木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 市民メディア


 日向市民の方へ。今日向市に偽装スラップ事件が起こり、地元の為に働く市民記者が苦境に陥っています。なんとか問題解決に向けてWeb署名に協力して頂けないでしょうか。


 ことの起こり。
「空からゴミが振って来る」「造成工事に使ったグリーンサンドで子供の咳が止まらない」などと訴え、宮崎県日向市の主婦・黒木睦子(41)さんが工事会社・サンアイやグリーンサンド販売元の日向製錬所に抗議行動し、この二社から民事で提訴されました。 

 一般人の主婦が企業に訴えられた為に、これは「スラップ裁判」であるとSNSで噂され、Twiiterやブログなどで騒がれ始めました。しかし、被告になった黒木さんは取材のために訪れた記者に訴状を見せず、争点を隠したまま、「これは企業が都合の悪い公害事実を隠す為に仕組んだスラップ訴訟である」とほのめかす事をTwiiter やブログで繰り返しました。

 地元宮崎県に住む市民記者の大谷憲史さんが調べ、訴状を見た所、環境問題は発生しておらず、スラップでもなんでもない、「産廃問題でもなんでもない」として記事を書き、事態の沈静化を図り、それを切望しました。

 しかしIWJは2014年11月14日に第一回目の口頭弁論を傍聴し「SLAPPなのか?」との記事を公開しました。そこにはありもしない黒木さんが主張した公害汚染の実態が記載され、それが実在してるかのような内容でした。裁判は2015年7月15日に結審し、裁判試料も出そろいましたが、ついに黒木さんは主張していた「《 鉛210倍ヒ素50倍フッ素20倍総水銀15倍カドミウム3倍セレン3倍検出。》の検査結果は、コップ一杯くらいの水なのです。」を立証出来なかったのです。子供の咳もばい菌による肺炎で、人工由来のものではありませんでした。 

 IWJは日向市に汚染被害が出ているかもしれない、という誤解を与える記事は訂正するか、確認が取る迄未公開にするべきなのです。大谷記者はIWJに記事の削除を求めました。 しかしIWJはこれを拒絶、大谷記者を提訴するとの警告メールが届いたのです。

 大谷記者はこれに対抗して『Web署名活動』を始めました。
これを
「やまもといちろうさんがTweet。」あっという間に100名超えをしました。
しかしIWJを動かすにはまだまだ数が足らないようです。
どうか日向市の皆さん、署名にご協力下さい。
日向市の事実無根のネガティブな情報を流す記事を削除するよう声をひとつにして下さい。
また日向市だけでもなく、宮崎県全体の問題として、宮崎県民の方はこの署名運動に関心をお寄せ下さい。職場や学校、サークル活動などで宣伝して下さい。Web署名はメールアドレスがあれば、どなたでも出来ます。お金も手間もかかりません。
宮崎県、および日向市の方々、どうぞこの署名活動にご賛同下さい。

木星通信 拝。

IWJルポルタージュ】宮崎県日向市在住の主婦をめぐる裁判はSLAPPなのか?! 黒木睦子さんと日向製錬所を直接取材(前編)


03)

  黒木睦子さんのTweet。2015年2月7日のもの。
 
17)

17)

10)


 2014年11月13日にIWJのぎぎまき記者が黒木睦子さんを訴えた原告の一つ、日向製錬所に取材の申込をしたところ、「裁判闘争中」ということで取材不可とTweet。
すると被告の黒木睦子さんが「原告が取材不可」と拡散。

 
48)

4a1a5d7d-s



ついに黒木睦子さんは三日後に「取材拒否」と拡散。

54)

さいきゆみさんが「日向製錬所はIWJの取材を拒否したんでしょうね?」と断定。
15)

写真


これにより、「日向製錬所はIWJの取材を拒否した」とのデマが広がった。 企業は黒木睦子さんの疑問に向き合ってない、不誠実な対応をしてる!と事実無根のデマが大拡散した。
実際は被告は汚染水の採取の立会を拒否していた。
 


2015年7月15日に結審し、10月に判決が下されます。
  • 黒木睦子さんが出した汚染水の計量証明書(宮崎環境科学協会)は水の採取地が不明。
  • 黒木睦子さんのお子さんの咳は「マイコプラズマ肺炎」(微生物=ばい菌)で自然由来のもの。
  • 黒木睦子さんが「グリーンサンド」で汚染され、重金属の水が垂れ流し、と主張する造成地は支援者が調査しても汚染値は非検出。
  • 行政が2014年8月に実施した造成地の水質検査は全て正常値で汚染値は非検出。
  • 黒木さんが異常な工事妨害したために補助金の申請が間に合わず、造成地は禿げ山のまま。
  • 黒木さん夫婦が地権者の敷地に入り込み、罵声を浴びせるなどの異常な抗議行動。地権者は防衛策で21万円かけて門扉を施行。警官が三回門扉に触ったら事件にすると言ったら門扉の外で抗議行動、近所迷惑。
  • 黒木さんの夫は雲隠れ。裁判に姿を見せず。(噂では勤務先で首の皮が一枚で繋がっている状態とか)
  • IWJのぎぎまき記者がTwitterで「企業が取材不可」→伝言ゲームで「企業が取材拒否」のデマ広まる。 
  • 支援者が「日向産廃問題ネットワーク」を作りカンパ金を集めるがこれも雲隠れ。
  • 日向市西川内のものは食べられない、などの電話が販売所にかかって来るようになった。
  • 何故かこの裁判を全て傍聴し、訴状や答弁書を閲覧した地元の市民記者、大谷憲史さんが「黒木さんを誹謗中傷している!」などと叩かれだす。
  • 原告の運搬施行会社「サンアイ」は裁判の影響で受注が減り、ボーナスが出せるか出せないかの状態。
  • 見かねた大谷憲史さんと木星通信がIWJに読者がスラップ訴訟だと誤認し、公害汚染が広がっているかのような誤解が広がるのでぎぎまき記者の記事は削除して欲しいと要請。
  • IWJの岩上安身さんから「記事を取り消せとは報道圧力である!最終的には法的措置をとる!」とのお達しが二人の市民記者に届く。2記者「!!???」状態。



グリーンサンドは非水溶性、水質汚染被害は科学的にはあり得ない!】\_( ゚ロ゚)ここ重要 

 宮崎県日向市に住む、黒木睦子さん(41)が日向製錬所と有限会社サンアイから提訴された民事裁判で、黒木睦子さんを取材し、記事を書いたIWJに向けて抗議文を書いたところ、IWJ主幹の岩上安身さんご本人から「抗議文は名誉毀損である、公開で圧力をかけたものとみなします。(略)やめなければ最終的には法的手段に訴えます。」とのメッセージが届きました。

 既報したように、宮崎県在住の市民記者、大谷憲史さんにも同文のDMが送られていました。
この件について、岩上さんと長文のやり取りをし、「何が問題なのか」「市民メディアが報道する時に気をつける事」「市民メディアが誤報を出した時のガバナンス」について問い質をしました。

 そのやり取りの一部、わたくしの送信分だけを公開し、市民メディアとIWJの報道姿勢について皆様と一緒に考えて行ければ、と思います。

 私がこの裁判について初めてIWJに警告したのが2014年の11月17日、その後2015年の2月と5月にもIWJの事務方や取材記者に「これはガセネタである」と警告し続けていました。

7月23日(木)木星通信 送信

最近の黒木睦子さんのTwitterです。公害汚染がこれから起こったらどう責任とるか、と呟いています。

IMG_7200


これから起きる、「かも知れない事に」ついて、責任とれと抗議行動している訳で訴えられて当たり前です。スラップでも何でもありません。企業に何の落ち度無いのです。企業は被害者です。

岩上さまには、一度このメッセージで警告、ぎきまき記者、IWJには電話やメールで黒木睦子さんの事は何度もお話したはずです。
それでも尚、地元の風評被害払拭に尽力された市民記者の方を提訴すると言うことでしょうか?お返事をお待ちしておりましたが、このまま改善が為されないようであれば、もう一度抗議文を書きます。

このメッセージに書いた趣旨と同じ内容になります。
記事を削除、訂正しろとは、確かに圧力です。

しかし、その記事が間違いであるから、と言う動機であっても、それは圧力なのでしょうか。
誰かが事実を書けば良い、と言うのは、配信先の読者に対して誠実な姿勢と言えるでしょうか。

配信した間違った記事に責任を持たないと言うことでしょうか。
ぎきまき記者は裁判の取材において、被告に直接取材出来ています。
しかしながら、訴状、争点、訴因の確認をしておりません。そう記事に書いてあります。健康被害の診断書も被告は記者に見せませんでした。

これは裁判の取材とはとても言えません。それを岩上さまは編集長として、監修した時これはおかしいとはお感じにならなかったのでしょうか?

被告の対応も異常ですが、記者の取材方法にも問題があり過ぎるのです。

7月27日 木星通信 送信

こんにちは。上田です。

地元記者の方は訴訟の準備に入る様ですが、本当に訴えるおつもりですか?

その前に何が問題なのか、ご理解頂いておりますでしょか?
被告は起きてもいない公害問題を「採取地不明の計量証明書」を元に異常な抗議行動をして何度も警察に通報されています。社長の個人情報や社員の顔写真をブログに掲載、削除要請を2年放置。これが訴因です。
これがスラップ訴訟でしょうか。

 地元記者は、「これはスラップではない、日向市に汚染は起きていない」と告知し、IWJにも削除依頼した訳ですが、これにIWJが訴訟を起こすとして、名誉毀損の構成用件の何処に該当するのでしょうか。むしろ、IWJの不都合を指摘されたので、訴訟を起こす言論弾圧ではありませんか?
既にこれはIWJのスラップだとの声が寄せられています。

市民メディア同士、手を取り合って、国民の知る権利を守り、読者へのサービスに務めなければいけない時に、こんないざこざは双方なんのメリットもありません。
どうか、市民記者への提訴通告を取り下げて下さい。問題解決に向けて事実関係の確認をして頂きたい、とお願い申し上げます。
夜八時までお返事をお待ちします。
返信が無いようでしたら、もう一度、IWJに抗議文を書きます。

(第三者の固有名詞などを書きましたので、一部削除しました)
イベントのお手伝いをしたり、応援記事を書いたり、わたくしなりに応援してきたつもりですが、提訴通告を頂くことになるとは、とても残念です。
(グッズ、ステッカー販売のアイデアを出した事も)
19)



今も尊敬する日隅一雄先生がいらしたらどう仰るでしょうか。

どうか、市民記者を潰すような心ない仕打ちはやめてください。
解決すべき問題は誤報の訂正です。
以上です。

7月25日岩上氏よりメッセージ。

提訴通告した覚えは無い。
歪曲はやめてもらいたい。

(何故か突然、岩上氏は提訴の意思はない事を通告してきた。)

木星通信 送信


しかし、わたくし、地元記者共に抗議文を取り下げる意志はありませんので、最終的にはこの論争は法廷に持ち込まれる事になりますから、通告されたも同じです。
お返事有難うございます。
とても嬉しいです。 
可能であれば、こちらをプリントアウトして頂ければと思います。
2013年の福岡県民新聞の取材結果です。
IMG_7433



黒木睦子さんと報道機関とトラブルが報告されています。
汚染の数値が基準値以下で、マスコミが手を引いたのは、市役所とマスコミがグルになって私達を騙している、と言い掛かりをつけて来たのです。
取材記者に直接聞きました。


(提訴の意思がないという事ですが)削除要請をやめなければ、最終的に法的手段を取る、とハッキリ書かれておられます。これは提訴通告です。
訴状が送られる一歩手前。
何故削除のお願いをしているか、その趣旨、論点をご理解頂けましたでしょうか。
福岡県民新聞を読んで頂ければ、被告の正体が分かり、被告がどんな意志でIWJを待っていたか、ご理解頂けると思います。(この新聞の一部を2014年11月17日にも岩上さんに送信し、その記録もあります)

メールでは埒が明かないので、一度、お電話か、直接お話し出来ないでしょうか。このままではIWJは日向市民の反発を買うこと必至です。ご多忙は重々存じ上げております。

それが不可能であれば、記事訂正か削除要請を再度お願いし、抗議文を書き続けます。
明日のお昼くらいまでには具体的なお返事を頂けるとありがたいです。

四の五の言っていても、問題解決には繋がりませんから。
長引けば長引く程、事態は悪くなります。
もう一度申し上げます。
これは黒木さんの虚偽告発なのです。
ですから誤解、風評被害を与える可能性がある記事は訂正するか削除して下さい。
新事実が出ても知らない、誰かがスクープすれば良い、記事は上書きしないと言うのは、情報発信する報道機関として読者、公衆に対して無責任です。
岩上さま、明日のお昼までに何らかの返信を頂けないようであれば、抗議文を公開します。

わたくしは何度も、取材前、後、IWJに連絡を取り続けました。

訂正をお願いする礼は尽くしたつもりです。

それでもなお、当方の連絡方法について問題があるとして、こちらの要請を拒絶し、無視される様であれば、この問題を世に問うて世論にIWJの報道姿勢を判断していただくしか無いと思っております。


 木星通信 上田

※()内は第三者の方が読んだときに内容が理解しやすいように更新時に書き足したもので、岩上さんには届いていない文章です。


 以前にわたくしが投稿した『IWJへの抗議文』について、IWJの主幹、岩上安身さんから削除するようメッセージが届きました。報道圧力だそうです。またぎぎまき記者とも電話、メール等でやり取りしましたがやはり抗議文を掲載しているのは「フェアではない」という事で、弊社としても看過できないという主旨のメッセージを頂きました。

 また、この問題の始発点「黒木睦子さんへの訴訟」をずっと追及している宮崎県の市民記者・大谷憲史さんも「黒木睦子さんの取材記事を削除して欲しい」とIWJに要請したところ、岩上さんから「提訴を真剣に考えている」とのメッセージが届いたそうです。

 わたくしの所にも「最終的には法的措置を取る」とのお達しが来ました。
わたくしは当人の許可が無いと個人メールは公開しませんが、先に大谷記者が公開した岩上さんのメッセージが同文でしたので、秘匿の必要がないと考え、公開します。

 『市民メディアみやざきCMM』より〜 
公開で、削除要求したものを、まず取り下げてください。これは、あなた方が我々の言論の自由、報道の自由に対して、公開で圧力をかけたものとみなします。あなた方の言論の自由ももちろんありますが、批判と削除要求は全く別のものです。やめなければ、最終的には法的手段に訴えます。』

 はい、同じメッセージが来ました。
わたくしはIWJの取材前、2014年の11月17日に岩上さんに黒木睦子さんへの取材について、警告メールを送っています。地元の方が教えてくれた「福岡県民新聞」の黒木睦子さんとトラブルがあった事が報告されている記事を添えました。「地元の報道機関が取材を控えているのはクレイマーの過去があるからで、権力の陰謀などではない・・・」と警告しました。
また、黒木睦子さんの主張にはエビデンスが無い事も送りました。
そして地元の工事現場の土地の所有者から、黒木睦子さんの並外れた抗議行動の実態を知り、青くなった私はもう一度IWJに警告文を送り、警告電話をしました。

しかしぎぎまきさんから「それぞれが報道すればいい」という素っ気ない返事が来て、落胆しました。


わたくしの岩上さんとのメール交換ですがわたくしの部分だけ公開します。
少し、手直し部分があるかも知れませんが、主旨は変わりません。

2015年7月18日送信分

岩上安身さま。
木星通信の上田です。
こんばんは。

お忙しいところ、大変申し訳ありませんが、黒木睦子さんの裁判について、お話がごさいます。
黒木睦子さんの件は、黒木さんの主張に正当性が無く、公害問題が発生しておりませんでした。
ですので、以前の黒木さんの記事は非公開にするか、訂正記事を出した方が良いと思います。
調べると黒木さんは地元で有名なモンスタークレイマーでした。
今後、黒木さんの行状が明らかになれば、応援記事を書かれたIWJの信用問題に関わります。
どうぞ宜しくご検討ください。

岩上氏より長文の抗議メール。
「公開の場で削除要求は報道圧力だ名誉毀損だ。」

木星通信 返信

岩上さん、お忙しいところ、お返事ありがとうございます。お時間取らせると申し訳ないので、簡潔に書きますね。黒木さんはクレイマーで実家そばの地権者とトラブルがあり、それで工事が出来ないよう嫌がらせをしていたのです。
つまり、黒木さん主張の工事の所為で子供に健康被害がでた、水質汚染がでた、は全て虚偽で、それは裁判で明らかになりました。

ぎぎまき記者に語った事は事実ではなく、このままでは多くの方に公害汚染が発生してるかのように誤解を与える元になりかねません。
また、何の落ち度ない日向製錬所、工事会社サンアイにも、スラップ訴訟の原告であると、誤解され続ける事になります。

そして、今後黒木さんがTwitter削除に応じない場合、刑事事件になる可能性あり、そうなると、応援記事を掲載したIWJの信用問題に関わる事になります。
今まで、わたくしの方で何か気に障る発言があれば、重々お詫びします。

岩上氏より抗議メール。
「あなた方のやった事は善意からの忠告とは受け取れない。これは圧力だ。
新事実が発覚したらスクープすれば良い、
クレームはすべきではない」等。

木星通信 返信 
 
圧力だなんて。。。
岩上さんのフォロワーはわたくしの70倍、私のTwitter上での発言が岩上さんになんの力になるでしょうか。逆に言うと、何度もお願いしているのは、IWJの影響力の大きさが分かっているからです。
岩上さんのご意見、お怒り、よくわかりました。
ご返事有難うございました。

7月11日岩上氏よりメール。
「抗議文を取り下げてください、報道に圧力をかけたものとみなします。」

木星通信 返信 
メッセージ拝見いたしました。
わたくしの抗議文がIWJへの報道圧力だと言う事ですが、そもそも、取材に応じた被告の証言が狂言であったので、その部分は訂正して欲しいというお願いなのです。
IWJへの抗議はIWJの名誉を毀損するのが目的ではなく、このままでは被告の狂言が拡散され、風評被害と周回遅れの支援者が生まれてしまう恐れがあり、それを防ぐために、記事を訂正、または削除して欲しいとの公共、公益に則った物であります。

いままさに真剣に考えなくてはいけないのは、宮崎県日向市における風評被害、報道被害の是正です。

黒木被告の訴え「子供に咳がでたのはグリーンサンドを使った工事の粉塵被害である」は「微生物由来の肺炎」で人的被害ではなかったことが裁判で明らかになり、被告も認めました。

さらに高濃度汚染水が造成地から出たとする汚染の計量証明は採取地が不明でした。
この二つの汚染被害は被告の狂言であったのです。
これらの取材は大谷憲史さんの取材、わたくしの現地住民の取材で明らかになりました。
大谷氏の取材は現地の聞き取り調査とともに、裁判記録、警察の出動記録等、公的記録であり、
揺るぎないエビデンスからの報告です。

今すぐに誤解を与える記事は削除か、訂正するべきなのです。
誤報はどの報道機関でもまま起きてしまう人的ミスです。
それらは速やかに訂正され、謝罪され、読者に伝わります。
「読者に正しい事実を伝える」という事が報道の使命であるからです。
事実ではない虚言が拡散される報道被害を防ぐ事。
読者に正しい事実を伝える事。
これらの報道理論、セオリーに対してIWJが該当記事にどのような姿勢を見せるのか、報道機関としての誠意ある対応を期待します。


尚、岩上さまが提訴すると言う事であれば、被告の当然の権利として、弁護士からの内容証明、訴状、答弁書等、全てブログ、Twitter等で公開しながら、裁判に臨む所存でごさいますことを、お伝え致します。

(つづく・・・かも)
 

このページのトップヘ