木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 瓦礫

 広範囲の瓦礫受け入れに反対する運動が高まるなか、様々な事件起こり、逮捕者が出ている。
先に紹介した下地真樹阪南大学準教授のように(参照・下地真樹先生東京交流会)逮捕・勾留に不当性を感じるものが多く、瓦礫拡散・焼却処理における放射能被害を心配する市民の間で不満と抗議の声が高まっている。

 また2012年11月13日に大阪府の此花区民ホールで開催された瓦礫反対の集会で逮捕された女性Pさんを巡っては、勾留中投薬制限が行なわれた事から憲法学者などから「憲法で禁じている拷問である」と多くの抗議の声が上げられた。(Pさんの釈放を求める憲法研究者声明)(Pさんは2013年2月25日に保釈)

 そのPさんの勾留理由開示公判の時に傍聴席で開廷後に発言した男性MUさんはその場で職員に取り押さえられ、5日間も大阪拘置所に収監されたという。

 先月28日に行なわれた園良太君の最終弁論に大阪から駆けつけていたMUさん(写真)に直接話しを聞く事が出来た。

__何があったのか教えて下さい__

MU「僕はPさんと一緒に逮捕された四人のうち一人です。Pさんとは何かあった場合はお互い救援しようという約束がありました。残りの三人は起訴されました。僕は処分保留で釈放されました」

__釈放された身でPさんの2013年1月25日の勾留理由開示公判に行かれたのですね__

MU「そうです、大阪地方裁判所です」

__そこで何が起きましたか__

MU「裁判長が閉廷宣言した後に発言しました。公判中に怒りが爆発だったんです。何故なら一連の弾圧の逮捕・勾留状とかバンバン自動販売機のように判をついたり、体の弱い
Pさんの年末の保釈請求を却下したりしていたのが、小野寺健太裁判長なのです。だから、閉廷したのでもう大丈夫だろうと一言二言発言しました」

__なんと発言したのですか__

MU「小野寺許さないぞ、です、そしたら、
確保しろ、みたいな事言われて。職員に20人くらい取り囲まれて。他の傍聴者は文句を言ったのですが小谷弁護士が混乱を押さえる為に「後は私に任せて下さい」と法廷から傍聴者に退去を促しました」

___職員に取り押さえられたのですか__

MU「暴力的な確保ではなかったです。確保しろ、と小野寺裁判長は言ったのですが、職員達はいいの?裁判長がこんな強権発動するの?という風にためらっていました」

__何日拘置されましたか?___

MU「大阪拘置所に5日間ですね」

__裁判所があなたを拘置した理由は__

MU「当日出された裁判所の決定書には『不穏当な言動により裁判所の職務の執行を妨害し、かつ裁判の威信を著しく害した』ので『本人を監置5日に処す』と書いてありました。適用された法条は『法廷等の秩序維持に関する法律2条1項』だそうです」

__有難うございました__

写真

瓦礫広域処理には放射能被害だけでなく、様々な環境汚染の疑いのある廃棄物も含まれている事から、焼却処理による健康被害への影響が懸念されている。震災瓦礫の広域処理、焼却処理は今まで無かった事だ。環境省の安全基準も疑問視されている。
不安を抱く市民の声と行動に行政と司法は強権を発動する事によって
問題の本質的解決をさらに遅らせている様に見える。
瓦礫広域処理は沢山の被害実例が出ている。

東北被災地がれき焼却地の秋田県横手市で——子どもたちの尿からセシウム

この事例から見ても、瓦礫広域処理は「国は市民の為に公衆衛生に勤めなければならない」とする憲法25条に違反している。
多くの市民が反対・抗議の声をあげるのは当然だ。


また自然界にも瓦礫拡散処理の影響は未知数のままだ。
これらの問題をふまえて、瓦礫反対運動に強権を発動し続けるのは国が国民の健康被害を保障しないとする態度と見て良いだろう。
健康被害や環境汚染の防止の為に運動する事は国民の当たり前の権利だ。
それなのに裁判官は自動的に逮捕状に判を押し、衰弱した勾留者の保釈請求も認めない。
その事で裁判官を法廷で批難したら拘束されてしまう。
日本は中世の暗黒時代に逆戻りを始めたと言う事なのだろう。
平和で豊かな時代のロウソクの残り火が未だ明るく灯っているので、その事に気が付かない人が多いだけだ。


 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


渋谷区の清掃工場で宮城県女川町からの災害廃棄物(瓦礫)を焼却処分する事について。

渋谷区ニュース平成24年7月15日版 に7月30日〜8月11日(日曜除く)に女川町からの瓦礫12トンを受け入れるとあります。

今月渋谷区で焼かれる女川町の瓦礫は9月24日〜10月13日(日曜日除く)

場所は渋谷区が運営する渋谷清掃工場。
清掃工場を東西に挟んで渋谷区東側近くには氷川保育園ほか広尾中学、同高校、常磐松小学校、国学院大學、実践女子中学、同高校など教育施設が密集している。

渋谷西の恵比寿側には鉢山小・中学校、恵比寿保育園、鶯谷さくら幼稚園などがあり、区民施設も多数集まる地区に清掃工場があり、そこで9月中旬から10月初旬まで女川町の瓦礫が焼却される。

今までに焼かれた瓦礫の総トン数や今後焼かれる見通しについてはまた継続して情報を集めます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

都内での瓦礫焼却について、日野市クリーンセンターの高橋氏から経緯を聞いた。

__瓦礫は去年11月の三多摩市長会議で受け入れを決めました。
その前の7月に宮城県から東京都へ瓦礫受け入れの要請がありました。__

私「東京都知事から、23区へ要請が降りて、三多摩まで瓦礫が運ばれたのですね」

__まず、宮城県女川で平成23年の9月8日に試験焼却があり、東京都内の大田区、品川区で10月14日に試験焼却がありました__

私「三多摩の中でも日野市が受け入れたのは」

___日野市が受け入れを決めたのは発電所があったからです。
瓦礫を燃やして熱回収をするというのが基本的な目的です__

私「それは成功しましたか?」

__成功しています__

私「この後も瓦礫は日野市に運ばれるのですか」


___運ばれます、ただし、女川の瓦礫焼却は62%まで済んでいます。日野市の受けいれも当初の予定よりも少なくなっています__

私「瓦礫焼却した後の日野市の放射能測定で、放射線量は上がりましたか」

__上がってないです、日野市のHPで公開されています__






    このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地からの瓦礫受け入れ、焼却する事について、様々な問題が広がっている。
しかし、燃やされる瓦礫への安全性について、市民への十分な説明も無いまま、焼却事業が役所主体で行なわれているのが実情だ。

今回、市民への告知・周知なしに瓦礫受け入れ焼却を始めた東京都、日野市に対して、一市民として説明を求めた日野市民のA子さんに話を聞いた。

私「
A子さんが説明を求めた瓦礫焼却ですが、日野市役所はどのような対応でしたか」

__私が日野市が瓦礫を焼く事を知ったのはもう焼くと言われる1週間位前でした。  私は他の市が説明会などをしている事は知っていたので日野市でも最低説明会は するものだと思って
いました。そして確認すると住所のうちの周りの自治会で説明会が行われた事を知りました。__

私「自治会だけの説明会って随分内輪ですね。」

__自治会以外にも説明会は行われるべきだと思い、市役所に
電話をかけて確認すると驚いた事に市役所は私達に説明会をするつもりが全くないと言いました。
同じ市民で税金も払っているにも関わらずです。私はせめて瓦礫を焼く前に説明会をしてほしいと懇願しましたが、職員は意見として聞いておきますと言いながらまるで聞く耳を持っていないのは返事から明らか
でした__

私「一般市民に説明や告知、予告等がなかったのですか」

__そうです、数日後に瓦礫を焼き始めました。それ以降も瓦礫を焼くのになぜ市民に説明会ひとつしない行政があるのかと呆れましたが、何度懇願しても相手にしない態度でした。
私が市民の健康などの問題もあるのだからせめて説明をしてほしいというと、クリーンセンターの高橋という人が呆れた事に「私も市民だから」と意味のわからない事を言いました。
彼は市で働いている職員ですし、私とは明らかに立場が違います。

私「市役所職員は、市民とは違う行政責任がありますよね、市民が求める事への説明もその一つだと思います」

__ですから、自分が市民だから、私達に説明をしない理由には
ならないと思いますが、まるで市民の自分が納得しているのだから問題はないだろうという返事でした。
行政が市民を差別し、説明すら行わない態度に私は呆れかえるばかりでした。
他の市でも行われている通りの、最低限の説明会すら行わない市役所に憤りを感じています。__

私「何故日野市は告知をしないのでしょうか」

__私が市役所に何度も電話をしてなぜ説明会をしてくれないのか、他の市ではどこも説明会は開いていると伝えると日野市としての決定ですとしか言いません。日野市の決定は一部の人間にしか説明をしない事だそうで、未だに焼いてるので説明会を開いて欲しいと言えば「もう終わった事なので」という始末です__


私「コッソリ燃やそうとしてるとしか・・・」

__しかも責任は誰が取るのですか?と聞けば、どんな被害が起きるかわからないから責任を誰が取るかなんてわからないと言ったのです。
このような行政のやり方に私は失望しています。__




日野市は瓦礫焼却について、市民に説明責任を果たして無い事実を一市民の告発をどう受け止めるのだろうか。
市民は縦割り行政に従うだけで良いのだろうか?


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ