木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 堅川

 2013年3月22日午後1時から参議院議院会館B106会議室において、「野宿者襲撃問題」について、野宿者達とその支援者が各省庁との話し合いが行なわれました。
 参加者達は野宿者が地元の就学児童や学生らから投石や執拗な尾行などの嫌がらせをされている実態を話し、改善を求めました。

 交渉に招かれた省庁は「文科省」「法務省」「国土交通省」らで、野宿者達の体験談を聞き、学校教育などで「人権教育」などを推進して行く事などを基調に会議が行なわれました。

政府




  野宿者は「子ども達は自分達の苛めに参加しないと虐められると話していた」と野宿者襲撃の根深い学校問題を語っていました。

 多くの自治体が警備会社などに依託して警備員に公園や河川敷を巡回させているが、その実態は野宿者の排除であり、自治体が強制代執行して野宿者を追い出すとそれを見た少年達が野宿者に危害を加えるケースがある事が報告され、自治体の追い出しが野宿者の差別を増長させている実態が報告されました。

せいふ

 また行政が野宿者の強制排除を行なう事は庁舎全体がその姿勢を一義的に取り、本来は人道や人権問題を取り扱い、野宿者や貧困弱者を守るべきところを、その業務を放棄し、相談を受け付けないなどの野宿者が棄民状態になってしまう問題点も論じられました。

 襲撃をするグループは若い少年達である事から
学校教育の人権教育を文科省に求め、人権の啓蒙・周知を法務省に求めました。

せいふ2


 荒川河川敷の襲撃被害の報告では、夜道でバイクと車に取り囲まれて人気の無い道に連れ込まれそうになり、さらに執拗な追跡を受けながら民家の塀を乗り越えて逃げ続け、ついに警察に通報を求める為にカラオケ屋の提灯を壊しわざと逮捕されたケースが手記の形で紹介されました。(野宿者は携帯を持てないので襲撃されても警察に通報できない)

 これに対し、各省庁の担当者は「話しをお伝えしておきます」「周知に務めます」などと答え、実行力ある解決策は見いだせないまま、話し合いは約一時間程で終わりました。

 Twitte @irakusa

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



 前回、かなりの反応がありました、園良太さんのインタビュー「園良太君、保護房など語る」に続いて、園良太さんが、逮捕された理由、その原因は何なのか詳しく話して頂きました。

 皆の知りたい事_何の為に江東区区役所に抗議に行ったのだろうか?
2012年2月8日に何が起きたか_何故園さんや支援者達は江東区に抗議しているのか?

 野宿者を守る為に集まった支援者達と江東区(主に江東区が雇った警備員)との戦争のような闘いの様子を聞きいて、園良太さん逮捕は「器物破損と威力業務妨害」ではあったが、江東区区役所の野宿者強制排除のやり方にも、暴力的で非人道的な物を感じる人は多いのではないだろうか。

__堅川の野宿者強制排除の様子・背景を教えて下さい__

園「仮にその野宿者をAさんとします、Aさんは堅川で今まではなんの問題も無く野宿者として暮らしてきました。
しかし、2012年の2月8日に野宿している場所へ江東区区役所が強制代執行をかけて来たのです」

__何故、区役所は強引な措置を取ったのでしょうか__

園「東京スカイツリーが出来て、近くに観光客を呼びたい、その為に見た目が良くない野宿者が居たら困る、そんな理由です、だからAさんは、何度も立ち退きを迫られて、引っ越しを考えて荷物も整理を始めていたのに、追い出しをかけられたのです」

___Aさんはどうなりましたか__

園「支援者10数人が堅川の強制排除に抗議し、抵抗しましたが、向こう(区役所は)ガードマンや役人100人以上の数で支援者とAさんを引き離し、保護するという名目で救急車に乗せました。その日8日は、僕は堅川に行くのが遅れて、現場にはたどり着けなかったのです」

__Aさんは救急車に保護された後どうなりましたか__

園「保護と言っても当のAさんは嫌がってましたし、支援者の同乗を救急車は拒否しました。支援者の目の前で連れ去られたのと一緒です」

__病院に検査の名目で搬送されたのですか__

園「でも、どこの病院に連れ去られたか、全く判らず、とても寒い日で僕らは必死で探しました」

__まるで警察のようにAさんを捜索したのですか__

園「そうです、結局、慶応三田病院に搬送されていたそうです、その後、形だけの検査を受け、三田の近くの路上解放されて、僕らの仲間が発見しました。もし見つからなければ、路上で凍死していた可能性もありました。Aさんは今、Aさんの仲間と一緒に安全に暮らしています」

__園良太さんは、8日のAさん強制排除の事件の抗議の為に江東区区役所へ抗議に行き、9日に逮捕されたのですね__

園「話し合いをするという区役所の約束も反故して来ました。それで抗議に行きました」

__再開発、商業施設増設の犠牲が堅川野宿者強制排除の理由ですか。高齢の野宿者には酷い対応ですね__

園「
高齢の野宿者の多くは昭和20年代に高度経済成長の労働力として期待された『金の卵』と呼ばれた人達です」

__街や都市にとって
働けなくなった高齢者は邪魔者ですか__

園「要するに、区や街、都市は<お金の無い奴は死ね>と言ってるのです。貧しい弱い立場の若者が野宿者を攻撃したりする事もあります。弱者に対しての教育がないのが苛めへの根本であるとも思います」



__園さんのお話からは街が、金の卵達によって作られ、またそれが再開発で排除されてる上で成り立つ風景である事が解りました、有難うございました__



 貧困弱者なんて。
自分とはほど遠い、関係ない人達、想像出来ない人達_そう思うあなたも、これからの社会の流れの中で、「何もしない自分」がいつかは貧困弱者になってしまう、そういう日が来る事を考えながら街を歩いて欲しい。
人びとを飲み込み、怪物のようにお金が無い人間を排除し続ける社会に生きる事は、自分も飲み込まれていつかは吐き出され、野宿者になる可能性もある事に気がつくだろう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加



江東区の野宿者強制排除をめぐる争いで2012年2月9日に江東区区役所の器物破損容疑で逮捕され、2月29日に同区役所への威力業務妨害で起訴された、アクティビストの園良太(その・りょうた)さん。
 

127日目に収監中の東京拘置所から釈放されました。

保釈金200万、江東区役所、堅川に立ち入ってはならない、同区役所職員に接触してはならない、などの条件がついています。
 

保釈中の園さんに事件概要をインタビューしました。 保護房についても、詳しく聞いて見ました。
 

__逮捕は何回目ですか__

 

園「三回目です。今回起訴されて裁判を受けるのは初めてです。」
 

__堅川野宿者が強制排除されて、江東区区役所に抗議に行った、そこで器物破損で逮捕されましたどのような状態でしたか__
 

園「水辺と緑の課の荒木課長に抗議に行きましたが、本人のコートは有るのに職員が(何処に行ったか判らない)と言うので仲間7人と(荒木を出せ!)と詰めよりましたが、屈強な役所の職員数人に取り囲まれ、手足を掴まれて、玄関の外へ出されました。 直ぐに(入れろ!)と抗議しました。 足で玄関柱の裏側のガラスを蹴ったら、意図せず割れてしまいました。」
 

__警察は直ぐ来ましたか__
 

園「直ぐ来て、というか、僕らが抗議してる間に呼んだようです。役所の人は、警察に破損の説明とかする事なかった。僕らは最初から逮捕要員でした。役所は警察と一体でした仲間のうち、逮捕されたのは僕だけです。」
 

__保護房ってどんな所?何故入れられたの?__
 

園「原宿署で2月9日から2月14日まで保護房に入れられました。 理由は強引な身体検査です。それに抗議したら入れられました。 部屋の色はクリーム色。24時間灯りが灯り、時計も有りません。時間の感覚が無くなります。 食事は手づかみ。 お風呂も無く、洗顔も出来ず歯ブラシも無くて、歯も磨けずかなり気持ち悪かったです。布団も枕も有りません、明るいのでTシャツを顔にかけて寝ていたら、それも没収されました。 トイレはむき出し。窓もない。保護とは名ばかりの懲罰の為の独房です」
 

__人道的に見ても問題がありますね__

 

園「入所者を殴ったり、暴言を吐いたりしたら、それは問題にされ易いのですが、精神を壊してしまう物は外から見て判らない。人間工学の居心地の悪さを研究して出来たのが保護房です」
 

__拘置所でも公判前日に入れられたのですね__
 

園「強引な身体検査に抗議したところ、入れられました。保護房については、即・撤廃して欲しい。あんな物は要らない物です。人間の尊厳を失わせてしまう物です」
 

__今回の堅川野宿者強制排除の抗議行動で、園さんが訴えたい事は何ですか__
 

園「今、国会は独裁的になっていますが、自分達の住む、足許の地方自治体、地方議会も独裁的になっています。警察、自衛隊と一体化している。右傾化もしています。そして利益優先で動いて行く。堅川の野宿者強制排除も、利益追求の為に野宿者を邪魔者のように扱います。それを皆で変えて行こうよ、と皆で考えようと、と言う事が訴えたいのです」
 

___国会のミニチュア版が今地方自治で起きてるという事ですか___
 

園「多くの人に国会だけではなく、地方自治体の動きにも関心を持って欲しいのです」
 

___園さんが目指している運動の目的は何ですか__
 

園「色々な人が生きていて、それぞれが尊重しあう生き方に魅力を感じます。 でも今は競争社会の果ての他人はどうでも良いという人達が人をゴミのように扱う。そういう所を変えて行きたい」
 

___有り難うございました___

 

写真は7月6日、テントひろばで。

1342059502175mu07_img

2.9 竪川弾圧救援会 (園良太さんの救援会ブログ)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ