木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 日向市


 日向市民の方へ。今日向市に偽装スラップ事件が起こり、地元の為に働く市民記者が苦境に陥っています。なんとか問題解決に向けてWeb署名に協力して頂けないでしょうか。


 ことの起こり。
「空からゴミが振って来る」「造成工事に使ったグリーンサンドで子供の咳が止まらない」などと訴え、宮崎県日向市の主婦・黒木睦子(41)さんが工事会社・サンアイやグリーンサンド販売元の日向製錬所に抗議行動し、この二社から民事で提訴されました。 

 一般人の主婦が企業に訴えられた為に、これは「スラップ裁判」であるとSNSで噂され、Twiiterやブログなどで騒がれ始めました。しかし、被告になった黒木さんは取材のために訪れた記者に訴状を見せず、争点を隠したまま、「これは企業が都合の悪い公害事実を隠す為に仕組んだスラップ訴訟である」とほのめかす事をTwiiter やブログで繰り返しました。

 地元宮崎県に住む市民記者の大谷憲史さんが調べ、訴状を見た所、環境問題は発生しておらず、スラップでもなんでもない、「産廃問題でもなんでもない」として記事を書き、事態の沈静化を図り、それを切望しました。

 しかしIWJは2014年11月14日に第一回目の口頭弁論を傍聴し「SLAPPなのか?」との記事を公開しました。そこにはありもしない黒木さんが主張した公害汚染の実態が記載され、それが実在してるかのような内容でした。裁判は2015年7月15日に結審し、裁判試料も出そろいましたが、ついに黒木さんは主張していた「《 鉛210倍ヒ素50倍フッ素20倍総水銀15倍カドミウム3倍セレン3倍検出。》の検査結果は、コップ一杯くらいの水なのです。」を立証出来なかったのです。子供の咳もばい菌による肺炎で、人工由来のものではありませんでした。 

 IWJは日向市に汚染被害が出ているかもしれない、という誤解を与える記事は訂正するか、確認が取る迄未公開にするべきなのです。大谷記者はIWJに記事の削除を求めました。 しかしIWJはこれを拒絶、大谷記者を提訴するとの警告メールが届いたのです。

 大谷記者はこれに対抗して『Web署名活動』を始めました。
これを
「やまもといちろうさんがTweet。」あっという間に100名超えをしました。
しかしIWJを動かすにはまだまだ数が足らないようです。
どうか日向市の皆さん、署名にご協力下さい。
日向市の事実無根のネガティブな情報を流す記事を削除するよう声をひとつにして下さい。
また日向市だけでもなく、宮崎県全体の問題として、宮崎県民の方はこの署名運動に関心をお寄せ下さい。職場や学校、サークル活動などで宣伝して下さい。Web署名はメールアドレスがあれば、どなたでも出来ます。お金も手間もかかりません。
宮崎県、および日向市の方々、どうぞこの署名活動にご賛同下さい。

木星通信 拝。

IWJルポルタージュ】宮崎県日向市在住の主婦をめぐる裁判はSLAPPなのか?! 黒木睦子さんと日向製錬所を直接取材(前編)


03)

  黒木睦子さんのTweet。2015年2月7日のもの。
 
17)

17)

10)

 
 宮崎県日向市の主婦・黒木睦子氏(41)が(株)日向製錬所と運送・施工会社(有)サンアイの二社から訴えられている件について、度々この木星通信では「スラップ訴訟ではない」とお伝えして来た。

 黒木氏は「造成工事の粉塵被害で子供の咳が止まらない」「高濃度の汚染水が造成地池から検出された」と訴えている。

 しかし、行政機関や地元の市民記者、大谷憲史氏の取材、地元の人による独自調査でも、汚染の被害は見当たらず、調査機関のデータにも汚染は非検出だった。(調査まとめ データベース

 日向市の農協、日向 JAや延岡 JAにも「造成工事地からの汚染水による農作物の被害」の報告はないという。

 木星通信が行った日向市の5件ある小児科の聞き取り調査でも、「粉塵被害による子供の咳の診断」例は確認されなかった。

①「山王谷こどもクリニック」
院長「咳が出たからと診察したらRSウイルスだった事はありました。粉塵被害の子供の咳の相談は開業して7年間、一件もありません」

②「緒方医院」
看護師「自然由来の粉塵被害で咳というのはありました。黄砂とか、PM2・5 の時とかです。でも工事の粉塵被害というのは全くありませんね」

③「山元小児科医院」
院長「解らない、聞いた事がない」

④「こどもたしろクリニック」
取材拒否。

⑤「日向内科医院」
院長体調不良のため、休院中。

 黒木睦子さんが汚染物質を投棄されたと訴えているのは配偶者実家前の造成地だ。
この造成地付近の住所は「宮崎県日向市西川内地区」にあたる。
そこで西川内地区の地域の情報が集約する場所に「健康被害があるか」聞いてみた。

 それから、この黒木睦子氏の支援者で「日向製錬所産廃問題ネットワーク」なる汚染被害の調査組織を立ち上げた人物がいる。

 三浦万尚氏(56)である。
彼は黒木睦子氏への科学的な支援として、「汚染水被害の分析調査」をすると言ってカンパを呼びかけていたが、今のところカンパ金を集めたまま、連絡がつかなくなっているという。
(2015年2月21日現在)
そんな彼だが、Twitterで「黒木氏配偶者実家付近の西川内で健康被害の聞き取り調査を行った」としてその「調査結果」を最近明らかにした。

48)



 そこで木星通信はついでに聞き取り調査に「健康被害の調査する人物が現れたか?」も追加する
事にした。
取材したのは「宮崎県日向市、西川内の託児施設、役場、行政機関」

 
「とみたか保育園」宮崎県日向市大字富高3534
「健康被害もないし、健康被害の聞き取り調査の人物が現れたという話しも聞かない」という。
 
 地元の行政機関 日向東臼杵南部広域連合(役場)
宮崎県日向市大字富高2192
「造成工事の粉塵被害は聞いた事在りません。汚水被害もありません、健康被害の聞き取り調査の人が来たなんて聞いた事在りません」


 日向市役所 環境政策課 最終処分場汚水処理施設 
宮崎県日向市大字富高1453-1
「被害はありません、健康被害の聞き取り調査の人が現れたというのは聞かないですね」

 という事なので、西川内に「健康被害の聞き取り調査」に現れた人物は確認できなかった。
またこの取材の主旨である「造成工事の粉塵被害による子供の健康被害の実例」は皆無だった。

 これにより、木星通信は「黒木睦子氏の子供の健康被害の訴えは虚偽である可能性が高い」との見解を示す事にした。






 
 

このページのトップヘ