木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 冤罪


 2013年1月27日午後3時30分から5時30分まで阪南大学准教授の下地真樹(40)さんが『がれきと弾圧」をテーマにして東京で初の交流会を開催しました。

 下地真樹さんは2012年12月9日に大阪府警に逮捕されました。
10月17日午後2時頃からJR大阪駅前で放射性物質が含まれる震災瓦礫を大阪市が受け入れ、埋め立てや焼却を行なう事への抗議行動を40
名ほどの市民達と行いました。

 抗議行動は大阪駅前付近で行なわれたチラシ配りや一時間半のシュプレヒコールなどです。
その行為が駅への威力業務妨害だというのが大阪府警の主な容疑です。

 下地さんは取り調べで「駅員に呼び止められもしていないし、注意も受けなかった」と容疑を否定しました。すると府警は下地さんがビラ配りや通路妨害を「黙示」(運動仲間等に目で合図すること)しただろう、と取り調べて言い出したと言う事です。
「なんだそりゃ!」この日集まった60名余りの参加者は一斉に驚きの声をあげました。

 下地さんは12年の12月28日に「処分保留」で保釈されました。
逮捕直後から抗議の声があちこちから上がった。中でも憲法学者ら70人が下地さんの逮捕は違憲行為であると府警に抗議文を叩き付けた、この事は多くの市民の感動を呼んだ。下地さんはこれにとても勇気つけられたと言う。下地「僕が逮捕されたとても早い時期に憲法学者達が抗議声明を出してくれた。それはとても力になったし、警察、検察への圧力になった。」

 私はネット上で噂になっている、大学側の対応や警察の対応について質問してみました。
私「先生の勾留されている間に大学は接見をしましたか?」下地「それは僕が断りました、他の運動をしている人達の接見を優先しました。接見の回数は限られているので。僕の講義に関する事は、弁護士さんに手紙で渡すようにお願いしました。」

 阪南大学は逮捕される事を数日前から知っていたが、下地さんに連絡する事は無かったと言う。
下地「大学もどうして良いか分らなかったんだと思います」と大学側に気遣いを見せていました。
私「預金通帳も差し押さえられた、と言う事ですが本当ですか」下地「はい、本当です。それは妻が詳しいから聞いて下さい」と言う事なので、会場に姿を見せておられた奥様に話を伺った。(以下A子さんとします)
A子「はい、通帳とパソコンは持って行きました。」私「何故通帳を差し押さえるのですか?」A子「私が通帳とパソコンが無いと困ります、と抗議すると公安三課の人が差し押さえのリストに入っている、と言いました。」
私「マニュアル通りに家宅捜索するのですね。」A子「多分、どこからかお金が来ているとかそいう疑いで持ってたんだと思います。」私「過激派扱いですね。警察は乱暴な言葉使いをしたり、不愉快な態度でしたか」A子「いいえ、私の家は普通の家なので、普通の態度でした。」私「通帳は保釈後帰って来ましたか。」A子「はい、無事に帰って来ました」
A子さんは私の質問にこう締めくくった「家宅捜索が土曜の朝8時だったから、土曜日の朝8時になると、また警察が来る様な気がしてしまうんです。夫はまだこれからも、瓦礫反対運動を続けるでしょう、きっと別の事で逮捕されてしまうかも。」

 下地先生の奥様は別件逮捕の可能性を案じている様子でした。

 この質問を終えて、私は大阪府警は広域瓦礫処理の反対運動と、反政府運動家と見分けがついていのではないだろうか?また警察という所は震災瓦礫の放射能の環境汚染や健康被害について何も勉強をしてないのではないか、と警察の社会変化への対応能力の鈍さを感じました。

 下地さんは「警察と言う所は本当に幼稚な所です」と何度も繰り返していました。
また、不当逮捕に対する国家賠償を考えているか、との参加者からの質問には「あるでしょう」と答え、大阪府警とガチンコの姿勢を示しました。

 震災瓦礫処理については「放射能の本当の危険は分らない。分らないから“安全”とするのは科学としてはありえない。本当に安全なら東電の社長が出て来て安全、と説明するべきです。瓦礫処理の危険について、恐れている人を守ってあげなきゃいけない」
とこれからも震災瓦礫処理への反対運動を続ける事を交流会で宣言し、拍手を浴びていました。(了)



Twitter @irakusa
 
 写真は笑顔を絶やさず勾留の様子を語る下地真樹さん。
下地さんは「モジモジ先生」の愛称で知られ、勾留中も拘置係から「モジモジ先生」と呼ばれていたと言う。1972年8月23日生まれ。沖縄県那覇市出身。40才。




写真




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


元山ゆんさんからの投稿.
2012年12月29日に行なわれた下地真樹先生の釈放記者会見の書き出しです。
阪南大学・准教授の下地先生は2012年12月9日に逮捕されました。
容疑は瓦礫広域処理の反対運動を大阪駅駅前で行なった事への威力業務妨害です。

書き出しここから〜

逮捕の時のこと思い出す 逮捕状をみた最初の印象、
もう少しもっとなんか(理由)なかったんかな、と笑ってしまった

 かなり曖昧な文章。主語のないような。僕をつかまえるのが、こんな事由。 
裁判所ってその程度なのかと。ぼくから見える景色としては、はっきりと思うの
は警察はウソをついてでも捕まえるのだ、めちゃくちゃやる組織なのだと。それ
が証明された。

 留置所に入ってから、警察組織を一体として見ていたのだけど、留置係りだっ
たり、中には色々枝分かれしてる。そのヘンをキチンとみながら批判すること
やっていかないといけない。公安がめちゃくちゃなことをやった結果。中では平
穏にやってた。手紙などは検閲はしてる?警察の悪口をしこたま書いてあっても
だいじょ
うぶ。 

 外で呼ばれてるからか、中でもモジモジ先生と呼ばれていた。勘弁してくださ
いという感じだった。中では、自費弁当。親子丼注文したらあたってしまった。
公安さんの取り調べはへでもないが食堂には、やられた。 

 大きい収穫はあった。本当に幼稚です。幼稚になる原因はなくはない。警察は
厳しく制限されてる。家族含めてそういうとこ。彼らが何を正義としているかと
いうと、限られてる。閉じられてる。どうなるかというとカルト化します。「過
激派とつながりはないのか」と聞かれたが、過激派ってどこにいるの?と。 

 暴力沙汰について、常に起こっていることだけど、暴力を恐れる警察が暴力を
やってる。20万人官邸前に集まっても誰も暴力はふるってない。暴力をふるっ
てるのはあなたたちだと。

 オウム事件、とめられなかったのがトラウマになってるのかも。未然に防ぐた
めには何してもいいのか。完全に狂ってる。

 彼らはとんちんかんな理由でわれわれを恐れている。彼らにも分かる言葉で説
明しないといけない。表現の仕方、考えていかないといけない

 これまでの抗議、そうとうに効いているなと思ってる。どう抗議するのか、洗
練されてく必要がある。

 中から見てきたことは収穫。彼らは一枚岩ではない。取り調べしてる人に原発
のことレクチャーした。

 公安ていうのはやってることは陰湿で(中で?)嫌われてるのかなと気の毒に
おもった。でもやってることは酷い。救援の広がりがなかったら確実に起訴され
てたとおもう。

 一回拘留も却下されてるし。そのあとひっくり返された。むこうも色々あわて
たと思う。批判の声が広がり、起訴が阻止された。でも1人起訴されたのは、彼
らのメンツ。

 立ち向かうというより、彼らのほうが幼いんです。上からしっかり見ていかな
いといけない。彼らの権力?に見合った知性を持っていない。われわれのほうが
はるかに知性を持っている。

 被ばく労働させられるかもしれない可哀想な立場でもある。

 何事もなかったかのように(がれき)すすめているのが大阪。今後も救援ふく
めて全力でやっていく。よろしくお願いします。


下地せんせい

(生中継同時書き起こしにつき 不正確な所があること、ご了承ください)




元山 ゆん
    このエントリーをはてなブックマークに追加



2012年7月10日、午前10時半より東京地裁709号法廷にて、原田尚美さんが原告、被告が警視庁(東京都)の 新宿署違法捜査憤死事件の第七回公判が開れた。

原田尚美さんのご子息、信介さんは新宿駅で痴漢の疑いをかけられ、被害者を自称する女とその知人に暴行され、駆けつけた駅員からも暴行を受け、新宿署に連行され、迷惑防止条例の被疑者として取り調べを受けた後、被害者が被害届を出してないことを知らされず釈放された。
信介さんはしばらく街を彷徨ったのちに、東西線の早稲田駅で電車に飛び込み命を絶った。
 

信介さんはICレコーダーに取り調べの様子を録音しており、それを聞いた原田さんは違法捜査として新宿署を相手取り、計1000万円の国賠訴訟を起こした。
今回は、原田尚美さんが新宿署に違法捜査の国賠を提訴する事に対して、新宿署が設置した「特命捜査本部」の正当性について、原告側が前回追求したその答えを原告の警視庁(東京都)に求めていたもの。

裁判長は「特命捜査本部」は、全国の事は判らないかも知れない、警視庁の事も判らないかも知れないが、新宿署にとって、特命捜査本部とはどういう場合に作るのか? 設置は当たり前の事なのか異常な事なのか、答えなければ原告の主張にたいする反論になりません、と原告側に促すと、原告弁護人は「これ以上答える事はありません」とし、裁判長がはそれじゃだめです、と制すると、被告側弁護人は「次回の反論の書面で答えます」と答えた。

   〜裁判後の裁判報告会で清水弁護士は語る〜

「事件当日、(2009年12月10日)女性から被害届は出ていない(犯人の)服装が違うから、として身上書を出し、訴えるつもりはないとしています、 信介さんは11日確約書(警察からの呼び出しに応じるとする)を書きます。

自称被害者も上申書を出して訴えるつもりはありませんとしている。 原田さんが生きてる記録はここまです。 原田さんの息子さんが亡くなります。 警察はそれを認識をします。

12日と13日に5通の取り扱い状況報告書が作られています。 取り調べちゃんとやっていたという確認書です。 捜査ではなくて何が起こったか?内部で調べている。 そして14日に特命捜査本部が設置される。 私が特命捜査本部って何ですか? と聞いても答えなし こちら側は捜査の名に値しない異常な警察行動である と問題提起しているわけですけど」
 

捜査とは公訴の提起及び維持のために、犯人(被疑者)及び証拠を発見・収集・保全する手続をいうとされる。 この特命捜査本部が新宿署自らの訴訟対策として捜査行動する為に、立ち上げられたとしたら、捜査権の濫用であり、税金の私的使用となる、その答えは被告弁護人から次回、書面で出される。
 


次回裁判期日 2012年 10月16日(火曜日)11時30分から 東京地裁709号法廷にて第八回公判が開かれます。 ご支援の傍聴宜しくお願いします。
 

写真は裁判報告会での清水勉弁護士。

1341937701239mu07_img

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ