木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 日向製錬所

               申入書
             

             IWJ 岩上安身様

 時下ますますご清祥の事と存じ、お慶び申し上げます。
また、市民の知る権利、権力が隠蔽する情報公開への向上に日々奮闘されてるご様子、感謝しております。

 さて、この度、「二企業から民事で提訴された宮崎県日向市在住の主婦・黒木睦子さんへの取材記事削除の申し入れ」を貴社にいたしましたところ、貴社の主幹である岩上安身様より、「正式な文書で送って欲しい」との要請がありましたので、文書にて申し入れ致します。(以下黒木睦子さんを被告と表示)

 2014年11月22日に公開されたIWJの記事において、事実無根の主張がなされており、またその記事を信じた読者のコメント欄への書き込みも事実誤認が著しく、社会に悪影響をあたえる源となっております。

 被告はIWJの取材に対して「原告企業が工事に使ったグリーンサンド」によって「家族に健康被害が出たと企業や行政に訴え続けてきた。」として被告の家族の健康被害、および水質汚染被害を示し、IWJも記事化しました。

 また被告は工事現場から粉塵被害以外にも重大な環境汚染が発生してると主張してその汚染値を示し、IWJもそれを掲載しました。

 以上当該被告は二つの公害被害を元に、行政(県庁や市役所)当該企業(日向製錬所・工事会社サンアイ)に対して苛烈とも言っていい程の抗議行動を繰り返しました。
警察官の出動記録も多数残されております。(以下AとBで説明)

 被告の主張A「家族の健康被害」B「工事現場の異常な汚染数値」が真実であれば、その事態は深刻、報道機関として捨て置けぬ社会問題であると言えます。

 しかしながら上記2点の被害は裁判で確認されませんでした。
Aは被告の子供の診断書が出されましたが、咳の原因は「マイコプラズマ肺炎」でした。微生物(ばい菌)による感染症で人工由来の被害ではなかったのです。

Bは裁判所に『宮崎環境科学協会』が計量した汚染値の計量証明書が出されましたが、それは当該被告が主張する工事現場から採取したものだとする証明はなされませんでした。
被告も「証明出来ない」と裁判官に答えました。

 被告はこのAとBがグリーンサンドのものであると、実証を出来ませんでした。

 行政や支援者が当該地の汚染値を計っても汚染値は検出されませんでした。
被告は今も重金属に汚染された水が垂れ流しだとTwitterで訴えていますが、日向JA、延岡JAに確認してみても公害被害は一切確認できませんでした。

 公害被害は健康上も作物も実態がありません。
グリーンサンドによる公害汚染は被告の頭の中にのみ存在します。

 【何が問題だったか】

①記者が訴状、健康診断書、汚染の計量証明書等、書面での確認を怠った事。
②現地取材(地権者への聞き取り調査、汚染水被害の実態など)を怠った事。
③争点(名誉毀損なのかスラップ訴訟なのか)を明確にしないばかりか、記事タイトルに
「SLAPPなのか?」とあたかも公害被害が存在するかのような紛らわしい言葉で読者を記事に誘導した事。

 【記事を公開すると何が問題か】

①スラップ訴訟であると誤解した読者が起こす風評被害。
②スラップ訴訟であると誤解した読者からの当該企業への嫌がらせ。
③公害問題ではないとする地元記者、市民への嫌がらせ。
④周回遅れで誕生する被告支援者。

 【このまま記事が公開された時のIWJにかかるリスク想定】

原告企業が記事削除および信用毀損罪で提訴された場合、IWJは被告の主張の真実相当性を立証しなくてはならないが、AとBの理由によって被告の公害被害の立証は不可能である。
IWJは100%の確立で裁判に負ける。以上企業のリスクマネジメントの観点からもIWJが被告の主張を元にした該当記事の削除が望ましい。

 IWJへの申し入れ。
以上の原因、理由を持って、貴社が公開する記事の訂正、または削除を申し入れ致します。
速やかな対応、対処を求め、 問題の解決がなされるようお願い申し上げます。

2015年8月10日 
ニュースブログ 木星通信 主幹
小保方博士の不正な報道を追及する有志の会  代表

上田 まみ

※画像はIWJの記事へのコメント。
三井銀行(三井住友銀行?)の引出しを訴えている。
このコメントを承認した管理人の良識を疑う。

 
54)

2012年8月10日に水質検査を一度したきりなのに、今なお汚染水が放出されていると
Twitterで訴える黒木睦子被告。画像は2015年8月7日のもの。
被告の頭の中では汚染被害は現在進行形である。
 
くろき



IWJの記事を読んだ読者の記事。
汚染基準値を信じきっている。

55)

 宮崎県日向市に住む、黒木睦子さん(主婦・41)が造成工事に使われた「グリーンサンド」の粉塵被害で「子供に咳が出た」と抗議行動したところ、「グリーンサンド」の製造元、日向製錬所(宮崎県日向市船場5)とその工事請け負い会社の「サンアイ」から提訴されました。

 現在は第三回目の審理が終わり、次回は平成27年4月24日(金)午前11時00分、宮崎地方裁判所延岡支部にて第四回目の裁判が行われます。

 この裁判について、調べて行くうちに、黒木さんが粉塵被害が出たと主張する造成地の地権者に対して、激しい抗議行動をしていた事が解りました。

 公害問題で企業へ抗議行動する事は被害者として理解出来ますが、その工事現場の地権者(土地の権利者)へ抗議行動するのは何故なのでしょうか。

 以下、造成工事地の地権者三人のうち一人から聞き出した抗議行動の様子です。

__黒木睦子さんからどのような抗議行動をされましたか__

「平成25年、7月から夫婦で来ました。大声で怒鳴り、敷地内に入って来ました。それで玄関に門扉を取り付けました。その施工代は21万かかりました。」

__警察は呼びましたか__

「警官が来て、黒木夫妻が門扉に三回触ったら事件にする、と黒木夫妻に話ました。すると、門扉の外で大声で怒鳴り、近所の人に心配されました。」

__黒木さんはお子さんを連れて来ましたか__

「来ていない。黒木夫妻は造成地前の実家には抗議する為に来る以外、姿を見かけない」

__グリーンサンドは日向製錬所から購入しましたか?それともサンアイからですか__

「日向製錬所からです。代金に100万近く払いました。領収書もあります。」

__有り難うございました__

※この地権者から更に抗議行動の枠を越えた嫌がらせの実態を聞きましたが、人物特定に繋がりそうなので記載しませんでした。

 さらにこの裁判の実態解明の為に、原告企業へも話しを聞いて見ました。

__黒木さんはお子さんを連れて抗議に来た事はありますか__

「小さなお子さんを連れて来た事はあります。」

__咳をしていましたか__

「いいえ、していません。何人かお子さんがいらっしゃる、という事で、その子かも知れませんが。」

__黒木さんはお子さんの前で咳の事を話しましたか__

「いいえ、お子さんの前では咳が出るような話はしていませんでした。」

以上聞き取り終わり。

 黒木さんは何度か原告企業に足を運び、度々警察官を呼ばれていますが、その実態についても調べてみました。

 黒木さんは一人で2013年6月3日に原告企業を訪れています。
木星通信が聞き取り調査したやり取りの一部です。

黒木「ゴミの山を片付けて下さい。と、うちの家族に病人が出たら責任とってください。」
従業員「グリーンサンドの?」
黒木「そしたらお宅が責任とってくれます?そしたら。」
従業員「"未来”に、なるかもしれないんでしょう?そういう事を保証する事はできないんです。」
黒木「責任はとれるでしょ。ゴミじゃないんなら。あなたゴミじゃないんなら責任はとれるんじゃないですか?ゴミなら責任はとれませんわね。」
従業員「ゴミじゃないです。」
黒木「そうですねって言ったら、したらお宅が責任とりますか?」
従業員「まず、示して下さい。製品が何でどこが害がある事を示して、それを・・・」
黒木「そしたら、お宅が責任がとれるって事ですね?金丸さんもきとりらんのに。お宅が責任とれるって事でいいですか?」
従業員「いや、責任取ること・・・」
黒木「それは警察が来てからいいますからね。従業員さんがとってくれると・・・」
従業員「ですから、私は言っておりませんので・・・」
黒木「責任が取れんのに言う事ができるわけないわ。責任がとれんのに。なんでそうやって言えるんですか?何でもそうやわ。責任がとれんのにいきなり言うてきて。警察呼べば済むと思って。警察が。」

中略
警察官、亀崎交番より到着。

中略

黒木「私も本当に邪魔になるんですよ。ゴミが。上から降って来て。子供が咳が出て困るから、ここに言いに来よるんです。最初から。」
従業員「咳が出てるんですか?」
黒木「出てますよ。夜なんか酷いですから、咳が。」
従業員「ん?今どこに住んでいるんですかね?」
黒木「塩見ですよ。家は建てられんて事ですよ。家を建てたら片付けてくれるんですか?」

中略

従業員と警察官のやり取り。

従業員「西川内と違う所にお住まいみたいなんですよ。それでお子さんが咳が出るという話しをされるんですけど。」
警察官「西川内と塩見って言ったら、その、離れているんですかね?」
従業員「うん、ですね。そんなに近くではないです。塩見のどこか解らないですけど。目の前っていつも仰ってる・・・目の前ってどういう前ですかねって言っても仰らないし・・・」
警察官「なるほど。」

以上、この裁判に関係すると思われるやり取りをピックアップしました。

 次回の裁判までに黒木さんはお子さんの咳の「健康診断書」と「原告企業が暴力団と繋がっている証拠」を提出しなくてはなりません。

 しかし、このやり取りを見るとどうも黒木さんの「工事の粉塵による家族の健康被害」の言い分には辻褄の合わない所が見られるのです。
この造成地から車で10分程の塩見という所に自宅があり、そこに住んでいる。
それで毎晩、子供に咳が・・・?

木星通信の調査でも西川内付近の託児所、小児病院に粉塵被害の症例は確認できませんでした。

 裁判の成り行きが注目されます。



 








  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 宮崎県日向市に住む、黒木睦子さん・主婦(41)が配偶者実家前の造成地で産廃が捨てられているとログで子供の健康被害、環境汚染等を訴えている事件について、調査を進めたところ、黒木睦子さんの言動に辻褄が合わない所があることが解りました。

 黒木睦子さんは日向製錬所が製造販売する「グリーンサンド」が配偶者の実家前の造成地に埋められている事を「公害」だとして抗議行動したところ、「日向製錬所」や、その「グリーンサンド」の運搬・施工を請け負った「サンアイ」から「名誉毀損・営業妨害」を受けたとして提訴されました。

 現在はTwitterやブログなどでその被害を訴えている黒木さんですが、その言動を色々調べている内に奇妙な事に気がつきました。 


 ここに黒木睦子さん一家が造成工事地の地権者へ出した直訴状があります。



kurokimm






 訴状の日付は平成26年1月10日です。(2014年1月10日)

造成地の地権者に対して、造成工事の被害があれば責任を取るよう一筆書いて欲しいという訴えです。

この訴状には黒木さんの子供の咳はまだ未病であった事が伺える記述があります。


 引用__この粉塵を吸い込み、子供が咳をしだしたら非常に困るので、家族に病人が出た時は全責任を取って下さい。__引用終わり。



kurokim




  この日付の時点で黒木睦子さんのお子さんはまだ咳を出していない。子供の健康状態については咳を「しだしたら」という予想、未然形で記述されています。


 しかし、黒木さんは半年前の2013年6月3日に原告企業に乗り込み、工事現場から出る粉塵で「子供の咳が出て困る」「毎晩酷いんです。咳が」などと訴え、業務妨害で警察官を呼ばれています。


 しかし、翌年の2014年1月10日には「子供の咳がしだしたら困る」と未然形になっているのです。黒木さんの抗議行動は時系列が全く合いません。



 もう一つ、子供の咳が出ていない証拠が地元の市民記者、大谷憲史さんが裁判所で閲覧した黒木さんの「経過説明書」にもありました。これは裁判所が「何が起こったのか時系列を纏めた物を出して下さい」と諭されて黒木さんが提出したもので、黒木さんの抗議行動の日誌のようなものです。

 これによると黒木さんのお子さんは2012年9月から咳が出た事になっています。
(リンク先参照)

 また木星通信の地元の聞き取り調査で黒木さん夫妻は「抗議行動以外、ここ(配偶者実家前の造成地・宮崎県日向市西川内)には姿を見せない」という証言もあります。

 2012年から子供の咳の為に抗議行動を開始したという黒木さんですが、診断書が未だ提出されていない事情はここにあるのではないでしょうか。

 さらに、直訴状には「ゴミ(グリーン・サンド)を持って来るなら(中略)日当を頂く」と、およそ公害被害に悩む家族の言葉とは思えない奇妙な請求がされています。

 「大企業が無名の主婦を訴えたスラップ裁判だ!」とSNSで騒がれているこの裁判ですが、結末は意外にも、「大山鳴動して〜」で終わりそうです。

 



【ケイ・ファイル】 第二口頭弁論で被告から出された「経過説明書」とその後について〜より。

引用ここから〜
2012年9月25日、被告第二工区へ出向く。
子供の咳が出て困るので、造成工事をやめるように伝える。

20129月26日、被告、保健所へ行く。
子供の咳が出て困る。

引用終わり。






出典 市民メディア宮崎 


 追記:IWJの取材では黒木さんは配偶者実家で多くの時間を過ごしている。と報告されていますが、上記のように地元情報とかなりの食い違いが見られます。
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

岩上安身様。
 IWJの取材と記事に対して、抗議します。

 宮崎県日向市の黒木睦子さんが「日向製錬所」で製造された人工砂「グリーンサンド」を「ゴミ」などと呼び、その「グリーンサンド」を運搬、施工した「サンアイ」と「日向製錬所」二社から「名誉毀損」「営業妨害」で訴えられた裁判ですが、2/4日の裁判で争点は「名誉毀損」であると裁判長が認定しました。
健康、公害問題では無かったのです。
記事の訂正を求めます。

 黒木氏は「グリーンサンド」が埋められた「配偶者実家前の沈殿池水質検査結果」を、鉛210倍ヒ素50倍フッ素20倍総水銀15倍カドミウム3倍セレン3倍が検出された、グリーンサンドを施行中に粉塵被害で子供に咳が出たと主張していますが、日向JA、延岡JA、共に汚染被害報告なし、日向市の小児科、近隣の保育園にも粉塵の健康被害報告なしです。

 
黒木氏はこの沈殿池から出る汚染水で育った米は汚染され、食べられないとしていますが、このような高濃度の汚染水では稲は育ちません。沈殿池から一キロ離れた下流の水田でも汚染は確認されていません。
黒木氏が「投棄された」とする物質、日向製錬所が製造販売している人工砂「グリーンサンド」は水溶性では無いのです。

 
派遣された記者は取材時間に制限があり、訴状や訴因の確認をしなかった。汚染検査の原本も未確認。 せっかく、現地取材であるのに、当地の汚染被害の実態調査も実施しなかった。 基本的な事実関係の確認を怠ったのではありませんか。

 被告の沈殿池から採取した水の水質検査結果は高濃度汚染、行政や日向製錬所が同池を検査した結果は汚染非検出。黒木氏は「原告側が池の水を入れ替えた。だから何も被害が出ていないのだ」としていますが、水溶性でない物質から水質汚染が出るわけないのです。

 取材記者は日向製錬所への直接取材が不可だったのを「取材不可」と表現しIWJ中継市民のよしおか氏が「企業が取材拒否した」と拡散しました。実際は電話取材可能でした。これによって「無辜な主婦VS加害企業」という誤ったイメージが誇張され拡散されました。

 黒木睦子氏の裁判において、常に企業は丁重に取材に答え、行政も資料提出に尽力してくれました。
裁判取材で一番大切な「訴状」「訴因」「争点」「診断書」を隠し、「取材拒否」しているのは黒木睦子氏の方なのです。

 私は
「IWJの取材を企業が拒否した」という事実無根の拡散と「黒木睦子氏の証拠のない主張を全て取り上げた」と言う事によって「IWJはデマを流した」との謗りを免れない、と思いますが、岩上さんはどのようにお考えですか。
IWJは「岩上安身 責任編集」です。

 この裁判の訴因は「グリーンサンド」を運んだ運搬会社「サンアイ」社長を根拠なく「暴力団と繋がっている」「暴力団を使って嫌がらせしてくる」等の虚偽をブログに書き込み、同社員の顔写真や社長の携帯電話の番号なども合わせて掲載し、削除を申し込まれていても2年間放置していた事です。

 裁判当日には訴状がネットにUPされていました。 記事の主観変更に猶予はありました。訴因・争点の確認を怠った取材の初動ミスは明らかです。 裁判長が認めた争点を告知し、「ぎぎまき」氏の取材記事は事実関係の確認がなされないまま記事になった事を明らかにすべきです。

 そして「証拠のない黒木氏の主張」によって様々な「負の副産物」が生まれています。黒木氏の支援者がカンパを募っていましたが、集金したままで、その人物は連絡がつかなくなったそうです。市民も応援派と懐疑派で分断されました。IWJの記事に軌道修正を求めます。


 画像は、取材記者が企業への直接取材を「取材不可」と書いたのをIWJ中継市民の「よしおか氏」のあたかも企業が取材拒否しているかのように印象させるTwitte。95RTされている。


54

黒木氏がHPで示している配偶者実家前の造成地内の沈殿池から検出されたとする水質汚染被害結果表。
しかし、行政や企業と支援者が検査したところ、汚染物質は検出されなかった。
黒木氏が「投棄された」とする人工砂「グリーンサンド」は非水溶性物質。
水質に汚染被害が出るのは科学的ににはおかしな事だ。
32
日向市、西川内の米が汚染されていると呟く黒木氏。99RTされている。
上記の水が希釈されたとしてもこの濃度の汚染水で稲作は出来るのだろうか。 
畑の農作物は被害なく育つのだろうか。 

32
18


 

私が調べられる範囲で調べてみました。

 2014年11月14日、午前10時に宮崎県地方裁判所、延岡支部第二法廷において、宮崎県日向市に住む主婦・黒木睦子さん(41)が被告、同じく宮崎県日向市で鉄鋼業を営む株式会社の日向製錬所が原告とした民事裁判が開かれました。

 この裁判は黒木睦子さんが二年前から日向製錬所が製造販売している建築資材の「グリーンサンド」 を家の目の前(人の前など表現)に投棄され、子どもの咳が止まらない、迷惑してるとブログやツィッターなどで訴え、日向製錬所に出向いて抗議行動をしていた事を営業妨害として、日向製錬所がブログの削除と損害賠償を求めて提訴したものによる、第一回の口頭弁論です。

 この四日後の2014年11月18日にも黒木さんは同じ日向市で運送業、海洋開発事業を幅広く営む、有限会社のサンアイからも告訴されてその第一回口頭弁論が延岡支部第二法廷で開かれました。(※サンアイはグリーンサンドの運搬・搬入を請け負う業者です)

 14日の裁判を傍聴された方の情報によりますと、裁判では黒木さんは原告からの訴状内容の認否と黒木さんの主張を時系列にまとめて提出するようにと裁判長から促されたようです。
次回の裁判は2015年2月4日午前10時に延岡支部第1号法廷において開かれます。日向精錬所とサンアイの合同審になりました。

 Twitterでこの裁判を知り、2014年の10月31日から取材を始めました。
日向市迄の交通費は出せないので電話取材のみです。

 主なまとめ 
 日向製錬所:黒木睦子さんの主張について。「黒木さんは家の前に産廃を捨てている、と述べてますが、それは事実ではありません。黒木さんの自宅は市街地、グリーンサンドを捨てていると主張しているのは3キロ離れた山林地帯の地権者がいる所です」

 グリーンサンドについて「グリーンサンドは建築資材で産廃ではありません。黒木さんはグリーンサンドを有害物としていますが、環境基本法、土壌汚染対策基本法に沿って成分分析し、安全と認められいます。グリーンサンドはJIS規格の認定を受けた製品です」

 原告・サンアイ「会社を潰してやる」などの脅迫まがいの電話が来ている。「埋め立ては国の認可を貰ってやっている。被告は県知事が許可を出していると言っているが、知事は関係ない。被告の出した水質検査結果にはグリーンサンドに含まれていない成分が検出されている」

 「そもそも、グリーンサンドは水溶性ではありません、どうして水質に影響しますか?水銀がでたと騒いでいる人がいますが、グリーンサンドに水銀は含まれていません」

 「運搬中のトラックに黒木さん夫妻が飛び出してくる。作業員の顔写真を無断でブログに掲載する。会社に押しかけて暴言を吐く。社長さんを暴力団関係者のようにブログに書く。事実無根です。お子さんの咳は生まれつきと黒木さん自身が言っていました。川の白濁は工事中に使った石灰が流れ出たものだと思います」


 宮崎県庁 環境森林部 循環社会推進課の回答「平成24年10月10日に報道機関立会の元に、「グリーンサンド」で造成された地域(西川内地区周辺水域)の調査をして、宮崎県内の 水質汚染などを分析している『公益財団法人 宮崎県環境科学協会』に調査を依頼し、水質検査を実施しましたが、いずれも安全値を超える物は検出されませんでした。」
 「 この調査に10月1日から黒木さんの立会を求めていましたが、10日の実施日迄に立会を拒否されました」
宮崎県HP『グリーンサンド(フェロニッケルスラグに関する事について)』(調査概要)

福岡県民新聞 地元報道関係者とのトラブル 2013年2月15日付け。

黒木さん「水質検査をしたら基準値以上の汚染結果」 宮崎県庁「検査結果は基準値以下です」 黒木さん「水を入れ替えられた」「報道もグルになって私たちをだましている」


追記:このブログを著しく改ざんしたとの指摘がありますが、事実無根です。
傍聴記録のTwitterを削除したのと、宮崎県庁のHPリンクが間違っていたので一旦削除し、貼り直しました。この環境汚染問題について宮崎県庁に複数回電話で各部署に確かめましたが、市民から日向製錬所グリーンサンドでの健康被害の報告例は黒木さんの他には一件も確認が出来ませんでした。

追記2:日向製錬所が取材拒否したとTwitterで拡散されていますが、事実ではありません。
日向製錬所は「係争中なので答えられる事と、答えられない事がある、文書で取材を受けていて、文書で回答中です」との事、現に11月20日に追加質問したところ、広報は対応してくれました。

追記3:このブログに「被告に取材していない!」との非難がありますが、この裁判の訴因は被告がブログ、ツィッターで「グリーン・サンド」やサンアイの社長を誹謗中傷した事です。
被告の主張はそれらSNSで確認できます。むしろ、一方的に非難されている日向製錬所とサンアイの主張が取り上げられず、双方の主張が公平に認知されていない、と判断して、原告の主張をまとめました。被告・黒木睦子氏の言動はSNSで確認して下さい。
木星通信は訴状・健康被害の診断書・環境汚染の成分表、これらの開示拒否、顔出し声出し全てNGの被告に取材する意味なしと判断しています。

追記4:黒木睦子さんは裁判所に健康被害の診断書を出しました。子供の咳で一週間入院完治しています。原因はマイコプラズマ。環境汚染の成分表も提出されましたが、これは採取地の証明がありませんでした。

※画像はリンクフリーです。

image
image
image
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ