木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 公務員

2012年、10月1日、東京高裁裁判所の裁判報告会での講演。


国家というものはないんです。
国は人が人を利用する仕組みの事なんです。
しかも、私たちが認識している国という仕組みは中心が無いんです。
ドーナッツみたいな感じ。
その付近に利権や金やいろんな物を集める人達が居る。
そこからなだらかに垂れているんです。カーテンのように。
だからこの人達はるべく皆さんのからお金を吸い上げて自分の所に集めたい。
それだけです。決してみなさんに責任取る事もないし。
その衝動だけなんです。
皆さんも実は繋がっちゃってるんですよ。どこかで。
何処から何処までそいつらで自分達なのか境目はない。
金を集めようとする事は、彼らに金をあげる事と一緒になっちゃってる。
しかも、仕組みとしては、選挙で選んだ政治家が政治をするという風に一応なってる、これはウソなんです。

当選した政治家も臨時公務員なんです。
むしろ、公務員達の方が主権ですね。
悪い事をしても中々首にならない。官僚達というのは。
相当な権力を持って人を逮捕したり、投獄したり処刑したりする権力までがあるのに、私たちは労働者だと言う。 
官僚トップの事務次官まで労働者と言うんですよ。
しかも彼らは公務員組織が主権者でなくて政治家だと言う。
足場の無い、臨時雇いのアルバイトを主権者の代表という事ですよ。
いつでもマスコミ使ってスキャンダルを流して引きづり降ろしたり、足引っ張って犯罪者扱いしたり、逮捕したりするような相手を主権者代表です、と言う。
この人達はなんの力もないでしょう。
野田総理のようにウソいって当選して役人の言いなりになる。
これこそ、最高に一番酷い。

これがこの国の仕組みなんです。
世界中一緒です。
世界中、ドーナッツ型の垂れ下がった物。
それを皆さんは自分の国だと言っちゃってる。
所がこの連中は裏で繋がっている。
全部が繋がっているもんですから、時々争いをする。
皆さんは自分達を守る事はこの国を守る事だと勘違いされて
ますます彼らに貢んです。

韓国や中国のごちゃごちゃしたものはあれは八百長なんです。竹島無くなっても困りません。
そういう脅威よりも、官僚達が日銀と一緒になって皆さんに与えている不況や被害の方が何十倍も大きい。それをカモフラージュするために時々、紛争、戦争をする。
戦争は権力を維持するため、拡大する為にやる。
国民に対してですよ。
皆さんを守るための戦争なんかあったためしがない。
全部がインチキなんです。
新聞やテレビは彼らの広報ですから。
官財が略奪するシステムを維持する一部品としてこの裁判所はあります。

写真は10月1日に開かれた大河原宗平さんの裁判の傍聴応援に来た竹原信一さん。

DSCN1605
    このエントリーをはてなブックマークに追加



 前回、かなりの反応がありました、園良太さんのインタビュー「園良太君、保護房など語る」に続いて、園良太さんが、逮捕された理由、その原因は何なのか詳しく話して頂きました。

 皆の知りたい事_何の為に江東区区役所に抗議に行ったのだろうか?
2012年2月8日に何が起きたか_何故園さんや支援者達は江東区に抗議しているのか?

 野宿者を守る為に集まった支援者達と江東区(主に江東区が雇った警備員)との戦争のような闘いの様子を聞きいて、園良太さん逮捕は「器物破損と威力業務妨害」ではあったが、江東区区役所の野宿者強制排除のやり方にも、暴力的で非人道的な物を感じる人は多いのではないだろうか。

__堅川の野宿者強制排除の様子・背景を教えて下さい__

園「仮にその野宿者をAさんとします、Aさんは堅川で今まではなんの問題も無く野宿者として暮らしてきました。
しかし、2012年の2月8日に野宿している場所へ江東区区役所が強制代執行をかけて来たのです」

__何故、区役所は強引な措置を取ったのでしょうか__

園「東京スカイツリーが出来て、近くに観光客を呼びたい、その為に見た目が良くない野宿者が居たら困る、そんな理由です、だからAさんは、何度も立ち退きを迫られて、引っ越しを考えて荷物も整理を始めていたのに、追い出しをかけられたのです」

___Aさんはどうなりましたか__

園「支援者10数人が堅川の強制排除に抗議し、抵抗しましたが、向こう(区役所は)ガードマンや役人100人以上の数で支援者とAさんを引き離し、保護するという名目で救急車に乗せました。その日8日は、僕は堅川に行くのが遅れて、現場にはたどり着けなかったのです」

__Aさんは救急車に保護された後どうなりましたか__

園「保護と言っても当のAさんは嫌がってましたし、支援者の同乗を救急車は拒否しました。支援者の目の前で連れ去られたのと一緒です」

__病院に検査の名目で搬送されたのですか__

園「でも、どこの病院に連れ去られたか、全く判らず、とても寒い日で僕らは必死で探しました」

__まるで警察のようにAさんを捜索したのですか__

園「そうです、結局、慶応三田病院に搬送されていたそうです、その後、形だけの検査を受け、三田の近くの路上解放されて、僕らの仲間が発見しました。もし見つからなければ、路上で凍死していた可能性もありました。Aさんは今、Aさんの仲間と一緒に安全に暮らしています」

__園良太さんは、8日のAさん強制排除の事件の抗議の為に江東区区役所へ抗議に行き、9日に逮捕されたのですね__

園「話し合いをするという区役所の約束も反故して来ました。それで抗議に行きました」

__再開発、商業施設増設の犠牲が堅川野宿者強制排除の理由ですか。高齢の野宿者には酷い対応ですね__

園「
高齢の野宿者の多くは昭和20年代に高度経済成長の労働力として期待された『金の卵』と呼ばれた人達です」

__街や都市にとって
働けなくなった高齢者は邪魔者ですか__

園「要するに、区や街、都市は<お金の無い奴は死ね>と言ってるのです。貧しい弱い立場の若者が野宿者を攻撃したりする事もあります。弱者に対しての教育がないのが苛めへの根本であるとも思います」



__園さんのお話からは街が、金の卵達によって作られ、またそれが再開発で排除されてる上で成り立つ風景である事が解りました、有難うございました__



 貧困弱者なんて。
自分とはほど遠い、関係ない人達、想像出来ない人達_そう思うあなたも、これからの社会の流れの中で、「何もしない自分」がいつかは貧困弱者になってしまう、そういう日が来る事を考えながら街を歩いて欲しい。
人びとを飲み込み、怪物のようにお金が無い人間を排除し続ける社会に生きる事は、自分も飲み込まれていつかは吐き出され、野宿者になる可能性もある事に気がつくだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

都内での瓦礫焼却について、日野市クリーンセンターの高橋氏から経緯を聞いた。

__瓦礫は去年11月の三多摩市長会議で受け入れを決めました。
その前の7月に宮城県から東京都へ瓦礫受け入れの要請がありました。__

私「東京都知事から、23区へ要請が降りて、三多摩まで瓦礫が運ばれたのですね」

__まず、宮城県女川で平成23年の9月8日に試験焼却があり、東京都内の大田区、品川区で10月14日に試験焼却がありました__

私「三多摩の中でも日野市が受け入れたのは」

___日野市が受け入れを決めたのは発電所があったからです。
瓦礫を燃やして熱回収をするというのが基本的な目的です__

私「それは成功しましたか?」

__成功しています__

私「この後も瓦礫は日野市に運ばれるのですか」


___運ばれます、ただし、女川の瓦礫焼却は62%まで済んでいます。日野市の受けいれも当初の予定よりも少なくなっています__

私「瓦礫焼却した後の日野市の放射能測定で、放射線量は上がりましたか」

__上がってないです、日野市のHPで公開されています__






    このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地からの瓦礫受け入れ、焼却する事について、様々な問題が広がっている。
しかし、燃やされる瓦礫への安全性について、市民への十分な説明も無いまま、焼却事業が役所主体で行なわれているのが実情だ。

今回、市民への告知・周知なしに瓦礫受け入れ焼却を始めた東京都、日野市に対して、一市民として説明を求めた日野市民のA子さんに話を聞いた。

私「
A子さんが説明を求めた瓦礫焼却ですが、日野市役所はどのような対応でしたか」

__私が日野市が瓦礫を焼く事を知ったのはもう焼くと言われる1週間位前でした。  私は他の市が説明会などをしている事は知っていたので日野市でも最低説明会は するものだと思って
いました。そして確認すると住所のうちの周りの自治会で説明会が行われた事を知りました。__

私「自治会だけの説明会って随分内輪ですね。」

__自治会以外にも説明会は行われるべきだと思い、市役所に
電話をかけて確認すると驚いた事に市役所は私達に説明会をするつもりが全くないと言いました。
同じ市民で税金も払っているにも関わらずです。私はせめて瓦礫を焼く前に説明会をしてほしいと懇願しましたが、職員は意見として聞いておきますと言いながらまるで聞く耳を持っていないのは返事から明らか
でした__

私「一般市民に説明や告知、予告等がなかったのですか」

__そうです、数日後に瓦礫を焼き始めました。それ以降も瓦礫を焼くのになぜ市民に説明会ひとつしない行政があるのかと呆れましたが、何度懇願しても相手にしない態度でした。
私が市民の健康などの問題もあるのだからせめて説明をしてほしいというと、クリーンセンターの高橋という人が呆れた事に「私も市民だから」と意味のわからない事を言いました。
彼は市で働いている職員ですし、私とは明らかに立場が違います。

私「市役所職員は、市民とは違う行政責任がありますよね、市民が求める事への説明もその一つだと思います」

__ですから、自分が市民だから、私達に説明をしない理由には
ならないと思いますが、まるで市民の自分が納得しているのだから問題はないだろうという返事でした。
行政が市民を差別し、説明すら行わない態度に私は呆れかえるばかりでした。
他の市でも行われている通りの、最低限の説明会すら行わない市役所に憤りを感じています。__

私「何故日野市は告知をしないのでしょうか」

__私が市役所に何度も電話をしてなぜ説明会をしてくれないのか、他の市ではどこも説明会は開いていると伝えると日野市としての決定ですとしか言いません。日野市の決定は一部の人間にしか説明をしない事だそうで、未だに焼いてるので説明会を開いて欲しいと言えば「もう終わった事なので」という始末です__


私「コッソリ燃やそうとしてるとしか・・・」

__しかも責任は誰が取るのですか?と聞けば、どんな被害が起きるかわからないから責任を誰が取るかなんてわからないと言ったのです。
このような行政のやり方に私は失望しています。__




日野市は瓦礫焼却について、市民に説明責任を果たして無い事実を一市民の告発をどう受け止めるのだろうか。
市民は縦割り行政に従うだけで良いのだろうか?


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ