木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 小保方

 有志の会にも書きましたが、「専門的で解り辛い・・・」と言うご指摘受けましたので、こちらに書き直しますね。
2015年12月18日付けの古田彩氏の発言。
  
ef93144b-s

 これを見ると、まるで9月に「STAP現象は再現出来ない」という論文がネイチャーに掲載されたかのように思いますが、そんな論文はどこにも存在しません。

 STAP細胞論文へのレビュー(批評)が追試結果とともに掲載されてるだけです。
 『アトモスの部屋』さんより〜
23)
 詳しくは、『アトモスの部屋』さんを読んで頂くとして、時間のない方に簡単に説明すると、STAP細胞論文へのレビュー(査読、批評、追試の感想文みたいなもの)が2報掲載されてるだけで、『STAP細胞の存在を否定する論文』なんか存在しない、という事です。

 須田桃子さんも大々的に『STAP現象 133回追試 すべて作れず』との記事を掲載しておられますが、なんでしょうね。この記事も最初は研究の報告だったのが、最後は学術論文になっていますね。
「研究レポート、論文レビュー」が『学術論文』ならわたくしも明日から博士ですね。

a0455a74-s

 取り下げられた論文の追試をしてその論文の否定論文が『ネイチャー』に掲載されるってちょっと学術論文に詳しいヒトならすぐに可笑しいと解る筈ですけど。『ネイチャー』が科学者の罵り合いの場になっちゃうでしょ?

 こんな簡単な報道トリックを仕掛けて来るなんてそもそも私ら一般人はナメられてますよ。
追試の報告が載っただけなのに『世界レベルで否定された』みたいな印象報道してる訳でしょう?

 もし、このブログ記事を日経グループのヒトが見ていていたら、問題化した方が良いと思いますよ。
『天網恢々粗にして漏らさず』こんな風に”査読”してちゃんと見破るヒトがいるんですから。
後々、問題が大きくなる前に、この事は報道機関としてちゃんと対処した方が良いと思います。

 『戦後最大の報道不正』として教科書に載る前に。
46)

 これも正しくは『若山照彦博士がSTAP細胞から作ったと主張していたFI幹細胞の〜』ですよね?
FI幹細胞は現存してるものは全て若山照彦博士が作製されたんだから。
まるで『既存の細胞』の『混合』である『FI幹細胞』を『小保方さん』が作ったかのように誤解させる表現ですよね?なんでこうなるのかしら?『日経サイエンス』のSTAP細胞の記事、一から読み返してみてね。持ってるヒトは。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ぼ、ぼ、僕らはSTAP細胞探偵団♪ 勇気りんりん形成だ♪ 悪い博士はマクロファージだ! 

 やあ、みんな元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル♪
久しぶりだね、ここの管理人さんは「体育の日特別企画」とか「勤労感謝の日特別企画」と僕の登場企画を色々考えていたみたいだけど、生来、面倒くさがり屋だからズルズルこの時期になったの。

 そんな事より。ねぇねぇ知ってる?

 STAP細胞事件でまた騒ぎがあったみたい。
ここの管理人さんがアメリカの中国人研究者達が発表した研究が「STAP現象だね!小保方さんの発見は真実だった!」ってブログに書いたら、世間は爆竹投げ込まれたみたいに大騒ぎになったんだよ。

 管理人さんの記事は今30万ヒット超えをしているよ。
まあスクープだよね。

 面白いのは大学教授まで乗り出してこの噂の火消しに躍起になってる事。
「話題になった研究に引用されている小保方さんの論文はSTAP論文ではなく、むしろSTAPだった事を否定している。。。」みたいな事を言ってるみたい。支離滅裂だよね。
STAPの事じゃない論文でどうやってSTAP否定できるんだよ。

  あとはSTAPは弱酸の刺激だから、アメリカの博士達の損傷ストレスと同じではない。
というヒトもいる。研究者らしいけど、STAP細胞の刺激の種類も知らない。
つまりSTAP細胞の情報に関して無知なヒトが、一般人にSTAPの存在を否定するニュースを発表してる。そのおかしさにソロソロ気がついてよ。

 アメリカの博士たちに引用されてる小保方さんの論文がSTAPだと思うなら理研の不正認定に抗議してあげてよ。だって小保方さんは学生時代に書いたこの論文から博士論文を書いていて、その画像をSTAP論文に引用したら「不正認定」されちゃったんだよ。過去に書いた自分の論文の引用で、だよ。
博士論文の研究内容はSTAPと関係ない博士論文からの引用は不正だ!ってさ。

暴力だろ。こんなの。

 管理人さんは自分の記事が18万アクセス超えした時に有識者にメールを送ってる。
「この後、すごい揺り戻しがきて、こちら側がデマだという工作もあるだろうと思います。しかし科学的事実は崩せません。」きっぱりだよ。清々しいだろう?微塵も揺るがない。


 理研はSTAP現象、STAP細胞の定義についてこう発表している。
『STAP現象は万能性までを言うとしたら、STAP現象から作り出された細胞をSTAP細胞と言う。』
だから万能性が確認出来ないなら『STAP現象』ではなく、『STAP細胞が作り出された』でも良いと思う。少しその辺は管理人さんが早とちりしているね。

 それから、驚異的アクセスで、『小保方晴子さんの不正な報道を追及する有志の会』会員が欣喜雀躍してる、かと言うとそんな事もなくて。(漢字読める?)

 バーゲンが終わってからっぽになった倉庫の中で石油ストーブに当たりながら「これからどうスですかね?」みたいな感じ。


 だってそうでしょう?本来なら有志の会の人達がSTAP細胞を再現して『STAP細胞はありまーす!』
って言わなきゃ。それでこそ報道不正を告発出来るでしょ?でもそんな専門的技術は無いから、資料取り寄せて『あーだこーだ』言うしかないのね。クスクス。

 で、それを試験的段階とはいえ、米国のSTAP細胞に似た研究レポートが発表されたから、それをたたき台にして議論して行こうか?みたいな感じ。みんな大人で(管理人さんを除いて)冷静だよ。

 でも、オボちゃんが発明したストレスで体細胞が初期化(リプログラミング)した事を実証する研究報告がこんなに早く出るとは誰も予想してなかった。STAP細胞様再発見でSTAPが存在した事の真相解明をするには10年くらいかかるかも、と有志の会の人は言っていたから。

 それから、細胞の初期化は前から研究されてた、小保方さんの発明じゃない、って言う人もいるけど、それじゃ、STAP細胞が発見された時、なんで前から「細胞の初期化は前からありまぁ〜〜す!」って言わないの?STAP細胞はさ、細胞は一端分化したら元に戻る事は無い、って言うのが定説だったの。
だからオボちゃんが「オレンジジュースで初期化しました!」って言ったときは生物学会はヒックリ返った訳なのね。

 『バカの壁』で有名な養老孟司さんが『ねつ造の科学者』「論評」でこんな事を述べておられた。
『生物は元来歴史的存在であり、「記憶の消去」はできない。記憶を完全に消去したら細胞自体が消える。いいたいことはわかるが、これは実験家の夢である。初期化とはまさに工学の発想であり、生物学ではない。』

 ね?STAPの否定に使われているんだよ。

STAPを否定するときは「体細胞が物理的刺激で初期化する事はない!」
同じ発見があったよ、言えば「体細胞が物理的刺激で初期化する研究は前からあったオボの発見じゃない」

 クスクス。。。

 ようするに「否定の為のロジック」ありきなんだよね。
「だからお前はだめだ」「お前だからだめなんだ」みたいなね。パワハラだろ。こんなの。
養老さんは今回の「物理的刺激でマウスの骨格筋細胞がリプログラミング!」をどう思うのかしら?
聞いてみたいね。だれか大人の人やってみせてよ。

 僕はまだ子供だし。
そうそう、管理人さんは第二矢も用意してるかもよ。
内容は秘密だよ。

 管理人さんは今、有志の会についてどこのメディアもちゃんと取材しないで勝手な憶測記事書いてるから怒ってる。今巷にある有志の会への批評、まったく無取材で書いてるからね。
みなさん、巨大メディアって意外にいいかげんでしょ?

 ま、僕は年賀状書きに忙しいからまたね。
みなさん良いクリスマスを迎えてね〜! おしまい。









 
 



 

 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK様。

2014年7月27日放送の「STAP細胞不正の深層」
報道内容につきまして、幾つかの疑問点を感じ、質問をさせていただきます。

なお、報道倫理、放送倫理に係わる事と思われますので、必ず、必ずお返事頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

まず、小保方博士のラボの冷蔵庫から見つかった容器の中身は【ES細胞】と報道していますが、理研広報に問い合わせたところ、小保方博士の冷蔵庫から、ESと書かれた容器が見つかったのは確かです。

しかし中身は今遺伝子情報を解析中、中身がなんであるか、確認できていない。
との回答がありました。

NHKが未確認の遺伝子情報をES細胞と確認出来たのはどうしてですか。
独自解析でしょうか。

若山博士は小保方博士にES細胞を渡した事があると証言しています。
それが冷蔵庫のES細胞かも知れない可能性を一切排除したのは何故ですか。


www.youtube.com/watch?v=sVSNfSJRfQs



image


また、留学生が引越し中に消えたというES細胞が小保方博士の冷蔵庫にあった、とコメントありましたが、同じものといつ確認できたのでしょうか。

留学生の作成した遺伝子情報と小保方博士の冷蔵庫から出てきたESと書かれた保存容器の中身の遺伝子情報が一致したのでしょうか。

NHKが解析されたのでしょうか。

また、この留学生は紛失、盗難届けを出されたのでしょうか。遺伝子情報が紛失が日常なのでしょうか。
遺伝子情報は研究者の財産、だと思うのですが。

また、理研の研究員がSTAP細胞論文のデータを解析したら、アクロシンGFPと言う遺伝子が出たそうですが、STAP細胞とされる遺伝子は若山研究室にあったもの、つまり、若山博士が誤って小保方博士に渡した、と言う可能性を排除したのは何故ですか。

若山博士が遺伝子情報解析を依頼した「第三者機関」はどこでしょうか。
放医研(法医学総合研究所)だと一部報道されていますが、問い合わせたところ、「そのような契約は存在していない」との事でした。
第三者機関が解析したデータを確認された事がありますか。
第三者がチェックした証拠はどこで確認されたのでしょうか。



若山博士は小保方博士に渡したマウスと違う遺伝子のマウスが戻って来たと言う証言は誤りの可能性があると記者会見しました。

それについて、番組で言及しないのは、小保方博士に不正の疑いを向ける偏向報道ではありませんか。

また、若山博士は研究室に「私の知らないマウスがいた様だ」とマウスの全種類を把握して居ないとのコメントも出しています。

それについても検証されましたか。


理研の広報部は、NHKからコンタクトは無かった、NHKの独自取材であると言っています。

そして遺伝子情報の紛失は聞いた事がない。との事です。

今迄のSTAP報道と理研広報とのエビデンス、事実のすり合わせはありましたか。

先ず小保方博士が不正をしたからその証拠を集めようと言う番組作りになっていませんでしたか。

リーク情報の裏付けを取りましたか。
取材の鉄則をふみましたか。

理研の調査委に提出した小保方博士、故・笹井副センター長のメールを当人の許可なく公開したのは何故ですか。

調査委のメンバーが私信を勝手にNHKに渡して、社外秘のメールを公開した訳ですが、報道倫理に外れていませんか。

既に、この放送を苦にして、笹井芳樹副センター長が自ら命を絶っています。
今迄の過剰なバッシングで疲弊した後、この放送が自殺のきっかけになったのです。

このままでは、小保方博士は実証なく、遺伝子情報窃盗のイメージがついて回ります。一生です。貴社の番組でです。新たな犠牲者をださないよう、徹底検証され、そして、どうか、この質問にお答え下さいますように。



長々と失礼しました。

どうぞ、ご返答下さいますよう、宜しくお願い致します。


以上の文面を8月3日にNHKの報道スペシャル番組の専門ページに送信しました。

返信がありませんので、さらに書き足しをして本日NHK科学部にメールを送信しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKの捏造放送・不正内容を検証する。科学的知識不要。2014年7月27日、NHKスペシャルで放送された「STAP細胞 不正の深層」が放送された。 経過を見てみよう。

 【理研の遠藤高帆上級研究員がSTAP細胞の論文データを解析したところ特殊な遺伝子、アクロシンGFP遺伝子を検出】

理研の遠藤高帆(上級研究員)がSTAP細胞論文データを解析した所、アクロシンGFPと言う特殊な遺伝子が確認された。

若山研究室ではアクシロンGFPが組み込まれたマウスからES細胞を作っていた。 ES細胞はキメラマウスを簡単に作れる。小保方博士はこれを使いSTAP細胞と偽っていたのではないか、と言う論調だ。

 【小保方博士の冷蔵庫からES細胞の容器発見】

小保方博士の研究室の冷蔵庫からESと書かれたラベルが貼られた容器が発見された。
 NHKはこれを「中身はES細胞」「若山研究室にいた留学生が作ったものだ」 と紹介している。
 (理研はその中身は解析中で何か分からないと回答あり、NHKの透視能力に期待も高まる)

 さらにそのES細胞は去年、STAP細胞論文の共著者、若山博士の研究室が山梨大学に引越す時に持って行くはずだったもの」だとしている。(この番組中では若山研究所の引越を『去年』とナレーションしている。)

 【ES細胞を作った元留学生にインタビュー】

(テロップ)「ES細胞を作成した元留学」留学生が電話で記者に答える音声が流れる。留学生「保存してあるのは全部ES細胞ですので。なぜかこのSTAP細胞に関係ある所に見つかったのか本当にびっくりしました」さらに「それを直接本人に渡した事はない」と、電話のやり取りで締めくくった。

 あら、アクロシンGFPは小保方博士の冷蔵庫から見つかった。小保方博士は若山研究室が引越しの時に持って行くはずのES細胞を盗んだんだね。 と視聴者は思ったはず。しかし、留学生は「ES細胞」とはインタビューに答えているが、遠藤高帆氏が解析したアクロシンGFP遺伝子のものであるとは一言も言っていない。

ここに巧妙なトリックがある。

【 番組内で出てきた遺伝子情報の種類を確認してみよう】(科学的知識は不要)

 A 遠藤高帆上級研究員が解析した小保方博士作成のSTAP細胞論文。
(アクロシンGFPのデータ。STAP細胞は2011年から2012年頃作成。)

B 若山研究室にはアクロシンGFPからES細胞を作っており、保管していた。 2013年3月迄。 

C 小保方博士の冷蔵庫から見つかったESラベリング遺伝子。

D 若山研究室にいた留学生が作成したES細胞遺伝子。
(引越しで持って行くはずのもの。引越し2013年3月)

 このABCDが同じ内容の遺伝子である可能性は0である。 時系列が成り立たないからだ。

若山氏は7月22日、「私の研究室には、私の知らないマウスがいた様だ」とコメントしているが、NHKスペシャルでは、そこには触れられて居ない。

 
写真

この記事はいつの間にかリンクが消えて無かった事になり、若山氏が間違えて遺伝子の違うマウスを小保方博士に渡してしまった、という見方は無くなってしまった。

 「中立・公平」とする報道姿勢とはとても言えない番組作りになっている。

しかも先に報道した通り、小保方博士の冷蔵庫の細胞はまだ解析中としている。この中身からアクロシンGFP遺伝子が見つかったのならまだ解るのだが。 (それでも無理筋)
何から何まで辻褄の合わない事だらけの検証番組だ。


 この番組は後半は何故か故・笹井博士を批判する内容になっている。しかし、笹井博士がSTAP細胞研究に係わり、論文作成に協力したのは2013年から。

それまで、STAP細胞は小保方博士と若山氏の二人三脚で行なわれていた。
 しかし、笹井博士はSTAP細胞不正の黒幕的存在として紹介されている。 ここも、視聴者にミスリードを誘う内容になっている。冷蔵庫の中身を透視できるNHKはぜひともその力を遺伝子解析にも発揮して頂きたいものだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ