木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 自家蛍光

 また小保方バッシングのネットニュースが飛び込んで来ました。
冒頭から記事というより「小保方批判」のくくりで記事が作られていて本当にNHKのクオリティによるものかと驚かされる。

__小保方元研究員の刑事告訴については見送ることを決めたという。
STAP細胞の研究不正によって理研が被った損害をこれ以上具体的に確定できないこと、そして小保方元研究員がES細胞を混入させたという証拠がないというのが理由だ。__
NHKの『 小保方証言』STAP問題の深層_(2015年3月24日) より引用終わり。

 ようするに「小保方博士が刑事告訴されない事」についてなにか私見があるようなのだ。
ちょっと待って欲しい。理研は「小保方氏の刑事告訴を検討する」とは言ってない。

__「
小保方氏が対象になる場合、小保方氏以外も含める場合、被疑者不詳で告訴する場合などが考えられ、罪としては、例えばES細胞の窃盗罪や偽計業務妨害罪などを含めて検討しているという。」__
ザ・ページ」より引用。

 理研は「ES細胞の混入だとしても、研究室は誰も出入り自由であり、その人物は特定出来ない」と公式に発表している。
しかしこの藤原記者の記事では小保方博士のみを容疑者のように扱っている。
 いつからNHKは捜査権限を持つようになったのか。
私はこの藤原記者の顔に見覚えがある。
「NHK STAP細胞 不正の深層」で留学生にインタビューしていた記者だ。
あの報道で「小保方細胞窃盗説」に火がついて小保方バッシングが加熱した。

 あの「STAP細胞 不正の深層」では横浜理研の上級研究員、遠藤高帆博士が「STAP細胞をデータ解析したらアクロシンのプライマーが出ました!」と小芝居をしていましたが、あの時、NHK取材班と藤原記者は「STAPはアクロシンの性質を持ったES細胞」と解っていた訳だ。

 しかし、同じ番組内で「小保方博士は留学生(留学生は李氏と判明)のES細胞を盗んでSTAP細胞を作っていた」かと思わせるイメージ映像を連発。
結局、李氏の作っていた細胞は「GOF-ES(Oct-4-GFP)」でSTAPに使われていた細胞ではなかった。
この時、藤原記者は李のインタビューで細胞の性質を聞いていたはずだ。
でなければ、小保方冷凍庫にあった細胞を同一と認定出来ない。

 つまり李氏ES細胞はアクロシンのプライマー(アクロシンGFP)の物ではないと知っていたにも関わらず、それを盗んで実験していたと、小保方博士に罪を着せようとした番組を作った事になる。
これは報道ではなく、私的宣伝だ。
税金で作られる国営放送が政治目的のプロパガンバを国民に行った事になる。
日本の放送史に残る大問題だと思う。

 今回の藤原記者の記事はこの捏造報道の批判を交わす為の煙幕なのかも知れない。
『小保方証言』STAP問題の深層も李氏インタビューの時と同じく、前後の文脈の取捨選択がどのように行われたか、疑問が多く、実験の真相究明とはほど遠い個人バッシングの為に取材源が使われたようだ。またも国税が私的な目的に使われた訳だ。

 理研のSTAP実験の疑惑解明は幕引きしたが、市民によるNHKの捏造報道の追求はこれから始まる。




 
12)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

STAP細胞報道について、混乱するのでまとめてみました。(科学的知識不要)

STAP細胞はこの二つの否定論で纏めらつつあるようだ。

(A)STAP細胞はES細胞である。(報道基調)
(B)STAP細胞は死んでゆく細胞の光、自家蛍光を誤認したものである。(理研中間発表)

しかし、この二つの否定論は科学的根拠からかけ離れたもので、「STAP細胞が自家蛍光なら説明がつかない疑問点1」で指摘したように、実はこの二つの否定論と「今までのSTAP細胞の報道」は全く矛盾するのだ。繰り返し述べるが、この事を理解する上で科学的知識は不要。


「①ES細胞は胎盤を作れない」「②100%すべてSTAP細胞で作られた胎児の動画・画像が存在する」「③STAP細胞が混じったキメラマウスが生まれている。(画像あり)そしてその子孫が存在する」

この三点だけで矛盾点を見つけ出してみよう。

(A)STAP細胞はES細胞である。
とすると、①の「ES細胞では胎盤が作れな」いので、「②100%STAP細胞の(胎盤も確認できた)胎児動画・画像」が存在する事の説明がつかない。

(B)のSTAP細胞は死んでゆく細胞の光、自家蛍光を誤認したものである。
とすると、③の「STAP細胞キメラマウスが生まれている(画像あり)」とも説明がつかない。
自家蛍光は細胞が死ぬ時に光を出す現象の事で、STAP細胞は様々な臓器を作成できたかどうか確認するために、
光るタンパク質を遺伝子に入れている。つまり、細胞を緑の蛍光色で着色した訳だ。
小保方博士や理研の研究者達は自家蛍光を見て、STAP細胞が光った、と誤認したという。

それなら、②は死んでゆく細胞で鼓動する心臓を持つSTAP細胞のマウスの胎児画像を捏造した事になる。
そして、③はキメラマウス(STAP細胞と、普通の細胞の混合で生まれたマウス)が生まれるはずはない。

科学雑誌Newton4月号にはSTAP細胞紹介コーナーでSTAP細胞が発現する様子がGFP(STAP細胞に入れられた緑色に蛍光するタンパク質)で確認されている画像が紹介されている。自家蛍光は10程で死滅すると言う。3日生きてた珍種?

image



論文の画像の切り貼りも失敗する小保方博士が動画・画像の捏造テクニックを持っているとは思えない。
また、理研の科学者達が中間報告発表前にこれらの矛盾点に気が付かないはずがない。

理研は何かを隠している。そして、今、小保方博士と故・笹井博士がSTAP細胞捏造実験の批判の矢面に立っている。小保方博士がこれらすべての実験捏造をして、若山博士や故・笹井博士をだまし遂せていた、と考えるのは拙速過ぎる。

STAP細胞は捏造実験だったとして、それならば、関与者全員がその名前を明らかにして、同じく矢を受けるべきだ。







画像はNewton4月号のSTAP細胞特集より。小保方博士が2010年にキメラマウス作成実験の協力を求めて若山研究室を訪ねて来た苦労話が掲載されている。
image
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、STAP細胞は細胞が死んでゆく時に光を発する自家蛍光だという節が有力だ。
これは以前からSTAP細胞を疑問視する人達の間で囁かれていた事だ。

 それなら若山照彦博士のこのコメントは何なのだろう。(画像はSTAP細胞発表直後のニュース映像。若山博士はすごく光るSTAP細胞を確認し、発明者の小保方博士に絶賛コメントを寄せている)(図1)
image


 画像元ニュースのアドレス https://www.youtube.com/watch?v=KyR3DJHlufI
 
 STAP細胞に挿入されたGFPで緑に光る様子を見て、感激している若山博士。
GFPとは簡単に説明すると緑の蛍光色を発光するタンパク質の事。

 SATP細胞の遺伝子に挿入すると、STAP細胞で作られた部分が緑色に光る。胎児が全て緑色に光ると、全てがSTAP細胞で作られた事を証明できる。(図1)が全身がSTAP細胞で出来た胎児の画像。 ただし胎児のままで、産まれることは無い。

 そして2014年7月まで山梨大学のHPに掲載されていた『ライトを当てると光るキメラマウス』の画像。(図2)
image

画像元の魚拓アドレス http://megalodon.jp/2014-0531-1951-21/www.yamanashi.ac.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=755

 生まれてから成長後もSTAP細胞がGFPで緑に光る様子がライトで確認できている。
ES細胞やiPS細胞は胎盤を作れないので、STAP細胞が既存の細胞と違う万能性を示す『胎盤が緑に光る』ことが本当かどうか注目されて来た。

 「胎盤が緑に光れば、万能性が確認できる」というのがこの実験のキーポイントだ。
それなのに、「死んでゆく細胞の光と誤認した」というのは考え難い。
若山博士は細胞工学のプロフェッショナル。

  世紀の発見なのに自家蛍光かSTAP細胞由来の発光であるか確認せずに実験を進めていたとも考え難いし、自身が務める山梨大学のHPに「STAP細胞由来で光るマウス」の画像と、その作成のプロトコル(手順)を掲載していたのだ。(図2参照)

 自家蛍光が死んでゆく細胞の光なら、生きているマウスが光るのも辻褄が合わないし、すぐ死ぬ細胞なのか確かめないのもおかしい。画像の「ありえないくらい光った」コメントもどういう事だろうか。

 まして、報道された100%STAP細胞由来の内蔵全部が緑色に光る胎児の画像はなんなのだ。
死んでゆく細胞で胎児が育成される訳はない。この画像は捏造だったのか。(図1)

  自家蛍光の色は緑の他、赤い色等が混じり、一色ではない。GFPは一色だけ光る。 因に、時間の経過によりGFPは退色してしまうので一定期間を経たキメラマウスはライトを当てても光らなくなるという。(理研国際国際広報室・談)


 科学者自身が後々説明がつかない言質を残して点々とそれらをつなぎ合わせて行くと、全く報道と辻褄が合わなくなるのがこのSTAP細胞事件の特徴だ。
これらの残されているSTAP細胞実証の証言について、若山博士のコメントを聞いてみたい。


小保方博士が成功した200回のSATP細胞は自家蛍光を誤認したものだとする記事。

『小保方氏のSTAP200回成功、「自家蛍光」か』日本経済新聞9月1日付け


浅見正䂓氏の科学的な説明。

「STAP細胞」が死んだ細胞である証拠が小保方の論文と理研公開動画に存在する
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ