木星通信 @irakusa

紙屑が発信するごみサイトです。

タグ: 若山照彦山梨大学教授

 先に伝えしたように、理研の遠藤高帆博士が解析したSTAP細胞論文データ解析結果に辻褄の合わない所があった事を証明しました。

 理研の報告書には、「若山照彦博士はFI幹細胞を0ct-4で作成した記録も記憶ない」とあり、試料も残ってない、と。

  しかし、若山照彦博士は遠藤高帆博士が「FI幹細胞の解析結果データ」を「ES-Oct4-B6」「TS-CD1」のミックスであるとした解析結果の監修(チェック・サム)をしているのです。

 理研の調査では「FI幹細胞は全て若山照彦博士が樹立した」と 報告されています。
ですので、この解析の誤りに気がつかないはずが無いのです。
若山照彦博士は、自分が作った記憶の無い「FI幹細胞(
ES-Oct4-B6)」の 解析を監修し、問題がないとしていたのです。

  若山照彦博士は、このご自身が作製した記憶の無い細胞の遠藤博士の解析結果をチェックサムをして確立させた事について、説明しなければならいと思います。

 2014年6月に解析された結果でSTAP細胞が「Oct-4 B6マウス」で作られていない事が解っていたにも関わらず、同年7月のNHKスペシャル『STAP細胞不正の深層』で李博士のES細胞「Oct-4 B6マウス」を小保方博士が盗んでいたような放送があったことや、2015年1月に写真週刊誌『フライデー』で石川智久(元理研研究者)さんが李博士の細胞を小保方博士が盗んで若山博士に実験させてたかのような告発をしたことを「それは違います、GFPもマウスも「Oct-4 B6マウス」ではない、と訂正しなかったのでしょうか。

 科学者として、小保方博士の元指導者として、無責任であると言えます。

『週刊新潮』「2015年2月26日号」ではあたかも若山研の引越の時に小保方博士が盗んで実験させたかのような記事に取材協力までしています。

 画像は遠藤高帆氏のSTAP論文解析データのチェックサムを若山照彦博士が確立させていた事に、信頼性が欠けるとしたYOKO-Taniさんの疑問。

 

日経サイエンス古田彩氏「遠藤高帆理研上級研究員がSTAP細胞やFi幹細胞の遺伝子配列データを再解析した論文を発表」関連ツイートまとめ より。


 
tani-STAp

(ちなみに小保方博士もFI幹細胞を樹立させたのでFI幹細胞実験は小保方博士と若山博士のどちらかであるのか不正を認定出来ない、とのODOさんの指摘がありますが、FI幹細胞の小保方博士作製分は記録データに残っておらず、レコードされてないので「小保方博士作製FI幹細胞」は科学理論上存在しません。ですのでFI幹細胞偽造疑惑は小保方博士の方に完璧なアリバイが成立します。) 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 木星通信が山梨大学に情報公開請求していた返信が来ました。 
請求内容は「山梨大学に若山研究室が創設されてからの遺伝子情報の盗難・紛失届け書類の開示」です。
結果は「文書不存在」でした。

 また、先に請求していた理研広報部への情報公開請求でも、「若山研究室が創設されてから平成27年までの盗難・紛失届け書類の開示」 としましたが、結果は文書不存在でした。

 これによって、山梨大学の若山研究室と旧理研CDBに書類上の盗難紛失届けは存在せず、公に双方の研究機関に盗難紛失事件は起きてない事が確認されました。



yu002







riken_00001
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加


驚くべき事実が解った。

若山照彦・山梨大学教授はSTAP細胞論文撤回後に、理研から山梨大学にSTAP細胞群を移管させ、その譲渡契約書に捺印していたのだ。

若山教授が「論文の画像に不正があった」と論文撤回を呼びかけたのが2014年の3月10日。
そして、理研の調査委員会がSTAP細胞論文について不正行為を認定したのが同4月1日。
 
若山照彦教授のSTAP細胞群の移管契約書はまさにその日に捺印されている。
平成26年4月1日(2014年4月1日)
これはどういう事だろうか。

改めて、STAP細胞の騒動の流れを確認してみた。

2014年1月28日STAP細胞の作成を記者会見で発表。
     1月30日「Nature」がSTAP細胞論文2報を掲載。

     2月13日論文使用画像が不自然と指摘され、理研が調査開始
     3月10日若山照彦教授が論文撤回を呼びかけ。

朝日新聞デジタルより、3月10日の若山教授の論文撤回コメント。
 『若山さんは10日、ネイチャーの画像がSTAP細胞由来ではなかったとすると「様々な細胞に変化したという証拠がないことになる。研究の根幹が揺らいでいるのと同じだ」と指摘。理研の共著者らに撤回を呼びかけたことを明らかにした』

4月1日、STAP細胞の実験成果の移転手続き契約書が締結、若山教授が捺印。


移管契約書には理研、山梨大学、若山教授三名の捺印が確認できる。
研究の根幹が揺らいだとしながらも、STAP細胞研究成果物の移転手続き書に若山照彦教授はどんな思いでその成果を確かめ、どんな顔で捺印したのだろうか。
この契約書を見て、改めて、若山照彦教授に真相の全てを語って貰いたいと強く願ったのは私だけではないだろう。


 
CCF201wakayama


こちらは別紙でそえられたSTAP細胞実験成果物の移転契約書(移管書とも言う)

jpg-small

若山照彦・山梨大学教授はこの成果物書を確認の上、捺印しているのだ。
(一部年表にタイプミスあり)


参考文献

科学月刊誌 『化学』2014年8月号 出版社(株)化学同人




    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ