木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 調査


【公の場での写真無断流用】

 2015年9月1日五輪組織委員会の事務総長、武藤敏郎氏がベルギーのリエージュ劇場ロゴ盗作疑惑に揺れる佐野研二郎氏(多摩美術大学教授)がデザインした五輪エンブレムを取り下げ新たに公募する事を記者会見で発表しました。 「一般国民の理解を得られない」

 記者会見では8月28日まではリエージュ劇場のロゴとはコンセプトも違い、全く関係なく問題が無いとしていたが、7月27日の記者会見で展開例として出されたポスターに個人ブログの写真が無断で使われた事が解り、プレゼン段階ではなく公の場で使用された事に問題があるとされました。

 まずここで個人ブログの写真無断流用が発覚しました。(著作権法違反)

【アーティストが美術展を観に行ったが覚えてないは通用しない】

 美術を学ぶ学生は美術展鑑賞は課題に入っています。
鑑賞券の優遇もあり、美大生はせっせと美術館、画廊に足を運びます。
観るだけではなく、レポート提出も義務づけられています。
美学生にとって美術鑑賞は課題授業なのです。
ましてデザインを生業にしている人が「美術鑑賞して覚えてない」なんてあり得ないです。


【デザインの違いを国民は理解しないのが問題ではない】

 この日の記者会見では「佐野研二郎氏のデザインが模倣ではないと専門家の間では判断されたが、一般の国民には解りにくいですね、と言う話しになりました」としていますが、問題の起点は「佐野氏エンブレムが国民の理解を得られない」からネットで批判が高まったのではなく、ベルギーのリエージュ美術館のロゴと似ている、盗作されたと訴えている人が存在して、実際にその作品が佐野氏エンブレムに酷似しているから騒ぎになったのです。
「被害を訴えている人が存在している事」それをスルーする訳ですから問題の根本的解決にはなりません。あくまでも問題は「国民の無理解」に持って行く事なかれ主義には驚くばかりです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加


  2015年9月2日、トルコ南部ボトルム近郊の浜辺で難民の子供の遺体が打ち上げられ、世界中の涙と怒りを誘いました。
その子供はシリア難民の父親を持つたアイラン君(Aylan Kurdi)(3歳)。
報道によるとアイラン君一家はシリアのダマスカスで 2012年まで暮らしていたが、コバニ内戦による政情不安でトルコに逃れ、トルコからボートで欧州へ逃れようとしていました。

 エーゲ海をゴムボートで渡るうちに転覆、父親の
アブダラさんの救助もむなしく、母親と一つ上の兄とともに溺死してしまいました。
海岸に流れついた幼い溺死体の写真は世界中を駆け巡り、「シリア難民への救援の声」は高まり、欧州は難民受け入れ対策を次々と表明、かつて第二次世界大戦でユダヤ民族(教徒)を迫害、沢山のユダヤ難民を産んだドイツが寛大な処置でシリア難民を受け入れるとしました。
トルコから国境を越えてハンガリーに入国した難民は「隣国オーストリアから特別列車でドイツに入国」しています。 
しかしドイツ国民も難民受け入れが社会不安を招くとして抗議デモが開催され、それに対抗する抗議デモが行われる等、混乱が生じています。

 しかしこのアイランちゃんの痛ましい姿はこの難民受け入れの重たい扉を欧州に世界に開かせたのです。
その写真ですが、ある違和感があります。
アイランちゃんの写真は画像検索で出て来ますからここに貼りません。
閲覧にストレスを感じる人がいるかも知れないからです。
  • 溺死したのに靴を履いたまま
  • 溺死して海を漂流、海岸に打ち上げられたら身体が砂だらけのはず。
  等です。難民の保護、受け入れに異議を唱えるものではありませんが、アイランちゃんの写真が「とても不自然」なイメージを受けました。
 この写真は世界の人々にシリア難民の救済を訴えるキャンペーンで、実はアイランちゃんは生きている、と希望的観測を持ってしまいます。

溺死したシリア難民の男児の写真に世界が衝撃


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 痛ましい事件が起こりました。
2015年8月13日深夜、大阪府寝屋川市に住む、平田奈津美さん(13)が駐車場で遺体で発見されました。13日の午前五時頃、京阪寝屋川駅の商店街で姿を確認されてから、行方が解らなくなっていました。

 大阪府警は防犯カメラやNシステムで捜査を開始、平田さんと同じ市内に住む山田浩二容疑者(45)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。 

 さらに平田さんと行動を共にしていた
星野凌斗君(12歳)も遺体で発見されました。山田容疑者の行動を監視していた大阪府警は星野君の遺体を確認するために現場に立ち寄よった山田容疑者を確保、逮捕に至りました。(2015年8月21日、大阪市城東区路上で8時20分頃身柄を確保)

 夏休みの夜遊びをしていた二人は惨たらしい姿で帰宅する事になりました。
平田さんの体は工業用カッターで30カ所以上も切られていました。
死因はガムテームを顔に巻かれた為の窒息死でした。
星野君の死因はまだ解っていませんが、遺体の損傷が激しく、一部白骨化しているとの事で暴行や傷の確認が出来ない状態のようです。

 報道によりますと、二人は8月13日深夜、同時刻に殺害された可能性が強いとの事です。
可愛い盛りのお子さんを失ったご家族に深い哀悼の意を示したいと思います。


 さらに惨い事に、平田さんの遺体が見つかった13日深夜から犯人像を推理するネット調査団が多数現れ、犯人に結びつく動機などをUPし始めました。

 被害者星野君の母親Mさんが「犯人だ」と断定するようなブログの書き込みが相次ぎました。
犯人逮捕に至ったいまも(2015年8月24日)それらは削除されていません。
http://hosyu.wp.xdomain.jp/?p=11
山田容疑者は星野君の殺害を認めてはいませんが、犯人しか知り得ない情報、「星野君の遺体遺棄現場」を確認に行っていますから山田容疑者が犯行の実行者と見て間違いないでしょう。

 この事から被害者のお母さんに対しての犯罪者扱いは無責任で被害者家族の心に癒えない苦しみを擦り込んだ行為と言えるでしょう。

38)

 また山田浩二容疑者についても同姓同名の広域暴力団関係者と誤認され、この事件はヤクザがらみの怨恨であるとのデマが拡散されました。
2012年のヤフー知恵袋の書き込みを見た人からデマが拡散されました。


40)

 確かに書き込みは2012年でこのとき山田浩二容疑者が事件を起こしたら犯行時の年齢は合致しますが、山口組淡海一家の事件が起きたのは2010年です。
書き込んだ人が事件発生日を正確に書かなかった為に山田容疑者の年齢が取り違えられたのです。

 2010年に逮捕された人が42歳なら2015年には47歳になっており、山田容疑者と年齢が合致しません。

 続報を見ると、山田容疑者は2002年3月に大阪府寝屋川市で中学生2名を車に監禁、現金と所持品を奪い逮捕されています。同月にも同市内で少年二人を粘着テープで縛り、車に監禁して連れ回すなどして再逮捕されています。

 また現在確認は出来ないものの、旧姓の渡利という名字だった頃、中学生の時に小学生を暴行して少年院に入っていたという情報もあります。

 これらを照合すると、山田容疑者は精神医学的には小児性愛者(ペドフィリア)で、犯罪分析学では
児童性虐待者(チャイルド・マレスター)であると考えられます。

 犯行はヤクザがらみでも被害者の母親でもなく、容疑者の歪んだ性嗜好衝動が蓄積した末の猟奇殺人事件でした。

 ネットに拡散し尽くされた邪推の情報量は膨大なものです。
星野君の母親は愛児を異常者に惨殺されたばかりか、ネットで加害者と名指しされたのです。
この心の傷はどんなに時が経っても癒える事は無いのではないでしょうか。

 これを機に、小児性愛者の認知も広まって欲しいと思います。
この性嗜好者の存在の無知から、母親犯人説が加熱してしまった事は否めない事実です。

 ネットの探偵団に望むべきはこの犯人推理の情熱を小児性愛者の履歴を閲覧出来る「ミーガン法」導入の是非を問う議論に向けて頂きたいと思います。

 「ミーガン法」とは性犯罪者の情報公開法で、先進国ではアメリカ・イギリス・韓国の三か国が導入しています。
驚く事に、韓国では13歳以下の児童に対して性犯罪を行った者には電子足輪(GPSアンクレット)を最長で10年間付けさせる事を義務化させる法案が2008年9月に成立し、施行しています。

 一説には小児性愛は脳器官の異常から来るとも言われ、性犯罪者の再犯率の高さなども立証されており、犯人の更生よりも被害防止の方向へと議論が向く事により、この痛ましい事件の再発防止と犠牲者や遺族の慰めになるようになればと願って止みません。

http://japanese.joins.com/article/345/100345.html?sectcode=430&servcode=400

49)

  米国,デラウェアで起きたチャイルド・マレスター事件。
小児科医が幼児 86人に性的暴行、殆どが三歳未満。

女児86人に性的暴行の小児科医、法廷に怒り渦巻く


39)

 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 石川智久さんの告発状が兵庫県警に受理されました。
被疑者不詳という事で、兵庫県警はこれから若山研究室に在籍していた研究者を対象にして捜査を進めて行く事になると思います。

 当初、フライデーで「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!」と主張していた石川智久さんですが、若山研究室から「窃盗された」とするものは「李(
Chong Li)博士の作製したES細胞」でそれが小保方さんの研究室の冷凍庫から出て来たとし、その写真を掲載。さらにある理研の関係者の証言として「引越のドタバタの時に盗まれたとしか思えない」と窃盗時期まで指摘しました。

 木星通信ではこの「李博士の作製細胞」について、調査を進めました。
いつ作製され、どのような特徴を持つ細胞で、引越予定だったのか。

 ①小保方博士のフリーザーの中には「BOX-1」と「BOX-2」が入っていた。
 ②入っていた細胞には『ntES BOX Li』と書かれてあった。
 ③ 作製日は2011年7月8日と30日に作られたもの。
 ④作成者は中国人の研究者李博士で、作って凍結しておいたものだ。 
(フライデー2/6号より)

 この報道と、理研の公式調査結果報告から、李ES細胞のGFPとマウスの種類を特定する事が出来ます。
STAP細胞論文に関する調査結果について(2014年12月26日)
から、3P目のhttp://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf 
の表を見てみましょう。
理研で調査されたSTAP関連細胞で2011年7月頃に作られた『ntES細胞(核移植細胞nuclear transfer Embryonic stem cells)』はこれしかありません。

40)

 つまり、「『李ntES細胞 』は挿入遺伝子リポーターは「GFP」が「Oct-4」で、マウスはB6という種類である」という事が解りました。

28)
 
 この調査報告書にある「培養皿ごと手渡された」細胞でもあるようです。
箱ごとあった李博士の細胞は、一部は小保方博士に手渡しされたGOF-ESであるのは間違いない事実です。


 そして若山研究室の山梨大学への試料移管手続き書(MTA)には李博士作製のntES細胞の記載はなく、引越手続きはされていない細胞だった事も解りました。

BmE5mmJS




   そして、窃盗時期を「ある理研の関係者」の証言として「2013年の1〜4月頃(若山研引越時)」としていますが、何度も木星がお伝えしてるように、STAPの最初の実験成功は2011年の
11月25日。それから2012年にかけて沢山作られています。図は理研と山梨大学、若山照彦博士が交わした試料移管提携契約書(MTA)から。

985m8BVG-1


 ですので、フライデーの記事では「2013年に盗んだ細胞で2011~12年に若山さんにキメラを作らせた」事になり、時系列が合わず、小保方博士のアリバイが成立します。


 
 以上、木星通信の調査結果報告でした。

  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ