木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 日野市

都内での瓦礫焼却について、日野市クリーンセンターの高橋氏から経緯を聞いた。

__瓦礫は去年11月の三多摩市長会議で受け入れを決めました。
その前の7月に宮城県から東京都へ瓦礫受け入れの要請がありました。__

私「東京都知事から、23区へ要請が降りて、三多摩まで瓦礫が運ばれたのですね」

__まず、宮城県女川で平成23年の9月8日に試験焼却があり、東京都内の大田区、品川区で10月14日に試験焼却がありました__

私「三多摩の中でも日野市が受け入れたのは」

___日野市が受け入れを決めたのは発電所があったからです。
瓦礫を燃やして熱回収をするというのが基本的な目的です__

私「それは成功しましたか?」

__成功しています__

私「この後も瓦礫は日野市に運ばれるのですか」


___運ばれます、ただし、女川の瓦礫焼却は62%まで済んでいます。日野市の受けいれも当初の予定よりも少なくなっています__

私「瓦礫焼却した後の日野市の放射能測定で、放射線量は上がりましたか」

__上がってないです、日野市のHPで公開されています__






    このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地からの瓦礫受け入れ、焼却する事について、様々な問題が広がっている。
しかし、燃やされる瓦礫への安全性について、市民への十分な説明も無いまま、焼却事業が役所主体で行なわれているのが実情だ。

今回、市民への告知・周知なしに瓦礫受け入れ焼却を始めた東京都、日野市に対して、一市民として説明を求めた日野市民のA子さんに話を聞いた。

私「
A子さんが説明を求めた瓦礫焼却ですが、日野市役所はどのような対応でしたか」

__私が日野市が瓦礫を焼く事を知ったのはもう焼くと言われる1週間位前でした。  私は他の市が説明会などをしている事は知っていたので日野市でも最低説明会は するものだと思って
いました。そして確認すると住所のうちの周りの自治会で説明会が行われた事を知りました。__

私「自治会だけの説明会って随分内輪ですね。」

__自治会以外にも説明会は行われるべきだと思い、市役所に
電話をかけて確認すると驚いた事に市役所は私達に説明会をするつもりが全くないと言いました。
同じ市民で税金も払っているにも関わらずです。私はせめて瓦礫を焼く前に説明会をしてほしいと懇願しましたが、職員は意見として聞いておきますと言いながらまるで聞く耳を持っていないのは返事から明らか
でした__

私「一般市民に説明や告知、予告等がなかったのですか」

__そうです、数日後に瓦礫を焼き始めました。それ以降も瓦礫を焼くのになぜ市民に説明会ひとつしない行政があるのかと呆れましたが、何度懇願しても相手にしない態度でした。
私が市民の健康などの問題もあるのだからせめて説明をしてほしいというと、クリーンセンターの高橋という人が呆れた事に「私も市民だから」と意味のわからない事を言いました。
彼は市で働いている職員ですし、私とは明らかに立場が違います。

私「市役所職員は、市民とは違う行政責任がありますよね、市民が求める事への説明もその一つだと思います」

__ですから、自分が市民だから、私達に説明をしない理由には
ならないと思いますが、まるで市民の自分が納得しているのだから問題はないだろうという返事でした。
行政が市民を差別し、説明すら行わない態度に私は呆れかえるばかりでした。
他の市でも行われている通りの、最低限の説明会すら行わない市役所に憤りを感じています。__

私「何故日野市は告知をしないのでしょうか」

__私が市役所に何度も電話をしてなぜ説明会をしてくれないのか、他の市ではどこも説明会は開いていると伝えると日野市としての決定ですとしか言いません。日野市の決定は一部の人間にしか説明をしない事だそうで、未だに焼いてるので説明会を開いて欲しいと言えば「もう終わった事なので」という始末です__


私「コッソリ燃やそうとしてるとしか・・・」

__しかも責任は誰が取るのですか?と聞けば、どんな被害が起きるかわからないから責任を誰が取るかなんてわからないと言ったのです。
このような行政のやり方に私は失望しています。__




日野市は瓦礫焼却について、市民に説明責任を果たして無い事実を一市民の告発をどう受け止めるのだろうか。
市民は縦割り行政に従うだけで良いのだろうか?


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ