木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 池田修一


 アクセスが高く、<休止中であるのにも係らず>多くのコメントを頂いています。
今後は子宮頸癌ワクチン被害者の方が警戒されるような過激な言動・表現は控え、事実を忠実に記録して記事を書く様にと、心がけをしたいと思います。患者さんとその家族は未知の健康被害と供にある事を忘れないようにしたいと思います。<中学生の方にも読んで頂きたく、記事を書き直しました>

 <反ワクチン>という言葉が一人歩きしています。

 そのような表現は根本的な問題点に暗幕をかけて、事態をより悪化させます。
この裁判は「子宮頸がんワクチン投与によって、被害を受けた人達」が存在し、その人達を<患者>として受け入れ、治療するととともに、原因を探る為に予備実験として「ワクチン接種で異常な反応が出た動物実験の研究結果」を研究者がTVニュースなどで報告しました。

 すると「その被害データは捏造だ」と記事に書かれ、あらゆる情報発信機関で「研究不正」「捏造」と拡散され続けた博士が、「実験捏造していない、名誉毀損だ」と、提訴したのが今回ご紹介する裁判です。

 ■裁判の内容

 子宮頸がんワクチンの研究者で、信州大学の副学長の池田修一教授が雑誌「ウエッジ」と医師でジャーナリストの中村理子氏を「名誉毀損」で約一千万円の損害賠償請求と、謝罪広告を求めて提訴しました。「名誉毀損」の内容は「マウスの実験で子宮頸がんワクチンによる被害があったように実験結果を捏造した」と記事に書かれた事です。(ワクチン被害はマウスの脳の部分に出ました。)

 原告(訴えた方)は池田修一博士(信州大学・副学長)
 被告(訴えられた方)は雑誌「ウエッジ」と記事を書いた中村理子氏です。

 


 「提訴の内容」

 ■[池田修一教授が実験結果を捏造]報道したした「ウエッジ」の記事は全てが「伝聞」エビデンス無し。

 中村氏はウエッジの「記事」で何度も池田氏の実験結果の報告について「捏造」 という表現を使っています。「子宮頸がんワクチンが有害だとするデータを池田氏が捏造した」と。ところが、書いた記事の中で中村氏は肝心の捏造の証拠を一切書いてないのです。
「池田氏が実験データを捏造した」という論拠はA氏という登場人物による「内部告発」で、全ては「伝聞」に基づいて記事が書かれています。

 事件は、 厚生労働省発表の子宮頸がんワクチン接種後の神経障害に関す る治療法の確立と情報提供についての研究」 に使われたデータが発表された事から始まりました。

 
子宮頸癌ワクチン接種後の健康被害報告が相次いだため、厚生労働省がワクチンの研究班を組織しました。その研究結果を班の代表者である池田氏が「上記リンク」で経過報告を発表したのですが、その研究データの中にはマウス実験の結果も示されており、子宮頸癌ワクチンを接種したマウスにのみ、脳組織の部分に免疫の異常を示す反応があった、と発表しました。中村氏はその報告は「池田氏が自説に都合の良いデータ(チャンピオンデータ)を使った、 写真を組み替えてワクチンを接種したマウスにのみ異常が出たとする結果を捏造した」と報道しました。

 
「ウエッジ」の元編集長・大江紀洋氏も6月17日にTwitterで中村氏との取材に同行し「STAP事件並みです」と呟いている。この呟きの後、大江氏は編集長を降りています。(ちなみにこの元編集長、小保方氏を「詐欺師」と指摘した事がある。その証拠一切示していない)https://twitter.com/norihiroe/status/743576697274937344



 中村氏はこの子宮頸癌ワクチン薬害被害についての記事を「ウエッジ」に連続して掲載しており、過去には被害者家族に強引な取材をして、家族の代理人から「記事にしないで欲しい」と抗議文書が送れていましたが、中村氏は「子宮頸がんワクチンとモンスターマザー」と記事にして公開しました。

 中村氏は問題になったマウスの異常報告を示した「スライドデータの画像を誰が作ったのか」を追跡取材していますが、マウスを使った実験は信州大産婦人科の塩沢丹理教授の分担でした。

 データを出したのは産婦人科科学教室に在籍して今は関東にある大学教授のA氏。つまり、問題の「捏造データ」の基を作り出したのがA氏なのです。結局そのデータを中村氏はA氏に確認していないのです。何故なら、A氏とは途中で連絡が取れなくなってしまったからなのです。

 中村氏は散々池田氏の報告したデータは捏造だと指摘しながら最終的な確認作業を怠っていて、情報提供者が責任ある行動をとらなくなったのにも関わらず、A氏の説明をそのまま鵜呑みにして「池田氏捏造した」と記事を書き続けていたのです。

 途中から雲隠れした情報提供者の「密告」(守秘義務違反では?)を基に、研究者を捏造者扱いしていますが、事実無根の記事を構築するためにエビデンスを出さなくても済むように、情報提供者を都合よく、<退場>させたようにも見えます。

 ■「ワクチン被害の捏造データ」とされる実験の担当者は他の教授。

 要約すると、中村氏が記事で捏造だと指摘したデータのスライドはA氏が作ったものです。
その実験担当は塩沢教授の分担であり、池田氏は関与していません。A氏はデータを池田氏に見せたという事ですが、そのデータを池田氏に直接渡していません。
池田氏はワクチン研究班の代表としてグループごとに分担された実験結果を元に「中間報告」をしたに過ぎないのです。

 しかし中村氏は池田氏が作為的に薬害被害データを組み合わせて報告書を作ったかのように報道しています。仮に報告書に実験結果の捏造があったとしても、池田氏がその行為に加担する事は不可能です。中村氏は何故、実験担当の分担を頭に入れずに記事を書いたのでしょうか?

 そして中村氏はA氏の「池田氏に見せて説明した」とされるデータを確認していません。
にも関わらず、池田氏による実験捏造が存在したと何回も記事で断言しています。捏造されたとするデータはA氏から池田氏へ渡されていないのですが・・・

 中村氏の一連の「ウエッジ」の記事は池田氏が積極的に子宮頸がんワクチンから被害が出たとするデータを操作・捏造したかのような報道です。この記事で子宮頸癌ワクチンの薬害結果データが捏造だ、だからワクチンも安全だ、ワクチンの薬害(副作用、副反応)は存在しないのだ、というような誤解が広がる事は大変危険な事です。

あなたが中学生であるなら、ここから下をお母さんと一緒に声に出して読んで見て下さい。
 
 厚生労働省は13年6月に出した告知「子宮頸癌予防ワクチンの接種を受ける皆様へ」で「現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を 積極的にはお勧めしていません。接種に当たっては、有効性 と リスク を 理解した上で受けてください。」と三年も前にリスクを認めているのです。リンクより引用〜


「まれに重い副反応もあります
接種を受けた女性の中には重い副反応がある事が報告されています


34)
                 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkakukansenshou28/pdf/leaflet_h25_6_01.pdf

 STAP細胞事件では幹細胞学者の笹井芳樹博士が自殺するという悲劇が起きました。
笹井氏は論文の共著者であったがSTAP細胞論文に使った実験には関与しておらず、論文の監修係でした。しかし、メディアは笹井博士の関与を強く印象付け、大きな責任があるかのように責め立てました。STAP細胞事件の「黒幕」との位置づけをされ、問答無用で主犯格に仕立て上げられました。


 しかし事実は既にSTAP細胞実験の成果はあらかた終わっていた頃に論文の監修と修正をしたに過ぎなかったのです。<ただし、このSTAP細胞実験記録は様々な謎が残されました。どう考えても存在しない筈の細胞の名前が記録されていたりしていますが、それは今、多くの市民が検証・追及を行っています>

 私たちは決して同じ悲劇を繰り返してはなりません。

 中村氏の書く記事にある偽装を見破り、その裏にある利権構造とネットワークをあぶり出さなければ、ワクチン薬害による国民の被害は増えるばかりです。そしてその被害を補償する賠償金も私たちの税金から支払われるのです。ワクチンを推進した政治家もジャーナリストも一向に懐が痛む事はありません。

 その意味で、報道関係者が損害賠償請求を受ける事になる可能性が高いこの提訴の意味は大きいと感じます。

 この裁判はワクチン利権のご用記者がメディアを使ってワクチン被害の報告をした研究者を貶めようとして、返り討ちされる構図なのです。 

 この裁判が広く告知され、子宮頸癌ワクチンの危険性に関する認識が娘を持つ母親達に広がる事を祈念します。
                          

<読者層を中学生からと思い、ブログを読み易く表現を変えました> 

 追記:[ワクチン被害の親御さん達を誹謗中傷するTwitterアカウント]


38)
 上氏は「HPVワクチン(子宮頸癌ワクチン)」の副反応がある事を
認めているようですが、一方でワクチンの被害症状は「心因性」だと広めているようです。このTwitterでは「ワクチンの副反応」から回復、とコメントしています。「接種後の副反応症状から回復した例」と「HPVワクチンの副反応は心因性」と相反する接種後の被害に関して見解を示しており、その見識は奇々怪々です。
 

21)

「娘さんの病はお母さんが原因では?」

 診断書とか実験結果とか、そのような科学的な根拠はどうでもよく、ようするに「HPVワクチンは安全だ」とのデマを広げたい事を目的としたワクチン被害者叩きの為のアカウントでしょう。

 海外で事故が多発するヘリを高額で買わされ、海外で被害が多発したワクチンを買わされ、国を信じたワクチン被害者は中傷される。この国のガバナンスはどうなってるんでしょうか。

 水際で幾らでも食い止める事が出来た筈のワクチン被害。せめて、これ以上の被害を出さないよう、被害者の救済、治療を促進させるように、研究者を見守り、被害者を労ろうではありませんか。
国に陳情しようではありませんか。

 この国の" 国策"はついに子供を産み育てる母親にまで暴力をふるうようになったのです。
利権の為には、海外で被害例が出ているワクチンを輸入し推進するのです。
このようなワクチン被害がまだ続くようなら、国の政策そのものを見直しする「革命」が必要な時期に来てるのではないかと私は思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 子宮頸癌ワクチン被害者家族から告発されていた 中村璃子氏の不適切な記事と取材方法について。

  (子宮頸癌ワクチン被害者を以下、ワクチン被害者とする)ワクチン被害者家族に対する、誹謗中傷とも捉えられる記事がウエッジという雑誌に掲載された。

 それは
 中村理子氏署名記事のWeb版 (村中璃子はペンネームで中村理子が本名である)で確認出来る。
『週刊金曜日』でも問題視された『子宮頸癌ワクチンとモンスターマザー』http://archive.fo/4bMQR という記事が酷い。ワクチン被害を受けたという中二の少女について、その親は「モンスタークレーマー」で少女は虚言癖で「失神して倒れても決して怪我をすることはない」理由は「受け身をして倒れるから」だとしている。
 失神して倒れても怪我をしないので、少女が失神を偽装したかのように受け取れる記事だ。全体的なトーンは「子宮頸癌ワクチン被害を受けたと主張し騒ぐ家族はモンスタークレイマーで子供は虚言癖なのだ」という印象を受ける。驚くのは何一つ読者が確認出来るエビデンスを示していないのだ。ただのうわさ話の受け売り。

 政治家や芸能人でもないワクチン被害を受けたと告発した一般人のご「近所のうわさ話レベル」が科学議論の名前を借りてヤフーのニュースに掲示される事も驚きだが(不適切極まりない)この記事が作られた背景について、まさに取材の裏側が理解出来るよう、読者にもう一方の事実を示したい。(ワクチン被害者のブログ記事を引用するが、記事に掲載された少女の弁護士の書面から引用されたり、直接、少女の親御さんから委託を受けた事実の拡散で、信用に値する。この件について、私も取材を進めたい)

 
中村氏の記事中には「地元の名門校に進学した少女は、高校では「よく失神する子」として知られるようになる。しかし、今ではワクチンのせいということになっている失神に対し、冷ややかな反応を示す同級生も多い。」とあり、以前から失神癖があるのに、「ワクチン被害を受けたからだ」とワクチン被害を偽装するようになった、と受け止められる内容で、同級生もその症状に冷ややかだ、と少女の先天的な異常性をほのめかしている。

 ところがワクチン被害者家族が運営しているブログには「A子さんは本州の病院で多くの検査を受け、子宮頸がんワクチン接種後に脳炎を起こしているという診断がつけられている」として、「読み手に誤解を与える」と怒りを露にしている。
 http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12154916141.html より〜

 さらに「A子さんとそのご両親は、さぞかし悔しいことと思う。この場を借りて、A子さんの診断が脳炎であり、検査に基づいた診断を得ていることをここにお知らせする。メディアが一歩間違えると一人の少女、ひとつの家族をいかに苦しめるか。それを、よく知ってほしい。」と訴えている。

 つまり失神の原因は「脳炎」であり、その症状は本物だったのだ。

 で、あるならば、このウエッジが掲載した記事の一部は捏造であるという事になり、なおかつ少女家族に向けられた「モンスタークレイマー一家」であるという内容も全体的に疑わざるを得ない。何故なら、このような記事の意図はワクチン被害を受けた家族を世間に白眼視させる事だ。これは「小保方氏報道被害」と同じ手法がとられている。この記事の目的は何か。読者に誤解を与えるのが目的でその利益は何か。ワクチンが無害ならもっと科学的正攻法があろう。

 この記事は少女とその家族を悪者にして「罰」を与えるのが目的なのか。その判断は読者に委ねるとして、「子宮頸癌ワクチンの被害を認めない」とする科学者、サイエンスライターは一定数おり、それが被害者がどんなに声を上げようと、科学的根拠を示さず、被害者の人格否定で切り返し、世論をそちらに誘導するのだ。これも「小保方氏報道被害」とまるっきり同じパターンだ。

 ワクチン被害者を罵り、嘲笑する連中も「小保方氏報道被害」に出て来た科学者、サイエンスライターと同じ顔ぶれなのだ。これは偶然ではない。

 同ブログによると
ワクチン被害少女の家族は弁護士を通じて取材は不適切であり、記事は「ウエッジ」に掲載しないで欲しいとの申し入れを行った。(16年3月15日)

 また記事を書いた中村理子氏に「掲載は許されるものではない」とした抗議文を送っている。
リンクより引用、弁護士の抗議文書 一部抜粋「株式会社ウェッジの主張は、取材過程で虚偽の事実を告げ、親の承諾を得ない取材を目的とし、未成年者の友人たちを巻き込むなどして執拗に行われた村中氏の取材と、それに基づく記事掲載への不安が、副作用被害に苦しむ被害者に与えた精神的苦痛を理解しないものと言わざるを得ません。」

 中村氏はジャーナリストである事を隠して少女に近づき、また少女の友人にラインのアドレスを聞き出すなどして少女とラインで繋がり、保護者を通さず取材を行おうとしたのだ。その手口は悪質極まりない。何度も書くが本当にワクチンが無害ならば、このような手法を持ち要らずとも、科学的な根拠を示し、理解を求めればいいだけだ。(中村氏は記事中で少女を「よく失神する子として知られており、倒れても怪我しないので周囲の同級生は冷たい」と書いているが少女はちゃんと友人がいる事も弁護士の書面から確認出来る)

 有識者である中村氏がいくらでも誘導尋問出来る立場である。保護者同席でなければ、取材は許されない事は勿論だが、その秘密取材工作には「病状がワクチンの被害ではない言質を
誘導尋問して引き出そう」する意図があるように思えるのは私だけなのか。

 このような卑劣な取材方法を行い、弁護士を通じた記事化しないようにする取材対象者からの要請を無視した記者も酷いが、ついにその記事を載せたウェッジもその見識を疑わざるを得ない。このような偏向した雑誌がグリーン車で無料配布されていて、読者からも抗議や疑問の声が上がらないとすると、日本の富裕層の見識や公益心の低さを痛感する。(ウエッジは
グリーン車の主要顧客である「アッパーミドルクラスビジネスパーソン」を想定読者としているそうだ)
東海道・山陽新幹線グリーン車では無料配布という事なので、JR在職の意識ある方、JR連合などはこの雑誌の購入、配布を停止するようにJR本部に働きかけて頂きたい。



 ちなみに、この「ウエッジ」と中村氏は「子宮頸癌ワクチンと脳の障害についての因果関係」を報告した信州大学の池田教授に対しても「データの捏造をした」と告発してついに訴えられた。『記事』

中村氏の記事に根拠なんか存在しないのだ。
記事の中身は悪質なデマである。それを読んだ医師とか研究者が二次情報としてブログやさも事実であるかのようにTwitterで拡散する。
これも「小保方氏報道被害」と同じ。メソッド、マニュアルがあるのだろう。

子宮頸癌ワクチンが有害だと困る連中とSTAPが存在したら困る連中はリンクしており、取り巻きの科学者、サイエンスライターは全く同じカテゴリに生息している。

ワクチン被害の「可能性」をデータに基づいて報告した池田教授に対するネガティブキャンペーンを「報道」の名の下に行った事に対して「損害賠償請求」の裁きが下される。今ままでネットの噂が先行していたこのネギャキャンに司法の光が当てられ真相が白日のもとに晒される。

 弁護団長はあの「国賠の名軍師」清水勉氏。私も出来る限り、傍聴したい。

 最後に。中村氏は未成年の取材対象者に保護者の許可なく取材を申し入れした事を認めている。
「懸念」があれば親御さんに無断で取材していいのか。独善的な報道倫理である。
ワクチン被害者らに「見えない事情が存在」など中村氏は書いているが、それが不適切取材を強行した中村氏自身にあるのではないか?と聞いて見たい。


http://archive.fo/4bMQR より〜 最終段落より〜


 「
少女が置かれた環境を懸念して本人に直接取材を申し入れたが返事はなかった。プライバシーには配慮しているが、後日取材方法に抗議し記事化しないことを求める内容証明が両親の代理人から編集部に届いた。ワクチン被害を訴える親たちの背景には、彼らの主張からは見えない事情が存在することがある。」


Wedge編集部,村中璃子 引用終わり〜

 

 
yjimage
  ☆医学者の名をかたり、ジャーナリストの名をかたって、読者に誤解を広める事は許されない! 中村氏はハッキリと研究班が捏造したと書いている。それを証明するのは訴えられた中村氏であって、信州大学の研究班ではない。(ワクチンを打ったら脳に被害が確認できたとするマウスの写真データを池田教授が捏造した、と記事では主張している。)

関連記事もどうぞ! 
 
02)

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ