木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: ヤン・チヒョルト


  役人答弁に終始した会見だった。
2015年9月1日、五輪組織委員会は佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムを使用中止、事実上の撤回を表明、同日午後6時から記者会見が行われた。

事務総長 武藤敏郎氏 記者会見 概要

「エンブレムは撤回、新しいデザインを公募によって決める」「佐野氏は模倣・盗用ではないが国民の理解が得られないので取り下げたい、という事で決まった」「ベルギーのリエージュ劇場で使用されているロゴマークとは似てるとは思えない、全く似ていない」「今日佐野氏とエンブレム選考委員会の永井一正氏と私とで話し合いました」「佐野さんはご自身は盗作・模倣した事はないと明言しており、その立場を尊重しており、取り下げを申し出した事で、佐野さんは佐野さんで責任を果たされたのではないか」「国際的に信頼が失墜したのではないか、という事ですがこれを長く続けて行くと余計国際的信用を失墜してしまうのではないか」「(佐野氏の様子について)佐野さんとは冷静は意見交換が出来た 模倣で取り下げたのではない。オリンピックに関わるのは子供の頃から憧れであった。それが国民からかくも批判が出た事は取り下げてオリンピックを成功させて欲しいという事だった」「スポンサーについてはご理解して頂きたい」

「最終的には組織委員会が取り下げたという事です。(何故佐野氏が会見に出ないのか)この席に佐野さんが居なくてはならないということはない」「佐野さんが自ら取り取り下げるとおっしゃいました。佐野さんは、模倣だから取り下げるのではないという事は、はっきりして欲しいという事だった」

 誰にも責任がかからないように練り練った官僚答弁、役人答弁だった。
佐野氏は「模倣・盗用ではないが、国民の指示・理解を得られない」
組織委員会「ベルギーのリエージュ劇場のロゴとは全く似ていない」
責任問題や懲罰については「新しいエンブレムを作って行く事で・・・」
という事でこの会見では内々で選考委と佐野氏が深い関係にあった事や最初問題視された佐野氏のデザインを再考させた事は追及されなかった。

 佐野氏は「模倣・盗用ではない、そこはハッキリさせたい」という事なのに取り下げる、と言う事で支離滅裂だ。また取り下げを表明した事で「原案者としての責任を果たした」という組織委の見解も意味不明。また武藤氏は最終責任やスポンサーへの賠償について言明をさけた。

 結局長時間記者会見を聞いて解ったのは「エンブレムは国民の理解を得られないので取り下げ、撤回、再公募する」という事だけだった。

 「国民の理解、不支持の為に取り下げなのだから、賠償や予算の補填は国民の税金から」か?
呆れてものが言えない。

 





55)
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年9月2日、2020年東京オリンピック組織委員会は多摩美術大学教授でグラフィックデザイナーの佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムを使用中止、事実上の再選考をするとの方針を固めている事を明らかにした。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172802

  先に伝えしたように、エンブレムのデザインを選出する選考員と受賞者は八百長を疑われる一部の特権的デザイナーで固められていた。
内々で同じ応募者と選考者が入れ替わっていたのだ。
デザイン選考委員会長は永井一正氏で子息は多摩美大教授の永井一史、佐野氏と教授仲間だ。

 根本的問題として、 「あのエンブレムは五輪大会に相応しくないのではないか」との声がネット上で散見された。黒い太文字とダークトーンの組み合わせは躍動感溢れるスポーツの祭典に不釣り合いなもので、私は「何故これが選出されたのだろうか?選考会はエンブレムデザインの主旨を理解していないのではないか」と疑問に思っていた。佐野氏のデザインはエンブレム(紋章・紋印)というよりも文字デザイン「タイポグラフィ」であって、コンテストの主旨に沿ったデザインではなかった。
佐野氏は自作エンブレムデザインでアルファベットを作り、記者会見で披露していた。やはり、佐野氏は「エンブレム」と「ロゴマーク・タイポグラフィ」の違いを理解してないのだろう。

 内々の選考会で当選が決まっていたら0から知恵を絞る努力をするモチベーションが湧かないし、かといって選出される作品のレベルは落とせない。
と、するとすでに選出された作品レベルの保証されたデザインから(発想の素)を引用するかパクるしかないのであって、後からあとから佐野氏の作品に疑義が出て来るのはむしろ当然と言ったところだろう。引用作品の仕込み(パクリ)から仕出し→(当選作品の投稿)→(なれ合いの選考会) が慣例化していて、今回も作品の引用が引き出すリスク想定がスッポリ抜け落ちていたのだろう。

 今回、選考員の頭にあったのは「世界に愛される優秀な作品を選出する」ではなく「佐野作品を当選させる」事だったのではないだろうか。
(参照記事:コンペ応募者に不信感 まず佐野ありきの選考の選考だった

  世界に示すエンブレムなのだから世界に類似作品があるかないか、そこで作品のふるいにかけるのは常識だろう。「佐野作品当選」が真っ先にあり、海外から訴訟を起こされるリスクを想定しなかったのなら、五輪のエンブレム選考委員会は審査員の素質ゼロだ。

 日本グラッフィックデザイナーズ協会は「今は刻々と五輪組織委から入って来る情報が変わり、性急な判断は避けたい。協会としてもコメントや見解を出すかどうか、判断は難しい」としている。
 
 今まで日本の美術界の中で慣例化していた「内向き選考会」はワールドスタンダードでは通用しなかった。世界に向けて、「日本の常識は世界の非常識」を披露したこの村社会の慣例化は今回で終わりにして頂きたい。 

 写真は新宿駅地下道に貼られたJALの「オリンピックオフシャルパートナー」を告知するポスター。
これらの差し替えや賠償も国民の税金である。

 新国立競技場の建替え問題といい、この佐野氏デザインの差し替えといい、オリンピックの準備段階で消えた税金は計測不可能だ。問題が起きた場合の懲罰やガバナンスがしっかりしていないので無駄な税金が投入しまくられる東京オリンピックは「日本の村社会の常識」を主張し、世界に恥を晒し続けるのだ。
 
sano

写真

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ