木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 園良太

 2013年2月28日午後1時半から午後四時まで、東京高裁429号法廷にて「2・9堅川弾圧裁判」の最終弁論が行なわれました。裁判長大野勝則。

 検察の求刑一年に対して、被告側弁護士の弁論とともに、被告・園良太さんが一時間近くにわたって「僕は無罪」と熱弁をふるいました。

 園さんは2012年2月9日に江東区役所に堅川河川敷公園で野宿をしていたAさんの強制排除に対して抗議に行き、そこで役所のガラスを割った事で逮捕されました。

 園さんは賠償金50万円を払い、謝罪の気持ちを示しましたが、その後役所への威力業務妨害に容疑を切り替えられて、起訴され、度重なる勾留延長で127日間勾留されました。
200万円の保釈金を払い、現在は保釈中です。


 園さんは江東区役所が河川の改修工事を行なったのは、長年問題なく住み着いていた野宿者を排除する為だとして、貧困弱者に対しての非人道的な役所の姿勢を強い言葉で批難しました。

 さらに最初の容疑でなく威力業務妨害で起訴したのは、反原発運動や排外主義の為に活発な活動を続ける自分への弾圧目的であり、その為に長期拘留を求めた公安の政治的起訴であり、運動妨害の悪意があると、逮捕・起訴への不当性を訴えました。

 また、野宿者Aさんに対しての暴力的な排除行為を説明し(参照・僕が逮捕されたわけ)自分が行なった抗議行動の正当性を主張しました。
 市民が役所に抗議に行っただけで逮捕される、公務執行妨害や威力業務妨害が適用される、その事は福島原発の事故被害者達が東電に抗議をしたり、貧困弱者が行政に助けを求めたりする事にも適用されて、市民が簡単に逮捕・起訴されてしまう事へ繋がるかもしれない。それは絶対に認められない。自分が無罪を勝ち取らなければならない、と裁判官に申し立てました。(園良太さん意見書全文


 園さんに先立って行なわれた弁護団の弁論は二時間近くに及ぶ大弁論になりました。
主任弁護士である大口昭彦弁護士は「園君はガラスを割った事は反省し、弁償もしている。またその行為は区役所職員に向けたものではない。また、業務上の支障は江東区役所が園君達が来る事を見通して抗議をブロックする為に「警備計画」を設定し、2月9日当日に最高度のレベル4の警備体制を敷いて対応した事により発生した事ものである。区役所が自らの業務を妨害したに過ぎない」なので威力業務妨害の起訴は不当であり、「検察側が我々を荒唐無稽とした主張はそっくりそのままお返しする」と堂々と園さんの無罪弁論を主張しました。

 さらに、公務員は憲法15条に基づき、市民の奉仕者として市民には窓口で真摯に対応しなくてはならない。抗議に対して警備体制を敷いて抗議者を逮捕させるのはもってのほかだ、と園さんの逮捕は違憲問題である事も付け加えました。

 また上杉崇子弁護士は国際人権法に基づき、居住権、生存権は等しく認められるべきだとし、フランスの貧困弱者の支援活動である慈善団体「ドン・キホーテの子どもたち」を紹介しました。
 そしてフランスでは貧困弱者への救援・救護活動で逮捕・起訴される事はない、基本的人権を区役所職員が理解していない、園さんへの逮捕・勾留は現代の人権尊重国家として由々しき事件であると訴えました。(弁護団意見書全文

 次回は判決言い渡し日になります。
2013年4月18日木曜日午後三時から。

 写真は裁判所前でシュプレヒコールをする園良太さん。

DSCN2468

 園さんが地裁前に姿を現す前から待機していた公安警察らしき人と揉み合い寸前に。

DSCN2480

 園さん「あれあれ、なんでアンタ達居るの?三権分立でしょ?裁判所に来るな!」
黒いスーツの団体「............」

DSCN2481


トラメガの大音量に耳を押さえる公安警察。
「あれ、僕らの主張に耳が痛いの?」
と支援者は呵々大笑。

その

法廷で意見書を読みながら弁論する園さん。
写真

 また、裁判中、裁判官に苦情を言った男性が傍聴席から連れ出される一幕も。裁判後、弁護士会館一階ロビーで集会があり、傍聴人達は「園君は人権・人道の為に闘っています、これからも応援したい」と裁判を見守り続ける事を誓い合いました。

 国際人権規約に基づいて堅川強制排除は違法であり、被告園良太さんの行為の正当性を主張した上杉崇子弁護士。
 
DSCN2496

右側は主任弁護士である大口昭彦弁護士。

DSCN2503


 園良太さんブログ   2・9救援会




  この記事へのご意見。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



江東区の野宿者強制排除をめぐる争いで2012年2月9日に江東区区役所の器物破損容疑で逮捕され、2月29日に同区役所への威力業務妨害で起訴された、アクティビストの園良太(その・りょうた)さん。
 

127日目に収監中の東京拘置所から釈放されました。

保釈金200万、江東区役所、堅川に立ち入ってはならない、同区役所職員に接触してはならない、などの条件がついています。
 

保釈中の園さんに事件概要をインタビューしました。 保護房についても、詳しく聞いて見ました。
 

__逮捕は何回目ですか__

 

園「三回目です。今回起訴されて裁判を受けるのは初めてです。」
 

__堅川野宿者が強制排除されて、江東区区役所に抗議に行った、そこで器物破損で逮捕されましたどのような状態でしたか__
 

園「水辺と緑の課の荒木課長に抗議に行きましたが、本人のコートは有るのに職員が(何処に行ったか判らない)と言うので仲間7人と(荒木を出せ!)と詰めよりましたが、屈強な役所の職員数人に取り囲まれ、手足を掴まれて、玄関の外へ出されました。 直ぐに(入れろ!)と抗議しました。 足で玄関柱の裏側のガラスを蹴ったら、意図せず割れてしまいました。」
 

__警察は直ぐ来ましたか__
 

園「直ぐ来て、というか、僕らが抗議してる間に呼んだようです。役所の人は、警察に破損の説明とかする事なかった。僕らは最初から逮捕要員でした。役所は警察と一体でした仲間のうち、逮捕されたのは僕だけです。」
 

__保護房ってどんな所?何故入れられたの?__
 

園「原宿署で2月9日から2月14日まで保護房に入れられました。 理由は強引な身体検査です。それに抗議したら入れられました。 部屋の色はクリーム色。24時間灯りが灯り、時計も有りません。時間の感覚が無くなります。 食事は手づかみ。 お風呂も無く、洗顔も出来ず歯ブラシも無くて、歯も磨けずかなり気持ち悪かったです。布団も枕も有りません、明るいのでTシャツを顔にかけて寝ていたら、それも没収されました。 トイレはむき出し。窓もない。保護とは名ばかりの懲罰の為の独房です」
 

__人道的に見ても問題がありますね__

 

園「入所者を殴ったり、暴言を吐いたりしたら、それは問題にされ易いのですが、精神を壊してしまう物は外から見て判らない。人間工学の居心地の悪さを研究して出来たのが保護房です」
 

__拘置所でも公判前日に入れられたのですね__
 

園「強引な身体検査に抗議したところ、入れられました。保護房については、即・撤廃して欲しい。あんな物は要らない物です。人間の尊厳を失わせてしまう物です」
 

__今回の堅川野宿者強制排除の抗議行動で、園さんが訴えたい事は何ですか__
 

園「今、国会は独裁的になっていますが、自分達の住む、足許の地方自治体、地方議会も独裁的になっています。警察、自衛隊と一体化している。右傾化もしています。そして利益優先で動いて行く。堅川の野宿者強制排除も、利益追求の為に野宿者を邪魔者のように扱います。それを皆で変えて行こうよ、と皆で考えようと、と言う事が訴えたいのです」
 

___国会のミニチュア版が今地方自治で起きてるという事ですか___
 

園「多くの人に国会だけではなく、地方自治体の動きにも関心を持って欲しいのです」
 

___園さんが目指している運動の目的は何ですか__
 

園「色々な人が生きていて、それぞれが尊重しあう生き方に魅力を感じます。 でも今は競争社会の果ての他人はどうでも良いという人達が人をゴミのように扱う。そういう所を変えて行きたい」
 

___有り難うございました___

 

写真は7月6日、テントひろばで。

1342059502175mu07_img

2.9 竪川弾圧救援会 (園良太さんの救援会ブログ)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ