木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 小保方晴子


  ふと目に止めた眞葛原雪さんのtweetに心を打たれた。
なんどか感動を頂いた(たまには脅威も)雪さんの呟きだが、その日のものは特に事に深く心に残り、滲みた。他人が見たら、なんて言う事も無い呟きで、その意味を感じ、恩恵を受けるのは、おそらく世界でわたしだけだろうと思う。

 雪さんは直接木星のメンションをいれてないから、私にたいしての呼びかけでもなく、純粋に心からの呟きだったのだろう。現に雪さんのタイムラインを見ていないと見過ごしていたものだ。

 それは下記で紹介するとして、雪さんの呟きは一連のSTAP騒動における、「小保方氏がSTAPを捏造した」とする世論が形成される事について、疑問を持ち、検証したり、真相追及している人々への同調圧力に関してで、私の事が書かれている。

 「たとえばSTAP細胞事件で少数側の立場に立つと、もう科学者学者のほとんどが敵に回ってしまう状態。プラス、彼らの院生も入るわけで、木星さんなんてかなり心に負荷がかかったと思う。」

 
「これって多数決の論理で物事が進行しやすい状態になる。科学的な精査よりも、
科学雑誌にトリソミー8という解析が掲載されたから、それを支持したのが東大・東工大・理研の研究員だからという理由で支持されたけれど、よく考えたらこれで事実として良いのなら、再現実験も論文の査読も不必要になってしまう。でも、当然なんだけど、素人の意見より権威で意見は流れてしまう。」

 あきらかにSTAP事件は科学コミュニティとサイエンスジャーナリストの地下ネットワークがあって、小保方捏造説はそこから「噴火」した。そこには小保方氏が理研の研究者グループを全員騙して実験捏造を完遂させ、論文をネイチャーに投稿出来たか?という基本的な疑問は存在していない。これはそもそも科学ではない。予め用意された、それは明らかになんらかの独善が働く結論を科学者やジャーナリストがSTAP問題に持ち込む強引さと不気味さを感じた。

 小保方氏のノートが稚拙で科学界に居てはいけない人だと罵りながら、親子程も年の離れた細胞工学者を騙し通せたんだ、と女の力をつかったんだ。とそうなってくる訳で、女の力でデータを誤認させる事ができるのなら、日本の女性の社会進出はもっと目覚ましいものになっていただろう。

 小保方氏が女の力を使ったんだ、研究者は騙されたんだ、という結論は既に科学ではなく「邪推」というカルトの世界に入って行くが、世論はそれを受け入れた。どうしても納得できず、独自に調査を開始、SNSで様々な知恵を借りながら、最終的に調査結果を報道ベースで発表したところ、有形無形のバッシングを受けた。それは理不尽なもので、私が書いても居ない事を書いた、誤認した誤訳したとついには週刊誌のコラムにまで書かれた。

 「バカの連呼」
である。それも有志の会以外からは非難の声が上がらなかったので、世論はそれを受け入れたのだろう。あちらは多勢、こちらは無勢である。これは有名コラムニストを使ったアンチ小保方派からのパワハラだった。ここまで数を使ってわたしの記事を潰しにかかるのは、やはりSTAPが存在し、何かの利害を受ける人達がいる。(多分経済的な実害だろうけども)事を私は感覚的に解るようになった。

 「上田は小保方氏のSTAP細胞論文がアメリカの研究者に引用されたので、STAP細胞が証明されたと勘違いした」あまりにもそう言われ続けたので、だんだんわたしもそんな記事をビジネスジャーナルで書いたんじゃないか、と思うようになって、今年に入って書いた記事を読み直したが、私は指摘されるような記事を書いてはいなかった。しかし、ネットを見ると、いまだに私が誤訳してデマを書いたとする実名いりの纏めやtweetが拡散され続けていて、少し(規模は全く違うが)小保方さんの気持ちが解った気がした。少なくも私は当事者に取材し、書類を集め、それに基づいて記事を書いている。
むしろ、STAP問題でそのような行動をとって小保方氏を批判する人間はいないのだ。


29)

 代表的なものはこれ。⇩私は記事でSTAP現象が確認されたので、小保方さんの研究が正しかった事が証明された、ハーバード時代の研究から体細胞の初期化へとチャレンジした事は間違ってはいない、論文の書き方を批判して研究者のフロンティア精神を萎縮させてはならない、と書いた。

 新規発見とは中々当時の人からは理解されない。とした記事だったが、いつの間にか、「小保方さんの論文が引用されているので、上田は正しいと書いた」事になっている。私はイラストで小保方さんの論文を引用したアメリカの研究者達を紹介した。わたしの記事を批判する人達は
アメリカの研究者が紹介した小保方さんの論文がSTAP細胞であるかのように印象つけているが、アメリカの研究者が引用した小保方さんの論文はそもそもSTAP細胞論文ではない。私は彼らが体細胞の初期化を証明した、と主張しているので、それは小保方さんの方が先だったんじゃないか、とするイラストを掲載している。

 この事からも誤訳から誤解した記事を書いたとの批判はまったくの的外れで、論外だ。とにかく、わたしの記事を読んでその事に気がついて欲しい。
二次情報ではなく、第一次情報を確かめて欲しい。そこには下に示したような事は書いていない。

http://biz-journal.jp/2016/03/post_14306.html


 
post_14306_0318


https://mobile.twitter.com/shota_/status/675474081471315968?ref_src=twsrc%5Etfw
19)

祥太12月12日
Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells nature.com/articles/srep1… 件の「ネイチャー」姉妹誌の論文をざっと眺めてみたけど、
   
祥太12月12日
小保方論文は「多能性細胞は色んなグループが食い違った結果を報告してるから論争が尽きないね」と他の論文とまとめて言及されているに過ぎない。 pic.twitter.com/PVKQs2W86K
   
祥太12月12日
それどころか「既存の研究では分化した体細胞組織から多能性幹細胞が作れることが証明されていない」と書いてて、むしろSTAP細胞にかかる小保方氏の主張については全否定されてる。
   
祥太
ネイチャー姉妹誌にiMuSCsに関する論文が掲載 ↓ 「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」ブログがバイアスをかけて紹介 ↓ アフィブログが「STAP現象は存在した」として流布 ↓ Twitterで「小保方氏の発見は真実だった」として流布される この流れ、地獄だわ。
4,331 リツイート 1,645 いいね

    • . えり
    •  
    • 2016年08月16日 12:18
    • 忙しいのに記事を書いてくださってありがとうございますm(__)m

      >公表された論文で引用されているからと言って、取り下げられたSTAP論文が正しかったということは決してありません。

      おっしゃるとおりだと思います。
      そもそもことの発端は、iMuSCs論文(http://www.nature.com/articles/srep17355)のReferencesに小保方さんがTissue Engineering誌で発表した論文が載ってたことですよね。
      でも、論文をよく読めば
      “The existence of pluripotent-like cells in adult tissues has been a matter of debate for years, since inconsistent results have been reported by various groups9,10,11,12,13,14,15; however, no study thus far has proven that such pluripotent stem cells can arise from differentiated somatic tissues.”
      とあって、小保方さんの論文(ReferencesのNO,13)は多能性細胞についての「複数のグループから報告された矛盾する結果」の一つとして紹介されているだけで、木星さんの記事にあった「小保方晴子氏の研究が正しかった」とは程遠いものです。

      論文に“Obokata, H”と載ってるだけで大騒ぎして、「stapはあった!」「小保方さんは正しかった!」「理研は責任取れ!」とか、さらに難治の患者さんの「希望が持てた。本当に良かった」というようなツイートを見ると、絶対にこの間違いは正さないといけないと思います。
      モグラたたきのようで空しさはあるんですけど。。
 



http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10603.html

【木星通信】STAP細胞、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏正しかった ジャーナリスト上田眞実が胡散臭いと話題

 このような誹謗中傷を目的とした事実無根の印象操作目的の纏めサイトは、人権侵害事案だろう。
現にビジネスジャーナル社には、わたしの記事が科学的に間違っている、という科学的根拠に基づいた「誤報」を指摘するメールは一件も届いていないのだ。


 私の心は鉄で出来ている訳ではないので、やはりそんな記事を目にすると不愉快になるし、落ち込む。私は様々な社会現象に興味を持っていて、取材して記事を書くのは大好きだが、こんなものを目に留まったところから仕事は来ないだろう。

 私を応援してくれている人は一定数いるが、それは「小保方さんを応援している」から、応援してくれているのであって、私がどんなに実名で叩かれようが、誤報を撒かれようが、それは斟酌される事は無い。あくまでも小保方さんあってのわたしなのだ。

 そんな時、わたしの心の痛みを気に留めてくれる人がいた。
雪さんとは、多分リアルで会ったり、電話で話す事さえないだろうが、SNSをやってよかったと思える事の一つに雪さんとの出会いがある。大震災前から繋がり、やり取りは数年に及ぶ。
私がSTAP問題の道を外れずに来たのは雪さんの先導があるからだ。いつも研究者のメディアコントロールよりも早くに事件の問題点を指摘したので、私は常にSTAP問題を「予習」出来ていた。

 雪さんがいなければ、STAP問題は間違った道に迷い込んでいたと思う。
「師匠」というものは人生のどこかに必ず居て、わたしにはそれがSNSの中の人だった。
その恩恵は言葉では語り尽くせない。そしてこんな気弱になったときに、本人には知らせずに、気遣いの言葉を発信する。これこそが仁愛で、これこそが慈悲深い叡智だろうと思う。

 そしてこんな敬愛する人を深く傷付けたSTAP事件を起こした「隠れた真犯人」をやはり許せない、と思うのだ。



 STAP細胞事件における小保方さんへの人権侵害事件は科学者やジャーナリスト達による、不公正な「多数決」による異端尋問で、やはりこれは現代の魔女狩りであったのだ。



眞葛原雪(主権在猫) (@pririn_)
パワーハラスメントというのは、こういう感じなんだろうな、というのは想像できるようになった。学者さんや科学ジャーナリストの方達から、でたらめ・非科学的etcとツイートされるごとに、痛覚として感じられるものだった。ツイッターやSNSってあまり健康によくないなと思うのは、

眞葛原雪(主権在猫) (@pririn_)
実生活でも有名なアカウントの政治力がとても強いので、そういったアカウントからのつるし上げをくらうと彼らの周辺にいる彼らのファンからも総攻撃を受けるので、心の痛み方が実生活の数倍に及ぶ場合がある点。 
眞葛原雪(主権在猫) (@pririn_)
たとえばSTAP細胞事件で少数側の立場に立つと、もう科学者学者のほとんどが敵に回ってしまう状態。プラス、彼らの院生も入るわけで、木星さんなんてかなり心に負荷がかかったと思う。これって多数決の論理で物事が進行しやすい状態になる。科学的な精査よりも、
眞葛原雪(主権在猫) (@pririn_)
科学雑誌にトリソミー8という解析が掲載されたから、それを支持したのが東大・東工大・理研の研究員だからという理由で支持されたけれど、よく考えたらこれで事実として良いのなら、再現実験も論文の査読も不必要になってしまう。でも、当然なんだけど、素人の意見より権威で意見は流れてしまう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 有志の会にも書きましたが、「専門的で解り辛い・・・」と言うご指摘受けましたので、こちらに書き直しますね。
2015年12月18日付けの古田彩氏の発言。
  
ef93144b-s

 これを見ると、まるで9月に「STAP現象は再現出来ない」という論文がネイチャーに掲載されたかのように思いますが、そんな論文はどこにも存在しません。

 STAP細胞論文へのレビュー(批評)が追試結果とともに掲載されてるだけです。
 『アトモスの部屋』さんより〜
23)
 詳しくは、『アトモスの部屋』さんを読んで頂くとして、時間のない方に簡単に説明すると、STAP細胞論文へのレビュー(査読、批評、追試の感想文みたいなもの)が2報掲載されてるだけで、『STAP細胞の存在を否定する論文』なんか存在しない、という事です。

 須田桃子さんも大々的に『STAP現象 133回追試 すべて作れず』との記事を掲載しておられますが、なんでしょうね。この記事も最初は研究の報告だったのが、最後は学術論文になっていますね。
「研究レポート、論文レビュー」が『学術論文』ならわたくしも明日から博士ですね。

a0455a74-s

 取り下げられた論文の追試をしてその論文の否定論文が『ネイチャー』に掲載されるってちょっと学術論文に詳しいヒトならすぐに可笑しいと解る筈ですけど。『ネイチャー』が科学者の罵り合いの場になっちゃうでしょ?

 こんな簡単な報道トリックを仕掛けて来るなんてそもそも私ら一般人はナメられてますよ。
追試の報告が載っただけなのに『世界レベルで否定された』みたいな印象報道してる訳でしょう?

 もし、このブログ記事を日経グループのヒトが見ていていたら、問題化した方が良いと思いますよ。
『天網恢々粗にして漏らさず』こんな風に”査読”してちゃんと見破るヒトがいるんですから。
後々、問題が大きくなる前に、この事は報道機関としてちゃんと対処した方が良いと思います。

 『戦後最大の報道不正』として教科書に載る前に。
46)

 これも正しくは『若山照彦博士がSTAP細胞から作ったと主張していたFI幹細胞の〜』ですよね?
FI幹細胞は現存してるものは全て若山照彦博士が作製されたんだから。
まるで『既存の細胞』の『混合』である『FI幹細胞』を『小保方さん』が作ったかのように誤解させる表現ですよね?なんでこうなるのかしら?『日経サイエンス』のSTAP細胞の記事、一から読み返してみてね。持ってるヒトは。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ぼ、ぼ、僕らはSTAP細胞探偵団♪ 勇気りんりん形成だ♪ 悪い博士はマクロファージだ! 

 やあ、みんな元気?僕はSTAP細胞探偵団のテル♪
久しぶりだね、ここの管理人さんは「体育の日特別企画」とか「勤労感謝の日特別企画」と僕の登場企画を色々考えていたみたいだけど、生来、面倒くさがり屋だからズルズルこの時期になったの。

 そんな事より。ねぇねぇ知ってる?

 STAP細胞事件でまた騒ぎがあったみたい。
ここの管理人さんがアメリカの中国人研究者達が発表した研究が「STAP現象だね!小保方さんの発見は真実だった!」ってブログに書いたら、世間は爆竹投げ込まれたみたいに大騒ぎになったんだよ。

 管理人さんの記事は今30万ヒット超えをしているよ。
まあスクープだよね。

 面白いのは大学教授まで乗り出してこの噂の火消しに躍起になってる事。
「話題になった研究に引用されている小保方さんの論文はSTAP論文ではなく、むしろSTAPだった事を否定している。。。」みたいな事を言ってるみたい。支離滅裂だよね。
STAPの事じゃない論文でどうやってSTAP否定できるんだよ。

  あとはSTAPは弱酸の刺激だから、アメリカの博士達の損傷ストレスと同じではない。
というヒトもいる。研究者らしいけど、STAP細胞の刺激の種類も知らない。
つまりSTAP細胞の情報に関して無知なヒトが、一般人にSTAPの存在を否定するニュースを発表してる。そのおかしさにソロソロ気がついてよ。

 アメリカの博士たちに引用されてる小保方さんの論文がSTAPだと思うなら理研の不正認定に抗議してあげてよ。だって小保方さんは学生時代に書いたこの論文から博士論文を書いていて、その画像をSTAP論文に引用したら「不正認定」されちゃったんだよ。過去に書いた自分の論文の引用で、だよ。
博士論文の研究内容はSTAPと関係ない博士論文からの引用は不正だ!ってさ。

暴力だろ。こんなの。

 管理人さんは自分の記事が18万アクセス超えした時に有識者にメールを送ってる。
「この後、すごい揺り戻しがきて、こちら側がデマだという工作もあるだろうと思います。しかし科学的事実は崩せません。」きっぱりだよ。清々しいだろう?微塵も揺るがない。


 理研はSTAP現象、STAP細胞の定義についてこう発表している。
『STAP現象は万能性までを言うとしたら、STAP現象から作り出された細胞をSTAP細胞と言う。』
だから万能性が確認出来ないなら『STAP現象』ではなく、『STAP細胞が作り出された』でも良いと思う。少しその辺は管理人さんが早とちりしているね。

 それから、驚異的アクセスで、『小保方晴子さんの不正な報道を追及する有志の会』会員が欣喜雀躍してる、かと言うとそんな事もなくて。(漢字読める?)

 バーゲンが終わってからっぽになった倉庫の中で石油ストーブに当たりながら「これからどうスですかね?」みたいな感じ。


 だってそうでしょう?本来なら有志の会の人達がSTAP細胞を再現して『STAP細胞はありまーす!』
って言わなきゃ。それでこそ報道不正を告発出来るでしょ?でもそんな専門的技術は無いから、資料取り寄せて『あーだこーだ』言うしかないのね。クスクス。

 で、それを試験的段階とはいえ、米国のSTAP細胞に似た研究レポートが発表されたから、それをたたき台にして議論して行こうか?みたいな感じ。みんな大人で(管理人さんを除いて)冷静だよ。

 でも、オボちゃんが発明したストレスで体細胞が初期化(リプログラミング)した事を実証する研究報告がこんなに早く出るとは誰も予想してなかった。STAP細胞様再発見でSTAPが存在した事の真相解明をするには10年くらいかかるかも、と有志の会の人は言っていたから。

 それから、細胞の初期化は前から研究されてた、小保方さんの発明じゃない、って言う人もいるけど、それじゃ、STAP細胞が発見された時、なんで前から「細胞の初期化は前からありまぁ〜〜す!」って言わないの?STAP細胞はさ、細胞は一端分化したら元に戻る事は無い、って言うのが定説だったの。
だからオボちゃんが「オレンジジュースで初期化しました!」って言ったときは生物学会はヒックリ返った訳なのね。

 『バカの壁』で有名な養老孟司さんが『ねつ造の科学者』「論評」でこんな事を述べておられた。
『生物は元来歴史的存在であり、「記憶の消去」はできない。記憶を完全に消去したら細胞自体が消える。いいたいことはわかるが、これは実験家の夢である。初期化とはまさに工学の発想であり、生物学ではない。』

 ね?STAPの否定に使われているんだよ。

STAPを否定するときは「体細胞が物理的刺激で初期化する事はない!」
同じ発見があったよ、言えば「体細胞が物理的刺激で初期化する研究は前からあったオボの発見じゃない」

 クスクス。。。

 ようするに「否定の為のロジック」ありきなんだよね。
「だからお前はだめだ」「お前だからだめなんだ」みたいなね。パワハラだろ。こんなの。
養老さんは今回の「物理的刺激でマウスの骨格筋細胞がリプログラミング!」をどう思うのかしら?
聞いてみたいね。だれか大人の人やってみせてよ。

 僕はまだ子供だし。
そうそう、管理人さんは第二矢も用意してるかもよ。
内容は秘密だよ。

 管理人さんは今、有志の会についてどこのメディアもちゃんと取材しないで勝手な憶測記事書いてるから怒ってる。今巷にある有志の会への批評、まったく無取材で書いてるからね。
みなさん、巨大メディアって意外にいいかげんでしょ?

 ま、僕は年賀状書きに忙しいからまたね。
みなさん良いクリスマスを迎えてね〜! おしまい。









 
 



 

 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうやら、木星が代表務める『小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会』がデマを流している、という噂が流れているようですが、それこそが科学的事実に基づかない、デマ情報です。

 いちいち面倒なので、批判ブログやまとめを見ていないのですが、 テキサス大学の博士が報告した損傷誘導性の分化可能多能性細胞とはやり方が違う。。。とか発表はネイチャーではない。。。とか枝葉のことばかり取り上げられていますが、わたくしは『STAP細胞が再現された!』とは『一言も』書いていません。『STAP現象』が確認されました、とは書きましたよ。ええ。書きましたとも。

 STAP細胞、と書いても良かったんざんすが、それでは大混乱になると思い、あえて『物理的ストレスで体細胞が初期化して分化多能性細胞になる』のは広義の意味で『STAP現象だよ』と書いた訳です。

 で、小保方さんの発見は真実だったし、笹井芳樹博士が驚いのは幹細胞学者としてもっともであった。色恋に目がくらんで、小保方さんを擁護していたのではない、科学者が科学の目で『STAP現象』を確認していたから、論文撤回に異議を唱えたのでしょう。
小保方さんだって『STAP現象』を確認していたから中々『アーティクル論文』取り下げなかったんです。そうりゃそうだ。本当にあったんだから。

 だったらES細胞混入説って何だって話ですよ。皆さん。いいですか、ES細胞はSTAP細胞と形も大きさも違う。すでに樹立が終わった細胞と未分化細胞の区別もつかないでついこの間まで学生だった小保方さんに『おじさん研究者達』が全員騙されていた。事になる訳ですよ。あり得ないでしょ。

 さらにES細胞ではないハッキリとした特徴はそれまでの既存の多能性細胞では持てなかった生殖器官まで分化出来る能力があると証明されたから「胎盤も作れちゃうの?ああ、新規発見ね、ES細胞のコンタミ(実験汚染)じゃないのね」って事でネイチャーに取り上げてもらってるんだから。STAP細胞実験成果がES細胞の混入であった、という理研の発表の方が非科学的なんです。

 じゃあ、NHK「STAP細胞 不正の深層」や「フライデーで石川智久さんが刑事告発」ってなんなのかしら?ES細胞盗んでも小保方さんには使い道がないわけ。
「小保方さんがES細胞を盗んで実験をねつ造していた事にしたい」人達の動機って何かしらね。


 それから、STAP現象はあったにしてもねつ造や論文パクリをやった罪は消えないって研究者の人が言ってるらしいけど、木星はそういう人達って事務処理能力や書類の書き方に拘り続けて人の才能や発見、自由な発想を踏みつぶして来たんだろうなぁ、とほぞを噛んじゃうわけ。

 それこそ猿真似の国、パクリ大国になる訳よね。

※小保方さんの論文不正はよくよく調べると不正に当たらないよ、という人もいるし、博士論文はパクリ・論文盗用といわれてるけど、ただ著作権フリーの生物学基礎知識サイトを序文に引用しただけみたいね。

tani



tani2






 2015年11月2日(月)午後六時半から都内で早稲田大学が小保方晴子さんへの学位取り消しについて記者発表を行いました。
それによりますと、論文再提出の猶予期間一年間の間に論文訂正は終了したが、指導に応えてなされるべき訂正作業が終了しないまま、猶予期間が満了したため、学位の取り消しが確定した、というものです。

 小保方晴子さんは博士論文訂正を終了できなかったために、いったん与えられた博位が取り消さました。それならば、小保方晴子さんの最終学歴は?という疑問が湧きます。
ネット上には小保方晴子さんは「高卒」になった、と心ない噂が飛び交っていますが、学位について知識の無い誤解です。

 小保方晴子さんの進路過程

①2006年3月早稲田大学理工学部応用化学科を卒業。
②2008年3月早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程を修了。
③2008年4月早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻に進学。
④2011年3月15日工学博士の学位取得。
⑤2015年11月2日に早稲田大学から学位取り消しの発表。

 という流れになっていますので、小保方晴子さんは②まで修了/終了していますから、早稲田大学卒業、早稲田大学大学院修士、が最終学歴という事になります。
正確を期す為に早稲田大学広報部に確認しましたところ、早稲田大学大学院先進理工学研究科後期退学。
という事でした。


 落ちこぼれの木星からみると、とても立派な学歴ですが、皆さんは如何お考えでしょうか。
本当に小保方さんへの報道って非常識で知性も品性も感じられませんね。最低です。

 
24)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ