木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 林田力


「私は此所を追い出されたら、ホームレスですよ」
聞くと悲しい言葉だが、老人は笑顔と清々しい様子で語ってくれた。

写真は東急電鉄の大井町線・大井町駅の高架下に住む野尻浩史(73才) さん。

 野尻さんは今、67年間も住み慣れた大井町線の高架下住居から家主である東急電鉄に立ち退きを迫られている。
今年の八月に立ち退きを指示する東急電鉄側の仮処分を認める判決が地裁で降りた。
これは強制代執行(無理矢理退去させられる事)をされる可能性があるため野尻さんは裁判所に担保金50万円を収め、仮処分の停止の申し入れをしたところだ。

 「僕はここに6才の頃から住んでいるんだよ。戦後直ぐの事だ」
野尻さんはこの場所への思いを語り出した。
「父親は国鉄職員だった。当時国鉄の職員は薄給でね、それで母が一階の部屋を店にして、商売をはじめたんだ。父が仕入れて来た芋を蒸かして売ったり。食べ物が無い時代だから、良く売れたそうだよ。」

 高架下にも小さな家族の営みがあったのだ。

写真は野尻さん手作りの垂れ幕。


db9fa76a

 この高架下立ち退き問題は16年前の阪神淡路大震災の時に国交省から出された「耐震補強工事に関する申し入れ」があり、東急電鉄以下公共インフラ各社に通達された事に起因するらしい。
これらの事を前提に、約3年前に高架下の補強工事の為に居住者に立ちのくよう通告があった。

 「16年前に東急電鉄に言っておいて、我々住民には何の警告もなかった。だから家主の東急電鉄から耐震補強工事するから立ち退け、は寝耳に水だった。」

 立ち退き命令の条件は過酷な物で、問題が生じたら家賃は三割増で要求する、立退料は出さない等で、野尻さんは同じ高架下に住む商店や住人20数軒で立ち退き反対運動をするグループ「新道会」を作り抵抗を開始した。
しかし次々と立ち退いて行き、今、野尻さんの周囲には一軒しか残っていない。
そんな時、東急電鉄は野尻さんにだけ立ち退きの仮処分を求める裁判を地裁に起こして来た。

 「僕が立ち退き反対運動の会長をやっていたもんだから、嫌がらせだよね。」
と、苦笑いをする野尻さん(写真)。

8f625095

 裁判が始まったときから問題が起きた時に発生すると契約にある、家賃割り増しの請求もあってその損害遅延金が五ヶ月分も発生している。
野尻さんは無一文でここを出て行かなければならないのか。

 この高架の物件契約は最初は三年、後は一年ごとの更新で借家借地権法に基づかないもので住民の居住権は認められないものだったと言う。(一時貸し契約)
「僕は今、月8万円の年金暮らしだよ、兄弟と暮らしているから光熱費も割り勘だった。一人になったらどうすればいい?人権的にも人道的に問題だよ。」

そして冒頭の言葉に繋がる。

 東急電鉄は建前は耐震補強工事の為にと立ち退きを迫っているが、本当に耐震工事は必要なのか。
「3・11の時も被害はそんなに無かった。断水も停電もなかったよ。」
住民側から、耐震について苦情や不安の声も出なかったという。
「東急電鉄側は(僕らが立ち退いても)高架下を貸さないと言ってるが、そんな事はないよ。ほとぼりがさめたら新しく貸し出すよ、“戦後のしがらみ”を一掃したいんだよ。」

 立ち退きの仮処分を認める判決へ停止の申し込みをして50万円の担保を差し出した今、野尻さんはやる事はやった、と朗らかに笑う。
「僕にも意地があるよ、ここまで東急電鉄に虐められたんだから。」

 戦後直後から、家族で蒸かした芋を売って67年間生き延びて来たこの街で、野尻さんは今、まさに路頭に迷おうとしている。

DSCN1483

 関連記事 

l東急電鉄が大井町線高架下住民に立ち退きを迫る林田力

 追記 おかげさまで野尻さんは東急電鉄と和解し、最悪の事態を免れました。
皆様の拡散に深く感謝致します。

 木星通信 拝。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

火力発電と原発のコスト高の話題について、ライターの林田力さんにインタビューしました。


__原発のコストの問題を教えて下さい__
 

林田「原子力発電はコストが高く、原発による発電が電気料金を高くする一因となっています。原発事故以前に原発は発電方法として非効率である。原発で生じるエネルギーの大半は発電ではなく、周辺の海を温めるために使われているのです」
 

__日本の電気料金は世界から見て割高ですが何故ですか?__
 

林田「これまで電力会社は地域独占が認められ、料金設定はコストから計算されていました。何故ならコストを高くすれば料金も高くできる仕組みになっており、高価な原発を導入し、原発推進に膨大な広告費を投入するインセンティブになっていました」
 

__推進派はまだ強気です__
 

林田「原発推進派には「原発反対派は電気を使うな」との暴論を主張する者がいるが、筋違いです。もし電力消費者として発電所を選択できるのであれば、喜んで原発以外の発電所を選択するでしょう?」
 

__推進派の言い分はいつも決まってますね、原発嫌なら電気を使うな、とか__
 

林田「原発推進派には原発反対派に代案の提示を要求する者がいますが、筋違いです。原発反対派は原発が問題であるから反対するだけであり、代案を提示しなければならない義務はない。政商と批判される孫正義のような自然エネルギー利権などに原発反対派が巻き込まれる必要はないのです」
 

__もう少し詳しく教えて下さい__
 

林田「原発反対派は最初の原発設置の時から一貫して反対してきた。自然エネルギーの研究を怠り、これまでひたすら原発を増やしてきたという経緯は反対派を無視して築かれてきたものであるのです。既に原発が存在するから、それを前提にしろ、というのは既成事実の強引な押し付けです」
 

___本当に原発は日本の電力供給の為に必要でしょうか__
 

林田「原発がなくても電力供給は困らない。東日本大震災直後に電力供給が逼迫したことは事実であるが、それは火力発電所も操業を停止したためである。火力発電所は迅速に復旧しています」
 

___電気が足りない節電、停電キャンペーンは何の為だったのでしょうか?__
 

林田「計画停電は原発の必要性をアピールするための脅迫停電です。武蔵野市会議員が東京電力に停電対象からの除外を要請した武蔵野市が計画停電対象から除外されるなど計画停電は恣意的でした(林田力「武蔵野市を計画停電対象外とする不合理」)」http://hayariki.net/atom.html
 

__電気の供給を止める事で原発の必要性を強要したという事ですか__
 

林田「火力発電所は余力を持っている。原発優先の国策と出力調整が不得手という原発の欠点があるために火力発電所を休ませて原発で発電させた。そのために原発の発電量が3割を超える結果となったのであり、火力発電所で補うことは可能です。現実に2003年に東京電力の17基の原発がトラブル隠しによって全て停止した際も電気は供給されました」
 

__火力発電は環境問題に直結しますね__
 

林田「原発推進派は火力発電所依存に対して二酸化炭素の排出を持ち出す。しかし、これこそ本末転倒の議論である。放射性廃棄物の有害性は二酸化炭素の比ではない。環境を持ち出すならば原発こそ槍玉に挙げなければならないのです」
 

__原発の問題が環境問題とすると、誰にでも係り有り、誰もが今どうしたら良いかを突きつけられている問題なのではないでしょうか? 林田さん有り難うございました_

ライター林田力さん。(HPへクリックで飛べます)

林田力さんの著作
 

 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った

(2012年2月11日にレイバーネットに投稿した物を、再掲しました)

このページのトップヘ