木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 笹井芳樹

 昨夜シマノさんより笹井芳樹博士の一周忌を偲ぶ追悼文を木星にお寄せ頂きました。
共感する部分が多く、同氏の許可を得て、木星に掲載させて頂きます。ここから〜

まず、故笹井芳樹氏の一周忌に当たり故人への追悼とご遺族の心安らかなる事を祈ります。

私は、笹井氏が自殺したと今でも考えられません。 幾つかの理由があります。 お伝えいたしたくもあり、周知の事ですが再び検証します。 
死の直前笹井氏は体調(心身を病み)入院していましたが、その後通院されていたようです。 死の数日前に家族から姿を消して行方不明になっています。 
http://dot.asahi.com/wa/2014081300031.html
笹井氏のお母様が必死で探していた様子が見て取れます。 笹井氏は、医師でも有り心身が病んでいる体調を自ら治療している最中でした。 
1. 職場で自殺
  http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2007/pdf/pdf_honpen/h030.pdf
 これによれば、自殺者のうち職場内で自殺する割合は、2%です。
 100人中最大2人である。 さらに、何らかの向精神治療を受診中で通院まで回復し投薬を続けている状況「うつ状態」での自殺は希である。 

2. 異常な遺書
 笹井氏は、現場のカバンの中に3通(1.小保方氏宛て,2.CDB幹部宛て,3.笹井研究室メンバー宛)、CDB副センター長室デスクにて2通(4.総務課長宛,5.経理課長宛) 
さらに、自宅に2通(6.妻宛て,7.兄宛て)と分っているだけで7通あります。 
お子さんが居たとの報道も有り未確認だが、心配していた母と子宛ての遺書があったかは不明ですが、7通の遺書が何を物語るか見てもらいたいのです。
http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/2534/1/KJ00000142018.pdf
この資料は、新潟大学の医学部が作成した新潟県の自殺と遺書の法医学的検討をまとめたもの。 これにより、新潟の母集団から得られた統計を僅かな誤差で推論に使用する事が出来る。 このデータでは、自殺者全体で遺書を書かない割合は、66%。 自殺者の約7割は遺書を書かない。 これは、内閣府のデータ http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2007/pdf/pdf_honpen/h030.pdf にほぼ等しい。
前述の新潟の資料にもどり、遺書の数に注目して頂きたい。 遺書が1-3通で90.4%つまり遺書を書くだけでも自殺者の3割しかいないのに、書いたとしても精々3通がいいところ。 
笹井氏の報道が正しければ少なくとも7通存在する。 その確率は、自殺者の最大で0.23%しかありません。 職場で自殺(2%)と遺書7通(0.23%)だけで、両方を満たす自殺者は、最大でも0.000046でしかない事になる。
しかも、日刊ゲンダイの記事では「今日、あの世に旅立ちます」と書いていた遺書もあったという。
つまり、事前に書いたのではなく当日書いた? 前述のように、うつ状態の人は普通遺書を書く傾向が少ない。 新潟の統計からも殆どの遺書の内容というのはお礼や感謝ではなく、怒りや恨みです。 特に職場で自殺の場合。 
遺書を書くこと自体が、ある種の恨みを表現する怒りのエネルギーに満ちている状況であり、死を持って抗議する事にテンションが高い状況であるとのこと。 
なのでウツの様にエネルギーが消えかかる程か細い状況では、遺書を7通も書いたり、職場でロープを掛けてなどの元気がないのが通常と考えられます。 
生きているのが面倒臭いという無気力で絶望的な鬱状態では考えられない遺書の数と自殺の場所なのです。 これは、とても異常な状況が作られたと考えても不思議はありません。

新潟の研究や警察の統計、内閣府のデータなどそれ以外のファクターを総合すれば、天文学的に確率が低い自殺。 
つまり、自殺でない方の確率の方が高いと言えると思います。

3. 別なファクター
笹井氏は、CDB副センター長の当時再開発の真っ最中でCDB周辺が笹井村などと呼ばれていたくらい、実業家としての一面も持っていました。 
ところで、笹井氏が行方不明になっていたまさにその時、STAP細胞に深く関わるもう一人の人物も突然行方不明になっていた。 
STAP論文共著者の大和雅之教授。 その事は、ネットでもチラホラ今も残っています。
http://x28go.s12.xrea.com/mt/archives/2014/10/stapyamato.html 
STAP細胞発表会見からまもなく、セルシード社の株価を吊り上げたのではないかという情報が舞いました。
http://sokuhouaruto.blog.so-net.ne.jp/2014-08-06
大和教授は、失踪後に何故か東京女子医大の先端生命医科学研究所長に昇格して再起している。 

4. プロポフォール紛失と遺体解剖
笹井氏が変死体で発見された当日 同医療施設で麻酔薬プロポフォール1瓶が紛失していたとの情報がある。 が、その日のうちに戻されたという。 
紛失して戻った容器から内容物プロポフォールがどの程度なくなったのかは不明。 
また、笹井氏は医療施設内で死亡している事から遺体解剖されていないという。 つまり、プロポフォールが体内にあったか今では分らない。

以上の事から、事件性があるかないかも不明ですが笹井氏の死を自殺だと断定できるものは無いに等しいといえると思います。 
したがって、私としては変死であると理解しているところです。

        以上です。

     K.Shimano
引用終わり〜 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


須田「私も全身鳥肌が立って、これは絶対書こうと決めていたんです。」 

 これは『文藝春秋』 小保方事件の謎に迫る〜の須田桃子記者と作家宮部みゆきさんとの対談の一部だ。須田記者は何に対してとはしゃいでいるのだろうか。

 2014年8月5日に理研研究所内で自ら命を絶った笹井芳樹(享年52)が小保方晴子・前ユニットリーダーに宛てた遺書の事だ。(以下笹井博士・小保方博士)

 デンマークの童話作家アンデルセンの傑作の一つに「赤い靴」がある。
TPOを無視して赤い靴を履いて出歩き、ついには恩人の看病もせずに舞踏会に出かけたために、呪いを受けて足を切断するまで踊り続けた少女のお話しだ。

 宮部みゆきさんは「絶対にSTAP細胞を成功させて下さい」と笹井博士が小保方博士へ残した言葉、これは「"赤い靴”だ」と指摘し、須田記者がそれに上記のような反応を見せた。

 
 小保方博士は遺書を公開していない。
本人に宛てた遺書が第三者によって公開されて解釈をつけて「絶対書こうと決めていたんです」と書籍化した事になんの躊躇もないようだが、WHOの「自殺を予防する自殺事例報道のあり方」に完全に違反している。

WHOの自殺報道においてジャーナリストがやってはいけないこと。

  • 写真や遺書を公開しない
  • 具体的で詳細な自殺手段を報告しない
  • 単純化した理由付けをしない
  • 自殺を美化したり、扇情的に扱わない
  • 宗教的な固定観念や文化的固定観点を用いない
  • 悪人探しをしない
  • 自殺で残された人にたいして十分な配慮をする。
  • 自殺をセンセーショナルに扱わない。当然の行為のように扱わない。

 (自殺予防 メディア関係者のための手引き 2008年改訂版 より〜一部抜粋)
須田記者の言動に、いくつの違反がみつけられるだろうか。


 須田記者はどこから遺書を手に入れたのだろうか。
その入手経路を想像すると、ぞっとして鳥肌が立つ思いがする。
STAP細胞報道はこのように報道倫理のたがが外れてしまってそれに逡巡すらみせない科学ジャーナリスト達をたくさん見た。

 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年3月27日(金)今朝早くにSTAP細胞論文について、眞葛原雪さんの重要なtwitteが流れてると連絡があり、あまりにも衝撃的な内容でしたので、纏めました。

 高度な専門的な内容で最初は何を伝えようとしているのか解りませんでした。
しかし、なんとか理解すると、小保方博士のSTAP細胞論文の「ネイチャーに投稿した論文」が何者かによって実験用語が書き換えられ、「不正論文」に作り替えられた可能性が高い事が解りました。

 ネイチャーに投稿された電子版「STAP論文」に最終アクセスした人間こそ、「STAP細胞論文を書き換え、論文に疑義がかかるように仕向けた人物」という事になります。

 未見の人はまずはTwitteをお読み下さい。
生物学を勉強した事がなくても、文系でも、このSTAP細胞事件を慎重に見守って来た人達には「あっ!あの時のあの人の謎の行動はこれか!」 と膝を打つ事間違い無しです。

25)

 
37)

53)

03)
12)
22)
31)
56)
08)
24)
33)
43)
52)
21)
32)
41)
50)
04)
15)
27)
40)

以上引用終わり。
電子版STAP論文を修正出来た人間は限られています。
そしてそれはSTAP実験内容を正確に把握している「実験臨場者」であったとも言えるでしょう。


眞葛原雪HP

    このエントリーをはてなブックマークに追加

これだとまるで故・笹井氏が六億円を着服したかのような印象を受けます。
でもね、年研究費が六億円で不正疑惑が500万円で年55回の出張費です。

「日刊ゲンダイ」のタイトル。
image


出張費、単純計算で一回約10万以下。

理研の国際広報室に聞いて見たところ、故・笹井氏(以下、笹井氏)の所属していた理研理化学研究所の研究セクションの一つである「発生・再生科学総合研究センター」(略称CDB)の職員総数は500名。

笹井氏はそのセンターの副センター長を勤めていた。

一流企業の重役クラスとして考えると、そんなに突飛な出張費だろうか。

さらに理研国際広報室に聞いて見たところ、
「出張費に関しては、細かい規定があります、それにそって支払われます。また、海外の研究協定の為の渡航費などを考えると、年間500万円の出張費はそれほど高額とは思えません」との事。

経理上の問題は無かったようだ。

しかし、ゲンダイによると、「小保方さんと笹井氏二人が一年間で55回出張し、500万円が支払われていた。」と、同じ記事に「一緒に出張していたケースもありました」とある。

引用(ゲンダイの記事から)
「笹井氏は年間6億円の研究費が配分されていましたが、なぜか小保方さんの出張旅費やタクシー代まで肩代 わりしていた。2人が1年間で55回出張し、約500万円が支出されていたとも報じられています。一緒に出張し ていたケースもありました。こうした不透明な支出について、理研内部から『詐欺』や『横領』を指摘する声が出 ていたのです」(科学ジャーナリスト) 引用終わり。


え?

二人で55回で一緒に出張していたケースってどおいう意味。
文系でも謎の記述。

小保方さんと笹井氏がそれぞれ出張し、その金額が総額で500万なの?
二人分の出張費の合計なら別に高くないし。
だいたい、これのどこが六億円疑惑なの?
それすら訳が分からないタイトル。


さらにゲンダイはこの支出を「不透明」だとして、笹井氏の支出について「詐欺」「横領」で事件化される事をほのめかしている上に、神戸県警が研究費の流れについて、「調べ始めた』と〝ある捜査関係者〟の話を紹介している。
そして、それが自殺の本当の動機だとしている。

経理から不正を指摘されていた訳でもないのに?

image


この記事が書かれたのが2014年8月8日号。
7日発売。
笹井氏が理研研究内施設で命を絶ったのが8月5日。

経理上問題が無いとする理研国際広報室の言葉に偽りが無いとすれば、誇大なタイトルで六億不正があったかの様に印象付けて「死者にムチ打つ」行為であるし、生前の笹井氏にはこれが「社会的に葬り去られる記事」として脅威に感じたはずだ。

笹井氏は「マスコミの不当なバッシングに疲れた」と遺族に遺書を宛てたと言う。

笹井氏が経理不正を苦にして命を絶ったと言うのはマスコミ、御用科学ライター達の責任逃れの方便に過ぎない。


メディアの無責任な煽り記事は人の社会的地位も、その命も容赦なく奪ってしまう。


今回の犠牲者は再生医療に尽力していた優勝な科学者だった。
悔やんでも悔やみきれない。
このような悲劇を繰り返さない為には、読者がゴシップ記事に乗せられない事が大事だ。

権力の監視が使命のメディアが私人のバッシングに奔走しているその時、監視対象の権力は大きく肥え太っているのだから。



2014年8月5日、理研の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の副センター長の笹井芳樹氏(52)が自殺した。

STAP細胞、STAP肝細胞の研究を続ける小保方晴子COB研究ユニットリーダーの指導的役割を果たし、
再生医療のトップリーダーとして未来を嘱望されていた国宝級の頭脳が失われた。
image


自殺報道直後に笹井氏の遺書の一部を公開したのは地元紙の神戸新聞。
ネット上では「報道が早すぎる」「警察が勝手にリーク?」「遺族や小保方氏に許可をとったのか?」
と遺書を早々と公開する事に疑問や批判の声が相次いで書き込まれた。

 ウィキペディアによると、

同年8月5日午前9時、神戸市中央区にある先端医療センターの自らの研究室がある研究棟内(4階と5階の間の踊り場)で首を吊っているのをCDB職員によって発見され、医師が死亡を確認。同日午前11時3分、警察に通報後に搬送された搬送先の神戸市立医療センター中央市民病院で正式に死亡が確認された。秘書の机や現場に複数の遺書が残されており[注 7][2]兵庫県警察は自殺とみている]。52歳没。 

とある。 

当日行われた記者会見のIWJの実況ツィートを見てみよう。


IWJのチャンネル5の「理化学研究所 広報室長 緊急会見」の実況の時刻。
遺書内容について質疑応答が行われた時刻はPM2:12分 頃。
image


僅かその三分後には地元紙神戸新聞で遺書内容が報道されている。

「疲れた」小保方氏らに遺書 理研・笹井氏自殺

神戸新聞NEXT 8月5日(火)14時15分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000007-kobenext-soci

_________________________________________________

これは神戸新聞が事前に神戸県警からリークを受けて原稿を用意したとしか思えない早さだ。
小保方博士の弁護士は笹井氏の遺書は小保方博士に届いていないという。
これはどういう事だろうか。

遺書はワープロ打ちだった。

いま報道されている笹井氏の遺書の一部です。

「小保方さん」

 「もう限界を超え、精神が疲れはてました」「もう心身とも疲れ、一線を越えてしまいました」
「一人闘っている小保方さんを置いて」「こんな事態になってしまい、本当に残念です」
「私が先立つのは、私の弱さと甘さのせいです。あなたのせいではありません」
「自分をそのことで責めないでください」

 「必ずSTAP細胞を再現してください」と進行中の検証実験への期待に触れ、最後は「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩みなおしてください。きっと きっと  笹井芳樹」

「STAP細胞、必ず再現して」笹井氏、小保方氏に送った重いエール

自殺現場に残されていた遺書は3通、パソコンで制作され、うち一通が小保方博士宛だった。 
色々と疑問視されているこの内容、もしこの内容が本物だとして、これが笹井氏の手によるものかどうか、検証されている。
 
image




STAP細胞は、知られている『STAP細胞』(増殖しない)と、さらにその弱点を克服した『STAP幹細胞』(ただし、胎盤になる機能は失われている)がある。
このため、笹井氏はSTAP細胞実験をわかりやすく説明するために『STAP現象』と呼んでいた。
なので、ひとつの種類の実験再現のよびかけを小保方博士にしている事になり不自然だと言う声だ。

小保方博士、ほかこの実験に携わっていた人たちがこの公開された遺書を読んで違和感を抱くとしたら・・・なんらかのメッセージ効果があったのだろうか。

理研、小保方博士は公式HPで笹井氏の遺書を公開していないと明言している。

故笹井芳樹副センター長に係る報道について(2014年8月8日)


抜粋『一部のメディアから遺書の内容と思われる報道がなされていますが、ご遺族の意向を踏まえ、理研及び小保方研究ユニットリーダーからは、遺書の内容については一切明らかにしておりません。ご理解いただきますようお願いいたします。』了

それなら、神戸県警が神戸新聞にリークした以外に考えられない。

遺書を警察が勝手に公開したその意味は。 遺族や小保方博士に強いストレスになった事は確かだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ