木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 大谷憲史


2015年7月15日に結審し、10月に判決が下されます。
  • 黒木睦子さんが出した汚染水の計量証明書(宮崎環境科学協会)は水の採取地が不明。
  • 黒木睦子さんのお子さんの咳は「マイコプラズマ肺炎」(微生物=ばい菌)で自然由来のもの。
  • 黒木睦子さんが「グリーンサンド」で汚染され、重金属の水が垂れ流し、と主張する造成地は支援者が調査しても汚染値は非検出。
  • 行政が2014年8月に実施した造成地の水質検査は全て正常値で汚染値は非検出。
  • 黒木さんが異常な工事妨害したために補助金の申請が間に合わず、造成地は禿げ山のまま。
  • 黒木さん夫婦が地権者の敷地に入り込み、罵声を浴びせるなどの異常な抗議行動。地権者は防衛策で21万円かけて門扉を施行。警官が三回門扉に触ったら事件にすると言ったら門扉の外で抗議行動、近所迷惑。
  • 黒木さんの夫は雲隠れ。裁判に姿を見せず。(噂では勤務先で首の皮が一枚で繋がっている状態とか)
  • IWJのぎぎまき記者がTwitterで「企業が取材不可」→伝言ゲームで「企業が取材拒否」のデマ広まる。 
  • 支援者が「日向産廃問題ネットワーク」を作りカンパ金を集めるがこれも雲隠れ。
  • 日向市西川内のものは食べられない、などの電話が販売所にかかって来るようになった。
  • 何故かこの裁判を全て傍聴し、訴状や答弁書を閲覧した地元の市民記者、大谷憲史さんが「黒木さんを誹謗中傷している!」などと叩かれだす。
  • 原告の運搬施行会社「サンアイ」は裁判の影響で受注が減り、ボーナスが出せるか出せないかの状態。
  • 見かねた大谷憲史さんと木星通信がIWJに読者がスラップ訴訟だと誤認し、公害汚染が広がっているかのような誤解が広がるのでぎぎまき記者の記事は削除して欲しいと要請。
  • IWJの岩上安身さんから「記事を取り消せとは報道圧力である!最終的には法的措置をとる!」とのお達しが二人の市民記者に届く。2記者「!!???」状態。



グリーンサンドは非水溶性、水質汚染被害は科学的にはあり得ない!】\_( ゚ロ゚)ここ重要 

 宮崎県日向市に住む、黒木睦子さん・主婦(41)が配偶者実家前の造成地で産廃が捨てられているとログで子供の健康被害、環境汚染等を訴えている事件について、調査を進めたところ、黒木睦子さんの言動に辻褄が合わない所があることが解りました。

 黒木睦子さんは日向製錬所が製造販売する「グリーンサンド」が配偶者の実家前の造成地に埋められている事を「公害」だとして抗議行動したところ、「日向製錬所」や、その「グリーンサンド」の運搬・施工を請け負った「サンアイ」から「名誉毀損・営業妨害」を受けたとして提訴されました。

 現在はTwitterやブログなどでその被害を訴えている黒木さんですが、その言動を色々調べている内に奇妙な事に気がつきました。 


 ここに黒木睦子さん一家が造成工事地の地権者へ出した直訴状があります。



kurokimm






 訴状の日付は平成26年1月10日です。(2014年1月10日)

造成地の地権者に対して、造成工事の被害があれば責任を取るよう一筆書いて欲しいという訴えです。

この訴状には黒木さんの子供の咳はまだ未病であった事が伺える記述があります。


 引用__この粉塵を吸い込み、子供が咳をしだしたら非常に困るので、家族に病人が出た時は全責任を取って下さい。__引用終わり。



kurokim




  この日付の時点で黒木睦子さんのお子さんはまだ咳を出していない。子供の健康状態については咳を「しだしたら」という予想、未然形で記述されています。


 しかし、黒木さんは半年前の2013年6月3日に原告企業に乗り込み、工事現場から出る粉塵で「子供の咳が出て困る」「毎晩酷いんです。咳が」などと訴え、業務妨害で警察官を呼ばれています。


 しかし、翌年の2014年1月10日には「子供の咳がしだしたら困る」と未然形になっているのです。黒木さんの抗議行動は時系列が全く合いません。



 もう一つ、子供の咳が出ていない証拠が地元の市民記者、大谷憲史さんが裁判所で閲覧した黒木さんの「経過説明書」にもありました。これは裁判所が「何が起こったのか時系列を纏めた物を出して下さい」と諭されて黒木さんが提出したもので、黒木さんの抗議行動の日誌のようなものです。

 これによると黒木さんのお子さんは2012年9月から咳が出た事になっています。
(リンク先参照)

 また木星通信の地元の聞き取り調査で黒木さん夫妻は「抗議行動以外、ここ(配偶者実家前の造成地・宮崎県日向市西川内)には姿を見せない」という証言もあります。

 2012年から子供の咳の為に抗議行動を開始したという黒木さんですが、診断書が未だ提出されていない事情はここにあるのではないでしょうか。

 さらに、直訴状には「ゴミ(グリーン・サンド)を持って来るなら(中略)日当を頂く」と、およそ公害被害に悩む家族の言葉とは思えない奇妙な請求がされています。

 「大企業が無名の主婦を訴えたスラップ裁判だ!」とSNSで騒がれているこの裁判ですが、結末は意外にも、「大山鳴動して〜」で終わりそうです。

 



【ケイ・ファイル】 第二口頭弁論で被告から出された「経過説明書」とその後について〜より。

引用ここから〜
2012年9月25日、被告第二工区へ出向く。
子供の咳が出て困るので、造成工事をやめるように伝える。

20129月26日、被告、保健所へ行く。
子供の咳が出て困る。

引用終わり。






出典 市民メディア宮崎 


 追記:IWJの取材では黒木さんは配偶者実家で多くの時間を過ごしている。と報告されていますが、上記のように地元情報とかなりの食い違いが見られます。
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 宮崎県日向市の主婦・黒木睦子氏(41)が(株)日向製錬所と運送・施工会社(有)サンアイの二社から訴えられている件について、度々この木星通信では「スラップ訴訟ではない」とお伝えして来た。

 黒木氏は「造成工事の粉塵被害で子供の咳が止まらない」「高濃度の汚染水が造成地池から検出された」と訴えている。

 しかし、行政機関や地元の市民記者、大谷憲史氏の取材、地元の人による独自調査でも、汚染の被害は見当たらず、調査機関のデータにも汚染は非検出だった。(調査まとめ データベース

 日向市の農協、日向 JAや延岡 JAにも「造成工事地からの汚染水による農作物の被害」の報告はないという。

 木星通信が行った日向市の5件ある小児科の聞き取り調査でも、「粉塵被害による子供の咳の診断」例は確認されなかった。

①「山王谷こどもクリニック」
院長「咳が出たからと診察したらRSウイルスだった事はありました。粉塵被害の子供の咳の相談は開業して7年間、一件もありません」

②「緒方医院」
看護師「自然由来の粉塵被害で咳というのはありました。黄砂とか、PM2・5 の時とかです。でも工事の粉塵被害というのは全くありませんね」

③「山元小児科医院」
院長「解らない、聞いた事がない」

④「こどもたしろクリニック」
取材拒否。

⑤「日向内科医院」
院長体調不良のため、休院中。

 黒木睦子さんが汚染物質を投棄されたと訴えているのは配偶者実家前の造成地だ。
この造成地付近の住所は「宮崎県日向市西川内地区」にあたる。
そこで西川内地区の地域の情報が集約する場所に「健康被害があるか」聞いてみた。

 それから、この黒木睦子氏の支援者で「日向製錬所産廃問題ネットワーク」なる汚染被害の調査組織を立ち上げた人物がいる。

 三浦万尚氏(56)である。
彼は黒木睦子氏への科学的な支援として、「汚染水被害の分析調査」をすると言ってカンパを呼びかけていたが、今のところカンパ金を集めたまま、連絡がつかなくなっているという。
(2015年2月21日現在)
そんな彼だが、Twitterで「黒木氏配偶者実家付近の西川内で健康被害の聞き取り調査を行った」としてその「調査結果」を最近明らかにした。

48)



 そこで木星通信はついでに聞き取り調査に「健康被害の調査する人物が現れたか?」も追加する
事にした。
取材したのは「宮崎県日向市、西川内の託児施設、役場、行政機関」

 
「とみたか保育園」宮崎県日向市大字富高3534
「健康被害もないし、健康被害の聞き取り調査の人物が現れたという話しも聞かない」という。
 
 地元の行政機関 日向東臼杵南部広域連合(役場)
宮崎県日向市大字富高2192
「造成工事の粉塵被害は聞いた事在りません。汚水被害もありません、健康被害の聞き取り調査の人が来たなんて聞いた事在りません」


 日向市役所 環境政策課 最終処分場汚水処理施設 
宮崎県日向市大字富高1453-1
「被害はありません、健康被害の聞き取り調査の人が現れたというのは聞かないですね」

 という事なので、西川内に「健康被害の聞き取り調査」に現れた人物は確認できなかった。
またこの取材の主旨である「造成工事の粉塵被害による子供の健康被害の実例」は皆無だった。

 これにより、木星通信は「黒木睦子氏の子供の健康被害の訴えは虚偽である可能性が高い」との見解を示す事にした。






 
 

このページのトップヘ