木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: ヘイトスピーチ

http://kusanomi.cocolog-nifty.com/  より転載します。

盗聴法成立の真相_盗聴法の勉強会があります。来週ですね。

■第85回草の実アカデミー


「刑事訴訟法・盗聴法の大改悪はなぜ成立したのか」

講師 山口正紀氏(ジャーナリスト・「人権と報道・連絡会」世話人・元読売新聞記者)

日時:6月18日(土) 1330開場、1400開演、1645終了

場所:雑司が谷地域文化創造館第4会議室

   東京都豊島区雑司が谷3丁目1−7

 http://www.toshima-mirai.jp/center/e_zoshigaya/

交通:JR山手線「目白駅10分」、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」の上

資料代:500

主催:草の実アカデミー(公益社団法人マスコミ世論研究所)

 

http://kusanomi.cocolog-nifty.com/ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年3月17日に、午後二時から東京新大久保で「在特会」(在日特権を許さない市民の会)約200名が在日韓国人に対する抗議デモ行進を行なった。


jpg-large




 このデモは「春のザイトク祭り 不貞朝鮮人追放キャンペーン デモ行進in新大久保」との奇妙なタイトル通り、在日韓国人が多く住み、韓国人が経営するレストランやショップの多い新大久保界隈で店員や歩行者に向かって「キムチ臭い韓国人は出て行け」「韓国人はゴキブリ」「首を吊れ」などと叫びながら沿道を行進する。韓国人街でのヘイトスピーチ、威圧行為、嫌がらせが目的のデモなのだ。

zaitoku1


 この日、「在特会」は新大久保のドンキホーテ近くの大久保公園で決起集会をしたのち、商店街を隊列を組んで約二時間程、行進した。

 奇妙な日章旗の群れと心ないヤジの先頭はパトカーだ。そして「在特会」と寄り添うように歩く大勢の機動隊員達。


 多くの買い物客で賑わう日曜日の韓国人街に日章旗や日の丸が通り過ぎる。
反対側の歩道には「カウンターデモ」とよばれる「しばき隊」が並列して「レイシストは帰れ!」と叫びながら移動している。しばき隊とはレイシスト(差別主義者)をしばく(棒で叩く、こらしめるなどの意味)のを目的に野間易道氏の呼びかけで集まった人達でこの日は約100名が参加した。

zaitoku2

 韓国人街があり、そこに嫌がらせのデモを行なう人びとがいて、それに反発の意志表示をする市民の群れがいて、間に警察が入り、あちこちで歩道に機動隊員が壁を作って通行人に規制をかける。
それは異様な光景だった。巨大なエネルギーの混乱状態の固まりが新大久保付近を新宿方面に向かって行進していく。

 私はデモを撮影しながら、これで一体何が生み出されるというのだろうか?という疑問が浮かんだ。
そして通りがかりの親子連れは怯えていた。(日本人か韓国人か分らないが、モンゴロイドの親子連れだった)

 そして、午後四時に
デモ隊が大久保公園に戻り、散開の挨拶をしている所を撮影していた私に、ガラの悪い言葉で言い掛かりをつけて来た若い男が居た。
男「おいおい何やってんの?カメラ二つも持って。(実際にはiPhoneとカメラ)」
私「撮影してるだけですよ」
男「おい、こいつスパイだ、あっち側の人間だぞ!」
私「あっち側って何ですか?同じ日本人でしょ?」(←努めて優しい口調で)
男「(ビクッ)」
いきなり男が私のiPhoneを掴んで下に叩きつけようとした。
すると、若い女性が止めに入り、「それはやめな!」と私に返してくれた。
男と小競り合いになりそうになった瞬間、私は警官と機動隊に揉みくちゃにされて公園から連れ出された。(公安、機動隊、警官のミックスで30人くらいに取りか囲まれました)

 機動隊員に文句を言おうとすると、年配の公安が立ちはだかった。
IWJの撮影は こちら 
(私と公安との間に入って、加勢してくれたのが林克明さん、その後ろで心配そうにウロウロしてるのが田中稔さん)

公安「まあ、お話聞きますから」
私「携帯盗られました、帰ってきましたけど、暴行されました」
公安「あなたが無許可で撮影していたからでしょ?」
私「公園で撮影していたらいけないんですか」
公安「彼らが演説中でしたから」
私「どうしてですか、おかしいでしょう?どうして彼らを守るんですか」
公安「規制しています」
私「あの人達が『殺せとか』とかプラカード持っていても、警察はこのまま放置してデモをガードするんですね、ネットで『殺す』とか書き込みしたら逮捕されますけど、何故あの人達は放置なんですか」
公安「それは私の口からハッキリ今、明確に回答する必要はないと思いますよ」
私「彼ら(在特会)をガードしてますよね、現に」
公安「デモに対する規制です。うん、お互いにトラブルにならない為の規制です(ニコニコ)」
私「でもデモを反対する人達には道を封鎖されてますよね、あの人達にしないのは何故ですか」
公安「してますでしょ?一緒にしてますでしょ?」 
 
私「でも、許可してああやって一緒に歩いてますよね、お巡りさんたち、あれは何故なんですか、何故こういう風にデモを止めさせる為に道を塞がないんですか?」(私の後ろは機動隊が隊列を作って道を封鎖)

公安「道路交通に対して、歩道上から反対にね、方々がいてトラブルにならないように、それだけですね。ウン、それだけ。デモ隊の方に行って、双方当たらないように」私「個人的には辞めさせるのはあっちじゃないですか」(後ろで園良太君の呼ぶ声)

公安「それは、(クスクス)あなたの個人的見解は抜きにして、私が今言ったのは職務施行としてデモの規制に入ったのはそういう話ですよ」

 やり取り終わり。どうして、携帯を一瞬でも盗られた私が公園から連れ出されたのか、何故、警察は在特会の殺人予告クラスのプラカードに規制をかけないのか、それについてはまったく論理的な答えは返ってこなかった。

 在特会の新大久保デモは今後も続けられる。
日本に民衆扇動罪が立法されるその日まで。


  Twitter  @irakusa
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ