木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: エンブレム

 よく解らないのですが、沢山の謎がありすぎて。
また理研の公式発表と報道の疑惑追及と全然噛み合ないので、戸惑いを隠せません。

【STAP細胞は混入なのかすり替えなのか】

 理研が発表した不正調査委員会の報告書(桂調査報告書)にはSTAP細胞はES細胞の「混入の結果」 であって、実験成果はその産物であると言う事でした。
「混入」とは
 mix 《A with B, A and B》であって2種類の物が混じる事になりますが、では《A with B, A and B》のA=STAP細胞の元(CD45陽性細胞)で、B=ES細胞とすると、理研が解析したSTAP細胞の試料はこの混合物であるはずですが。

 しかし、理研が解析したSTAP細胞は「FES1」というES細胞だったんですね。
んー。

それ混入じゃないんじゃないですか。すり替えでは??
STAP細胞の発現は観察されていたという事で「STAP幹細胞→FI幹細胞」からが偽造なのでは?

【FI幹細胞はミックスで出来るのか】

「FES1」は全身が光るCAG-GFPというタンパク質が装填されていたそうで、これに胎盤が作れるTS細胞をミックスさせれば、「胎盤も作れる夢の万能細胞」が作れた事になりますが、これはあくまで理論上で(ES細胞=色んな身体に分化出来る多能生細胞)(TS細胞=胎盤作れる)をまぜて万能細胞を偽装ってそれも万能細胞成功ですけど。。。

 何より、この二つの細胞を混ぜても繋がらないんだそうで、理論上はOKでも試料を合成する事は出来ない。FI幹細胞はES細胞では出来ないとされていた胎盤を作る事が出来る、それだから万能細胞と言われたのですがFI幹細胞が合成不可能では非存在になり、全身STAP細胞で出来たキメラマウスは偽装って事になります。

【小保方博士はES細胞を盗んでいない】
 繰り返しになりますが、小保方博士はES細胞を盗んでいません。
写真週刊誌「フライデー」などで小保方博士が若山博士の研究室からES細胞を盗んで実験をねつ造していた、事で「刑事告発する!」と世間を騒がせていましたが、そのES細胞はSTAP実験で使われていたマウスの種類も装填されたGFPの種類も違っていた。

 NHKではES細胞が盗まれたかのようにイメージ誘導していて、それでBPOに小保方博士が人権侵害として訴えた訳だけど、もっと解りやすく言うと「STAP細胞実験の時には存在しないES細胞がチューブから出て来た」みたいなワケワカな事になってるの。つまり、小保方博士は細胞を盗んで実験出来ない証拠の方が多い訳。


【STAPの発現は確認されていた】
小保方博士が「STAP200回作った」ってそれは万能細胞FI幹細胞じゃなくて発現だけなら余裕でOKだったはず。
いつの間にか小保方博士が万能細胞作っていた事になってるけど、小保方博士の実験パートは初期段階でキメラマウスを作ったり、その万能性を実証するのは若山博士なのね。
つまり、細胞を弱酸性の液に浸けると死んでしまう細胞の中に僅かに多能生を持った光を確認出来る細胞が生き残った、という小保方博士のパートは確認されていたというのね。


 それなのに世間は「小保方博士が実験をねつ造した」って思ってる。
どうしてそうなるかと言うと、やっぱりメディアの洗脳ね。

【佐野氏エンブレム問題と小保方博士の事件は別構造】
 で、主題に入りますが、佐野氏エンブレム問題が炎上したのは次々と写真のパクリが見つかったからで、それはベルギーのデザイナー・ドビ氏が「盗作された」と訴えたからで今裁判がベルギーで起こされてる。ロゴを作製した本人が「アイデアを盗まれた」って言ってる訳だけど、小保方博士の場合、元雇用先の理研から細胞盗まれたと訴えられるてる訳でもなく、その細胞は実験とは無関係で、しかも警察に告発したのは若山研究室でもない理研を退職した研究者。

 何故か最終的には「被疑者不詳」で「細胞窃盗」の刑事告発が兵庫県警に受理された。
つまり小保方博士は未だ誰からも訴えられていないし、小保方博士のパーツは再現出来てたんだから。

 実際にパクリが見つかり、佐野氏に著作権はないものの、デザイナーがデザイナーを名指しで訴えたわけだから(提訴先はIOCですが、「盗作を認めろ」が争点になっていて、このままこじれると、ドビ氏は佐野氏を相手に国際法廷で争う事になるかもしれない。)


 どこがどう二人の事件が違うか解って頂けたかな。
この二つが同じ事件として引き合いに出されるのはとてもおかしな事。
起きている事件の性質が全然違うのね。

 一つは冤罪の可能性。一つはパクリが露見。
同じにしてはいけないというのが今回のお話しの主旨。
リテラシーを働かせてね。

  画像は若山照彦博士がSTAP細胞実験の成果物を山梨大学に運んだ時のMTA(試料移管契約書)
沢山のSTAP幹細胞、キメラマウスが作られています。(赤字は正しい年号、タイプミスの修正です)



fdfa3d09-s





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年9月2日、2020年東京オリンピック組織委員会は多摩美術大学教授でグラフィックデザイナーの佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムを使用中止、事実上の再選考をするとの方針を固めている事を明らかにした。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172802

  先に伝えしたように、エンブレムのデザインを選出する選考員と受賞者は八百長を疑われる一部の特権的デザイナーで固められていた。
内々で同じ応募者と選考者が入れ替わっていたのだ。
デザイン選考委員会長は永井一正氏で子息は多摩美大教授の永井一史、佐野氏と教授仲間だ。

 根本的問題として、 「あのエンブレムは五輪大会に相応しくないのではないか」との声がネット上で散見された。黒い太文字とダークトーンの組み合わせは躍動感溢れるスポーツの祭典に不釣り合いなもので、私は「何故これが選出されたのだろうか?選考会はエンブレムデザインの主旨を理解していないのではないか」と疑問に思っていた。佐野氏のデザインはエンブレム(紋章・紋印)というよりも文字デザイン「タイポグラフィ」であって、コンテストの主旨に沿ったデザインではなかった。
佐野氏は自作エンブレムデザインでアルファベットを作り、記者会見で披露していた。やはり、佐野氏は「エンブレム」と「ロゴマーク・タイポグラフィ」の違いを理解してないのだろう。

 内々の選考会で当選が決まっていたら0から知恵を絞る努力をするモチベーションが湧かないし、かといって選出される作品のレベルは落とせない。
と、するとすでに選出された作品レベルの保証されたデザインから(発想の素)を引用するかパクるしかないのであって、後からあとから佐野氏の作品に疑義が出て来るのはむしろ当然と言ったところだろう。引用作品の仕込み(パクリ)から仕出し→(当選作品の投稿)→(なれ合いの選考会) が慣例化していて、今回も作品の引用が引き出すリスク想定がスッポリ抜け落ちていたのだろう。

 今回、選考員の頭にあったのは「世界に愛される優秀な作品を選出する」ではなく「佐野作品を当選させる」事だったのではないだろうか。
(参照記事:コンペ応募者に不信感 まず佐野ありきの選考の選考だった

  世界に示すエンブレムなのだから世界に類似作品があるかないか、そこで作品のふるいにかけるのは常識だろう。「佐野作品当選」が真っ先にあり、海外から訴訟を起こされるリスクを想定しなかったのなら、五輪のエンブレム選考委員会は審査員の素質ゼロだ。

 日本グラッフィックデザイナーズ協会は「今は刻々と五輪組織委から入って来る情報が変わり、性急な判断は避けたい。協会としてもコメントや見解を出すかどうか、判断は難しい」としている。
 
 今まで日本の美術界の中で慣例化していた「内向き選考会」はワールドスタンダードでは通用しなかった。世界に向けて、「日本の常識は世界の非常識」を披露したこの村社会の慣例化は今回で終わりにして頂きたい。 

 写真は新宿駅地下道に貼られたJALの「オリンピックオフシャルパートナー」を告知するポスター。
これらの差し替えや賠償も国民の税金である。

 新国立競技場の建替え問題といい、この佐野氏デザインの差し替えといい、オリンピックの準備段階で消えた税金は計測不可能だ。問題が起きた場合の懲罰やガバナンスがしっかりしていないので無駄な税金が投入しまくられる東京オリンピックは「日本の村社会の常識」を主張し、世界に恥を晒し続けるのだ。
 
sano

写真

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ