木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 偽装スラップ


 裁判所は原告企業の訴えを認め、黒木睦子さんに合計72万円の損害賠償金を支払うよう命じる判決が下されました。

 2015年10月14日、午後1時10分、
宮崎県地方裁判所延岡支部・一号法廷において宮崎県日向市に住む主婦・黒木睦子さんが日向製錬所と運搬施行会社・サンアイとその社長から名誉毀損・営業妨害等で訴えられた民事裁判が開かれました。


 この裁判は2014年11月14日に第一回口頭弁論が行われ、2015年7月15日に結審しました。裁判所は原告企業の訴えを認め、黒木睦子さんに対して損害賠償を命じる判決を言い渡しました。


 日向製錬所に27万5千円。
 サンアイに25万円
 サンアイ金丸社長に20万円。

 原告が求める黒木睦子さんのブログの一部削除。
 グリーンサンドが有害である・健康被害が生じるとの情報発信の流布の禁止。
 
 等によるものです。以下の傍聴記より引用。
 鰯の独白
 日刊Yon-go ! Hin-go 

 約一年に渡ってこの偽装スラップ裁判を調査して来ました。
「被告が訴状を見せない」というところですぐに「偽装スラップ」だと気がつきました。
スラップ裁判の被害者、被告は訴状を被害の証拠として告知・衆知したがるからです。

27)







 取材者に「嘘が書いてあるから見せられない」と訴状を隠し「子供の健康被害が出た、それは日向製錬所が製造販売したグーリンサンドを使った造成工事からだ。日向製錬所のグリーンサンドは産廃だゴミだ」等、訴えるのは虚偽である可能性が高いわけで、そこは慎重に事実確認、調査が必要だと思いました。そこで被告が汚染値が出たとする工事現場の地権者に取材したところ、身も凍るような悪質なクレイマー行為を被告から受けている事が解り、取材中に対象者に心から同情しました。
【黒木睦子さんの抗議行動についていま解っている事】

 また日向市、延岡市の農協や日向市の小児科に問い合わせても「産廃汚染被害・グリーンサンドによる子供の健康被害」は一切認められませんでした。


 被告は争点が「名誉毀損・営業妨害」である事を訴状を見せない事によって、巧みに隠蔽し、あたかも「子供の健康被害を告発して企業から訴えられた非力な主婦」であるかのように演じ、フォロワーを増やして行きました。またそれに同調して狂騒したのが支援者達で、「主婦が企業から訴えられた」だけで「スラップ裁判だ!」と思い込み、その主張の正否を確かめないまま、拡散行為を行い、まんまと被告の誹謗中傷行為の手先となったのです。

 なんの落ち度もない原告や地権者の心中はいかばかりか、と心を痛めました。

 被告は「SNSでの名誉毀損、工事妨害や会社への押し掛け行為での営業妨害行為」で訴えられている訳で、それを「拡散!拡散!大拡散!!」する事は被告への裁判官の心証を悪くして裁判が不利になる一方ですし、先ず「ブログやTwitterでの中傷行為をやめさせ、裁判中は静かにする」という当たり前の入れ知恵が支援者は出来ない。
image

 支援者達は公害があったどうかどうでも良いらしく、汚染値が非検出であると行政から貰ったデータを提示するとこちらを「工作員!」と罵倒してブロック。
これの繰り返し。
image


 さらにIWJの内容を確かめない記事によってこの裁判は「産廃問題・スラップ訴訟」だと誤解が大拡散されました。

 2014年の11月17日にIWJの最高責任者である岩上安身さんに「この裁判はスラップではない、原因は被告のクレイマー行為」だと警告のメッセージを送り、その後もメッセージを送り続けました。

24)


 しかしIWJの「スラップ」が冠についた記事が公開され、SNSで大きな反響を呼びました。

 それを環境問題や反原発を看板にする個人ブロガーが転載し、引用し、あたかも黒木睦子さんの主張が真実であるかのように、日向市で公害問題が起きているとした風評が全国規模で広がりました。(これについて、IWJに被告・黒木睦子さんの主張は真実ではないので、記事の削除、または変更を要請した所、岩上安身さんから提訴するとの通告を受けています)

 2015年10月14日の判決によって、黒木睦子さんの主張に真実正当性が無い事が明らかになり、原告の訴えの一部が認められました。
これによって偽装スラップ事件は少しずつ世間からフェードアウトして行くのでしょう。
何しろ、被告が訴えてから三年間一切の公害被害が被告以外から発生していないのですから、流石に支援者達も異常に気がつくでしょう。

 被告は2012年8月10日に水質検査(採取地の由来不明)を一度したきりですが、今もなお、重金属の汚染がグリーンサンドを埋めた工事現場から垂れ流しになっている、とSNSで訴えています。

15)


 IWJも支援者達も、この裁判を安易にスラップだと認定すると、そこには「汚染発生の事実があり、汚染による農作物の被害が当然あるはずだ」とする風評被害が産まれるという当たり前の事が予測出来ていない。


 情報の扱い方が安直なんです。
また、「名誉毀損」が「公害を告発したからだ」との先入観があり、何度「原告企業の社長が<暴力団>とSNSで言われたから名誉毀損なのだ」と伝えても結局、支援者達の情報は「公害問題」に初期化されてしまう。
しぶとい。


CRQxSipUcAAzC8S

 違います。名誉毀損は訴えられた方が主張の真実相当性、公益性を示さないといけないのです。
裁判の基本です。

 またこの裁判の訴因は原告の社長を「暴力団」と呼び、その個人情報をブログやTwitterに掲載した事。そして原告企業の顔写真を無断でブログに掲載し、何度も「やめてくれ」と言われてもやめなかった事、すなわち「肖像権侵害」です。
安全性が争われていたのではないのです。


 長くスラップ裁判を傍聴・調査して来ましたが「偽装スラップ」というのは珍しいケースで、長く木星の記憶に留まる事になるでしょう。
特に忘れられないのは「無責任・無自覚・無神経・無反省」の四拍子揃ったネット上の支援者達です。



06
 川の方の白い汚濁は工事に使った石灰(または牛の口蹄疫防止の消毒に使った石灰)なのですが・・・どうしても、産廃問題か汚染問題が起きている事にしたい様子。


34

 23   
 黒木睦子さんは2014年7月18日に
@yoshi022氏に「証拠を渡さない」と呟いてます。
 そしてクレイマー被害者である地元の地権者の名前を持ち出す@yoshi022氏。
 
21

 木星も間違った事をTwieetしてしまう事はあるので、間違った拡散は取り消すか、反省して頂くかで良いと思うのですが、延々と黒木睦子さんの主張を垂れ流し(苦笑)し続けていた@yoshi022氏。
何故か一度削除していたアカウントを復活させ、地元の市民記者・大谷憲史氏と木星をヤジり始める。

42)

 証拠を出さずに「被害を受けた」と主張して訴えられた被告と、論拠、データを出して「被害はない」と提訴した原告を「公平」に扱うのは

 公平でもなんでもないですから。
 ただの非常識。

 あなたの家に知らない人が来て「あんたに殴られた、慰謝料払え」と言われて「証拠は?」と質問すると「無いけど本当なの」と言われたらどうします?
あなたの携帯電話の番号がブログやTwitterに貼られて「こいつは暴力団」と書かれたら。
提訴する事になると思いますよ。


04)




  @yoshi022氏の書いてある事は
04)
の事だと思われますが、この記事を書いたときは黒木睦子さんは一切の証拠、エビデンスを取材記者に出さなかった。IWJにも。

証拠を出さない人を取材出来ません。


 
42)

 証拠を見せない被告を応援し、証拠を持ち出して注意喚起した方を貶すとか訳が分かりません。IWJにしてもあのままでは社会的に悪影響が出る事になります。(最悪のケースとして、原告企業の倒産、風評被害による農家の経済的ダメージ)
現に原告のサンアイは工事の受注が止まり、(会社を潰してやるなどの電話も)夏のボーナスが出るか出ないかの状態になったそうですから、IWJは記事を
削除かスラップではないとする訂正をして欲しいというまっとうな要請です。

IWJも支援者も証拠を確かめずに安易な「風評被害」を流さないで欲しい。

 という事です。IWJの記事は黒木睦子さんの企業への風評被害・名誉毀損の拡大版でしかなかった。
衆目を集める為にスラップかどうか証拠が無く、状況がつかめない時にスラップか?
と拡散する事は、「万が一、その情報が正確でない場合、何の落ち度も無い人達が疑惑の目で見られ、傷つく事になる」というリスク予測が全然出来てないんです。


 今まで木星は何度もこの「
こたつねこ@yoshi022氏」には「汚染はない、原告に向けた名誉毀損」と注意をして来ました。

 しかしこちらの「スラップではない、公害裁判ではない」という嗜めも一向に心に届かなかった様子。それならばそれで意見・見解の相違という事で良いのですが、まるでこちら側が「間違った取材をし、取材方法が不適切で被告に嫌がらせをしてきた」かのように受け取られかねないTwieet をしだしたので、流石に腹に据えかねて注意をしましたが、返って来るのは頓珍漢な「当てこすり」ばかりで、話し合いにならず、最終的にブロックしました。
 
  聞く所によると、この「こたつねこ@yoshi022氏」は度々このような「デマを無責任に拡散させている常習犯」という事で、今回の事も何が悪く何が問題なのか全く解ってないようで、再犯の可能性はかなり高いです。
 
 
 
54)
 

 


kotatuneko
下の写真は本日(2015年10月16日)に取得しました。
「こたつねこ@yoshi022氏」は黒木睦子さんの記事を削除するつもりはないようです。
 

34)

53)
25)

21)


写真

12)

 
 宮崎県日向市の主婦・黒木睦子氏(41)が(株)日向製錬所と運送・施工会社(有)サンアイの二社から訴えられている件について、度々この木星通信では「スラップ訴訟ではない」とお伝えして来た。

 黒木氏は「造成工事の粉塵被害で子供の咳が止まらない」「高濃度の汚染水が造成地池から検出された」と訴えている。

 しかし、行政機関や地元の市民記者、大谷憲史氏の取材、地元の人による独自調査でも、汚染の被害は見当たらず、調査機関のデータにも汚染は非検出だった。(調査まとめ データベース

 日向市の農協、日向 JAや延岡 JAにも「造成工事地からの汚染水による農作物の被害」の報告はないという。

 木星通信が行った日向市の5件ある小児科の聞き取り調査でも、「粉塵被害による子供の咳の診断」例は確認されなかった。

①「山王谷こどもクリニック」
院長「咳が出たからと診察したらRSウイルスだった事はありました。粉塵被害の子供の咳の相談は開業して7年間、一件もありません」

②「緒方医院」
看護師「自然由来の粉塵被害で咳というのはありました。黄砂とか、PM2・5 の時とかです。でも工事の粉塵被害というのは全くありませんね」

③「山元小児科医院」
院長「解らない、聞いた事がない」

④「こどもたしろクリニック」
取材拒否。

⑤「日向内科医院」
院長体調不良のため、休院中。

 黒木睦子さんが汚染物質を投棄されたと訴えているのは配偶者実家前の造成地だ。
この造成地付近の住所は「宮崎県日向市西川内地区」にあたる。
そこで西川内地区の地域の情報が集約する場所に「健康被害があるか」聞いてみた。

 それから、この黒木睦子氏の支援者で「日向製錬所産廃問題ネットワーク」なる汚染被害の調査組織を立ち上げた人物がいる。

 三浦万尚氏(56)である。
彼は黒木睦子氏への科学的な支援として、「汚染水被害の分析調査」をすると言ってカンパを呼びかけていたが、今のところカンパ金を集めたまま、連絡がつかなくなっているという。
(2015年2月21日現在)
そんな彼だが、Twitterで「黒木氏配偶者実家付近の西川内で健康被害の聞き取り調査を行った」としてその「調査結果」を最近明らかにした。

48)



 そこで木星通信はついでに聞き取り調査に「健康被害の調査する人物が現れたか?」も追加する
事にした。
取材したのは「宮崎県日向市、西川内の託児施設、役場、行政機関」

 
「とみたか保育園」宮崎県日向市大字富高3534
「健康被害もないし、健康被害の聞き取り調査の人物が現れたという話しも聞かない」という。
 
 地元の行政機関 日向東臼杵南部広域連合(役場)
宮崎県日向市大字富高2192
「造成工事の粉塵被害は聞いた事在りません。汚水被害もありません、健康被害の聞き取り調査の人が来たなんて聞いた事在りません」


 日向市役所 環境政策課 最終処分場汚水処理施設 
宮崎県日向市大字富高1453-1
「被害はありません、健康被害の聞き取り調査の人が現れたというのは聞かないですね」

 という事なので、西川内に「健康被害の聞き取り調査」に現れた人物は確認できなかった。
またこの取材の主旨である「造成工事の粉塵被害による子供の健康被害の実例」は皆無だった。

 これにより、木星通信は「黒木睦子氏の子供の健康被害の訴えは虚偽である可能性が高い」との見解を示す事にした。






 
 

 それぞれ解っている事、取材結果などを持ち寄り、調査本部を立ち上げました。風評被害防止、カンパ詐欺撲滅が目的です。(一回だけの突発企画です)


 和びすけ

訴状閲覧、傍聴記録(2014年11月14日)

(訴状内容について)なぜ誰も閲覧していないのが理解できないのです。というわけで昨日私が閲覧して来たので、以下、訴状の内容です。 まず、請求金額は合計で183万。黒木さんの自宅は搬入現場から3キロも離れており、西川内地区の住民でもないにも関わらず地区説明会に出席し、「スラグは有害である」という主張を一方的に捲し立てていたとのことです。

 搬入現場にサンアイから警察を呼ばれた件に関しては、黒木さんが道路に飛び出し車の通行を妨害したり、現場に無断で立ち入り度々業務を妨害したために会社側が呼んだということでした。
黒木さんは2012年10月から断続的に日向精錬所やサンアイの事務所に無断で侵入し、いつもの主張をしたり、電話を掛けるなどしていた。

 ある時には、女性事務員が帰宅しようとしていたところにおしかけ、事務員が身の危険を感じ、事務所に引き返すということもあったということです。



 また、このような妨害行為は夫とおばと共に行っていたことも記載してありました。
市と県が黒木さん立ち会いのもと検査のための資料採取の機会を設けたにも関わらず黒木さん側が拒否していました。役所からの同席を求める文書も証拠書類として添付されています。

 その後日向市が検査を行い環境基準値以下の値しか示していないという報告書有り。また、日向精錬所は毎年定期的に数回にわたって検査を受けており、こちらも基準値以下の値しか示していませんでした。答弁書ですが、認否はされていない、証拠書類はない、被告は「よく意味がわからないので、納得いくよう意味をはっきり説明して下さい」との主張?がなされていました。


マニアッテマスさん
現地取材 写真報告(2014年11月23日)

黒木睦子さん裁判の現場に行ってきました 水はきれいですね。

jpg-large
ちなみに、前日は雨が少し降ってます
水はすんでおりましたが。。

jpg-large
グリーンサンドの混じった土
jpg-large


jpg-large


管理人:グリーンサンドの砂が混じった小川沿いでも、水は澄んでいて前日雨が降っても水質に汚濁は見られなかったようです。 

  
 木星通信
電話取材、資料取り寄せ 訴状閲覧(追記します)


原告:サンアイ訴状内容。(損害賠償請求金額、合計150万円)(一部抜粋)

『被告黒木睦子はサンアイ社長がグリーンサンドを有害な物であると知りながらダンプで運び、「ひっくり返している」などと主張し、サンアイ社長の携帯電話の番号をブログに掲載し「暴力団との繋がりがある」とブログに書いたが虚偽である。携帯電話番号はプライバシーに関する事であり、HPに勝手に掲載すべきではないのに、掲載したのは見た人に電話をかけさせて原告を困惑させようとする悪意があり、原告金丸の名誉を毀損し不当に苦しめる物であり、不当行為にあたる。

原告会社サンアイは被告により風評被害を流され、仕事に支障を生じ、従業員も運搬や埋め立ての仕事を中止するように再三言われたり、写真を撮られブログに載せられたりの損害を受け、有形無形の損害を受けており、慰謝料100万円が相当である。

原告金丸は被告から「暴力団を使い嫌がらせをしている。ゴミを有害なものと知りながらダンプで運んでひっくり返しいます」等の虚偽の事実をブログに掲載され名誉を毀損された。
社長個人のプライバシーの携帯電話までブログに乗せられ苦しんでいるものであり、慰謝料としては金50万円が相当である。』

サンアイ訴状引用終わり。


原告:日向製錬所訴状内容 (損害賠償請求金額、33万円)(一部抜粋)

『被告は夫である訴外・黒木隆幸と共にグリーンサンドが有害な産業廃棄物であるとの思い込みのもと、平成24年10月頃から度々、原告本社、サンアイ本社や購入者宅等を来訪し、工区内のグリーンサンド撤去や念書の提出など何ら法的義務の無い行為を求め続けた。

平成26年1月20日には、車道に出てグリーンサンドを積載した走行トラックの前に立ちはだかり、自己になりかねない危険な行為まで行うようになった。

被告は日向市などにグリーンサンドの有害性を強弁し、平成24年10月10日日向市が行った分析試料の採取には特段の理由も無く立ち会わなかった。この日の日向市の行った分析でも有害性は確認されず、原告(日向製錬所)においても水を採取のうえ外部団体に検査を依頼した所、有害性は認められなかった。

被告は独自に専門家に水質検査を依頼し、その検査結果にについて「環境基準値の鉛210倍、ヒ素50倍、フッ素20倍、総水銀15会いが検出されています。上記の他、カドミウム3倍セレン3倍も検出されています。」など主張しているがいずれもグリーンサンドには含まれていないか、ごく微量含まれる成分であり、被告の検査結果は今回問題となっている造成地以外の場所で採取されたものである可能性が高い。

したがって被告の主張は原告の営業上の信用・名誉を害する虚偽の事実である。
被告による上記内容の発言やインターネット上での書き込みにより、原告の販売するグリーンサンドの信用は大きく低下しその後の候補地での住民説明会においても難航している状態にある。

かかる原告の信用毀損による損害額(慰謝料額)は、少なく見積もっても30万円は下らない。
さらに、被告の信用毀損行為と相当因果関係にある原告の弁護士費用相当の損害額は3万円を下らない。』

訴状引用終わり。


黒木睦子さんへの訴訟における、原告側の損害賠償請求金額はサンアイ、日向製錬所合わせて183万円。




 2013年 2月15日付け 福岡県民新聞 「思い込みで周囲振り回す?」
下表は宮崎県、日向市役所が合同で行った地層、水質検査結果表 基準値以下。
(実施日平成24年10月10日)


CCF20141117_00000






CCF20141126_00000_00003

CCF20141126_00000_00001


CCF20141126_00000_00002



宮崎県日向市最新の水質データ 検査実施日2014年8月5日〜6日

kurokihixyuga
 

  綾瀬はかる

  グリーンサンドは産廃なのか? フェロニッケルスラグから作られたグリーンサンドは商品なのか産廃なのか。
被告、黒木睦子さんの主張はこうである。
グリーンサンドは産廃だ。だから家の前に捨てないでくれ。 ※事実としては、捨ててるのてはなく造成工事なのだが。産廃というのはわりあい厳密に定義されている。
事業活動により発生する廃棄物であること。そして廃棄物とは無価物であること。
ひるがえって、フェロニッケルスラグとはなんぞやというと、フェロニッケルを精錬する際に発生する副次物、つまりカスのことである。

 そのカスをカスとして扱うならそれは無価値であり産廃であることを意味する。 しかし、同じカスを有効利用するとそこに価値が生まれ、その瞬間から産廃ではなくなるのだ。 ※厳密には金銭的な価値が生まれる必要がある。グリーンサンドは、カスであるスラグにひと手間を加え、土木資材としての価値を生んだものであるから産廃ではない。これがFA。

 よって、黒木睦子さんの主張は否定される。 逆有償取引(需要者に対して金品とともに製品を引き渡すこと)の可能性があるから産廃だろ!というツイッタラーを散見するが馬鹿げている。有償取引先である可能性を否定してから言ってくれ。 盛土用途ではJIS規格をとってないから違法だろ!
とかいっているツイッタラーも散見するが馬鹿げている。JIS規格とは品質規格の一種にすぎず、需要者がその製品に対して規格適合を求めていなければとる必要がない。

@dmburg  
さんのまとめ。

スラップ訴訟ではないものを安易にスラップ訴訟と認定してはいけない。




大谷憲史さんの取材報告。被告・黒木睦子氏の抗議行動における警察出動記録。

大谷憲史さんのアカウント 
大谷さん主幹のメディアサイト
 市民メディアみやざきCMM



jpg-small




※入稿待ちあり(このページから写真やコメントを引用する場合はそれぞれのアカウント主に許可を取って下さい。「木星通信」のコメントや写真はリンクフリーです)


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ