木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: オリンパス

 医療業界の内視鏡売り上げトップシェアを誇る名門・オリンパス株式会社(代表:笹宏行)に、江戸時代のような座敷牢があったら...そんなまさか?と思う方も多いかも知れない。しかし、それは実在しているらしい。

 東京・西新宿にあるオリンパス株式会社社員の濱田正晴さん(52)は、先にお伝えしたように、オリンパス社内に設置された「オリンパス・内部通報ヘルプライン」に上司の不正な引き抜き行為をメールで通報したところ、当該上司にまでそのメール が廻され、その直後、営業部のチームリーダーから職位のない研究部門とは名ばかりの閑職へ異動になる。(内部通報2007年4月、異動人事・同年10月)

 さらにその濱田さんを孤立させる為に、全社員や外部との接触禁止令が出され、社員は誰も濱田さんに口を利かなくなった。事実上のパワーハラスメントだ。
社命で実質、オリンパスグループ四万人から苛められる日々が開始された。 

 濱田さんはこれに屈せず、会社の自分への対応は内部通報したための報復人事であるとしてオリンパス社と執行役員を相手取り、配置転換無効と職位剥奪、昇進停止などによる損害賠償請求を提訴した。 (2008年2月)

 濱田さんの会社を愛するが故の「正しい事をしたの者への不正な仕打ちを是正して欲しい」との願いは司法の場で認められ、高裁で原告の主張を認める判決が下され、笹宏行社長の上告意志決定により、オリンパス側が上告したものの、最高裁も高裁の判決を支持、上告を棄却し、濱田さんの孤独な闘いは明るい結末を迎えたかに見えた。(最高裁の上告棄却決定は2012年6月28日)

 しかし、オリンパス側の小暮俊雄総務人事本部長は再び濱田さんの願い(最高裁も認めた主張)を無視し、子会社への配置転換を執拗に迫った。濱田さんはこれも断固拒否し、グループコンプライアンス推進部への移動を希望し、何度か交渉したが、
小暮
俊雄総務人事本部長はグループコンプライアンス推進部に人員を増やすなどして濱田さんの移動希望を阻止したと言う。

 最高裁判決は高裁の「配置転換無効」を支持した。と言う事は、最低でも内部通報前のオリンパス株式会社のチームリーダーに濱田さんを戻さなければ、オリンパス社は判決に従った事にはならない。
それが子会社への異動というのは話が違うのではないか。
 
 しかも、ある社員の話によると、濱田さんが小暮俊雄
総務人事本部長により新しく異動を命じられた部署は通称「パワハラ部屋」「追い出し部屋」とよばれているフロアだそうだ。事業敷地内の離れにあり、夜になると凄い怒鳴り声が聞こえて来る事もあったそうだ。
そこに「オリンパス裁判」で有名な濱田さんが着任すると表立ったパワハラは陰を潜め、普通の静かな職場環境になったと喜ばれていると言う。
なんとも言えない奇妙な話だ。


 それにしても、オリンパス社は最高裁の決定に従う素振りも見せながら、さらに濱田さんを希望とは程遠い部署へ異動命令を出し、その部署は会社にとって邪魔な社員を会社から追い出す「パワハラ部屋」「追い出し部屋」だというのだから呆れた話だ。

 さらに、オリンパス社員の話では最近、オリンパス社の内部通報規程は「悪意」に基ずく通報者の氏名は公表すると改訂(改悪?)されていると言うのだから驚いてしまう。

 オリンパス社は第三者委員会から内部通報者制度を充実させるように求められていたが、公益通報者保護法にも規定のない「悪意」を持ち出し、通報者の匿名性を奪い、通報者をさらし者にすると公表したのだから、これでは社員は恐ろしくて通報出来なくなってしまうだろう。
一体、何の為の内部通報制度なのか。ある社員は、「これは今度こそ、司法に守秘義務違反を問われない為の工作」だと言う。

 ちなみに、「悪意」の意味を調べてみた。悪意とは普通、害意や悪巧みの意識を持つ事を言うと考え勝ちだが、法律用語ではそうではない。引用「法律用語としての悪意は、ある事実について知っていることをいう。これに対して、ある事実について知らないことは善意という。この用法における善意・悪意は道徳的価値判断とは無関係である」引用終わり。

 つまり、事実関係を知ってる人間は法律用語では「悪意」を持つ、と認定される。オリンパス社のコンプライアンス規定は法律用語を逆手に取って守秘義務を回避、誰でも事実を通報すれば「悪意」と認定されて氏名を社内に公表されてしまうのである。

 一体、オリンパス社代表の笹宏行氏はこの裁判から何を学んで来たのだろうか。内部通報者を抑制し、卑劣な報復人事を繰り返し続ける事は社内の自浄能力を無くし、社員と企業の一体意識を損なうだけになる。

 告発者を潰し、自浄能力を失った社会は必ず衰退する。
これらは杞憂でも警告でもなく、歴史が証明している。会社も同じ事だろう。

 オリンパス社は「正しい事をした者を不正に扱うような会社であって欲しくない」という濱田さんの愛社精神にいつまで泥を塗り続けるつもりなのか。最高裁で会社の処遇が違法とされても濱田さんへのパワハラは止まる事なく、陰湿に進行し、濱田さんは再び司法の力に縋って処遇の改善を求めるしかない。

 司法による早期の実効性のある解決が求められているが、その前にオリンパス社の品格、遵法精神が厳しく問われるべきだろう。(了)


【告知】濱田正晴さんの次なる闘いは以下の期日に行なわれます。
 

平成25年5月23日(木) PM3:00~東京地裁527号法廷


被告1:TK総務人事本部長

     (オリンパスグループ最大級人事権力者の個人責任を問う)

被告2:オリンパス株式会社(代表者:笹宏行社長)


古久保正人裁判長,伊良原恵吾裁判官,内藤寿彦裁判官

(民事第19部 合議B1係 労働部)

_____________________

           写真は裁判報告会での濱田正晴さんと光前弁護士。

DSCN2550






    このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月30日、午後1時30分から東京地裁415法廷で濱田正晴さんが提訴した公判が行なわれた。
傍聴席は満席。
最前列中央の席には愛媛から駆けつけた仙波敏郎(元・愛媛県警)さんが居て法廷を睨んでいる。
傍聴人の年齢や職業は様々で、中には遠く徳島から原告を応援に来たという婦人もいた。
ずらりと並んだ傍聴人達は開廷まで一言も発しない。
その真摯な姿に改めてこの裁判の関心の高さが伺えた。

この裁判は二次訴訟と言って、内部通報後の配置転換=報復人事を違法として、オリンパス社に内部通報後の配置転換前の職場環境に戻して欲しいとの濱田さんの訴えを認めた高裁の判決(平成23年8月31日)を支持した最高裁の判決(一次訴訟)に従わない事へのオリンパス社への損害賠償請求の訴訟になる。
賠償請求金額は1500万円。
司法の最高権威である最高裁の判決を無視し続け、濱田さんに報復人事を続ける事を止めないオリンパス社に対して、裁判所が厳しい判決出すのか、それとも大会社の権威におもねるのか、司法の権威を裁判所が審議するという珍しい裁判になる。

濱田さんは今二つの裁判をオリンパス社に起こしている。

閉廷後の控え室では濱田さんが11月29日に起こした第三次提訴の説明が行なわれた。
これは濱田さんが違法な引き抜きをオリンパス社の内部通報制度を利用して内部通報してから、報復的な配転人事の一回目が行なわれた一次配転(平成19年10月1日)から、数えて五回目になる配転に対しての無効の申し立てとそれへの損害賠償請求訴訟だ。(請求額1100万円)
この第三次訴訟の注目すべきポイントは、オリンパス社で強大な人事権を有す総務人事本部長の責任を求めている点だ。

裁判終了後、日比谷のカフェで行なわれたトークセッションでは、徳島から来た婦人が仙波敏郎さんと濱田正晴さんに向かって声を腹の底から
絞り出す様にして喋り出した
「あなた方のような人達が組織を正しく変えて下さい」
その言葉を受けて、神妙な面持ちの2人に対して婦人は拝む様に頼んでいた。
この日の裁判から見えて来るものは、人をパーツの様にしか扱わない、最高裁判決をも無視して社会に君臨する組織や会社の恐ろしさ、不気味さだ。
裁判官は濱田さんの訴えを速やかに認め、日本は法の定める基に成り立つ法治国家であり、会社にとって人間は歯車ではない事を立証して欲しい。

「オリンパスコンプライアンス裁判」 
第3次訴訟 平成25年1月17日(木) AM10:00~ 東京地裁 527号法廷 


関連記事


原告ブログ

オリンパス現役社員のブログ 「公益通報者が守られる社会を!ネットワーク」












 


    このエントリーをはてなブックマークに追加





「この訴訟は大変重要な価値があります。裁判所の良識が問われる裁判です」
仙波敏郎さんはそう切り出した。
力強い声で濱田正晴さんの裁判の正当性、オリンパス社側の問題を語ってくれた。


オリンパス社が配置転換無効の最高裁判決を受け入れず、内部通報した濱田正晴さんを営業の現場に戻す事を拒否し、社内で仕事を与えず、干し続けている事に対して濱田さんが1500万円の損害賠償請求を東京高等裁判所に起こした事について、愛媛県松山市に住む、仙波敏郎さんに意見を聞いた。

(インタビュー期日2012年9月5日午後1時〜)

___濱田さんの損害賠償請求の額1500万円についてどうお考えですか__

仙波「高くない、むしろ安いくらいだ。濱田さんの被った被害は金額にするともっと膨大な額でしょう、海外なら億単位の請求額になる筈だ!」

___海外では億単位のコンプライアンス違反への判決も出ています__

仙波「そうでしょう?だいたい、損害賠償請求なんて高く設定しても判決で出る金額はその半分から一割がせいぜいです、それを考えたら安い金額ですよ!彼の今置かれている厳しい環境を考えたらね、たとえ全額認められても1500万円は安過ぎます!」

___濱田さんはチームリーダーだった営業職を外されたばかりか、全社員の接触禁止(会話禁止)というパワハラを受けています__

仙波「僕も警察官時代、裏金作りを拒否したら昇進の道を閉ざされ、仲間から無視され、凄まじい苛めに遭いました、彼も似たような状態でしょう、パワハラって言っても要は苛めでしょう?」

___苛めを苦にして大津の中学生が自殺した事件は大問題になりました__

仙波「死なないと騒がない世の中では駄目だ!
死なないと、起こってる事に関心を持たない世の中ではだめなんです!

___今起きてる事に関心を持て、という事ですか__

仙波「そうです!
最大の問題は会社のメンツの為に最高裁の判決を無視し続けるオリンパス社にあります。その事への提訴ですから、今回は裁判所が「判決を無視した会社」へ、どのような判決を出すか、非常に珍しい、注目するべき裁判だと僕は思いますよ」

___確かに珍しい裁判ですね、判決に従わない事、というシンプルな提訴内容ではありますが__

仙波「裁判所の良識が問われる裁判です、ですから注目もして頂きたいし、オリンパス社が今、社員にどんな事をしてるか、世間の皆さんも、もっと関心を持って欲しい。そして公益通報者、内部通報者を社会全体でどう守るか、という事も、合わせて考えて欲しいと、僕は思います」

___今何が起きているか、何が問題か、そしてどうしたら良いか、判り易いお話でした有難うございました。


仙波敏郎さんは愛媛県警の元警察官。裏金作りを拒否したとして職場で無視されるなどのパワハラに耐え続けた。
著作は現職警官裏金内部告発

写真は2011年、8月31日
濱田さんが勝訴した東京高裁判決後の裁判説明会で濱田さんの話に聞き入る仙波敏郎さん
下写真の右側は同じく「運送業界闇カルテル」の内部通報者串岡弘昭さん。


P831仙波さん27 P831仙波さん5







    このエントリーをはてなブックマークに追加


P8311hamada8




カメラや精密機器制作の老舗、オリンパス社社員の浜田正晴さん(51)が内部通報後、配置転換された後、それに対する最高裁の判決にオリンパス社が従わなかったとして、9月3日1500万円の損害賠償を東京地裁に求める訴えを起こした。


裁判内容は今年6月に出た最高裁の判決を無視し続ける事によるものであり、7月以降会社からの子会社への「肩叩き」が何度かあったが濱田さんは本社勤務を希望して話し合いは平行線のままだった。

濱田さんは2007年10月に会社に設けられた内部通報制度(社員の不法な行為を通報し、公益が損なわれるのを未然に防ぐ為の社内部署)を利用して内部通報を行なったが、その内部通報のメールは部署の<手違い> から周囲に漏れ、全社員の知る所になった。

8月には季節外れの人事異動があり、濱田さんは営業部から外された。
濱田さんは内部通報後の配置転換として、元の営業部に戻る様、オリンパス社を提訴した。
裁判は最高裁まで争われ、濱田さんの配置転換(人事異動)を無効とする判決を出し、濱田さんは勝訴した。
しかしオリンパス社はその判決に従わず、濱田さんを閑職のままにして全社員の接触禁止等のパワハラを続けている。

この裁判は「内部通報」「一市民の公益通報とは」「公益社保護法の罠」
「会社のパワハラと苛め」「判決と会社のメンツ」「サラリーマンの矜持」など一市民と係わりの深いものだ。会社勤めをしていたら誰もが被害者にも加害者にもなる、当事者性の高い民事裁判だ。


正当な内部通報行為で左遷を受た濱田さんの会社への提訴のポリシーは一貫して揺るぎない物がある。
一社員の大会社の営業職へ復帰をかけた闘いの一途さには誰もが刮目する。

濱田さんを突き動かしている原動力はオリンパス社への<愛社精神>だ。
そして営業職が会社の根幹を支える重要で人材変え堅いスペシャリティーの高い部門だとし、それを会社のメンツと引き換えに潰すような事で良いのか、正直者が馬鹿を見る世の中で良いのか、という正に公益を世に問う為の物だ。

写真は2011年8月31日東京高裁で勝訴して司法記者クラブで感想を述べる濱田正晴さん。

濱田正晴さんのブログ。裁判内容や期日などが連日更新されている。

オリンパス現役社員のブログ 「公益通報者が守られる社会を!ネットワーク」



 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ