木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 小保方博士

 Jさんからの情報提供です。2014年3月27日の速報記事。

03)

若山博士はアメリカのサイエンスジャーナリストの取材にこう答えました。

出典 
 Wakayama said via email. He made stem cells from the STAP cells she said came from 129 mice. But he never made chimeras from the 129 cells, as stated in the paper (and Niwa protocol).


若山は、電子メールを介して言いました。「彼は彼女が129マウスから由来したと言ったSTAP細胞から幹細胞を作りました。論文(そして丹羽プロトコル)に記載されているように。しかし、彼は決して、129細胞からキメラを作っていないのです。」

Jさんの訳。

小保方氏が129マウスから出来たと称するSTAP細胞から幹細胞を樹立はしたが、その幹細胞(或いはSTAP細胞)からキメラは絶対作成していない」

 Wakayama said via email. He made stem cells from the STAP cells she said came from 129 mice. But he never made chimeras from the 129 cells, as stated in the paper (and Niwa protocol).

“I gave 129 mice to Dr. Obokata. Then, Dr. Obokata generated STAP cells from those mice, and gave me two STAP cells. I do not know how many STAP cells were generated at that time. I got just two. Then, I established two STAP stem cell lines from those two STAP cells. However, I did not make chimera from those cell lines. Then I left RIken." In another email he clarified: "

「私は小保方博士に129を与えました。その後小保方博士はこれらのマウスからSTAP細胞を生成し、(中略)その後私はそれらのSTAP細胞から二つのSTAP幹細胞株を樹立しました(AC129 1-2)それらの細胞株からキメラを作りませんでした。」
I left Riken one year ago.

私は一年前、理研を去りました。

Then we could not (establish) contact well between authors. Maybe Dr. Sasai, who wrote the papers, thought that I did chimera experiment of 129.”

その後、我々は著者達との間で樹分な接触を出来ませんでした。
論文を書いたのは多分、笹井博士で、「私はキメラの実験を行ったと思ったのでした。」 
 
00)

 Jさんが見つけた若山博士とサイエンスジャーナリストとのやり取りです。

Breaking News: Growing Concerns Over STAP Cell Sources

  これを簡単に訳す限り、今までのSTAP細胞報道見ていての感想は、「三年近くもSTAP細胞の実験をしていながら何故こんなに混乱した論文作製になったのだ」というものです。

129/Svでも多能性を試した、という論文の箇所はJさんが説明してくれました。__引用__

 「論文では129でキメラで多能性を確認とありました」というのは、Articleのメソッドの
>C57BL/6 carrying Oct4-gfp (29 of 29), 129/Sv carrying Rosa26-gfp (2 of 2) and 129/Sv × C57BL/6 carrying cag-gfp (12 of 16). STAP stem cells with all these genetic backgrounds showed chimaera-forming activity.
の部分のことですね。

 ここは微妙なところで、B6,129,129B6F1すべてにキメラ形成能が示されているとしていながらも、129からのキメラ作成のデータが論文内にないということは、ここのメソッドを書いた人(129/Sv carrying Rosa26-gfpという特殊なマウスを知っている人、小保方氏でもなく若山氏でもなくおそらくは笹井氏?)が小保方氏・若山氏とで確認がうまく出来ていないまま論文提出されてしまったということかと。(しかしこれは「捏造」ではなく単なるミスでしょう)
 」
__引用終わり__

 STAP-MTAには129/SvでAC129を作ったと書いてありますから、129/SvはSTAP実験に使われていた、しかし、キメラは作られていなくて、多能性は確認されていない、のであればJさんが示してくれた 「
C57BL/6 carrying Oct4-gfp (29 of 29), 129/Sv carrying Rosa26-gfp (2 of 2) and 129/Sv × C57BL/6 carrying cag-gfp (12 of 16). STAP stem cells with all these genetic backgrounds showed chimaera-forming activity.」と矛盾します。

 129/Sv carrying Rosa26-gfpを誤記の元129/Svであるとして考えるとそうなります。
若山博士は理研から山梨大に試料129/Svを移管し、それを解析に出して中身が129B6F1だったとして論文撤回理由の一つにしました。
小保方博士がマウスを実験中にすり替えた、ポケットに入れて持ち込んだ・・・
小保方バッシングの着火点であった若山博士の告発でした。

 STAP-MTAの樹立日記載ミスもそうですが、この<129/Sv樹立AC129-1と2>は存在が非常に怪しいです。
論文共著者が論文投稿まで連絡が取れてないというのも耳を疑う話しです。
なぜこんな大事な研究論文がそれぞれのパートで分断されていたのか。


 Jさんは「AC129の件についての問題のポイントは「129/Svで本当に実験があったかどうか」というよりも、若山氏がGFPマウスの遺伝子チェックをせずに"129/Sv-GFP"の実験をしたことかと思います。

 今まで若山研維持の129 CAG-GFPのマウスやESの遺伝子解析をしたことがなかったとはとても思えません。(若山氏はマウスの繁殖管理は見た目だけと会見で言っていて管理が杜撰とはいえないと妙な強弁をされていましたが)129/SvJの過去の遺伝的汚染の件や129 CAG-GFPが129B6F1との戻し交配で関係を持っていることは分かっていた筈で、遺伝子解析で129B6F1の結果が出たから即有り得ない(マウスや別細胞のすり替えの可能性)と騒ぎ立てた氏の非科学的な見識こそ責めるべきかと。

 (少なくとも第18染色体のCAG-GFPは若山研にしかないと会見で言っていて、つまりAC129は少なくとも若山研マウス由来であることは確実になったはずなのに、謝罪も碌にできない氏はなんなのかと。」

 と私の「AC129=試料129/Svは元々129B6F1」だ!と騒いでいる件について、アドバイスしてくれました。

 若山博士の論文撤回理由の一つ、GFPを入れた目印の染色体の番号が違った細胞が戻って来た、自分の研究室にいるマウスではない、という撤回理由は消えました。

 残るは129/Svを渡したら129B6F1が戻って来た、だけです。
この論拠が崩れた時、小保方博士バッシングの潮目が大きく変わるのではないか、と木星は考えています。
カスの固まりみたいなこの木星を見かねてか、力強い助言やスキルの高い翻訳をして下さる方にも恵まれました。もう少し、この怪奇な事件の真相に迫って見たいと思います。

 まだしばらくこの木星通信におつきあい下さい。






翻訳協力:ゲノム名無しさん。



 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 おいらが逮捕されるらしいけど、一応もう一度書いておきます。

 
59)

129/Sv Carying-Roza-GFPが実験記録になく実験に使われたとあるのは誤記だろうという所で
だから実験に使われてないというのは撤回します。誤解を与える表現でした。 

改訂:若山博士と小保方晴子は129/Svで(白いマウス)で実験していたのに、その実験結果のマウスがFig4.には129Sv×B6であるので、STAP-MTAにある試料129/Svは元々中身が129B6F1である、という推論です。 

若山博士はこの試料129/Svを解析に出して、129B6F1が解析されたので小保方博士がマウスか細胞をすり替えたと主張し論文撤回理由にした。


(129/Sv=129B6F1)の公式は維持します。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 来る2015年9月27日、第二回「小保方博士の不正な報道を追及する有志の会」のオフ会を開催致します。つきましては、新たに発覚したAC129への疑義、STAP実験の検証などについて、リアルに議論出来ればと思います。

 どうぞ、皆さんふるってご参加ください。

 場所:都内どこか。 新宿・渋谷・吉祥寺の参加者にとって便利な場所。
 時間:午後三時から夕方くらい。

  メッセージ欄かTwitterなどでコンタクトを頂ければ、時間や場所の都合を整えます。
 参加費・第一回はお茶代と菓子代くらい。(600円くらいでした) 

 ※簡単な経緯の解る資料をお配りします。

「小保方博士の不正な報道を追及する有志の会」代表 木星通信 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



  2014年6月16日に若山照彦博士がSTAP幹細胞を第三者機関(実は知人の研究者)に解析に出した試料の一つに129/Svマウスから樹立したAC1292株があります。

 若山照彦博士は理研で山梨大学に研究室を移す時、小保方博士と共同実験していたSTAP細胞実験の成果物を沢山移動させました。
そのうちの129/Svという種類のマウス(毛並み白)から作ったAC129の1と2を解析に出したのです。

 すると、解析結果の遺伝子情報はマウス129とB6から作られる特徴の129B6F1が検出され、どこかで実験の最中に小保方博士がマウスをすり替えた、(ポケットに入れて持ち込んだと表現)と訴え、STAP細胞実験に「自信が持てなくなった」と論文撤回理由を世間に公表しました。


 STAP細胞実験の手順は、「子マウスを小保方博士に渡す→小保方博士が子マウスから細胞を取り出し、酢酸ストレスを与え、生き残ってGFPを発現する細胞を若山博士に渡し、若山博士が培養し、キメラマウスを作り、そのマウスの細胞を調べてSTAP実験が成功したかどうか調べる」です。

  若山博士が論文撤回理由として訴えた「129/Sv(マウス)を渡して実験した試料を解析したら中身は
129B6F1だった、途中ですり替えられた。小保方博士が実験をねつ造した」というもので、「マウスすり替え説」が喧伝され小保方博士に実験の疑義がかかりました。

 しかし理研の調査委の報告書を見ると、129/Svで実験した記録が無く、STAP幹細胞はAC129であった可能性があるとしています。(論文には129/Svで樹立したとあるが誤記であろうとしています)

 理研のSTAP細胞検証結果の図表を見ると、AC129はマウス129とマウスB6の掛け合わせ、「129B6」で作られています。

 この二つの細胞の樹立日は同じです。
AC129の1と2は2012年8月13日樹立。

桂報告書では129B6でAC129の1と2を2012年8月13日樹立。
STAP-MTAでは129/Sv でAC129の1と2を2012年8月13日樹立。

 理研の桂報告書を信じるとしたら試料移管契約書、STAP-MTAに記載の129/Svの中身はマウス129/SvとマウスB6を掛け合わせた129B6から作ったAC129の特徴と同じ129B6F1です。

 木星は最初129B6F1を129/Svとラベリングして解析に出したのではと疑っていました。
しかしSTAP-MTAには129/Svの記載があり、ラベリングではなく本当に存在していました。
なのでその推理は根拠が崩れます。

 そうではなく、129B6F1を129/Svとして移管していたのを解析に出したのです。
中身が129B6F1と知っていて、それを解析試料として選んだのなら小保方博士はねつ造実験隠蔽の為に罠にはめられた事になります。

 元々129/Svでは実験がなく、129/Svマウスから作ったSTAP幹細胞は存在しない。
なのに何故、STAP-MTAには129/Svが記載されているのか。
129/SvでSTAP幹細胞を作った実験は記録が無く誤記だと。
若山博士が解析に出したSTAP幹細胞の「試料129/Sv」こそ偽造であると言えます。


 それならば若山博士の「マウス129/Svを渡したら違う遺伝子情報の細胞が戻って来た」論拠が全くない事になり、解析の目的はねつ造実験の真相隠蔽であると言えましょう。
 
 表図は理研調査委のSTAP関連株一覧。①
この表ではAC129はマウス129とB6の掛け合わせで出来ている。 

16)


 STAP-MTA②(試料移管契約書・理研CDB→山梨大学)こちらではAC-129を129/Sv(白いマウス)
で作られている。
若山博士が白いマウス129/Svを小保方博士に渡して小保方博士が129B6のマウスから作った細胞
が戻って来てそれでキメラマウスを作り、産まれた子マウスが白いマウスでなはなく、129B6の特徴である茶色であるので、若山博士はマウスのすり替えに気がつかない筈が無い、という声は2014年6月の時点で散見されました。
54)
 若山博士が解析に出した細胞のうち、株二つが129/Svマウスから作ったAC129。
STAP-MTAに記載通りの細胞。
しかし理研の桂調査委の報告書10Pには129/SvでSTAP幹細胞が樹立されたとあるがこの時の実験に使われた129/Sv系マウスは理研CDBに導入された記録や飼育記録がないとしています。
ではSTAP-MTAに記載されたSTAP幹細胞 129/Svとはなんなのでしょうか。
元々129B6で実験してたデータの使い回し?
 そうするとDORAのブログに現れた24氏の指摘と重なります。

 
image

  解析試料の遺伝子結果でSTAPあることを示す証拠はないとした若山博士。


33)


 小保方博士に渡したマウスとは違うマウスの細胞が戻って来たと若山博士。
しかし元々129/Svでの実験は存在しませんでした。
理研から移管された129/SvSTAP幹細胞の正体は129B6F1だったのでした。   

 
44)







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 STAP細胞論文撤回理由のうちのひとつは、若山博士が実験の為にマウス129/Svを渡し、小保方博士にSTAP細胞を作ってもらった、その遺伝子を第三者機関に解析してもらったら、129B6F1だった。
実験は不正だった、という ものでした。

 STAP-MTAを見ると、129/Svは「2012年 8月13日樹立」であり、「AC129の1と2」が作られています。
しかし、理研の桂調査委報告書では 「AC129の1と2」は129×B6で作られています。

図① 理研の調査委報告書
 
31)

図② STAP-MTA(STAP実験 試料移管契約書) 
54)
 STAP-MTAに記載がある129/Svマウスは本当は129×B6で、129/Sv(129×B6)を小保方博士に渡したら戻って来るのは遺伝子的特徴は129B6F1に極めて近いだろうと思われます。

 山梨大学から第三者機関に送った(MTAに記載がある)[STAP幹細胞129/Sv]を解析したら129B6F1だったというのはいささかも不思議はありません。[(129/Sv)=(129×B6)であるなら]→STAP実験をした小保方博士が細胞を戻すと[(129B6F1)]として戻るからです。

 【2012年8月13日樹立】129/Sv(AC129 1と2を作成。山梨大学へ理研から移管、第三者機関へ解析、中身が129B6F1) 
    
【2012年8月13日樹立】129B6  (理研の桂調査報告書ではAC129 1と2を作成、遺伝子系統は129B6F1)   
 

 と、なると若山照彦博士の「129/Svマウスを渡したら129B6F1が戻って来ていたので実験に自信が持てなくなった」という論拠は崩れます。

 またNHKスペシャルSTAP細胞 不正の深層 で「小保方博士から間違った細胞が戻って来た」かのように放送し、小保方博士が実験をねつ造していたとしたのは報道倫理に反します。

 マウスのすり替えをしていたのは果たしてどちらなのでしょうか?



 
image
桂報告書10pでもマウス129/Svは実験も飼育されておらず、これでSTAP幹細胞を作ったのは誤記であると書いてあります。 ですのでMTA記載の129/Svは中身が129B6であったと思われます。 また、2012年8月13日のAC129を作っている129B6のGFPはCAGになっています。 Oct-4ではありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ