木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 国民の理解

 まさか東スポを褒める日が来るとは夢にも思いませんでした。
「東スポは日付だけが真実」と言われて久しいが、今回の「佐野氏エンブレム取り下げ問題」に関してはキラリと光る報道を展開している。

 2015年9月3日の東スポ(東京スポーツ新聞社)で取り下げが決まった「佐野エンブレム撤回問題」似ついて、取り上げてる。
「怪と闇」「賠償問題回避か」とタイトル。
国民の間で揺れに揺れたこの問題を徹底追及する構えだ。

 2015年9月1日に五輪組織委員会の事務総長、武藤敏郎が「盗作ではないが、国民の理解を得られない」として公式エンブレムの取り下げが決定した「佐野エンブレム」事実上の撤回で新デザインの公募が急がれる。その根本的問題として「組織委が幕引き急ぐ裏に・・・」はデザインの権利を主張するドビ氏に裁判で負けた時の莫大な賠償金の回避と「疑惑の選考過程」があるとしている。選考課程問題は大阪芸術大学の純丘曜彰教授に取材し、問題点を聞き出している。

 「盗用が発覚した場合の危機意識が欠如している。この業界にはなれ合いが横行していて、審査員の顔ぶれが一緒だったりいわゆるデキレースのようなものもある。組織委が幕引きを急ぐのも当たり前で、選考過程がバレたらシャレにならないからだろう」(署名 種井一司)

 また2面でも1日に行われた武藤事務総長が会見で「エンブレム撤回理由について「一般国民が理解しないのが撤回の理由だ」としたことについて「暴言」と切って捨てた。
この日の記者会見で「国民とは誰か?」と質問したのは東スポの記者だったそうだ。

 大手新聞が形通りの報道発表記事に終始したこの問題について、積極的に切り込み、エンブレム撤回騒動の真相を追及したのには拍手を送りたい。
また日刊スポーツ紙もコンペ応募者に取材し、「佐野ありきの選考」だったのではないかという読者の疑問に答えた秀逸な記事を公開した。

 日刊ゲンダイも精力的にこの問題を取り上げた。
美術界のタブーに食い込む良記事を量産するのがスポーツ紙というのも不思議な話しだが、「権威主義」や「因習」に負けない反骨精神があり、プロレス団体の醜聞追跡などに慣れている「スポーツ紙」が面目躍如した形だ。
またネット民の捜索網などを偏見の目で見ない庶民的指向も疑惑を見逃さない視点を持ち、効果的に作用したのだろう。市民声とともに生きるスタンド売り媒体の特徴が生かされた今回の疑義追及だった。



  
    このエントリーをはてなブックマークに追加


  役人答弁に終始した会見だった。
2015年9月1日、五輪組織委員会は佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムを使用中止、事実上の撤回を表明、同日午後6時から記者会見が行われた。

事務総長 武藤敏郎氏 記者会見 概要

「エンブレムは撤回、新しいデザインを公募によって決める」「佐野氏は模倣・盗用ではないが国民の理解が得られないので取り下げたい、という事で決まった」「ベルギーのリエージュ劇場で使用されているロゴマークとは似てるとは思えない、全く似ていない」「今日佐野氏とエンブレム選考委員会の永井一正氏と私とで話し合いました」「佐野さんはご自身は盗作・模倣した事はないと明言しており、その立場を尊重しており、取り下げを申し出した事で、佐野さんは佐野さんで責任を果たされたのではないか」「国際的に信頼が失墜したのではないか、という事ですがこれを長く続けて行くと余計国際的信用を失墜してしまうのではないか」「(佐野氏の様子について)佐野さんとは冷静は意見交換が出来た 模倣で取り下げたのではない。オリンピックに関わるのは子供の頃から憧れであった。それが国民からかくも批判が出た事は取り下げてオリンピックを成功させて欲しいという事だった」「スポンサーについてはご理解して頂きたい」

「最終的には組織委員会が取り下げたという事です。(何故佐野氏が会見に出ないのか)この席に佐野さんが居なくてはならないということはない」「佐野さんが自ら取り取り下げるとおっしゃいました。佐野さんは、模倣だから取り下げるのではないという事は、はっきりして欲しいという事だった」

 誰にも責任がかからないように練り練った官僚答弁、役人答弁だった。
佐野氏は「模倣・盗用ではないが、国民の指示・理解を得られない」
組織委員会「ベルギーのリエージュ劇場のロゴとは全く似ていない」
責任問題や懲罰については「新しいエンブレムを作って行く事で・・・」
という事でこの会見では内々で選考委と佐野氏が深い関係にあった事や最初問題視された佐野氏のデザインを再考させた事は追及されなかった。

 佐野氏は「模倣・盗用ではない、そこはハッキリさせたい」という事なのに取り下げる、と言う事で支離滅裂だ。また取り下げを表明した事で「原案者としての責任を果たした」という組織委の見解も意味不明。また武藤氏は最終責任やスポンサーへの賠償について言明をさけた。

 結局長時間記者会見を聞いて解ったのは「エンブレムは国民の理解を得られないので取り下げ、撤回、再公募する」という事だけだった。

 「国民の理解、不支持の為に取り下げなのだから、賠償や予算の補填は国民の税金から」か?
呆れてものが言えない。

 





55)
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ