木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

カテゴリ : 人権

 2014年9月11日、朝日新聞社長の木村伊量氏が午後七時半から記者会見し、朝日新聞のいわゆる「吉田証言の従軍慰安婦捏造記事」と「吉田調書誤報事件」について、謝罪しました。

 午後10時からはテレビ朝日の報道番組「報道ステーション」で、慰安婦報道問題の検証企画が組まれ、約四十分近く有識者らのインタビューを報道しました。

 なかでも、元官房長官の石原信雄氏(87)は慰安婦問題に対し、「当時の戦中資料を調べた。政府は慰安所の運営に深く関わっていた。そういう主旨の文書が出て来た」と軍の関与を認め、軍の統治下で女性を集め、軍の指揮下で慰安婦をトラックで運送した等、慰安婦が当時の軍の管理下におかれていた事を証言。

 さらに石原氏は「軍の統治下で女性が働かされるのは最大の人権侵害」とし、従軍慰安婦問題は「強制だったか」「志願だったか」などの問題ではなく、「戦争被害」として扱い、「女性の人権侵害事件」として考えなくてはならない、としました。

 そして石原氏は「世界中の戦争で常に犠牲になるのは子どもと婦人なんです」と弱者が常に戦争の犠牲になる事を語り、慰安婦問題を総括しました。

 従軍慰安婦問題で今まで論争になって来たのは「従軍慰安婦は非存在」や「強制ではない、公認の売春所だった」などであるが、石原氏はこの問題を「軍の関与があった」「軍の統治下で女性が働かさせられるのは最大の人権侵害」と一刀両断し、済州島において、日本軍が現地女性を慰安婦に強制連行したとの吉田証言は捏造ではあったものの、「従軍慰安婦」は実在し、「強制か」どうかの問題ではなく、軍の統治下で女性を働かせる事が人権侵害で問題なのだ、としました。

 また、慰安婦の強制制について、元外交官の東郷和彦氏は「世界は、強制連行があったかどうかを問うているわけではない。もしあなたの娘が慰安婦という形で戦場に送られたらどう思うかが問われている」「それが世界の趨勢で、慰安婦問題はホロコーストと同様の人道問題で問われている。日本はそれを知っているのか」と、人権団体から問われたと語り、慰安婦という存在そのものが人道的に非難されるものだとインタビューに答えました。


image
感想「軍隊が在る所とは男が沢山いる所だから女が沢山必要だ、だから慰安婦があってしかるべきだ、当時はしょうがない」、という考えは(どこかの市長のコメント)女性の尊厳や人権を傷つけているのだと、この番組を見て言える。 強制かどうかが、問題なのではなく、軍の統治下で女性が性の処理係として狩り出される事自体が、慰安所ができる事自体が、女性への最大の人権侵害、戦争被害なのだと番組を見て再確認出来た。

 戦中時の資料も公開して頂きたいし、番組中出て来た慰安婦の生き残りの女性達の直接の証言も聞いて見たかった。慰安婦問題なのに、女性のコメント(櫻井女史は例外として)が全くなかったのは残念です。 そして、まだ当時の慰安婦問題に関与した軍の関係者で生存している人は是非、証言を後世に残して欲しい思いました。


※吉田証言 第二次世界大戦中、韓国の済州島で日本軍によって現地女性が強制的に慰安所に連行されたとする吉田清治氏(故人)の証言。 のちにこれ事実ではなかった事が判明した。
朝日新聞はこの吉田証言に基づき、確認できているものだけでも、16回記事にした。



※吉田調書 朝日新聞が独自入手してスクープした東日本大震災における福島第一原発事故直後の、当時最高責任者だった福島第一原子力発電所所長の吉田昌郎氏(故人)から
2011年に13回28時間に渡って事故収束作業の証言を収録したもの。

朝日はこの文書を「吉田調書」と名付けて公開。

政府は吉田氏が公開を望んでいないとして非公開の方針をとっていた。(吉田氏が東電本店の命令に反して、独自判断で一号機に海水注入を続け最悪の事態を回避した事や逆に廃炉を避ける為に三号機には淡水注入に拘り、危険を増大させて行った事等が生々しく記録されている。)

朝日のスクープを受けて、政府は「吉田調書」の公開を検討する方針。
吉田氏は2013年7月9日、食道がんの為、死去。




吉田調書







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

これだとまるで故・笹井氏が六億円を着服したかのような印象を受けます。
でもね、年研究費が六億円で不正疑惑が500万円で年55回の出張費です。

「日刊ゲンダイ」のタイトル。
image


出張費、単純計算で一回約10万以下。

理研の国際広報室に聞いて見たところ、故・笹井氏(以下、笹井氏)の所属していた理研理化学研究所の研究セクションの一つである「発生・再生科学総合研究センター」(略称CDB)の職員総数は500名。

笹井氏はそのセンターの副センター長を勤めていた。

一流企業の重役クラスとして考えると、そんなに突飛な出張費だろうか。

さらに理研国際広報室に聞いて見たところ、
「出張費に関しては、細かい規定があります、それにそって支払われます。また、海外の研究協定の為の渡航費などを考えると、年間500万円の出張費はそれほど高額とは思えません」との事。

経理上の問題は無かったようだ。

しかし、ゲンダイによると、「小保方さんと笹井氏二人が一年間で55回出張し、500万円が支払われていた。」と、同じ記事に「一緒に出張していたケースもありました」とある。

引用(ゲンダイの記事から)
「笹井氏は年間6億円の研究費が配分されていましたが、なぜか小保方さんの出張旅費やタクシー代まで肩代 わりしていた。2人が1年間で55回出張し、約500万円が支出されていたとも報じられています。一緒に出張し ていたケースもありました。こうした不透明な支出について、理研内部から『詐欺』や『横領』を指摘する声が出 ていたのです」(科学ジャーナリスト) 引用終わり。


え?

二人で55回で一緒に出張していたケースってどおいう意味。
文系でも謎の記述。

小保方さんと笹井氏がそれぞれ出張し、その金額が総額で500万なの?
二人分の出張費の合計なら別に高くないし。
だいたい、これのどこが六億円疑惑なの?
それすら訳が分からないタイトル。


さらにゲンダイはこの支出を「不透明」だとして、笹井氏の支出について「詐欺」「横領」で事件化される事をほのめかしている上に、神戸県警が研究費の流れについて、「調べ始めた』と〝ある捜査関係者〟の話を紹介している。
そして、それが自殺の本当の動機だとしている。

経理から不正を指摘されていた訳でもないのに?

image


この記事が書かれたのが2014年8月8日号。
7日発売。
笹井氏が理研研究内施設で命を絶ったのが8月5日。

経理上問題が無いとする理研国際広報室の言葉に偽りが無いとすれば、誇大なタイトルで六億不正があったかの様に印象付けて「死者にムチ打つ」行為であるし、生前の笹井氏にはこれが「社会的に葬り去られる記事」として脅威に感じたはずだ。

笹井氏は「マスコミの不当なバッシングに疲れた」と遺族に遺書を宛てたと言う。

笹井氏が経理不正を苦にして命を絶ったと言うのはマスコミ、御用科学ライター達の責任逃れの方便に過ぎない。


メディアの無責任な煽り記事は人の社会的地位も、その命も容赦なく奪ってしまう。


今回の犠牲者は再生医療に尽力していた優勝な科学者だった。
悔やんでも悔やみきれない。
このような悲劇を繰り返さない為には、読者がゴシップ記事に乗せられない事が大事だ。

権力の監視が使命のメディアが私人のバッシングに奔走しているその時、監視対象の権力は大きく肥え太っているのだから。



2014年8月5日、理研の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の副センター長の笹井芳樹氏(52)が自殺した。

STAP細胞、STAP肝細胞の研究を続ける小保方晴子COB研究ユニットリーダーの指導的役割を果たし、
再生医療のトップリーダーとして未来を嘱望されていた国宝級の頭脳が失われた。
image


自殺報道直後に笹井氏の遺書の一部を公開したのは地元紙の神戸新聞。
ネット上では「報道が早すぎる」「警察が勝手にリーク?」「遺族や小保方氏に許可をとったのか?」
と遺書を早々と公開する事に疑問や批判の声が相次いで書き込まれた。

 ウィキペディアによると、

同年8月5日午前9時、神戸市中央区にある先端医療センターの自らの研究室がある研究棟内(4階と5階の間の踊り場)で首を吊っているのをCDB職員によって発見され、医師が死亡を確認。同日午前11時3分、警察に通報後に搬送された搬送先の神戸市立医療センター中央市民病院で正式に死亡が確認された。秘書の机や現場に複数の遺書が残されており[注 7][2]兵庫県警察は自殺とみている]。52歳没。 

とある。 

当日行われた記者会見のIWJの実況ツィートを見てみよう。


IWJのチャンネル5の「理化学研究所 広報室長 緊急会見」の実況の時刻。
遺書内容について質疑応答が行われた時刻はPM2:12分 頃。
image


僅かその三分後には地元紙神戸新聞で遺書内容が報道されている。

「疲れた」小保方氏らに遺書 理研・笹井氏自殺

神戸新聞NEXT 8月5日(火)14時15分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000007-kobenext-soci

_________________________________________________

これは神戸新聞が事前に神戸県警からリークを受けて原稿を用意したとしか思えない早さだ。
小保方博士の弁護士は笹井氏の遺書は小保方博士に届いていないという。
これはどういう事だろうか。

遺書はワープロ打ちだった。

いま報道されている笹井氏の遺書の一部です。

「小保方さん」

 「もう限界を超え、精神が疲れはてました」「もう心身とも疲れ、一線を越えてしまいました」
「一人闘っている小保方さんを置いて」「こんな事態になってしまい、本当に残念です」
「私が先立つのは、私の弱さと甘さのせいです。あなたのせいではありません」
「自分をそのことで責めないでください」

 「必ずSTAP細胞を再現してください」と進行中の検証実験への期待に触れ、最後は「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩みなおしてください。きっと きっと  笹井芳樹」

「STAP細胞、必ず再現して」笹井氏、小保方氏に送った重いエール

自殺現場に残されていた遺書は3通、パソコンで制作され、うち一通が小保方博士宛だった。 
色々と疑問視されているこの内容、もしこの内容が本物だとして、これが笹井氏の手によるものかどうか、検証されている。
 
image




STAP細胞は、知られている『STAP細胞』(増殖しない)と、さらにその弱点を克服した『STAP幹細胞』(ただし、胎盤になる機能は失われている)がある。
このため、笹井氏はSTAP細胞実験をわかりやすく説明するために『STAP現象』と呼んでいた。
なので、ひとつの種類の実験再現のよびかけを小保方博士にしている事になり不自然だと言う声だ。

小保方博士、ほかこの実験に携わっていた人たちがこの公開された遺書を読んで違和感を抱くとしたら・・・なんらかのメッセージ効果があったのだろうか。

理研、小保方博士は公式HPで笹井氏の遺書を公開していないと明言している。

故笹井芳樹副センター長に係る報道について(2014年8月8日)


抜粋『一部のメディアから遺書の内容と思われる報道がなされていますが、ご遺族の意向を踏まえ、理研及び小保方研究ユニットリーダーからは、遺書の内容については一切明らかにしておりません。ご理解いただきますようお願いいたします。』了

それなら、神戸県警が神戸新聞にリークした以外に考えられない。

遺書を警察が勝手に公開したその意味は。 遺族や小保方博士に強いストレスになった事は確かだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年暮れも押し詰まった12月29日の午後10時30分頃、渋谷区のナイキ公園で野宿者の強制排除が行なわれた。
テレビ、新聞は殆ど報じられない中、ネットやTwitterなどで中継や実況が行なわれ、闇討ちに近いその暴挙に強い批難の声が上げられている。

詳細はこちら『田中龍作ジャーナル』で。

http://tanakaryusaku.jp/2013/12/0008487 

 晦日前の出来事に驚いた方も多いと思う。
渋谷区に抗議しようにも区役所は仕事納めで閉まっている。
しかし区役所から強制排除の実働隊は動いて来るという不思議。これが闇討ちでなくてなんだろうか。
寒空にねぐらを奪うやり方に「血も涙もない」「渋谷区は命の危険がある事が解っているのか」と怒りの声を上げる人は多い。

  30日の午後5時頃、ナイキ公園を訪れてみた。
公園の入り口はしっかりと施錠され、まるで軍事施設のようだった。(公園なのに施錠?)
鉄条網のような入り口の金網に、手書きの看板が縛り付けてある。
写真1

ふむふむ、どうやらこの先に排除された野宿者達の野営場所があるようだ・・・ん?
この地図、左右逆やんか!(実際は右側が原宿方面です)
いやいや、修羅場の中で急いで書いたんだろう・・・と好意的に解釈し、
ナイキ公園から原宿側に(渋谷側を背にして進行方向、横断歩道を昇降すると目の前に神宮通り公園)歩き、野営地についた。
歩道にあるテントの残骸らしきもの。
写真2

2013→2014 渋谷越年越冬闘争の横断幕。
支援者達の熱い思いが伝わる。

写真

炊き出しの準備がすすめられていた。
写真4

たまたま、そばにいたSさん(野宿連メンバー)に話しを聞く事が出来た。

__何が起きたのか教えて下さい__

S「僕らはこの取り組み野宿者の支援を始める前に渋谷区役所に何回か行ったんです。12月の最初のころです。渋谷区としては年末年始の閉庁期間中に寝場所のない仲間(野宿者)にどういう対応してくれるのか、と」

____年末年始、区役所が閉まる間、野宿者の対応についてですね__

S「普通は福祉課に行けば、生活保護なんなり、色々ケアがあるし、カンパン配ったりしてるけど、年末年始はどうするんだ。渋谷区でそれを準備しないのなら、仕方が無いから、仲間の生き死にがかかるので、宮下公園でやるよ、と話しをしにいったんです。それに対して、渋谷区の方では守衛さんの窓口の所へ行けば生活保護の方へ繋ぐなりなんなりするよ、という話しだったんです」

______年末年始は守衛さんが福祉課などへ連絡してくれる筈だったんですね___

S「ところが、本当に仲間が行ったら実際は追い返されてしまって、こっち(宮下公園)に来たんです。その人達を緊急搬送したら頭蓋骨が折れていて即入院でした。そう言う重病の人が渋谷区役所を追い出されて、僕らが緊急搬送したり、これは本当に大事な取り組みなんです。」

_____区役所は話しが違いますね___

S「その他、寝る場所のない弱った仲間が寝てたので、ある意味しかたなく宮下公園に大きな20名くらい寝れるテントを作ったんです。
ナイキ公園は夜10時に施錠します、それでは野宿者は眠れない、そこは突破しようと言う事で。」

___何故施錠するのですか__

S「施錠したら公園じゃないだろうと言う事で、それはまた別に裁判を今やっています。」

__年末年始、区役所が閉庁してる間、福祉課等の代わりに野宿者達の為の
テントを作ったら区役所がそれを夜中に壊しに来た__

S「そうです。公園課も来たけれども、僕らは「福祉課を呼べ!」と何度も言ったんですけども、結局呼ぶ事もなく、向こうは「出て行って下さい!」というばかりでした。
役所は年末年始役所は閉まってるんだから、ある意味代わりに僕らが野宿者のケアをやってるんだから、それくらい(テントを作る事)は見逃してくれるだろう、と僕らは踏んでいたんです。
公園の使用のルールとしては僕らがやってるのは逸脱した行為なのは確かなんです。
けれども役所が閉まってる間、緊急避難的な、話しだから、生存を守ってる訳だから、それくらいは向こうもいいとは言えないけれど黙認してくれると思ってたんですけれど。

____有難うございます、よく解りました__


この神宮通り公園では越年越冬支援イベントが予定されています。
餅つきや医療・よろず相談など。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年3月29日午後三時から東京都庁で猪瀬都知事による定例記者会見が開かれました。
そこで猪瀬知事に「 在特会の新大久保嫌韓デモをどう思うか」という事を聞いて来ました。

 __最近、新大久保では隔週のように在日コリアンの排斥を目的とする街宣デモが行なわれています。200人程で「朝鮮人は殺せ」などのプラカードを持ち、「朝鮮人は日本から出て行け」などのシュプレヒコールを上げています。地元の人、観光客は怯えています。このような民族排斥デモが起きている国でオリンピックを誘致できるのか?知事の見解を伺いたい__

 猪瀬知事は「品の無い表現ですね」とまず個人的な感想を述べました。

猪瀬「僕、見た事ないんだけども。品がない。その、表現ですよね。ただ、デモは届け出して、手続きすれば出来る事は出来る。で、人を傷つけたりとかしなければ、取り敢えずそれは合法活動にという事になるんですね」

 ___海外では民衆扇動罪などの法律があり、差別デモは厳しく規制されます__

猪瀬「それはね。法律のバックがあるからね。今のところ日本の法律では人に危害を加えたりしなければ、警察の取り締まりの対象にならないんですね。仰る通り、下品なデモで品のない言葉を吐く訳ですね。それは、でも、僅か100人から200人くらいの人達ですね。東京の1300万人うちの僅か200人ですよね。もちろんそれは宜しくないと思いますよ」

 ___知事として対策は何か考えていらっしゃいますか__

猪瀬「対策というのは法律に基づいていかないとできませんから。何か、その、そういう事にたいして、それは可笑しいじゃないか、と僕は思っています。それは」

 ___(デモを許可する)公安委員会は都が管轄しています__

猪瀬「公安委員会の方が判断しなければならな問題ですから。今の所、法律的にそれを取り締まるものが無いという事ですから。現状ではね。都政の問題ではなく、警察とか法規に基づいてデモが暴走したりしたら、それは逮捕したりする事はできますけど。相手に危害を加えるとか、器物を破損するとか、そうういう事が起きてるかどうか、よく注意深く見守りたいと思います。そういう事が起きているかどうか。そういう事が起きていればそれは犯罪になりますから」

 ___有難うございます。___



 今後も新大久保デモについて、都知事の見解を問い続けて行きます。


猪瀬2789


Twitter @irakusa
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ