木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 古田彩

 有志の会にも書きましたが、「専門的で解り辛い・・・」と言うご指摘受けましたので、こちらに書き直しますね。
2015年12月18日付けの古田彩氏の発言。
  
ef93144b-s

 これを見ると、まるで9月に「STAP現象は再現出来ない」という論文がネイチャーに掲載されたかのように思いますが、そんな論文はどこにも存在しません。

 STAP細胞論文へのレビュー(批評)が追試結果とともに掲載されてるだけです。
 『アトモスの部屋』さんより〜
23)
 詳しくは、『アトモスの部屋』さんを読んで頂くとして、時間のない方に簡単に説明すると、STAP細胞論文へのレビュー(査読、批評、追試の感想文みたいなもの)が2報掲載されてるだけで、『STAP細胞の存在を否定する論文』なんか存在しない、という事です。

 須田桃子さんも大々的に『STAP現象 133回追試 すべて作れず』との記事を掲載しておられますが、なんでしょうね。この記事も最初は研究の報告だったのが、最後は学術論文になっていますね。
「研究レポート、論文レビュー」が『学術論文』ならわたくしも明日から博士ですね。

a0455a74-s

 取り下げられた論文の追試をしてその論文の否定論文が『ネイチャー』に掲載されるってちょっと学術論文に詳しいヒトならすぐに可笑しいと解る筈ですけど。『ネイチャー』が科学者の罵り合いの場になっちゃうでしょ?

 こんな簡単な報道トリックを仕掛けて来るなんてそもそも私ら一般人はナメられてますよ。
追試の報告が載っただけなのに『世界レベルで否定された』みたいな印象報道してる訳でしょう?

 もし、このブログ記事を日経グループのヒトが見ていていたら、問題化した方が良いと思いますよ。
『天網恢々粗にして漏らさず』こんな風に”査読”してちゃんと見破るヒトがいるんですから。
後々、問題が大きくなる前に、この事は報道機関としてちゃんと対処した方が良いと思います。

 『戦後最大の報道不正』として教科書に載る前に。
46)

 これも正しくは『若山照彦博士がSTAP細胞から作ったと主張していたFI幹細胞の〜』ですよね?
FI幹細胞は現存してるものは全て若山照彦博士が作製されたんだから。
まるで『既存の細胞』の『混合』である『FI幹細胞』を『小保方さん』が作ったかのように誤解させる表現ですよね?なんでこうなるのかしら?『日経サイエンス』のSTAP細胞の記事、一から読み返してみてね。持ってるヒトは。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 暑中お見舞い申し上げます。
木星は耳の激痛に襲われ、我慢出来ずに耳鼻科に駆け込んだところ、「外耳炎」と診断されました。
イヤホンが原因らしく使用禁止命令が老医師から出ました。素敵なおじいちゃん先生でした。
私の耳の穴が普通の人よりも小さく、イヤホンを耳に入れるだけで炎症を起こすんだそうで、「じゃ、どうしたら良いんですか?」と聞いたら「ヘッドホンにしなさい!」ともっともとなアドバイスを頂き、そのまま電気量販店に買いに行きました。ただ免疫力も落ちてるかもしれないな、と思い、少しお休みするかなぁ、と思ったりしてます。


 STAP細胞の記事を何点か非公開にしました。
しかしすぐにまた公開します。
一部誇張や誤解を産む表現があったからで、少し訂正してまた公開します。

 STAP細胞事件は小保方博士が再現実験が出来なかったので日経サイエンスの古田彩氏が「STAP細胞の全否定」を行いました。

 
0498ec33-s

 しかしながら、そもそもSTAP細胞が存在しないのなら、STAP幹細胞、胎盤も作れる万能細胞FI幹細胞もねつ造であり、それを嬉々として公表した場にいた若山照彦博士も同罪です。
多くの科学者、そして科学記者は「小保方博士が若山博士に盗んだES細胞でキメラマウスを作らせていたんだ 」と言うでしょう。そういう告発もありました。
それでは若山照彦博士がES細胞からSTAP幹細胞を作り、そこからFI幹細胞を作った事になります。
ES細胞は幹細胞なので、幹細胞を幹細胞に培養していた事になりますがその科学的矛盾は科学者も科学記者も黙殺します。

  FI幹細胞は論文上は存在しました。胎盤もGFPで光る万能細胞として。
それらは全てES細胞の混入だったと済ませる方が非科学的で真実を覆い隠すものです。
FI幹細胞はTS細胞とES細胞の混入であるとしたデータは小保方博士がサンプル調節したからFI幹細胞は若山博士の関与は薄いとする研究者の意見があります。

 
 しかし、FI幹細胞は全て若山博士が作った、との証言がありますから、現存するFI幹細胞とされるものの疑義は若山博士に向けられるべきものです。

 データサンプルの調整をしたのが小保方博士なら、残存するFI幹細胞とされる試料を作ったのも若山照彦博士です。しかしサンプル調整をしたのは小保方博士だからFI幹細胞の責任は全て小保方博士にあると。

 木星はMTAを手に、出来る限りのコンタクトがとれる科学記者、週刊誌記者に説明しましたが、その公文書を見せても誰もが無反応でした。マスコミのメディアスクラムの影響を最も受けているのが現場のジャーナリスト達でした。

 小保方が再現できないのなら小保方一人が実験詐欺をやった。その先入観、洗脳の深さに絶望しながらも、訴え続けました。「小保方博士一人では実験詐欺は無理だ、STAPは幹細胞、FI幹細胞にしないと死んでしまうんだ、それは若山博士の担当だった、これは小保方博士のみに罪を着せて幕引きを図るメディアスクラムだ」と。

 STAP細胞事件を見る研究者、科学者の目はとてもアンフェアで片目しか開いてない、と思う木星です。

 少し疲れました。


 画像は若山照彦博士が理研から山梨大学へ引っ越すときに移管したSTAP幹細胞の契約書。
たくさんのSTAP幹細胞が作られ、キメラマウスもたくさん成功している。

fdfa3d09-s


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 「日経サイエンス」の記者、古田彩さん栄転されたそうで、以前のやり取りを記録として残します。
「日経サイエンス」には百も二百も言いたい事があります。

 いや、木星通信はSTAP細胞報道をした科学雑誌界に言いたい事が山ほどあります。

 マウスのすり替え説を精査する事なく、遠藤博士の論文を根拠に報道したこと。
あれは社会的視点を無くした、大本営発表だった。

 遠藤博士の論文は文系の私が見ても辻褄の合わない所があります。
いえ、若山博士の捏造疑惑から世間の目を反らすのが目的の辻褄合わせの為の架空論文だと思っています。現に後から後からおかしな点が湧いて来ています。
臨場リークした人達と同じグループに属していると思っています。
古田彩記者も同じだと。

 笹井博士の自殺は、一般誌にゴシップネタを書かれたことよりも、伝統ある科学雑誌でピエロ扱いされて誌面に載せられたことだと思います。

 科学ジャーナリズムはこれに盲従した。 あのとき、「日経サイエンス」は「大本営発表」だった。

以下元「日経サイエンス」記者の古田彩氏のつぶやき。

「STAP細胞は存在しない」「刺激の初期化で万能細胞が発見されてもそれをSTAPと呼ぶのは失礼だ」
412RT


57)
木星通信のエビデンスを出した反論。
2RT

07)

 STAP細胞が無かった事、ならこの移管手続き書は捏造だと言う事になります。

17)

 眞葛原雪氏の科学的検証からの疑問。

54)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ