木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 石川智久


 巷では「小保方さんがES細胞を盗んで万能性のある細胞を発見したと言って若山博士を騙していた」こでSTAP細胞事件は決着してるようです。
NHKスペシャル『STAP細胞 不正の深層』でも李博士の引越の時に 持って行くはずだったES細胞を盗んでいたかのようなイメージ映像が流れました。

 そして写真週刊誌『FRIDAY』では元理研の研究員石川智久さんが「李博士の細胞を盗んで若山博士に渡して実験させていたんでしょう」と「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!」と告発していました。これはいつの間にか被疑者不詳でこれからの実験に使う為に誰かが盗んだ事に容疑がしぼんでいました。

 ではES細胞とは何なのか。生物学が解らなくても感覚で解るように説明します。
マウスの受精後一週間くらい以内に胚 から取り出した細胞で増殖し、身体の器官に分化して行きます。

 一方、論文上のSTAP細胞の特徴はマウスから取り出した細胞を酸性の液につけると、死んで行くものもあるが、一部は生き残って未分化の状態に戻る、というものです。

 ですので、ES細胞を若山博士に渡しても、既に分化出来る能力を持った細胞ですからすぐに気がつかれるはずです。
小保方博士は幹細胞を幹細胞に培養させようとしていた事になりますし、若山博士はそのまま騙されていた事になります。
なので、ES細胞の権威である若山博士を騙すハイリスクの実験詐欺をやる事を小保方博士が選択する事はあり得ません。

 ES細胞の特徴を考えると、「小保方細胞窃盗説」がいかに非科学的であるか、解って頂けると思いますし、科学者で医者である石川智久氏がこのような告発をして世間を騒がせた事は看過出来ません。
石川氏は最近FBの投稿で「このこの事について一生話す事はないでしょう」と話し、たこ壷の中に入ってしまわれましたが、この科学的矛盾について、科学者として、生命を取り扱う医師として、説明する義務があると思います。

画像は写真週刊誌『FRIDAY』2015年2/6日号より。
 
548f61c3-s
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 元理研の研究者、石川智久さんが同じく理研のユニットリーダー、小保方晴子さんを「ES細胞窃盗容疑」で刑事告発すると騒ぎ、マスコミにビラを撒き、写真週刊誌「FRIDAY」にインタビュー記事を掲載していたのを覚えていますか。 

 結局、被疑者不詳で(なんじゃそりゃ)で告発状は受理されました。
石川氏は小保方博士が盗んだ!と名指しで週刊誌で指摘した訳です。
そして動機は若山博士の名誉を守りたいからと。
被疑者不詳ならだれでも被疑者になるわけだから、当初の目的、告発の動機はどうしたんでしょう。

 

 FBの投稿によると、石川氏は故郷で高齢者医療のNPO法人活動をされているとか。 
石川氏の故郷は愛媛県・西条市。

 石川氏のFBの5月19日の投稿を見てみましょう。
小保方博士への告発状に関係あるところのみです。
ここから〜
『今年1月26日に刑事告発状を出してから、私には猛烈な「逆風」が吹きました。
それは私の故郷である愛媛県・西条市での事でした。

 昨年五月から私は西条市で高齢者の個別化医療を実現するためにNPO法人活動を実施していますが、刑事告発状の提出以降、西条市民の八割はまさに「逆風」でした。
私のとった行動を「許しがたい悪行」だと流布する者まで現れ、挙げ句の果てには私に面と向かって「人間じゃない!」と罵る人まできました。

 そして、NPO法人の当初のメンバーの殆どが去って行きました。
さらに横浜の自宅には納骨を済ませていない亡き妻の骨壺がありますが、いつ横浜の自宅が放火されるかと戦々恐々でした。』〜引用終わり。

 ばかばかしい。なにが愛媛県・西条市の八割はまさに「逆風」でした。だよ。
まともじゃないエビデンスで人を刑事告発するから、義憤にかられた人々、市民の八割が怒ったんでしょう。八割。市民の殆どでしょう。あとの二割はきっと子供と寝たきりの人だ。

 市民の八割が義憤にかられるって凄い事ですよ。
正義じゃ無い事が解ってるからでしょう。悪党の所行だと、直感で分かるんですよ。
市民をバカにするのもいい加減にしなさいよ。
人を使ってネット情報を操作出来ても、市民感情はコントロールなんか出来ないんですよ。
いくら報道つかっても、なんとなく真相は解ってるんですよ。

 これが小保方さん一人を追いつめるための最後の追い込みだ。と。
もう商店もお寺も石川氏をボイコットすればいいのに。
この人に靴や服を売らないで下さい。

 そしてFBの最後の一行読んで私はふたたび激怒しました。
引用〜
『いずれにせよ、刑事告発の受理をもって私の役目は終わりました。(中略)これからは愛媛県西条市で高齢者の個別化医療を支援しながら静かに余生を過ごします。本件について一生もう話す事はないでしょう。さようなら。。。』 

 何が「役目は終わりました」だ。このタコ。「役目」ってなんだ。「役目」って。
何ですか、あなたはやっぱり「仕込み用員」とか「エージェント」だった訳ですか。

 「入れ子出し子」的な?

 「本件について、一生もう話す事はないでしょう」だって。
おかしいでしょう。あれだけ辻褄の合わない証言で人の家のお嬢さんを盗人扱いして、それで小保方博士が窃盗したと絞れなかったから「被疑者不詳」になったんでしょ。

 

 時系列が合わない事、盗んだ細胞ではSTAPの実験は出来ない事(使われていたマウスの種類、GFPの種類が違う)
全部「小保方窃盗説」の方が非科学的なんですよ。
それで「もう喋りません」て。なんですかね。無責任な。
それともあれ?刑事告発の真相を喋ると殺されるとか?

 やっぱり細胞なんか盗まれていなくて、小保方博士一人に実験不正の疑いを向けさせる為のパフォーマンスだったとか。って言うか、そうでしょう。この流れ。
告発が終わったらこそこそ逃げ隠れするなんて、この告発騒動はだれかの指図があったからとしか思えませんね。

 石川智久氏を糾弾した愛媛県西条市の皆さん、お疲れ様です。
この実験不正は小保方博士一人では出来ない事は多くの科学ブロガーが実証しています。
ES細胞を盗んでもSTAP幹細胞にして若山博士を騙してキメラマウスを作る事は無理なんです。
細胞を小保方博士が盗む意味なんかないんです。

 NHKも絡んだ細胞窃盗騒動はSTAP細胞事件の真相を誤摩化す為のデマゴーグの可能性が高いのです。石川氏はその最後の〆役だったのかも知れません。
ですので、この卑怯で不当な告発を若い女性にした石川氏の事、これからもずっと可愛がってやって下さい。

 人情紙風船の世の中なのに義憤にかられ、石川氏の肩書きよりも、その行動に怪しい振る舞いを感じた8割の愛媛県西条市民の皆様、私、木星は心より敬愛の情を永く永く示す事を誓います。
特産品を買っちゃうよ〜。

 【副題】『お前なんか人間じゃない!小保方晴子さんを刑事告発した石川智久氏、故郷で村八分の扱いに!』

 【副題その2】『小保方晴子さんを刑事告発する!と騒いだ石川智久氏、故郷でフルボッコ!』

 【副題その3】『妖怪のしわざ?小保方晴子さんを刑事告発すると騒いだ石川智久氏、人間否定される』


 

 
51)



37)

 
25)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 あれ?NHKの記事によると、兵庫県警は元理研CDBの若山研が「ES細胞が盗まれた」事に対して被疑者不詳で受理されたとの事ですが、告発人も匿名になってます。

 これは『FRIDAY』2/6号で「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!」と表明した
石川智久さんの告発状の受理の事ですよね?

 あれほど大々的にマスコミにビラ配って「小保方博士細胞窃盗説」を世間に唱えていた訳ですが。
「被疑者不詳の刑事告発」って随分最初の鼻息と違いますね。
今更、どうして匿名の告発になってるんでしょう。

 「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する」としておいて容疑を本人に絞れなかったから、恥ずかしくて世間に出て来れないのかしら。

 被疑者不詳なら、若山研内の犯行と言う事で若山博士や若山研の人達も当然、事情聴取受けるんでしょうね?小保方博士だけ、ではないでしょうね。

 李博士のES細胞は細胞の移管手続き(MTA)に記載されてないのに「引越の指示を出していた」「引越後に盗難に気がついた」と主張する若山博士。
この件に関しては辻褄の合わないコメントしてるの、若山研です。

 どうしても「小保方博士がES細胞を窃盗してSTAP細胞を捏造して若山博士を騙していた。若山博士はSTAP細胞捏造実験の犠牲者」にしたい人達がいますが(石川智久氏もその一人)

 STAP細胞とされるものが、「ES細胞とSTAP細胞の元の細胞と混ぜたもの」だとして、それでキメラマウスを作れるのかどうか、誰も解らない訳です。

 石川氏でさえ。

 つまり、「STAP細胞の元(CD45陽性細胞)」+「ES細胞」=キメラマウス成功条件。
とは限らないのですよ。

 これで上の公式が科学的事実であれば、「小保方博士が盗んだES細胞でキメラマウス実験を捏造した」と容疑をかけられます。

 しかし最終調査報告書ではそこは曖昧で上の公式の確認実験とかしていないのですよね。
それでなんで「小保方博士ES細胞窃盗説」が成立するんでしょうか。

 「小保方博士犯人説」を世間にアピールしたいだけとしか思えないんですけど。

 再三理系ブロガーが指摘してるように、「引越のドタバタ」に盗んだ物で「若山博士を騙して実験捏造」させるのは無理なんです。

 研究室が引越後した後にどうやって小保方博士が若山博士を騙して捏造実験出来るのでしょうか。
小保方博士の冷凍庫がどこでもドアーで無い限り無理なんです。

 非科学的な主張をし、時系列の合わない事で犯行が成立したとする石川智久氏。
そしてこの無理筋なストーリーをどうやっても小保方博士にはめ込みたい人達の繋がりってなんなんでしょうか。


 小保方博士が細胞を盗んで実験捏造させた、としたい人達の(NHK、科学ジャーナリスト、元研究者石川智久氏)の利益供与ってなんなんでしょうか。

 そして多分この「小保方博士細胞窃盗」は「冤罪」である、と木星通信は強く言い切れるのですが、
小保方博士が冤罪ならSTAPとは何だったのか、誰が実験捏造の主体だったのか、兵庫県警はそこを捜査して欲しいですし、「ES細胞」と「STAP細胞の元」を混ぜてキメラマウスが出来るのか理研に再調査、再実験してもらうよう要請すればいいと思います。

 案外、ただの起き忘れを「盗まれた!」と若山研が騒いでしまい、引っ込み付かなくなってるだけかも。

 そして石川智久さん「小保方博士が細胞を盗んだと強く推認出来る」としたのに「被疑者不詳」に告発状を切り替えたのはどうしてですかー。

 名指しで小保方晴子博士を「窃盗した」と主張した事に対して撤回理由を早く説明してくださーい。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



 噂が真相を隠す_隠された真相の中に犯人が潜んでいる_
度々お伝えしてきた「 STAP細胞事件簿」も情報が出尽くした感じですが、むむ、いや待てよ、結局何がどうなったかのか。

 STAP細胞ってなんだったの?
偽実験なら誰が何のために?
小保方さんが細胞バシバシ盗んで何したかったの?
共同実験者から細胞盗み続けるなんてバカじゃね?
そんなに必要なら小遣いから買えばいいんじゃね?

 そう、もやもやしている_そんなあたなに今回、木星通信は「報道検証」というジャンルに挑んで、情報を整理してみた。

 改めて、『小保方ES細胞窃盗の罪』について、誰が何を証言して、何を訴えてるのか_纏めてみた。
(読んでいてアホらしくなるかもしれませんが、報道リテラシーの訓練だと思って我慢して通読してみてください)時系列順にまとめました。

①疑惑の始まり_NHK 不正の深層から(2014年7月27日放送)NHKスペシャルでの若山研究室在籍だった留学生(後に上海からの留学生「李」氏と判明)の証言

②石川智久氏が小保方晴子さんを「ES細胞窃盗の容疑」で兵庫県警水上署に刑事告発

③週間新調が「若山博士に小保方さんから来たメール」を公開。
窃盗説裏付ける報道。

こんな流れでしょうが、窃盗疑惑の始まり、世論が注目したのはなんと言っても若山研究室「李」さんのNHKスペシャルでの証言でしょう。思い出してください。

【①留学生『李氏」の証言記録】NHKスペシャルでのインタビューに答えて。
小保方さんの冷蔵庫から出てきた ES細胞は「李」さんの解析中の細胞だった事への電話取材。

李「びっくりしました保存してあるのは全部ES細胞ですので」
李「なぜかこのSTAP細胞に関係あるところに見つかったのは本当にビックリしましたね」
李「直接わたしたことではない」
NHKのナレーション「解析中の物で引越しの時に(去年'13年)山梨大学に持っていくことに」


 これから「小保方さんがES細胞を盗んでそれで実験を捏造していたのだ!」との噂が拡散された。
そこに待ったをかけたのが理系のブロガー達。
引越しのバタバタの時ならSTAPの実験は既に終わっている!これから盗むアホはいない!
の大合唱が始まる。そう、時系列が合わないのだ。
木星通信もTwitterで「研究室が引っ越したら、共同実験できないのに、なんで盗むの?」と呟いた。


【②石川智久氏の刑事告発!証言記録】
写真週刊誌『FRIDAY』2/6号に掲載された「小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!』の、石川智久氏(元理研上級研究員)による訴えです。長いので一部割愛します。

石川「(小保方さんの冷蔵庫から見つかったES細胞は)若山研究室の中国人留学生、李さんが作って凍結しておいたものです。李さんは`12年にいったん中国(上海)に帰国していて、また日本に戻ってきて山梨大学で研究を続ける予定でしたがES細胞を紛失したことでそれを断念したそうです」

 うーん。NHKスペシャルの電話インタビューに答える李さん、やけに楽しそうでしたね。
とても「ワタシガアノトキ、リュウガクヲ アキラメタ サイボウガ!」みたいな衝撃は感じられませんでしたけども。ニヤニヤ調で。

石川「小保方さんは若山研究室から盗んだES細胞の一部を(割愛)自分が作ったSTAP幹細胞であるかのように偽装していたのでしょう」

 うーん。。。なんか変。
STAP幹細胞を樹立したのは全て若山博士ではなかったでしたっけ。
というかそうです。



石川「小保方さんは自分のフリーザーから見つかったものは全て自分の物だ、と認め、書面にもサインしていますが、すべての状況証拠が彼女がES細胞を盗んだと示しているんです」
 
 うーん。普通、盗んでいたら、「これはワタシ知りません」とかシラを切りますよねぇ。。。


【③若山証言「週刊新潮」2015年2月26日号】
小保方氏から黒いメール。

若山「昨年3月、私が最初にSTAP論文の撤回を呼びかけた時に小保方さんもきちんと謝罪していれば、これだけの大ごとにならずに済んだのかもしれません」

若山「彼女の研究を手伝ってほしいと言われ、4年前、理研を通さずに客員として迎え入れました。でも結局は捏造だったわけです。改革委員会からは“02年の高温超電導不正(米国)、そして05年のES細胞捏造(韓国)と並び、世界三大不正だ”と言われ、実際に世界中を巻き込んだ挙げ句、笹井(芳樹)先生の命まで奪うことになって……。小保方さんについては、今はあれこれ語りたくありません」

若山「ただ彼女が反省してくれれば、と。そう思い続けてきました」

 うーん。ここに来て、やっと山梨大学・若山照彦教授の証言が出てきましたね。
「ある理研関係者」や「若山研究室のメンバーによると」の、間接的でない証言がやっと登場しました。
しかし、この記事中でも間接証言が使われ、どこまでのソースが若山教授のものなのか、曖昧です。

 そうなんです。STAP細胞報道の特徴は証言者のソースが曖昧な事が多い、です。
石川氏の証言にしても、ES細胞が盗まれた期間は「`13年の1〜4月頃に盗んだとしか考えれない」と語っている、もソースが「ある理研関係者」になっており、本人の言質にならないような工夫がされています。非常に巧妙ですね。

 若山教授は「捏造だった」と STAP現象実験について語ってますが、が、「捏造」とは?
はて、誰が何をして「捏造」だったのでしょうか。
「捏造」の前に「小保方さんの」と名称が入れば文章として完結しますが、理研の公式発表では「ES細胞を故意に混入させたのは誰かは分からない」としていますが、若山教授が「小保方さんがES細胞を混入させて実験を捏造させた」と思うなら理研の調査委員会の調査の時にそういえばよろし。

 不正調査も終わって、時間がたったころにこんなメールの一部を暴露させるような(記事中ではご本人が暴露はしてないですけど、じゃ、ソースはどこから来たんでしょう)事してどうんなんでしょう。
この週刊新潮の「黒いメール」では若山教授は「小保方ES窃盗」を認めたような言質残してますが、仮に、もしこの窃盗説が成立しなければ、この「捏造」の本当の背景が浮かび上がってくるような気が木星通信はしていますがどうでしょうか。



jpg-small

 

afa8e3e4-s



dmI2_VpA

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ