえ、若山博士の捏造疑惑から世間の目を反らすのが目的の辻褄合わせの為の架空論文だと思っています。現に後から後からおかしな点が湧いて来ています。
臨場リークした人達と同じグループに属していると思っています。
古田彩記者も同じだと。

 笹井博士の自殺は、一般誌にゴシップネタを書かれたことよりも、伝統ある科学雑誌でピエロ扱いされて誌面に載せられたことだと思います。

 科学ジャーナリズムはこれに盲従した。 あのとき、「日経サイエンス」は「大本営発表」だった。

以下元「日経サイエンス」記者の古田彩氏のつぶやき。

「STAP細胞は存在しない」「刺激の初期化で万能細胞が発見されてもそれをSTAPと呼ぶのは失礼だ」
412RT


57)
木星通信のエビデンスを出した反論。
2RT

07)

 STAP細胞が無かった事、ならこの移管手続き書は捏造だと言う事になります。

17)

 眞葛原雪氏の科学的検証からの疑問。

54)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年2/6日号の写真週刊誌『FRIDAY』において、元理研の上級研究者・石川智久氏が元理研ユニットリーダーの小保方晴子氏を「若山研究室からES細胞を窃盗の容疑」で兵庫県警水上署に刑事告発したと報じた。

 しかし、以前からこのブログで報じて来たように、小保方晴子氏が若山研究室の「ES細胞」を万能細胞に偽装して若山照彦氏(現・山梨大学教授)を騙し通して STAP細胞実験を成功させていた、とは到底考えられないし、その証拠も確認 できなかった。

 もう一度、文系の為に、分かりやすく「小保方晴子氏がES細胞を窃盗してない」事について説明してみよう。(科学的知識不要)

▪️実験はもう終わってるけど・・・

『FRIDAY』で理研関係者の証言として「 '13年の1月ー4月に盗んだとしか考えれない」とあり、その頃の犯行時期だとして記事中では「盗んだES細胞」で小保方氏は若山氏に「キメラマウス」を作らせていた。とあるが、'13年1月ー4月の間、キメラマウスは作られていないのだ。
この実験は既に'12年中に終わっている。
なので小保方氏は盗んでも使いようがないのだ。


▪️ES細胞じゃ、「万能性」は作れないよね。

 STAP細胞は培養することによって、初めて万能性を獲得する事はこのブログで何度もお知らせした。
ES細胞は増殖能力はあるが、胎盤などに分化する能力はない。
しかし、若山氏と小保方氏はマウスの胎児が胎盤まで全てSTAP細胞で作られた事をGFPの光で確認し、万能性細胞を発明した事で「感動で胸が震えました」
とテレビインタビューに語っている。
動画も写真も残っている。GFPとは( STAP細胞の遺伝子に緑に光るタンパク質を挿入したので、STAP細胞で作られた器官が緑に光る仕組み。しばらくすると、消えてしまう。)


▪️若山教授は前にES細胞を学生が「小保方さんに渡しました」って言うてたやん。

 そうなんです。動画は削除されましたが、私も確かに記者会見で若山氏がそう答えているのを聞きました。
24



で、それじぁないの?と散々各方面から言われている訳なんですが。


 ▪️ES細胞の権威、若山教授が見分け付かないの?

 そうねぇ・・・だってSTAP細胞から解析されたES細胞はそもそも若山研究室で作られたものだった。それで騙されてキメラ作らされてました。

それもねぇ・・・どうよ? ええ? どう思いますぅ? 

ですし、謎の中国人「李」さんが盗まれた!とするES細胞はSTAP細胞で使われていたのとは別の種類。

▪️理研では窃盗・盗難事件があったの?

 私は理研CDB内でのTS細胞、ES細胞の紛失届けを情報公開請求しましたが、その事例がなく、「文書不存在」でした。


▪️Liって誰やねん?

 『 FRIDAY』によると、小保方氏が盗んだとされるES細胞の箱には持ち主の名前、「Li」と書かれていたと言う。

doraのブログ」によると、それは若山研究室に在籍した中国人のChong Liさんだろうと言うことだ。
この名前と若山氏の名前で検索すると面白い事が分かった。 若山氏、その夫人で研究者の若山清香、そして、Li氏。
この三人は仲良く2011年開催のARBS「ポスタープレゼンテーション」のミーティングに参加しているのだった。

 冷蔵庫の鍵の管理をしていたと言う清香夫人と共に、だ。
色々と想像出来るが、実験室の箱の中、密室のトリックなら、門外漢はお手上げである。

26

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ